釣り

浅草の飲食店主の人達が、コロナ中にどう考え、行動したかを聞き取る事業をしています。

週に一人のペースでお目にかかり、毎回2時間ほどの聞き取りをさせていただいています。

基本的には、衛生面や資金繰りなどの苦労話なのですが、2時間も話していると、不思議なもので、いつの間にか「良い話し」「勉強になる話し」に変わっていることが多いです。

中には、面白い家訓の話しがありました。それは、

釣り、すべからず。

店の経営者が釣りをすることを禁ずる規定です。

解説しますると、これは店の仕入れの為に釣りをすることを禁じているわけではなく、レジャーで釣ることを言っています。

そのお店さんは、魚を主に扱う店なのですが、魚の命とは真剣に向き合うべきで、遊びで殺めるべきではないと言うのです。

御意。

私も仕事がら、牛さんの命を頂戴しておりますので、生き物の命をレジャーで扱う人に好感はもてません。アフリカに象さんを打ちに行き、戦果をネットに上げて喜ぶとか、止めてもらいたいものです。

命を頂戴したら、在り難く食べさせていただくべきですよね。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.493本目の投稿でした。

家訓

浅草の飲食店主の人達が、コロナ中にどう考え、行動したかを聞き取る事業をしています。

週に一人のペースでお目にかかり、毎回2時間ほどの聞き取りをさせていただいています。

基本的には、衛生面や資金繰りなどの苦労話なのですが、2時間も話していると、不思議なもので、いつの間にか「良い話し」「勉強になる話し」に変わっていることが多いです。

中には、新たな経営理念を創りつつある若旦那がいました。

その方曰く、コロナで出来た時間(店がヒマな時間)に、店の昔の資料を調べたのだけど、家訓のようなものは発見できず、むしろ、自分の頭でどういう店にしたいかを考えるようになったとか。

そして、

店のスタッフが、自ら「お客様のために」行動するような店にしたい

そういうスタッフが大勢いる店にしたい

と考えるに至ったとか。

素晴らしい。

「お客様のために」とガミガミ説教する経営者は世に多いですけどね。

日本の経営史を振り返ると、家訓や経営理念は、必ずしも創業者が作ったものばかりではありません。

例えば宝永年間は家訓が多く作られた時代ですが、その時代は南海トラフが巨大地震を起こし、富士山爆発もあった時(1707年)で、経営環境が大変悪い時代だったので、その時代を生きた経営者が家訓を遺したのです。

宝永の家訓も、今回のコロナの教訓も、禍の中に次世代への芽が生える例かと思います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.493本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

継ぎたい店

浅草の飲食店主の人達が、コロナ中にどう考え、行動したかを聞き取る事業をしています。

週に一人のペースでお目にかかり、毎回2時間ほどの聞き取りをさせていただいています。

基本的には、衛生面や資金繰りなどの苦労話なのですが、2時間も話していると、不思議なもので、いつの間にか「良い話し」「勉強になる話し」に変わっていることが多いです。

先日うかがったのは、若旦那(後継者の方)にとって、

「継ぎたい店」

を造ろうと努力していたことが、結果的にコロナ対策になった、という話ししでした。

後継者が「継ぎたい店」とは、

・常連さんが大勢いる店

・従業員さんが長く働いてくれる店

・金融機関と信頼関係がある店

ですが、いずれも信頼がベースになっていますね。

そういう努力を日頃からしていると、今回のコロナのようなショックに遭って、心揺らぐ場面があっても、地に足をつけて凌いでこれた、ということでした。

また、そういう先代のご努力の様子が、若旦那にも伝わって、親子仲がとても良くなったとか。

「雨降って・・」とは、このことですね。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.485本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 5:06 PM  Comments (0)

アーカイブ

本日は浅草料理飲食業組合の総会の日です。

過去2年は書面総会でしたが、今年は久しぶりの対面総会。ただし総会につきものの懇親会は無しという形になりました。懇親会無しは勿論寂しいですが、それでも多数の組合員の方が参加して下さるということで、心強いことです。

今回の総会では私は「浅草料飲組合コロナ禍アーカイブ」についてご報告(中間報告)をします。

「浅草料飲組合コロナ禍アーカイブ」とは、今回のコロナ禍の間に、浅草の飲食店の店主の方々が、どう考え、どう行動したかをアンケートとインタビューで記録しようというものです、当然後世の参考に供することを想定しています。

ある時、東北の博物館の学芸員の方が、1918年のインフルエンザのパンデミックの資料を見ようとしたら、大変少なくて、震災の資料は豊富にあるのに疫病の資料は集めてないんだ!と嘆いておられたのを、たまたま私が知り、組合の会議で、浅草でそういうことが出来たら良いね!と申しましたら、染谷組合長から

是非やりましょう!

