サステナブルな消費

「三田評論」8・9月号の座談会は、
【特集:サステナブルな消費】 SDGs実現のために消費をどう変えていくか
でした。
やっと「三田評論」にSDGsに来ましたか。
対談冒頭、司会役の蟹江憲史・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授が、
「今日は持続可能(サステナブル)な消費をテーマに皆さまと話していきたいと思います。この問題でよく取り上げられるのは、まず「食」の分野ではフードロス(食品廃棄)です。ちょうど「食品ロス削減推進法」という法律も本国会で成立したところで、これからいろいろな取り組みが進んでいくと思います。髙橋さんはこの分野でジャパンSDGsアワードの大賞を昨年取られていて、その事業が大変注目されています。」
ということで、SDGsというと、最近はまず食品ロスの件から入る傾向があるように思います。ウチなどもよくよく考えていかないといけません。
去年の8月から地下一階の「ちんや亭」では全ての肉メニューに「ちょい食べサイズ」を作り、さらにご飯のサイズも、①普通②ちょい③要らないと選べるようにしましたが、この方向性を、肉の売店などにも拡げて行く必要がありそうです。
上↑の蟹江教授の言葉に出て来る「髙橋さん」さんというのは、
㈱日本フードエコロジーセンター代表取締役で全国食品リサイクル連合会会長でもある髙橋巧一さんのことです。食品業者で発生する食品廃棄物を、独自技術で殺菌・発酵処理して豚の飼料にすることで有名な会社さんです。
この会社さんには連日見学者が殺到しているそうで、会社のサイトも見学の項目を大きく取っています。そして対談で感心したのは、新入社員が全く辞めないこと。食品廃棄物を豚のエサにするのですから、綺麗な職場ではないですが、使命感のある若者は辞めないんだとか。
年をとると「最近の若いもんは・・・」と言ってしまいがちですが、それは働く環境による、ということですねえ。耳が痛いです。
ともあれ、SDGsの入り口は食品と、なんだか決まってきたようです。肝に銘じたいです。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

特選焼肉パズル

「一頭買い!!特選焼肉パズル~ウシ~」
なるものがあることを知り、早速入手してみました。
入手してみましたら、立体のパズルでした。
が、普通のパズルのような華やかさがないです。普通のパズルは富士山だったり、平等院鳳凰堂だったり、華厳ノ滝の紅葉だったり、色彩豊かなものですが、ウシパズルの肉パーツは赤一色。
「小豆色」の肉が旨いという弊社の主張を採り入れて下さったのか、赤といっても「小豆色」です。よって、ますます華やかさがないです、まったく。
ご丁寧にホルモンパーツもありますが、これも色は赤。
骨パーツは白。
それらを嵌め込んで行く胴体は茶色。黒毛和牛なら、もっと黒いですけどねえ。
ホルモン→骨→肉の順に嵌め込んで行けと指示されます。ホルモンは店で扱っていないので、少し苦戦。しかし、そんなに時間はかからず出来上がりました。
でも、これだけだと、何故「焼肉パズル」なのか分かりませんよ、ね。
「焼肉」だと主張するわけは、手の温度でパーツの色が焼き色に変わる機能(赤から茶色に変化する)機能が付いているから。名付けて「手で焼肉機能」!
な、なるほど。色彩が足りないのを気にしたのでしょうか。でも肉が茶色になると、胴体と一緒になって、全部茶色です。
弊社内の教育用にはなります、が、「ウケルね」を押せるかは微妙かも。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

戦役記念碑

渋沢資料館は飛鳥山公園の中にあります。
その渋沢資料館を先日訪ねたおり公園に、
「明治三十七八年戦役記念碑」
という、かなり大きい石碑を見つけました。王子駅南口から京浜東北線の線路を渡り、公園に入ってすぐの所にあります。
「明治三十七八年」とは日露戦争の年ですから、その石碑だろうとは思いましたが、資料館でもらった園内マップに、この石碑の説明がなかったので、帰ってから調べてみますると、
やはりこれは、日露戦争に際して北豊島郡(当時)内から出征した約2.000人の軍人に対し、明治 39 年に建立された記念碑だったようです。当時の政府は公式には「明治三十七八年戦役」という言葉を使っていて「日露戦争」は通称でした。
このような記念碑は、杉並区妙法寺、豊島区雑司が谷と都内に三か所あるそうですが、あれだけ大勢の犠牲者を出した戦争のわりには、少ないような気がしますね。
そのすぐ隣には、引退したSLや都電の車両が保存されていて、子供たちが猛暑の中走り回っていました。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

