50周年

台東三田会50周年記念総会で石破茂先輩のアテンドをしました。
台東三田会で私は副会長です。副会長というのは、基本的に忙しく色々やらなくても良い立場と思うのですが、総会の前日幹事長から電話があり、
明日石破さんが見えるから、住吉さん、アテンドして下さい!
ええ、ホントに見えるんですかあ!
実は石破先輩は幹事長の同期生です。ダメ元で招待してみると言うので、
どうせ見えないでしょう。政局も流動化してるみたいだし。
と、私はその件は完全に忘れていました。が、急転、見えることに。
挨拶の後も1時間ほど会員と懇談して下さり、名刺交換待ちの行列ができるほどでした。
そういう次第ですので、私がこの会に誘っておいて、当日あんまりおもてなし出来なかった、皆さん、ごめんなさい。どうぞ、ご容赦下さい。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.977連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

11年目

「台東区芸術文化支援制度」の11回目(平成30年度)の説明会に出席しました。区が今年も魅力的なアートプランを募集することになり、その説明会でした。
この制度は、平成20年以来、美術・音楽・演劇・映像・ダンス・パフォーマンス・写真など、台東区内で開催される、様々なアート企画を支援してきました。
私も制度設計の段階から参画させていただき、その後10年間企画の審査や、開催支援に関わらせていただきました。
昨年が10年目だったので、他のアートアドバイザーの皆さんと共に10年を振り返る座談会を開いたのですが、我ながら10年分の実績の積み上げに感慨ひとしおでした。
応募してくれたアーティストの皆さん、区役所文化振興課の皆さん、ありがとうございました。
今年も、この制度で引き続き募集を致します。申し込み期限は、4月4日(水曜)から5月9日(水曜)まで。詳しくは台東区役所文化振興課へ、是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.971連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

墨田区

浅草は東京都墨田区に在ると思っている人は多い。
悲しいね。
いや、うけるね、かな・・・
とFBに投稿しましたら、墨田区の方から、
えー( ̄▽ ̄)それはないんじゃないですか!
そうですかあ?
と反応がありましたが、多いですよ、本当に。
地方の方で東京23区を覚えておられない方は結構います。我々も大阪の区は全部暗唱できてませんしね。でも隅田川は覚えておられて、その川に浅草は接しているのだから、墨田区なのだろうと思い込んでおられるわけです。
台東区という造語は70年経つというのに、全国には浸透していないようです。
「適サシ肉」という造語の方が、よほど浸透している、か、な?

なお、皆さん気になる、「すみだ」の漢字の件は、古くから隅田川のことを「墨堤」とも言ったので、戦後墨田区が発足する時に、そっちを採用したという説明なのですが、「隅」を嫌った説明は伝えられてないようです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.969連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

橋梁ライトアップ事業

東武鉄道さんが隅田川に架かる鉄橋を夜間ライトアップしています。正式な事業名は、

「東武スカイツリーライン隅田川橋梁ライトアップ事業」。

しかも「東京スカイツリーのライティングとのコラボレーションを日替わりで楽しんでいただけます。」

「また、隅田公園桜まつりなど、四季折々行われる地域のイベント等、その時々に応じたライトアップも行います。」

ということで、この時期はもちろん桜色です。

浅草の夜を盛り上げてくれることは大変在り難いことです。

と、書きたいところなのですが、観に行きましたところ、連続ドットの灯りは夜空に存在感があり過ぎなような・・・川の上は他に光るものがないので、目立ち過ぎるのです。

スカイツリーのようにグラデーションを付ければ良いのに・・・

と思いましたが、東武さんの企画書を読むと、それは出来るのだとか。「プログラムにより「点滅」「ゆらぎ」「流れ」等様々な演出が可能」と書かれています。私の行った日だけ「ゆらぎ」をやっていなかったのでしょうか。実施を期待したいと思います。

さらに申せば、彩色も、どうも、自然な桜の彩色ではなく、なんかインパクトあり過ぎ。もう少し淡くても良いような・・・まあ、主観ですけど。

ともあれ、夜桜見物に行く方は、鉄橋にもご注目下さい。

 