と指示が飛び、私と「ときわ食堂」さん、「どぜう飯田屋」さんで担当しております。

アンケートは昨年11月に実施済みです。かなり項目の多いものでしたが、お忙しい中ご回答いただいた皆様、ありがとうございました。

ご回答は整理してございますので、ご興味のある方は既にご覧頂けます。

アンケートだけですと、リアリティーが今一つなので、続いてインタビューも実施する予定でしたが、第六波が来てしまい延期、先月からスタートさせ、既に数人のご協力をいただいております。大変勉強になるお話しが聞けていると感じております。

アンケートにお答えいただけた方にお声かけしておりますが、「自分も」という方は、お申し出いただければと思います。

今後につきましては、月4人ペースでインタビューを継続して、11月までに終わらせたいと思っております。終わったところで、経営学がご専門の落合康裕先生の監修をいただくことになっております。

また平行して、公表する際の体裁を検討して行きます。立派な本にすれば当然お金がかかるので、ここは予算との相談になりまして、スポンサーになって下さる会社さんなどあれば、是非ご紹介いただければと存じます。

以上、「浅草料飲組合コロナ禍アーカイブ」の中間報告でした。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.482本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

常連さん

浅草の飲食店主の人達が、コロナ中にどう考え、行動したかを聞き取る事業をしています。

その中で、コロナで良かったこともある、という方もいます。例えば、

常連さんとゆっくり話せた。

その話しの中で、自分の店の出汁の良さが体感できた。

という話しがありました。

コロナ中でも来店してくれる方は、本当の常連さんです。そういう方以外は、あまり来てくれない状況がありました。

そういう状況で常連さんと話す内、

「何度も食べに行きたくなる味」が大事だ、自分の店の出汁は、まさにそれなんだ、と体感したと言います。

逆に言うと「インパクト狙い」の味はダメということです。

コロナで良かったこともあるようです。

聞き取りは続きます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.473本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

10周年

昨日は三社祭の最終日。

コロナ対策で今年も神輿を担ぎまわることはできませんでしたが、台車に載せ押して巡行する形で無事終了しました。一歩前進と思います。

また、この日は東京スカイツリーの開業10周年で、市川海老蔵さんが地上634メートルの頂上で伝統芸の「にらみ」を披露したそうです。

634メートルでの「にらみ」は悪天候だったら大変でしたが、当日は見事な快晴。誠におめでとうございました。

私は、スカイツリーは、開業直後に二度ほど上に登った記憶がありますが、その後は、元々高い所へ上がりたい欲求があまりないこともあり、ご無沙汰しております。

スカイツリーは隅田公園あたりから見上げた方が良いような・・・と思ったりしております。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.468本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 8:00 AM  Comments (0)

例大祭

5月22日は「三社祭」(浅草神社例大祭)の日、神輿が出る日です。

このブログでも一度告知しましたが、今年もコロナ対策上、神輿を担ぎまわることは致しません。

神輿を担ぐのは神社の境内のみ。登録された担ぎ手が、検査をした上で担ぎます。登録外の方の飛び入りは勿論できません。

境内を出てからは「曳き台」すなわち台車に載せて神輿を移動させます。

普通の祭ですと、三基の神輿は東西南の3方向にわかれて進みますが、今回は三基連なった状態で全部の町会を周るそうです。

その順路と到着時間は「浅草神社奉賛会」のサイトで確認できますが、「ちんや」付近は朝早く、22日8時30分ごろには通過してしまいます。ご承知おき下さいませ。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.467本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

大行列

本日は「三社祭」の神輿は出ませんが、いくつかの行事は行われます。

一般の方が観られるものとしては、

「大行列」があります。

行列には祭りの役員の他、「びんざさら舞い」「白鷺の舞い」という神社に奉納する踊りの踊り手、それから浅草の芸者衆が参加します。

午後1時に浅草3丁目の浅草見番前を出て、浅草神社へ向かいます。ご見物下さいませ。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.466本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

リアル総会

「台東三田会」会員の皆様、2020年より会長を拝命しております、住吉史彦です。

コロナ感染状況は、まだ予断を許しませんが、久しぶりにリアルで総会を開催することに致しました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

日時:令和4年6月14日(火曜日)

午後6:40 開場、検温、署名

午後7:00 総会

午後7:20 講演 会員の渡辺真純医師による

「コロナ禍の3年を振り返り今後を展望する」

午後8:00 軽飲食、名刺交換等

午後9:00 散会

会場: 台東区民会館 9階 特別会議室(大)

会費: 1,000円

今回は医師のご指導の下で開催いたします。注意点としまして、

・ 会場規模の都合により参加人数は50名までとさせていただきます。

・ 懇親会は行いません。軽食の提供のみとなります。

・申し込み時に緊急連絡先(携帯電話番号)をお知らせください。

会として大勢で飲み食いできる状況ではありませんが、久しぶりに対面すること自体が大事と私は考えました。軽食(サンドウィッチ)を摂っていただいた後、意気投合したメンバー少人数で、自己責任にて、懇親を深めていただければ、と存じます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

<近隣三田会の皆様へ>

恐縮ですが、相互交流はコロナ収束後に致したいと存じます。今回は台東三田会の会員のみで開催いたします。よろしくお願いいたします。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.461本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 10:15 PM  Comments (0)

三基連なり

今年の三社祭について公式発表が出ました。

くわしくは「浅草神社奉賛会」のサイトをご覧いただきたいのですが、

5月22日(日曜)の日程として、

「本社神輿各町移御(曳台)、三基連なり東部・西部・南部の順に四十四ヶ町を移御する」

と書かれています。

これが、神輿が街を巡行することでして、「曳台」とはつまり、神輿を台車に載せ、押して進むということです。

時間は、午前8時30分に二天門前交差点をスタート。

東部:[二天門前交差点]浅草馬一 → 花川戸一 → 花川戸二 → 猿若 → 聖天・・・

「ちんや」は「花川戸二」ですから、午前9時前後には通過してしまいます。

よって「ちんや」の営業時間には影響はないことになります。お車でご来店いただくことも可能ですので、お知らせしておきます。

神輿見物はコロナ中ゆえ推奨されていませんが、「浅草神社奉賛会」公式サイトを見れば、道順が載っていますので、参照なさって下さいませ。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.445本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)