緩み交差

18日の新聞朝刊で浅草は「緩み交差」の地として紹介されていました。
雷門広場の写真には「浅草では、多くの観光客らが行き交っていた(17日午後2時27分、台東区で)」と説明がつけられていました。本文にも
「都内で17日、外出自粛の緩みが見え始め、浅草では、多くの観光客らが行き交っていた」と書かれていました。
「営業中のアイスクリーム店の前には、距離を空けずに列を作る客の姿も見られた」とも。
この記事を私は「印象操作だ」とまでは申しません。
が、写真に写っている人が本当に「観光客」なのかは知りたいですね。
浅草や台東区は職住接近の街ですから住民がいます。住民は、例えばマスクを新仲見世で買います。そのために外出したら、それは「緩み」でしょうか。
観光客の割合を取材して、この記事に入れていただけたら完璧でしたね。
また、浅草が他の地区と比べて、特にソーシャル・デイスタンスの意識が低い地区のなのか、是非取材していただいて、その結果を知りたいと思います。「営業中のアイスクリーム店」だけでなくて、浅草は皆そうなのか?
ちなみに、その新聞の記者さんの念頭にはなかったようですが、この17日は三社祭が開催予定だった日で、その人出見込みはおよそ100万人でしたから、この日は100万人の人出を削減することに成功した日だと言えます。
マイナス100万人ですよ。7月の花火や9月のサンバも加えれば、マイナス200万人くらいになります。これだけ人出を削減した街は他にありますか、ね?
その点を大いに褒める記事も書いていただきたいものだと思いますな。

追伸
三社祭は、既にお知らせしました通り延期が決まっております。開催予定は10月16日~18日。その頃には終息していることを期待します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.734本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

看板

今日はコロナがなければ、三社祭が行われていたはずの日ですが、既にお知らせしました通り延期が決まっております。このところ天気が良いだけに残念です。
開催予定は10月16日~18日。その頃には終息していることを期待します。
さて東京は緊急事態延長だそうなので、引き続き自粛営業ですね。
肉の売店で医療関係者応援割引をやっておりまして、ご利用いただけるので、それが自粛中のモチベーションになっています。
拡散度合いも今のところ丁度良い位になっています。
大手メデイアの方から取材したいと連絡がありましたが、ありがたく辞退させていただきました。大きな話題になって、スーパーのように混むと良くないからです。せっかくのお話なのに申し訳ありませんでした。
一方SNSによる拡散は丁度良い位です。私の知り合いが拡散させてくれた場合もありますが、通りすがりの方が看板を画像に撮ってネットにあげてくれることが多いです。
通りすがりの方が撮っていくのは、今回の看板にインパクトがあったからでしょう。
立て看板は売店の若手スズキ君の手書き。若いのに味があります。
ガラス面に大きく貼り出したポスターはトゥーステップスさん、数メートル先からでも読み易いです。
そういう次第で200人ほどの方に既にご利用いただけました。ありがとうございました。引き続き緊急事態の間は続けて行きます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.730本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

ハイリスク

緊急事態宣言が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引も続行しております。
この件を知人がSNSに上げてくれて、それを見た該当者の方が結構来て下さっているようです。嬉しく思います。
そんな中、ある従事者の方が買いに来て下さり、
浅草は、テレビで視るより人出がありますね。コロナご自愛下さい。
と心配されました。
昨今浅草がメデイアに頻繁に出てきて「こんなに人がいません!」と報じられていますが、あれは、特に人が少ない瞬間を狙って撮ってますのでね。
浅草の店主達は、銀座や大手町と違って浅草に住んでいますし、祭の神輿が担ぎたいという理由で普通の人が転入→住みつくこともありますので、そういう人達は連休中も浅草を歩いています。で、意外と人がいるのです。
それともう1点ですが、浅草は意外と感染者が出てませんよ。
コロナ初期の武漢が大問題だった頃は、浅草=中国人が多い=ハイリスクというイメージが強烈でしたが、意外と出てません。
上野の永寿病院で院内感染が起きましたが、浅草には及んでいないです。
理由は、分かりません。
仲間が集まると「なんでだろうね?」と言い合いますが、理由は分かりません。
素人考えでは、
・職住一致で通勤電車に乗らないから
・飲食店や食料品店が多く、その関係者は日頃から手洗いや消毒に気をつけているから
・早い時期から~去年の冬から~既に感染して治っていて抗体を持っているから
でしょうか、ね?
詳しい方、研究して下さい。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.721本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