追伸

先日「東都のれん会」さんのご依頼により、日本橋三越本店でトークショーをさせていただきました。催事『江戸東京味・技めぐり』を盛り上げるためでした。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

動画が撮ってありますので、こちらからご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.958連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

暖春

偏西風の流れ方が変わったとかで、記録的な「暖春」となり、今年の花見シーズンはもう終わりです。

浅草は元々お彼岸と花見の時期が忙しいのですが、今年はそれが続けて来たので、「ちんや」は314日から42日まで休まず営業致しました。

頑張ってくれたスタッフには感謝あるのみです。

今後は当分定休日の毎週火曜日を休業させていただきますが、51日だけはGW連休中なので営業致します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

私自身もチト疲れたな。

さ、飲むか。

じゃなくて、休むか。

追伸

先日「東都のれん会」さんのご依頼により、日本橋三越本店でトークショーをさせていただきました。催事『江戸東京味・技めぐり』を盛り上げるためでした。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

動画が撮ってありますので、こちらからご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.957連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

一升 VIN

相模屋本店さんの飲食業進出2号店が開店しました。

相模屋さんは弊店の取引先の酒屋さんです。以前は「町の酒屋さん」といった感じのお店でしたが、当代が後を継いでから、ビオワインの研究を始められ、やがて昨年の春、最初の飲食として、角打ちスペースを開業なさいました。それが第一弾。

角打ちスペースは、酒屋の一角を改装して10人強が立ち飲みできる程度の場所でしたが、今回は違います。元倉庫だった所を改装したお店で、これが本格的な飲食業進出1号店と言っても良いかもしれません。

で、メインは「鍬焼き」。要するには鉄板焼きですが、上手いネーミングですね。

地酒も色々あります。

ご利用下さいまし。

屋号は LA MAISON DU 一升 VIN (ラメゾンドイッショウビン)(読めない・・・)

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1-9-5 onビル 1F & 2F

tel.03-6231-6103

追伸①

明日20日は火曜日ですが、祝前日ですので営業致します。

営業時間:16:30~21:30 どうぞ、ご利用下さいませ。

追伸②

日本橋三越本店の催事『江戸東京味・技めぐり』でトークショーをさせていただくことになりました。

聞いてくれる方が少ないと悲しいので、お時間のあります方は是非お出かけ下さい。

時間は3月24日(土)の13時30分~と15時~の2回、

場所は本館7階催物会場です。

演題は【意外と知らないお肉の話しー肉選びの目線が変わります】

内容はもちろん「適サシ肉」の話しです。(2回同じ内容です)

詳細は、こちらです。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.942連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

民泊条例

35日の「広報たいとう」を見た人は、

お!

っと思ったことと思います。

一面を全部使って、民泊規制条例の説明が載せられていました。台東区は観光区ではありますが、結構きびしい民泊条例を制定したのです。

事業者の責任として、

周辺住民や学校、保育園への周知

苦情には30分以内に対応すること

タバコ、ゴミの適切な処理

などが義務付けられます。

GJ

ただ私が大丈夫かなあ・・・と思うのは、担当が保健所の生活衛生課だという点です。

生活衛生課は食品衛生も担当しています。食べ物に関する苦情が皆この部署に来るのです。浴場や洗濯業も担当しているので、サウナや銭湯の問題も、ここです。

無届民泊はどんどん増えるでしょうし、激増する苦情に対応できるのでしょうか。かなり心配です。

それに民泊は、治安や防火の面でもかなり心配です。

規制体制の強化を熱望します。

追伸

日本橋三越本店の催事『江戸東京味・技めぐり』に出店して、精肉の販売を致します。

会期:3月21日(水・祝)~26日(月)

場所:本館7階催物会場

是非お出かけ下さいまし。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.937連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

