台東区・地名書き出しチャレンジ!②

「浅草うまいもの会」の新年会が、「葵丸進」さんでありました。

毎度余興担当の私は、新作のゲーム

台東区・地名書き出しチャレンジ!

を皆さんにお楽しみいただきました。

ゲームの詳細は昨日の弊ブログの通りで、正解は以下の通りです。

浅草うまいもの会では、KバーのK谷さんが某先生の選挙で街宣車に乗り、区内を走り回った経験を活かして優勝しました。

貴女は4分で何個書けましたか?

<台東区・地名書き出しチャレンジ!正解>

あ行(9)

秋葉原(あきはばら)、浅草(あさくさ)、浅草橋(あさくさばし)、池之端(いけのはた)

今戸(いまど)、入谷(いりや)、上野(うえの)、上野公園(うえのこうえん)、上野桜木(うえのさくらぎ)

か行(7)

雷門(かみなりもん)、北上野(きたうえの)、清川(きよかわ)、蔵前(くらまえ)、小島(こじま)、

寿(ことぶき)、駒形(こまがた)

さ行(2)

下谷(したや)、千束(せんぞく)

た行(2)

台東(たいとう)、鳥越(とりごえ)

な行(3)

西浅草(にしあさくさ)、日本堤(にほんづつみ)、根岸(ねぎし)

は行(4)

橋場(はしば)、花川戸(はなかわど)、東浅草(ひがしあさくさ)、東上野(ひがしうえの)

ま行(4)

松が谷(まつがや)、三筋(みすじ)、三ノ輪(みのわ)、元浅草(もとあさくさ)

や行(2)

谷中(やなか)、柳橋(やなぎばし)

ら行(1)

竜泉(りゅうせん)

 

追伸

インターネットのぐるめ情報サイト「途中めし」にお採り上げいただきました。文は『孤独のグルメ』で有名な久住昌之先生です。ありがとうございました。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.913日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

 

 

Filed under: 浅草インサイダー情報,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

台東区・地名書き出しチャレンジ!

「浅草うまいもの会」の新年会が、「葵丸進」さんでありました。

毎度余興担当の私は、新作のゲームを皆さんにお楽しみいただきました。

その新作のゲームとは、

台東区・地名書き出しチャレンジ!

では皆さん、台東区の地名(「浅草」など住居表示に使われているもの)を書き出して下さい。

地名は全部で34あります。

4分以内に書き出して下さい。3分経過した時点で警告音を鳴らします。

平仮名で回答してもOKです。順番は問いません。

ただし住居表示に使われていない地名(例:稲荷町)を書いた場合は、1点減点します。

町会名ではないですよ、住居表示に使われていない地名を書いた場合は、1点減点しますからね。

はい、どうぞ! 

4分以内に何個書き出せるかな?最下位になった人には罰ゲームがあります(笑)

正解は明日の弊ブログにて。

 

追伸

インターネットのぐるめ情報サイト「途中めし」にお採り上げいただきました。文は『孤独のグルメ』で有名な久住昌之先生です。ありがとうございました。

3本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.913日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

大量廃棄

恵方巻の大量廃棄については、2年ほど前から耳にするようになりました。

当初は食品廃棄問題専門家?の方のご意見が報道されていて、それは勿論ご尤もなものでしたが、それほど拡散せず、しかし今年この件が大きく報道されたのは、たぶん、今年は当事者の方が「もうやめにしよう」と言ったからだと思います。

言ったのは兵庫県姫路市のスーパー・ヤマダストアーさんでした。

ヤマダストアーさんは、恵方巻自体を「やめにしよう」と言ったのではなく、

見込みによる生産をやめにしよう

と言ったのでした。

そして、その「見込み」自体も、見込みというより成長目標あるいは成長願望と言った方が良いものだったようです。

次から次へと、新しいアイデアや新しい素材の恵方巻をつくり、恵方巻商戦を盛り上げ、盛り上がる前提で大量「見込み」生産をして来たのが、これまでの恵方巻業界でした。

日本のコンビニは、精緻な需要予測システムを持っている、とか言ってきましたが、実際は恵方巻を大量廃棄しており、それをなんとかせねばと考えた結果、アルバイトさんに自腹購入を強要することになったのです。