奉納絵馬

小学館の文芸雑誌「qui-la-la」(きらら)で河治和香先生の新連載「ニッポンチ!」が好調です。
和香先生が、「駒形どぜう」の三代目を主人公にした小説『どぜう屋助七』(2013年)にウチのご先祖を登場させて下さって以来、新しい連載が始まるのを楽しみにしておりますが、今回は明治の浮世絵師を主人公にした小説です。登場する絵師の作品がウチにあったりしますので、なおさら楽しみなことです。
登場するのは歌川国芳門下の絵師たち。国芳には歌川芳虎、芳艶、芳藤、落合芳幾、さらには月岡芳年、河鍋暁斎といった弟子がいましたが、国芳が幕府に逆らう位の人だったので、弟子達の性格も皆ユニークで。その人物描写もまた、この小説の面白いポイントだと思います。
5月号では、国芳の絵馬が浅草寺に奉納されて、将軍様もご覧になったという件が出てきました。
え、そうだっけ?!と思い確認しましたが、たしかにそうでした。有名なのは谷文晁の「神馬」ですが国芳もありました。浅草寺の公式サイトでは「寺宝」として紹介されています。
江戸時代の奉納絵馬は大変大きくて本堂に架けるもので、美術館などというものがない当時は、絵が多くの人の目にふれる貴重な機会でしたが、その本堂が燃えたのに、何故絵馬は残っているのか。
それは昭和8年(1933年)の改修の時に外されて、元に戻されなかったためでした。それで昭和20年(1945年)の東京大空襲を逃れたのでした。
現在は五重塔院に保管されており、原則非公開で、観る機会は大変限られています。最近では2018年に公開がありました。
次回の公開が待たれますね。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.710本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

浅草老舗のお持ち帰り料理

「浅草老舗のお持ち帰り料理」というサイトが出来ました。
これは言うまでもなく、浅草の料理屋でテイクアウトをやっている店が載っているサイトでして、現在15店舗が載っています。
「ちんや」の場合、元々肉の売店があり、そこで以前からすき焼きの材料を売っていますので、今までテイクアウトを全くしていなかったお店とは、動きが少し違いますが、載せていただけて在り難いことでした。
台東区役所もこうした取り組みを応援してくれていまして、テイクアウトやデリバリーを行っている区内飲食店を、「TAITOおでかけナビ」の特集ページに載せてくれています。「浅草老舗」も勿論載っています。
それを見て、地元の有力な先生が買いに来て下さったこともありました。
品物の引き取りに見えたのは、お嬢様だったのですが、
父が毎晩家で食べるなんて、初めてのことです。
と言っておられました。その方は有力な方なので、コロナがなければ夜ごと会食やパーテイー。家では食べないのです。
料理屋にとって困ることは、ご家族にとって良いことでもあるのですね。
あ、それはともあれ、誠にありがとうございました。

本日もご愛読を賜り、誠にありがとうございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.708本目の投稿でした。

避病院

昨今のコロナ治療の最前線に立っているのは都立墨東病院・都立駒込病院といった都立病院の中でも「感染症に強い」と言われている病院です。
関係者の皆さんに心より応援のメッセージを贈りたいと思います。
が、私の祖父(故人)は、これらの病院の名前を耳にすると、あまり良い顔をしませんでした。その世代の人達にはイメージが悪かったからです。
イメージが悪かったのは都立墨東病院・都立駒込病院のルーツが明治時代の避病院にあるからです。
避病院(ひびょういん)は1870年代に、当時大流行したコレラに対処するため建設されました。
名前に「病院」と付いてはいますが、当時はコレラ菌が発見される前のこと、治療法が無いので、出来ることはほとんど隔離のみでした。死亡率も大変高かったので、「死病院」と恐れられました。
当然迷惑施設ですから、東京の郊外に建てました。位置的には、その少し手前が浅草でした。昔の下町っ子なまりでは語頭の「ひ」は発音できず、「し」と発音してしまう傾向があったので、「ひびょういん」と言おうとすると「しびょういん」になってしまいました。
後にコレラが治せる病気になり、正式名称が「伝染病院」と変わってからも、昔のイメージを持ち続けている老人は少なくなかったのです。
時代は巡り、そういう方々も亡くなり、そもそも感染症に対処するために出来た病院が今はウイルスとの戦いの最前線になっています。墨東病院は苦労してるようですが。
頑張れ、避病院。

すき焼き「ちんや」と「ちんや亭」(つまり飲食部門)は、コロナ拡大抑止に協力するため営業自粛しております。再開時期は未定です。
精肉売店は時短営業(11時~19時)しておりますので、皆様、すき焼きはご自宅でどうぞ。
通販もやってます

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.705本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 憧れの明治時代,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

大提灯

「コロナで閑散としている浅草・仲見世」
という映像を、皆さん何回視ましたか。毎日何回もテレビやネットで見かけますよね。
観光客が少ないのは当然ですが、今はある理由で、とても見晴らしが良いのです。
それは、雷門の大提灯がないから。
大提灯がないのは、新調するために外されているからです。
観光客が少ないプラス提灯がない、で、とても見晴らしが良いのです。
大提灯の新調は、だいたい10年ごとに行われておりまして、今年はオリンピックにあわせて・・・
ということでしたが、それがコロナの時期に完全に当たってしまいました。
これまでの提灯は3月10日に降ろされて、4月17日に新しい提灯がかけられます。
で、「見晴らしが良いのは16日まで」ということになります。
緊急事態ではあるようですが、屋外ですし、記念写真を撮っておくのは悪くないと思います。

