看板猫②

昨日浅草演芸ホールの看板猫「ジロリ」のことを書いていて、「ちんや」の猫のことを思い出しました。
かつて「ちんや」にも猫がいました。
ただし接客ができる「看板猫」ではなく、本業のネズミ退治だけに従事していました。
メスで、名前は「マミ子」。
その名前は、当時のアメリカ大統領アイゼンハワー氏の夫人マミーさんに由来しています。つまり、この話しは結構古い話しでして、マミ子が「ちんや」に来たのは1950年代のことです。
ネズミ退治の実績は、かなりの数字だったとかで、家族や従業員に愛されたそうです。「・・・そうです」と書いたのは、私がマミ子を知らないからです。マミ子は1965年に私が生まれるのと入れ代わりに死んだのでした。
死んだマミ子は当時店の裏にあった、狭い庭に埋葬されましたが、1975年に現在のビルを建てる時に、裏庭は埋めることになりました。
マミ子が眠っている裏庭を潰すのが忍びなかったので、その場所つまり現在のビルの雷門横丁側(ビルの北側)に、マミ子のレリーフが設置されました。
猫専門雑誌の記者の方が浅草を歩いていて、このレリーフに気づき、「ちんや」の「ちん」は犬の狆なのに、何故猫レリーフがあるのかと取材に来て下さったこともありました。
このレリーフは雷門横丁を通れば、どなたでも見られますので、お時間がありましたら、見てあげて下さい。
雷おこしの「常盤堂」さんと「スタバ」の間を入って行けば気づくと思います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.503本目の投稿でした。

看板猫

新聞に「ジロリ」が大きく採り上げられていました。
紙面の四分の一位が、浅草演芸ホールの看板猫「ジロリ」に使われていました。2年前に『ジロリの落語入門』(河出書房新社)という本が出て以来、すっかりスターです。
本業はネズミ退治で、実績は6匹。
最近は本業より切符売り場での接客に力を入れています。と、言っても売り場のガラスの向こう側で寝ているだけですけど。「癒される」と会いに来る人が多いんだとか。
これからも、かげニャがら浅草支えてもらいたいものです。
が、この記事に付けられた写真で、私が気づいたことがあります。寝ている「ジロリ」の横に、
「木戸銭、売店等のお支払いは現金のみとなります / 浅草演芸ホール」
と注意書が掲出されています。
キャッシュレス社会なんか、軽く無視しています。
流石だね、ジロリ君。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.502本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

終日運休

浅草の皆さん、知ってましたか?!
東京メトロの、
「12月28日(土)~2020年1月2日(木)銀座線渋谷駅線路切替工事に伴う一部区間終日運休のお知らせ」というリリースのことです。
私は駅で、その告知をみつけて、まさか!正月に銀座線が終日運休!!と焦ったのですが、それは早トチリでして、終日運休するのは「渋谷⇔表参道」「青山一丁目⇔溜池山王」の間だけでした。
並走している半蔵門線を使えば浅草へ来れるので、重大問題ではないですが、予約のお客様の遅刻は発生するかもですねえ。正月は繁忙期で、終日きっちり予約を入れ込んでしまうでしょうから、問題ゼロとはいかないかもしれません。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

MGC

本日MGCなるものが開催されます。
「ちんや」の前の「雷門通り」も、朝9:00~10:45まで車両通行止めになりますので、ご注意下さい。
MGCすなわちマラソングランドチャンピオンシップ(Marathon Grand Championship)は、2020五輪マラソンのテストイベントでもあり、代表選考会でもあるレースです。
これまでマラソンの代表選考過程では、もろもろ不平が出た経緯もあったようで、それを、一気にこのレースで決めてしまおうという趣旨と聞いています。(違っていたらすみません。スポーツ音痴ですので)
なんか東京マラソンが2回あるような気分で既視感がありますねえ。
交通規制がかかると、お客様が車で来れなかったり、取引先さんが納品に困ったりするのですが、今回は朝方のみの規制で、まあ、問題ないでしょう。
マラソン好きの皆様、お出かけを。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

花やしき再び

「茨城地酒まつり」が「花やしき」に帰ってくるそうです。
「茨城地酒まつり」とは、夜の閉園後の「花やしき」に700名もの人がやって来て、飲み放題で酒を飲むという大人気試飲イベントです。
昨年は屋形船の分乗という形態でしたが、今年は「花やしき」に戻って来ました。
この夜祭りのような、夜ピクニックのような楽しいイベントが最初に「花やしき」で開催されたのは、2011年のこと。その年の大震災では茨城県も大きな被害を受けましたので、地元浅草としても応援させていただいた経緯がありました。
「花やしき」は屋外で雨の場合に問題があるということで、昨年は船を試みたようですが、雨の問題があっても、やはり「花やしき」が楽しいということで、今年は戻って来たようです。結構なことと思います。
酒好きの皆さんは、是非ご参加を。
日時:令和元年10月11日(金)18:30~20:30
入場券:前売り制4,500円。当日売りは無し。お求めはe+(イープラス)へ。

Filed under: 浅草インサイダー情報,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

浅草の談慶!第三弾

「浅草の談慶!」の第三弾がやってきます。
これは大学同期の落語家・立川談慶君の浅草での独演会のことでして、前回の第二弾には、私もゲスト出演させていただきました。
今回は
「浅草オペラからアカペラ落語へ」
「アカペラ落語は浅草オペラの遥かなるエコーか」
・・・ということで私もまったくリサーチしていない趣向です。どうなることやら。
浅草芸能界のドン松倉会長(浅草演芸ホール会長、御年83歳)は今回も参戦。松倉さんは、前回のトークで「100歳まで現役」宣伝しましたが、こちらもどうなることやら。
私は今回は出ません。アカペラ落語なら出来そうだけど(笑)
皆様もお出かけを。
9月28日(土曜)18時開場。「東洋館」にて。
<チケットの購入・お問い合わせは>
「墨東名人会」へ
bokutoukinema@gmail.com
090-8566-6855

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

起きたことは笑うしかない!