恵方巻は予約制にするべきだと多くの人が言いましたが、コンビニ業界は耳を貸しませんでした。

限界が見えてきたと思います。

既にお気づきの方もおいでと思いますが、今日のこの話しは、とても根本的な問題です。

そもそも日本社会は、こんなにコンビニエントであるべきなのか、という根本的な問題です。

恵方巻だけでなく、普段から食品が消費期限切れでたくさん廃棄されています。精緻な需要予測システムを持っている、とか言ってきましたが、やっぱり廃棄されています。世界の大勢の難民を救える分量です。

思い起こしますと私が子供の頃は、そんなに便利な社会ではありませんでした。

当時学校の終業式の日とか節目の日でも母は「ちんや」の仕事があって、私と弟の食事をつくれないことがありました。

そんな時、母は同じ通りの鰻の「川松」さんに電話して、蒲焼を焼いてもらっていました。小1時間ほどで焼けますから、そのタイミングで走って取りに行き、私や弟に与えていました。

事前に電話をかけて、正確に出来上がる頃に行くのですから、コンビニエントではありません。予約なしで、いつでも自分の行ける時間に買えた方が、コンビニエントですが、その真逆です。

でも、良く考えたら、むしろその位不便な方が良いとおもいませんか。

その鰻のおかげで、とりあえず私と弟の二人は育ちました。

美味しく、しかしコンビニエントではない鰻のおかげです。その方が余程ハッピーかもしれませんよ。

 

追伸

インターネットのぐるめ情報サイト「途中めし」にお採り上げいただきました。文は『孤独のグルメ』で有名な久住昌之先生です。ありがとうございました。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.908日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

市立中学校

久住昌之先生がインターネットのグルメ情報サイトに連載している『途中めし』の第10回にお採り上げ下さった件は、昨日のこのブログに書きました。

「遠くて近くて羨ましい街・浅草。平成30年の出発は高級すき焼きでシアワセに…!」

久住先生は『孤独のグルメ』や『かっこいいスキヤキ』で有名な方ですから、嬉しいことでした。ありがとうございます。

で、その久住先生ですが、実は私の嫁と同じ東京都三鷹市立第N中学校の出身です。つまり先輩・後輩ということです。小学校は三鷹市立第(N+3)小学校です。

地元の人は「N中かあ!」「(N-1)小ね!」と言い合っているようですが、私のような下町の人間には、学校の名前が数値だということに、ひどく違和感があります。この辺りにそういう名前の学校は無いからです。

だいたい私は、嫁の中学校のナンバーを今でもハッキリ記憶していません。うーん、三鷹市立の何番目かの学校だったよなあ、という感じです。数値は覚えにくいです。

第一はカッコ良いし、覚え易いです。

第三、第五も良いでしょう。ベートーヴェンなら「英雄」と「運命」ですからね。

でも第二十九、四十二、四十九は気の毒。

学校の名前が数値だということには、ひどく違和感があります。今回先生の文のタイトルは今回「遠くて近くて羨ましい街」でしたが、「遠くて」の一因は、こういうところにもあると思います。

では遠いばかりかと申しますと、そうでもないと思います。

事実、私は若い頃、1960-70年代の中央線沿線カルチャー(あるいはサブカル)を「羨まし」く思い、また近寄りがたいなあーと距離感も感じていたからです。

縁遠い世界に飛び込む勇気が結局なかったのです。左翼のイメージもありましたしね。

そして、最近思うのですが、

中央線沿線カルチャーって、戦前の浅草と似てるよね。

戦前の浅草も多くの文化人を集め、そこで多くの作品が創られました。戦後浅草が衰退してしまった頃に、空白を埋めたのが中央線沿線だったように思います。新宿も、渋谷も、東横線沿線も、中央線のようではなかったですよね。

表面的な違和感に囚われず、飛び込んだら楽しいのだろうなーと今は思います。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.906日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

 