すき焼き「ちんや」と「ちんや亭」(つまり飲食部門)は、コロナ拡大抑止に協力するため営業自粛しております。再開時期は未定です
精肉売店は時短営業(11時~19時)しておりますので、皆様、すき焼きはご自宅でどうぞ。
通販もやってます

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.701本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

逆さ地図

閑話休題。コロナの話しばかりでは不景気ですから、今日は関係無い話しを。
神戸市北区が「神戸市北区逆さ地図」というのを作り、話題になっているそうです。
神戸市の、六甲山の北側に広がる北区は「影が薄い」エリアですが、南北をひっくり返すことで、北を主役にした地図を作ったということのようです。
神戸市の行政区は東京とはかなり違う形をしています。
大阪から神戸へ、つまり東から西に向かうと、まず、
東灘区
灘区 
この辺は灘の酒を造っている辺りですね。そして、
中央区
が何と言っても神戸の中心。三宮も元町も新幹線の新神戸駅も中央区です。続いて、
兵庫区
は港湾地帯という感じ。その次が
長田区
震災の時に商店街から火事が出てしまった所ですね。続いて、かつて「須磨の浦」があった、
須磨区
垂水区
その西が明石市です。
ここまでの7つの区はみな縦横5キロくらいで面積は小さい区。それが横に7つ連なっていて、そして、それぞれに特徴があって有名です。
残りの2区が西区と北区で、南側7区の上(=北)にその2区が乗っている形です。
北側2区の面積は南側の7区に比べてはるかに大きく、北区が神戸市の4割ほどですが、イメージは・・・
そのイメージを変えようというのが、今回の北区のマップです。
有馬温泉だけは有名ですが、その他に山間にひっそりたたずむ神社仏閣やイチゴ狩りが出来る農家があったりと、それなりに魅力があるので気づいて欲しいという趣旨です。結構と思います。
この地図を見ながら、私はいつも浅草が、自分の見ている地図の外れにあることに気づきました。
浅草は東京都の中ではかなり東にあります。また中心である銀座から見ると東北に寄っていますね。その感覚が強いと思います。
ネットの地図で一度浅草を中心にしてみて下さい。
画面の左端に都庁がありますが、浅草をはさんで、その反対側の端はと言うと、柴又です。寅さんの。
寅さんこと渥美二郎さんは、元々浅草六区の芸人だったのですが、柴又=浅草の距離と浅草=新宿の距離が同じだと気づきます。
そして浅草へ来ていただき易い方が、浅草の北や東にたくさんいるということが分かります。
コロナで観光客が去った今、浅草は近縁の人達に来ていただかないといけません。
地図をさかさまにしたり、中心を動かしたりということは、是非やってみるべきことかなと思いました。

すき焼き「ちんや」と「ちんや亭」(つまり飲食部門)は、コロナ拡大抑止に協力するため営業自粛しております。
精肉売店は時短営業(11時~19時)しておりますので、皆様、すき焼きはご自宅でどうぞ。
通販もやってます

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.697本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

落語とオペラ

楽しみにしていたのですが、小池知事の外出禁止令で、あえなく延期になってしまいました。
大学同期の落語家・立川談慶君による「浅草の談慶」の第四弾です。今日開催されるはずでした。
直前までは、元気に開催!と聞いていましたが、「感染爆発の重大局面」とまで言われてしまい、急転、開催できなくなりました。でも中止ではなく延期なので、あえてここでご紹介して、他日のリベンジに期待したいと思います。
さて、その「番外編特別企画」は「落語とオペラ」でした。浅草が浅草オペラの故地だということで「浅草東洋館」でした。
もちろん、初の企画で、どうなるのか、私もさっぱり分かりませんが、楽しみにしていたので、残念でした。
出演は、
落語:立川 談慶
ソプラノ:原 千裕
ピアノ:斎藤誠二
演目は、
一部 落語「紺屋高尾」
二部 オペラ落語「椿姫」=椿姫の舞台を吉原に置き換えた脚本だとか。
さらに恒例となってきた感のある、浅草のレジェンド松倉久幸会長(東洋館館長)とのトークも。
会場:浅草東洋館
主催:墨東キネマ
リベンジに期待します。

追伸
3日15日より「しゃくなげ和牛」のメニューをお出ししています。福島復興の一助になればと存じます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.682本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

繁盛祈願

ウイルス騒動の最中、店のスタッフ全員と、浅草神社(三社さま)にお参りし、商売繁盛を祈願しました。
この時期の、毎年の恒例行事でしたが、今年は全員マスク着用での参拝。神職の方々に万が一にも移すわけにいかないからです。
本殿に昇る時は、さすがに神前ですから、マスクは外した方が良いと思ったら、
着用のままでお願いします!!
玉串奉奠の時だけ外してお参りさせていただきました。こんなことは多分、今年だけでしょう。
「商売繁盛」だけでなく「ウイルス退散」も祈願しましたので、近々コロナはいなくなると思います。皆様、ご安心下さい(笑)

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.666本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)