渋沢記念館

「渋沢資料館」を検索していて、誤って「渋沢記念館」を見つけました。
東京の飛鳥山にあって、渋沢栄一記念財団(理事長:渋沢雅英様)が運営しているのは「渋沢資料館」。「渋沢記念館」は青淵翁生誕の地・深谷市が運営しています。
私が行ったのは「資料館」ですが、「記念館」のサイトの方も、まあ、見てみようと思って、驚きました。
「記念館」のサイトに、
「渋沢栄一に関する画像使用について」
という一頁が掲載されていたのですが、これは、そう、青淵翁の画像を第三者が商業目的で使ってOKで、使う際の注意事項をまとめたのが、この頁なのです。
日本経済史上屈指の偉人である青淵翁の画像を自社の商品に使おうという、大それた会社があるということ自体私の想定外でしたので、かなり驚きました。が、ページをスクロールして行く内、驚きはウンザリに変わって行きました。
最初に出て来るのは「深谷市公式」だという「渋沢栄一ロゴマーク」。青淵翁の肖像を図案化したものです。
続いて、渋沢栄一と手乗り「ふっかちゃん」。
深谷市のユルキャラ「ふっかちゃん」を青淵翁が手に載せている、という図らしいのですが、青淵翁が全く似ておらず、紛争も、いや、扮装もブルーの背広、赤ズボン、赤蝶タイという、まるで手品師のような恰好をしています。「ふっかちゃん」は手品の鳩みたい。
これ、使う人、いるんでしょうか。
本当に驚いたのは三番目です。青淵翁の、ちゃんとした肖像写真です。こ、これを一介の民間企業が商品のパッケージとかに使って良いってこと?
市役所のやることですから、法律的にはクリアしているのでしょうが、気分的には恐れ入ったことです。
まだロゴとユルキャラならですよ、街興し・地方創生の熱意が暴走した結果だろうと、ほのぼの受け止めることも出来なくはないですが、本物の克明な肖像写真を商品に使うなんて・・・
この写真を使いたい会社は「商品化における資料使用許可依頼」を渋沢記念館に提出する必要があり、その条件は、
「渋沢栄一を貶める内容には使用することはできません。」
あ、あったりマエダのクラッカー。

Filed under: ぼやき部屋,憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

渋沢資料館

飛鳥山の「渋沢資料館」が長期休館に入るというご連絡をいただき、久しぶりに訪ねました。
ご連絡をいただけたのは、「ちんや」が、渋沢が頭取を務めた第一国立銀行を描いた錦絵を持っているからです。光栄にも「渋沢資料館」で開かれた展示会に、その錦絵を貸し出したことがあったのでした。それでご連絡をいただけたようです。
来月からリニューアル工事に入り、2020年3月末まで休館なさるとか。おそらく渋沢翁がお札に載るからリニューアルなのでしょう。結構なことだと思います。
久しぶりにお尋ねしてみて、現在の展示も、そんなに古い感じはしませんけどねえ。
功績のあった故人の記念館というと、没後忘れられてカビ臭いこともあったりしますが、青淵翁の場合、渋沢栄一記念財団というリッチなバックがありますから、まったく違っていまして、リニューアル前でもバッチリ整備されていました。ただ、
飛鳥山を訪ねる季節は真夏じゃないよなあ・・・
というのだけが「今回の残念」でした。
リニューアルオープンは2020年3月28日と言いますから、その日はさぞ春の良い季節でしょう。楽しみです。
休館前に観たい方は、今月いっぱいですから、お急ぎを。

追伸
地下1階「ちんや亭」にて、肉の食べくらべキャンペーン「めざせ13冠 ちょい食べGO!」を実施しています。是非ご参加下さい。
私自身は月曜と金曜に1点ずつ参加しておりまして、既にハンバーグ、ロールビーフ、サイコロステーキ、赤身すき焼き、赤身しゃぶしゃぶを食しました。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