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

途中めし

久住昌之先生がインターネットのグルメ情報サイトに連載している『途中めし』の第10回にお採り上げ下さいました。

「遠くて近くて羨ましい街・浅草。平成30年の出発は高級すき焼きでシアワセに…!」

久住先生は『孤独のグルメ』や『かっこいいスキヤキ』で有名な方ですから、嬉しいことでした。ありがとうございます。

全文は、こちらを読んでいただくとして、ここでは、その補足です。

「ちんや」の後の二次会で行かれたバーの屋号が文中に載ってないのです。

そのバーに行かれることになったくだりを『途中めし』から引用しますと、

・・・当然店主(=私のこと)は浅草に詳しいので、このあと行くのに、おすすめのバーはどこにありますか?とに聞いてみた。

そしたら店主はちょっと、戸惑った顔をしたあと、「実はこういう本を書いているんです」と、著書を出してくれた。

それは『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』(晶文社・2016年刊)という本だった。著者はすきやき「ちんや」六代目住吉史彦とある。

店主、なんと六代目だったのか。

本の内容は、住吉さんが、浅草のいろいろな老舗の主人に話を聞いたもので、その話を聞く場所が、これまた浅草のいろいろなバーなのだった。

この本は面白そうだ。ぜひ読みたい。

それで、住吉さんに、本にも出てくる一軒のバーを教えてもらい、3人で出かけた。

その店は、店構えも店名も、知らないで行ったら、多分通り過ぎるタイプの店だった。

ところがそのバーがなかなかよかった。

いかにもバーって感じじゃなくて、居心地がすごくいい・・・

個人的にも、

住吉さん、あのバー良かったですよ!

と連絡をくださったのに載せておられないのは、影響力のある人がヘタに紹介して、客が殺到し、お店に迷惑がかかるのを心配なさったのでしょうか。

私は、そんなに影響力ないので、ここでご紹介しますが、久住先生が行かれたのは、

「オレンジルーム」さん(台東区浅草1丁目41-8)でした。

皆様、お見知りおきを。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.905日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 今日のお客様,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

開会ノ辞

浅草料理飲食業組合の新年会が開催され、私は「開会ノ辞」を頼まれました。

皆様、新年明けまして新年お芽出とうございます。「ちんや」でございます。

開会ノ辞を言えと仰せつかりましたので、謹んで申し上げたいと思います。ただ今より浅草料理飲食業組合、平成30年の新年会を開催させていただきます。

世間では史上最強寒波でありますとか、史上最悪のインフルエンザの流行でありますとか報じられておりますが、本日ご来会下さいました皆様は、そんな中をサバイバルなさってきた方々なのだろうなと大変嬉しく・心強く思う次第でございます。ひとときですが、ゆっくりとお楽しみいただきまして、ゆめゆめ、この場でB型に感染なさらないように、ご祈念申し上げますって、我ながら何を言ってんだろう、酷い開会ノ辞だなと思いますが、私としてはこれで今日は御役目が終わったなと清々しております。

この後は、お料理・福引など、お後がよろしいようですので、この辺りで私は失礼しようと思います。

皆様、どうぞお楽しみくださいませ。本日はご来会、誠に誠にありがとうございました。

 

追伸

インターネットのぐるめ情報サイト「途中めし」にお採り上げいただきました。文は『孤独のグルメ』で有名な久住昌之先生です。ありがとうございました。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.904日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

地名+料理名

「浅草♡♡」という屋号の店が増えています。

♡♡には食品名や料理名が入ります。

そういう屋号を付ける目的は、もちろん「大昔からやっていた感」を醸すためです。

「駒形どぜう」さんは1801年のご創業ですが、地名+料理名で出来た屋号ですね。それを真似ているわけです。

そういう名付け方ではなくて、「山本海苔店」を真似て「裕三メンチ店」にすれば、裕三さんという人がやっているのだな、とハッキリして良いと思うのですが、そういう名付け方を今時はしないようです。

それにしても、策略に乗ってしまう客も客ですよ。

浅草の街を歩いていると、通行人から、

この「浅草♡♡」って、有名そう~♡

という声が聞こえてきますが、

いえいえ、去年開店した店ですよ。

なお創業年不詳の「狆屋(ちんや)」は地名を割愛して商品名だけという、はなはだ不遜な屋号ですが、やがて商品を変え、しかしそれでも「ちんや」のままで営業しています。お見識り置きを(笑)