御役御免

東都のれん会「東若会」の総会を「ちんや」で開催しました。

私が「東若会」の幹事長をお引き受けして以来、これが4回目の会合で、これにて卒業、御役御免とあいなりました。

無事終わって、まずはひと安心です。

在任中の会合にご参加下さいました会員の皆さん、在り難うございました。

総務幹事さん、会計幹事さん、お忙しい中繁多な仕事を在り難うございました。

例会場を受け入れて下さいました、「前川」さん、「駒形どぜう」さん、「中清」さん、在り難うございました。

来年は一会員として、気楽に参加させていただきますので、次期幹事の皆さん、よろしくお願い申し上げます。

 

追伸

「食楽web」~美食と酒の悦楽探求webマガジン にお採り上げいただきました。
文は松本壮平さんです。ありがとうございます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.936連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

松下さん

39日のことでした。新聞の全面広告に、浅草雷門でテープカットする故松下幸之助氏の大きな写真が掲載されました。

この写真は1960年の写真です。幸之助氏は1865年(慶応元年)に火災で焼失して、そのままになっていた雷門の再建を請け負い、それが完成した時の写真が、これです。

パナソニックさんは今年創業100周年ですが、その内の58年間は浅草と浅からぬご縁が続いた、ということになります。

門の再建だけでなく、パナソニックさんは、10年おきに行われる大提灯の張り替え費用も負担してきました。提灯の下の部分に付いている「松下電器」の銘板はずっと同じもので、社名がパナソニックに変わっても、創業者以来の縁に配慮して、今も使われ続けています。

リーマンショックの頃パナソニックさんが、この大提灯の張り替えから撤退するかも・・・という噂が飛び交いました。会社名も変わったし、もう「松下さん」じゃないんだねえ、と浅草の人達は嘆ぎましたが、結局撤退は実行されず、100年を迎えました。

この全面広告を見て、多くの浅草の人たちが安堵したと思います。

おりしも同日地元・門真で「パナソニックミュージアム」が開館したそうです。

創業者の高い志や、数多の後進の熱き思いを未来に伝承したいという思いから開館する、と聞きます。

社名も変わり、業態はグルーバル企業に成ってはいるものの、この会社さんは「老舗」と言っても良いように思います。これから日本人はだんだん近代が老舗になる様子を目撃していくことになるのだと思います。

100周年誠にお芽出とうございます。

 

追伸

「食楽web」~美食と酒の悦楽探求webマガジン にお採り上げいただきました。
文は松本壮平さんです。ありがとうございます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.935連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

三社様

今年も㈱ちんやの全社員を引率して、浅草神社に昇殿参拝させていただきました。

参拝の趣旨は、

・私達が「浅草の街に生かされている」ことにつき、感謝の気持ちを捧げます。

私達の店は浅草に見えるお客様に支えられているわけで、最近私が「適サシ肉」宣言を行ったのも、お客様の御口に合う肉を求めた結果でした。

その浅草の「そもそも」である三社様に、まず感謝を捧げたいと思っています。

お祓いを受けている最中は、ボケーとするのではなく、全員が心の中で以下↓を唱えることに致します。

「東京都出身、台東区浅草1丁目3番4号在住の住吉史彦でございます。いつも在り難うございます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。」

参拝の際にブロック肉を「三宝」に載せて、お祓いしていただき、その後奉納。

一部は弊店に下げ与えていただきます。

下げ与えていただいた分は、すき焼き用にカットして、「ちんや」で皆で食べます。

これこそが「直会」(なおらい)です。

直会と言うと、祭りの打ち上げ宴会と思っている方がいますが、元々は違います。

また参拝の様子をリクルート用のサイトに掲載することで、将来の社員にも、弊社がそういう会社であることを知ってもらいたいと思っています。

なお本殿での撮影ですが、神様を撮るのは勿論NG、また祝詞をあげている最中に撮るのはNGですが、拝礼中の弊社員や、三宝に載った肉を撮るのはOKということです。お知らせまで。

追伸

日本橋三越本店の催事『江戸東京味・技めぐり』に出店して、精肉の販売を致します。

会期:321(水・祝)26()

場所:本館7階催物会場

是非お出かけ下さいまし。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.933連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)