過去最高額

過去最高額を食してみました。
どういう過去最高額かと申しますと、吉野家さんの過去最高。
14日午前10時から発売された「特撰すきやき重」が、それです。
特徴は、
・アメリカ産牛肉のサーロインを初めて使う
・通常の牛丼よりも甘めの味付け
で、価格は全国展開する牛肉商品ではこれまでで最も高いという1食860円(税込み)です。
食しまして、たしかに、「丼」というよりは「重」という感覚です。肉がしっかりしているせいで、そう感じるのでしょう。
肉を本格的にした場合に→味が甘くなる理由を知りたいところです。
肉の旨味成分が「丼」の場合より多いので、甘味とバランスするのかもですね。逆に申しますと、肉がザンネンな場合は、あまり甘くしない方が良いとも言えるかもしれません。
と、いうメニューではございましたが、食べながら気になってしまったのは、お店の人もお客さんも外国人が多いこと、それも有色の。どこの国から来て、どういう人生の航路を辿って、カウンターの中と外にいるのか、それが気になって、食べ物にあまり集中できなかったなあ。
ともあれ、50万食を売り切ったら終売とかですので、このブログがUPされた時点で残っているかどうか・・・

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

削除要請

「全国のすきやき屋さんの紹介と、すきやきに関するミニ知識を紹介しています。」
というサイトを見つけました。
すき焼き屋になって、来年で25年ですが、このサイトは初めて見つけました。
が、
開けた途端に、
・・・
まずリフォーム業者への大きなリンクバナーが目に飛び込んできます。大きいです。トップページの最初の三分の一を使っています。「全国のすきやき屋さんの紹介と、すきやきに関するミニ知識を紹介」するサイトには到底見えません。その業者に誘導したいのでしょうが、すき焼きに興味のある人がリフォームのサイトを開けるかなあ。
が、
我慢してもう少し開けてみましょう。
「すき焼きについて」という項目に載っているのは、
「私たちの体を流れている血液は、ヘモグロビンを含む赤い個体成分で酸素を運んでくれる“赤血球”、無色のアメーバー状の個体成分で体内に侵入した細菌などをやっつけてくれる“白血球”、出血した時に血液を固めてくれる“血小板”、淡い黄色の液体で二酸化炭素や栄養素を運んでくれる“血漿”がありますが、中でも鉄分不足によって全身へ酸素を運搬する赤血球中の“ヘモグロビン”が減少すると、朝起きるのがつらくなったり、集中力が落ちたり、だるさ、目の疲れ、動悸・息切れなどといったさまざまな症状が現れ・・・」
「すきやきの肉について」という項目に載っているのは、
「また牛肉に多く含まれる“カルニチン”という物質は人の肝臓の中で合成されるアミノ酸で、体の脂肪を燃焼してエネルギーに変えるためになくてはならない物質ですが、私たちの体からは20代をピークにどんどん減って行ってしまいます。 これには加齢だけでなくストレスも影響しているということで、ストレス社会とも言われる現代は体内で生成されるカルニチンは全体的に不足しがちで、これを放置しておくことによって筋肉が落ちて、脂肪が体に蓄積されやすくなってしまいます。 というのも“脂肪”というのは細胞・・・」
ウチも、このサイトの「すきやき屋さん等 一覧」という所に勝手に載せられているんですよね。ひどいね。
削除要請しなきゃなあ。いや、多少のリテラシーのある方なら、こんなサイトは信用しないから、放置でも良いのかも。

*すき焼き屋の皆さん、皆さんも勝手に載せられてますよ。連絡下されば、URLをお教えします。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