追伸、「適サシ肉の日」

日本記念日協会さん公認の記念日に成りました。

昨年私が「適サシ肉宣言」をした1月15日です。お見知りおきを。

「記念日制定の由来」は以下の通りです。

「2017年1 月15日に、東京浅草の老舗すき焼き店「ちんや」の六代目当主・住吉史彦が、自店で過剰な霜降肉(A5等級)を使うことを止め、「適サシ肉」すわなち適度な霜降の入った肉だけを使うと宣言した。本件は各種メデイアやインターネットで大きな反響を呼び、「A5信仰が終焉した日」として日本の食肉業界・飲食業界に記憶された。なお「適サシ肉」という言葉は住吉による造語で、株式会社ちんやは後にこの言葉を商標として登録した。」

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.898連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

レビュー

久しぶりにAmazonの、拙著『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』のページを開けたら、レビューが増えていました。

私の意図を読み取って下さって大変嬉しかったので、ここに転載します。 投稿者は「新百合ヶ丘総合研究所」さんという方です。ありがとうございました。

(以下転載)

すばらしい本である!

この本はすき焼き「ちんや」の六代目である著者と浅草の老舗の主人9名との対談の形式をとっているが、 対談本で、これだけ重みと余韻を感じたのは初めてである。

この本のポイントは、登場するすべての老舗の主人が、親や身内から店を継いだということにある。 彼らの祖父や親は、あの関東大震災、東京大空襲を経験し、瓦礫の中から店を再建し守り抜いた人であり、 彼らはそんな姿を見てきた。そして今度は彼ら自身が浅草の暗黒の70年代を味わなければならなかった。

論点は、なぜ彼らの親たちは浅草に見切りをつけなかったのか、また彼ら自身も、なぜ親たちの跡を継ぎ、 逃げなかったか、にある。 この本を読んで、私はその秘密の一端がわかったような気がした。 それは、彼ら自身、祖父や親のことを克明に覚えているではないか、 そして、たいへん失礼な言い方になるが、どなたも浅草について造詣が深いではないか。 つまり、彼らも彼らの親たちも、浅草にものすごく関心を持ち、浅草が好きだったから浅草を離れることなどできなかった、 あるいは考えすらしなかったのではないだろうか。 著者自身もまさにそうである。

そんな著者が対談の相手役になっているのだから、 本の内容も、他の対談本とはまったく異なり、濃く、深く、重くなっていくのは当然である。

「浅草演芸ホール」会長松倉久幸氏は対談の中で「そりゃあ、生きていれば、人間、浮き沈みがありますよ。でも、決して諦めずにいれば、ここで立ち上がってまた生きられる。浅草はそういう町です」と語っている。そして、浅草は再起できる町でもあるからだ。(終わり)

追伸、「適サシ肉の日」

日本記念日協会さん公認の記念日に成りました。

昨年私が「適サシ肉宣言」をした1月15日です。お見知りおきを。

「記念日制定の由来」は以下の通りです。

「2017年1 月15日に、東京浅草の老舗すき焼き店「ちんや」の六代目当主・住吉史彦が、自店で過剰な霜降肉(A5等級)を使うことを止め、「適サシ肉」すわなち適度な霜降の入った肉だけを使うと宣言した。本件は各種メデイアやインターネットで大きな反響を呼び、「A5信仰が終焉した日」として日本の食肉業界・飲食業界に記憶された。なお「適サシ肉」という言葉は住吉による造語で、株式会社ちんやは後にこの言葉を商標として登録した。」

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.890連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

元禄忠臣蔵

「新春浅草歌舞伎」の昼ノ部を見物してきました。演目は、

馬山製菓の『ツナと余興』。

うーん、ウチのパソコンは歌舞伎に詳しい筈なんだけど・・な・

ええっと、大変失礼しました。もちろん、真山青果の『元禄忠臣蔵』の「お浜御殿綱豊卿」の場ことです。

昭和15年の「新歌舞伎」ですね。

この作品は「歌舞伎」というのに、歌も舞もありません。2時間ひたすら台詞のみ。休憩も無しで、忠義とか、侍の心とかを話し続けるシリアスな作品です。

例年「新春浅草歌舞伎」は若手役者が中心の座組で、これまではエネルギーで押せるような作品を採り上げることが多かったですから、今年『綱豊卿』に行ったことがまず驚きです。

休憩が無いので、舞台が狭い浅草公会堂では場面転換がしづらかろうと思います。

両方の理由で、正月の浅草では初めて『綱豊卿』を観ました。

拝見しまして、

あっ晴れ!