東洋興業会長で、浅草芸能界の「生き字引」とも言うべき松倉久幸さんが本を出されました。
『起きたことは笑うしかない! 』(朝日新書)。
宣伝文に曰く・・・
「笑いを磨けば長寿も楽々、浅草演芸ホール会長の“奇跡の83歳”笑老術のすべて。」
「笑老術」とは何か?造語ですから、本を通読しないと俄かには分かりませんが、
お笑いの巨人に学ぶ人生訓といった感じでしょうか。
それを、この本では「忘れられない三名人」に求めます。
古今亭志ん生
永井荷風
深見千三郎
特に志ん生が戦時中に前線を慰問した時のエピソードは、笑いについて考えさせてくれます。戦争という、究極に笑えない環境にいる人こそ、猛烈に笑いを欲している、そして、きびしい状況にいる人の活力の素になるのは笑いで、それは体の栄養と同じくらい大切だということです。
結局、松倉さんのモットーは、
誰よりも早く笑え!
皆さまも是非ご購読を。
出版社: 朝日新聞出版
ISBN-10: 4022950358
ISBN-13: 978-4022950352

なお松倉会長には、私の本にも登場していただきました。そちらも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

第四十回

第四十回記念「 台東薪能」を拝見しました。
「台東薪能」の主役は地元の能楽師・坂(ばん)真太郎さん。坂さんとは、台東区アートアドバイザーの仕事で10年ほどご一緒しています。
坂さんの御父上が「台東薪能」をスタートさせて、今回が四十回目。素晴らしいことですが、天候だけはあいにくでした。好天であれば会場は浅草寺境内の予定でしたが、雨模様になってしまったので、浅草公会堂へと変更となりました。
「台東薪能」では、地元鳶職の木遣りに先導されて、火が運ばれるのが他にはない特色で、屋外ならが当然本物の火を使いますが、公会堂の中で、そうは行きませんでした。
演目は『敦盛』『石橋』など、節目の回にふさわしく、古典的でシリアスなもの。格調たかく、堪能させていただきました。ありがとうございました。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

支配人

月刊『浅草』に東洋興業会長・松倉久幸さんの「浅草六区芸能伝」が連載されていて、おもしろいです。
松倉さんは、2016年に刊行された拙著『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』の中で私が対談させていただいた、浅草の九人の旦那衆の一人ですが、その松倉さんの連載が、このところ『浅草』の巻頭に連載されているのです。
さて今月の「第21幕」は浅草オペラのことでした。
浅草オペラは1923(大正12)年の関東大震災によって「一瞬にして消滅してしまった」と言っても良いくらい、急に衰えました。全盛期には「ペラゴロ」(オペラごろつき)という熱狂的なファン=今で言えばアイドルの「追っかけ」のような人達がいたくらいですが、あっけないことでした。
ですので、昭和の戦争の後に創業した松倉さんの会社とは、あまり関係ないだろうと私は思ったのですが、この連載を読んで驚きました。浅草オペラのスターの一人・町田金嶺が歌手引退後、松倉さんの会社で支配人を務めていたというのです。
町田金嶺(きんれい、1900-82年)は田谷力三(たや・りきぞう、1899-1988)と同世代。町田も田谷も浅草オペラの源流というべき「赤坂ローヤル館」に入団し、「ローヤル館」閉館後は浅草に移り、原信子歌劇団、根岸歌劇団と行動を共にしました。
その金嶺が、引退後東洋興業に入社して、フランス座、ロック座などの支配人を務めたというのです。人格者で支配人になってからも人気者だったと言います。
このように浅草で流行るものは、オペラ、映画、レビュー、お笑いと変遷しましたが、人脈面では断絶していませんでした。東洋興業さん自体も、今は落語が主体ですが、以前は違いました。
そんな話しを知ることができる、面白い連載です。
『浅草』を購読ご希望の方は㈱東京宣商さんへ。TEL:03-5827-1962

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ライトアップ

あー、パラリンピックの色だったんですか・・・
夜のウオーキングのおりに私はその色をみつけ、おそらく浅草には関係ないコンセプトで彩色されているんだろうと思っていましたが、パラリンピックの色でしたか。
「浅草には関係ないコンセプトの彩色」とは駒形橋のライトアップの色の話しです。
赤・青・緑の三色で、それがパラリンピックの色なんですが、皆さん、ご存知でしたか?
ウオーキングしながら、なぜ、この色?和風の色ではないなあ、と私は不思議に思い、調べてやっと分かりました。
東京都のリリースによりますと、
東京都は「駒形橋」「厩橋」「蔵前橋」のライトアップを8月25日に開始、これは2020年8月25日に開幕する東京パラリンピック1年前に合わせての点灯開始でした。
今後も、2020年3月までに隅田川の10橋を、この色にするとか。
が、赤・青・緑がパラリンピックの色だと知らない人は、
なぜ、この色?
と思ってしまいます。橋の周囲に説明もないですし。
なんでもオリ・パラに関連させるのって、どうなんでしょうね。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)