老舗食堂

またも「リアルタイム」検索のことです。

毎日ネットに「すき焼き」と入れていますが、たまに、

んん!

と思うことがあります。弊店が出てきた場合です。まあ、芸能人のエゴサーチみたいなものです。

8月のある日に見つけたツイートは、

「どのすき焼きやを選ぶかは、浅草訪問に付きまとう難問 味だけでなく、老舗らしい雰囲気も楽しみたい!ということであれば、 1880年創業の「ちんや」さんがお薦め。 個室の豪華さと肉の旨さに感動! shinise.tv/chinya-as #老舗食堂」

おお、ありがとうございます。

ツイ主がどんな方か、調べてみましたら、このアカウント(老舗食堂@shinisetv)は「老舗食堂」というサイトに連動しているようでした。

「老舗食堂」とは業歴100年以上の料理店と食品店に特化した、食べ歩きブログのようなサイトです。

「具体的には大正以前(1926年以前・昭和元年含む)を対象に訪問し、出来る限り毎日記事を2本アップしています。(数日更新がない時は、忙しいんだな、と温かく見守ってください)」

「筆者が東京在住のため東京に偏重したセレクションとなっていますが、いずれは日本全国の老舗をアーカイブしていきたいと思っています。本店・第一号店・本社に訪問をしています。」

「老舗にはその長い歴史の中で、一流料亭のような高価格帯のお店もあれば、今も日常に溶け込んでいる大衆店もあります。高級店には高級店の良さと生き残った理由があり、大衆店には大衆店の良さと生き残った理由があります。このサイトでは、そのどちらも扱い、日本各地にある老舗訪問の一助になってくれればと思い訪問記を残しています。」

「一人でも多くの人が、老舗探索の楽しみを発見して頂ければ、私としてはこんな嬉しいことはありません。老舗好きの方、ぜひ一緒に訪問もしましょう。」

なるほどですね。

「浅草の店」「日本橋の店」「元祖の店」「大衆店」といったカテゴリーもあって、見易いですね。

さらに読んで行ったら、2019年5月8日に、

「ちんやの熟成適サシ肉 すき焼き、最高以外の言葉がない / 東京 浅草 1880年創業 (明治13年)」

というタイトルで弊店を採り上げて下さったいました。存じませんで。誠にありがとうございました。

多数の画像の後、結語が、

「ちんやさん、美味しいかったのは当然として、レトロなお店の雰囲気、細かく感じる高級感、おもてなしの心含めて最高で、いい老舗ってこういうお店だよなぁ、と良い体験が出来て本当に幸せな気分になれました。気軽にうかがえるお値段でないけれど、また行きたいなぁと思える良店でした。」

誠にありがとうございました。今後たまに拝見させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.811目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

中川屋嘉兵衛

中川屋嘉兵衛の子孫だと言う方が、すき焼き川柳を投稿して下さいました。

「ちんや」の以前からのお客様が、その方の縁戚にそういう人がいるとは知らずに、「ちんや」から肉を贈ったのですが、そのギフトの包装紙の裏面は「すき焼き川柳コンクール」の投稿用紙になっているので、その用紙を使って投稿して下さったわけです。

さて中川屋嘉兵衛(なかがわや・かへい)は東京の食肉の歴史で重要な人物です。

中川屋は三河の出身。40 歳で江戸に出て、イギリス公使の料理人見習いをしながら英語を勉強。欧米人相手のビジネスをやろうと計画します。要するに幕末・維新期のベンチャー起業家の一人です。

そして1865年、横浜に居を移しました。そこで外国人の間で牛乳のニーズが非常に高いのを知った中川屋は、これを事業にします。

やがて横浜に駐留していたイギリス軍の御用食料商人に。今度は肉のおいしさと栄養価、そして横浜に在留する欧米人が牛肉好きなのを実感すると、牛肉の販売を新しい事業にします。まず横浜で。東京にも進出します。

既に横浜に牛の屠場はありましたが、東京にはありませんでした。鉄道も自動車もなく、冷蔵・冷凍保存の技術もなかった時代ですから、高輪のイギリス公使館まで、横浜から鮮度を保って肉を運ぶのは至難の業でした。

そこで中川屋は公使館のすぐに近くに屠牛場を設けたほうがいいと考え、白金に土地を借りて、そこで1867年屠牛場と牛肉販売店を開設。

これが東京初の牛の屠場です。御一新後の1869年には官営「築地牛馬会社」が築地に出来ますが、中川屋の屠場はそれに先行していたので、「東京初」と言えます。

白金とは、現在の港区の白金です。今は「シロガネーゼ「」の街ですが、当時は江戸の郊外の農村でした。

このように中川屋嘉兵衛は東京の食肉の歴史で重要な人物です。その人物の子孫だという方からいただいた川柳は、

・すき焼きやこんな霜降り食べたかな

・すき焼きや接待していた頃もあり

・すき焼きは久しぶりだと涎たれ

・すき焼きの肉の厚さに見とれたり

ご投稿ありがとうございました。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.810目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

春の?ちょい食べ

肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」で開催していた、春のちょい食べキャンペーンが終了しました。5種以上制覇した方が8名様、全13種制覇した方が4名様。今の感染状況の中でありがたいことでした。

元々このキャンペーンは3月~5月に開催していたものですが、4~5月は緊急事態でしたので、2か月延長。それで春が夏になってしまいましたが、感染状況は一時下がって、また拡大。

今月は夜10時以降の深夜営業が自粛となってしまいました。「ちんや」は元々夜9時半までですから、直接のダメージはないですが、それでも影響は小さくないだろうと思っています。

ウイルスとのつきあいは未だ半年ですが、ウンザリしてきた方は多いと思います。深夜関係の皆様、ご愁傷様です。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.809目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

今年も、牛重

今日は8月の土曜ですので、「ちんや亭」で今年も「牛重」をご提供申し上げます。「土用の」ではなく「土曜の」牛重ですから、今後8日、15日、22日、29日にもお出しします。よろしくお願い申し上げます。

聞けば今年は、土用の丑の日に「馬丼」が登場したようでしたが、「ちんや」は鰻業界とかぶるのは避けて、以前から「牛重」は「8月の土曜」にやっております。

「ちんや亭」は「肉の食べくらべレストラン」でハーフサイズの肉料理を食べられる店ですが、「牛重」だけは洒落のアイテムなので、通常の分量のみです。ごめんなさい。おなかを空かせてお越しくださいませ。

「ちんや亭」はカウンターのみの店で全員横並び。隣客との間にはアクリル板を置きましたから、感染リスクは低めと思います。どうぞ、8月の土曜にお出かけを。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.808目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)