いや、これは張さんのセリフでしたな。

徳川綱豊卿の尾上松也さん、富森助右衛門の坂東巳之助さん、お喜世の中村米吉さん、大変な努力をなさったのだろうと感心致しました。

公演は26日まで。当日売りもあるようでした。

追伸、「適サシ肉の日」

日本記念日協会さん公認の記念日に成りました。

昨年私が「適サシ肉宣言」をした1月15日です。お見知りおきを。

「記念日制定の由来」は以下の通りです。

「2017年1 月15日に、東京浅草の老舗すき焼き店「ちんや」の六代目当主・住吉史彦が、自店で過剰な霜降肉(A5等級)を使うことを止め、「適サシ肉」すわなち適度な霜降の入った肉だけを使うと宣言した。本件は各種メデイアやインターネットで大きな反響を呼び、「A5信仰が終焉した日」として日本の食肉業界・飲食業界に記憶された。なお「適サシ肉」という言葉は住吉による造語で、株式会社ちんやは後にこの言葉を商標として登録した。」

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.888連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

正月の音

浅草雷門のすぐ傍に住まわせていただいている私にとって、

正月の音=繰り返されるDJポリスさんの叫び、です。

年が明けましたら初詣ですが、この時期DJポリスさんが朝から必死に叫んでいます、

ご遠慮下さい!

お止め下さい!

大変危険な行為です!!

あまりに繰り返されるので、私などは、もう耳に焼き付いてしまいましたが、その、正月の浅草の「三大危険行為」とは何なのか?ここでご紹介したいと思います。

(三大危険行為ノ一)立ち止まっての写真撮影

今は皆がSNSを楽しむ時代だから、正月に浅草に行ったら、写真はゼッタイ撮るよね。それを禁止とか、警察は随分と野暮だなあ!

と思った方は多いと思います。しかし、行列の間で立ち止まって写真撮影することは実際危険です。渋滞している高速道路で、急にブレーキを踏むようなものだからです。

1カット自撮り位なら、まあ、いいです。しかし、それだけではSNSが盛り上がりませんから、

カノジョと2ショット

友達も入れて集合写真

果ては動画まで。「浅草に来てまーす♡ あけおめー♡」

とか演っている間に急ブレーキが後続の行列に波及して行きます。危険です。ご遠慮下さい。

(三大危険行為ノ二)歩きながらスマホ

そんな人いるのか って?

いますね、結構。私が観測したところでは、7人に1人とか、8人に1人くらいは操作しながら参詣しています。罰当たり者め。

実際に罰があたることもありそうです。歩きスマホの人の前方の人が急に「立ち止まっての写真撮影」を始めたら、どうなりましょう。

発見が遅れ→衝突→トラブル→喧嘩

と展開するのは目に見えています。だから親切にもDJさんは、

お正月の楽しい思い出が、つらい思い出に変わってしまう場合がございます!

と指摘してくれているのです。危険です。お止め下さい。

(三大危険行為ノ三)雷門の大提灯にハイ・タッチする

これは、もう不敬行為であって、特高警察があった時代なら逮捕拘禁ですが、今はやりたがる人が少なくありません。理由はもちろん、写真を撮って→SNSに上げるため。

しかし現代のDJさんは、フレンドリー警察ですから、

提灯に触るのは、お止め下さい!

そんなことをしても御利益はありません!→むしろ、そうか、御利益ありそうだと思ってしまう。

そんなことをしても記念には成りません!→むしろ、そうか、写真を撮って記念にしよう!と思ってしまう・・・と展開しています。

やがて、さらに踏み込んで警告せねば、と焦ったDJさん、

危険です!

提灯が落下した場合、重大な事故になります。

落ちます!落下します!危険です!!

そ、それは流石に言い過ぎかと・・・

(本当に言っていました。この耳で聞きました。)

 

追伸

インターネットの『Rettyグルメニュース』「平成生まれがゆく「東京名店物語」」にお採り上げいただきました。

文は平成生まれの山口祐加さん。若い方が老舗店に関心を持って下さるのは、嬉しいですね。是非ご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.877連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)