フェーン現象

最近、新潟県村上市の卵生産者「オークリッチ」さんのFB投稿をみていたら、
「昨日からフェーン現象。13時に鶏舎の中は40度越え。
新潟ではお目にかかれない温度と湿度。
屋根に登って散水しても、熱風の南風が吹きすぐ乾く。
今日一番熱風に晒される鶏舎で5羽が暑さで死亡。
手の施しようの無い状況の中で、自分の技術と現実を思い知らされる。
こんな日でも卵を産み続ける鶏たちは凄い。」
これは、お盆の台風10号が上陸した日のことでした。
「オークリッチ」さんとは今年の2月に「卵を食べるためのすき焼き会」を開いたことがありました。寒い時季は卵を食べるには最高の時季です。日本海の極寒の気候に耐えて、鶏が必死に卵を産むからですね。
この、冬のイベントの時「オークリッチ」富樫さんは言っておられました。
寒さで死ぬ鶏は、そんなにいないですよ。むしろ暑さの方が問題なんです。
今年の猛暑に台風が加担して、そういうキツい状況になってしまったようです。
そう言えば、私も、猛暑に突入して以来、快調ではないなあ。
卵でも食べるか、な。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

餃子×ワイン

知人が編集長をしているワインの雑誌Wine-What!?(ワイン ホワット!?)の今月のテーマは、
餃子×ワイン
でした。「ワイン ホワット!?」では、これまでも
「日本の国民食 meets WINE シリーズ」
ということで、ワインと寿司、焼き鳥、焼き肉を特集してきましたが、今回の、ワイン専門家5人が参加した検証実験は4時間かかったというから大変なことですね。
餃子×ワインというと直感的には、かけ離れた感じがしますが、意外にも「まったくNG」という組み合わせは多くはなくて、
ヴィンテージものの熟成ワインや
フルーツ香りの強いシャルドネは
今市だったそうですが、イケる組み合わせが多かったということです。面白いです。
この企画では、普通に合わせる以外に、「もうひと手間」もやっていました。「ひと手間」とは餃子に、色々な調味料を加えることです。それも常識的なラー油とかだけでなくて、
バルサミコ酢とか
味噌ダレとか
を加えることです。その中で
餃子+バルサミコ酢+赤ワイン
はかなり美味しかったとか。
この結果は、かなり納得的です。ワインと餃子は、味覚の面でも食材の面でも距離がありますから、「つなぎ」があるとベターです。すき焼きの生卵にワインが合わないので、「つなぎ」が必要なのと似ていますね。
私はかねて、すき焼きにワインを合わせるには、溶き卵にヨーグルトを入れることが必要だと主張しておりますが、「つなぎ」の必要性を感じさせる結果が今回も出て良かったと思います。
「日本の国民食 meets WINE シリーズ」の今後が楽しみです。

追伸
地下1階「ちんや亭」にて、肉の食べくらべキャンペーン「めざせ13冠 ちょい食べGO!」を実施しています。是非ご参加下さい。
私自身は月曜と金曜に1点ずつ参加しておりまして、既にハンバーグ、ロールビーフ、サイコロステーキ、赤身すき焼きを食しました。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

8月12日

8月12日はQちゃんの命日です。
1985年(昭和60年)8月12日に御巣鷹山へ墜落した、JAL123便に坂本九さんが搭乗していたからです。
Qちゃんが『上を向いて歩こう』(「スキヤキ」)をヒットさせたのは1961年(昭和36年)のこと。さらに63年には全米1位になります。
御巣鷹の時点では既に国民的歌手でしたから、そのQちゃんが亡くなった衝撃は大きく、『上を向いて歩こう』は、その後鎮魂の曲として色々な場面で歌われるようになりました。神戸や東北の震災の後にも被災した人々を慰めたと聞きます。
『上を向いて歩こう』は元々悲しい曲=エレジーでしたが、Qちゃん自身の運命が、この曲のその後を決定したと言えましょう。
エレジーだがビートが効いているこの曲は、それだけで多くの人の共感を得る要素があり、実際世界中で繰り返しカバーされていますが、支持された音楽上の理由より、何故「スキヤキ」と命名されたかの方が話題になっているように思います。契約の為に来日したレコード会社の重役がすき焼きを気に入ったからだとか。最初は「サカモト」と韻を踏む為に「スキヤカ」だったが、後に「スキヤキ」に修正されたとか・・・
8月12日に際して、その件はさて置こうと思います。日本人が世界中にヒットさせた最大の歌であるこの歌が陽気なものではなくてエレジーだったということは、大変興味深いことだと思います。
九さんのご冥福をお祈り致します。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)