365日の献立日記

正月のめでたい気分がまったく無い中で、今年の1月は過ぎつつあります。

そんなおりNHK・Eテレの「365日の献立日記」で、沢村貞子の平成元年(1989年)1月16日の献立が「すきやき」だったことを知りました。

浅草出身の、昭和の名女優・沢村貞子(1908~1996年)(「おていちゃん」)は文才があったことでも知られ、その著作の中でもユニークなのが、26年以上毎日書き続けた「わたしの献立日記」。それを映像化しているのがNHKの「365日の」です。

その「すきやき」の具は、肉、葱、しらたきという普通のすき焼きの具に加えて、ほうれんそう、生麩、生湯葉、もちが入っています。

も、餅?

餅はたしかに正月らしいし美味しいのですが、溶けて鍋にくっつくと厄介なので、すき焼き店では避ける傾向にあると思います。

そう言えば、1989年の正月も、あまり目出たくない正月でした。

昭和天皇は前年秋から体調を崩されていました。年末年始は自粛ムードの中で過ぎ、結局1月7日に崩御、平成時代が始まりました。

「献立日記」の1月16日に「すきやき」が登場するのは、自粛が明けたからなのかもしれませんね。

今年の自粛はいつ明けるのでしょうか。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.982本目の投稿でした。

大寒

1月15日は「適サシ肉の日」だとお伝えしましたが、実は新型コロナの日でもあったそうです。2020年のこの日、国立感染症研究所が、相模原の30歳代中国人男性から採られた検体から、初めてウイルスを発見したそうです。

中国人男性が入院していた相模原協同病院の院長先生が、男性が武漢帰りであることから、「もしや」と疑って解析に送ったそうです。

この頃は未だ「人から人への感染は確認されていない」とされていた時期です。日本にも先手が打てる人はいたのですね。その後は後手が続いているのが残念です。さて、今日は何の日かと申しますと、

「大寒」です。

「大寒」の日に採れた卵=「大寒卵」は特に栄養価が高いと言われておりますので、今年も販売させていただきます。

販売するのは、日本海の風雪が舞い込む、新潟県村上市の「オークリッチ」さんの卵です。本日採卵していただき、23日よりお渡ししますので、予約済みの方は楽しみになさって下さい。(予約なさっていない方は、申し訳ございません、今年の予定数は売り切れてしまいました)

このように生き物に付加がかかっている時に、味は美味しいという話しは良く聞きます。

下仁田葱は夏が得意でないので、その夏にわざと地面から引っこ抜いて刺激を与えるという話しは、昨年12月25日の弊ブログに書きました。

寒い季節は美味しい季節でもあります。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.980本目の投稿でした。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

家のすき焼き

すき焼きに大根を入れるか?

という話題がこのところ盛んです。流行りなのでしょうか。昨日もご当地グルメ研究家だという方がブログでこの話題にふれているのを発見しました。

その方は香川生まれ・徳島育ちだそうで、ジャスト大根すき焼き地帯の方なので、普通に入れていて、しかし、

「家庭では大根が入っているが、お店のすき焼きには入ってない」と考えていたそうです。後に上京するまで、地域性とは思っていなかったそうです。

が、実際は大根については地域性がハッキリしていまして、

高知以外の四国

岡山、広島、山口

で入れます。つまり瀬戸内は入れるということです。

大根の生産量を比べると瀬戸内は多いわけではなく、全国10位以内に一県も入っていないのに、すき焼きには入れている理由は謎です。

それでも地域性と思わない方がいるのは、この地域にすき焼き専門店が少ないからかもしれません。

以前料理業界の集まりで高松に行き、現地一番の和食店の方に、

高松ですき焼きのお店を推薦してくれませんか?!

と頼みましたら、

うーん、難しいなあ、思いつかないなあ・・・

という反応だったのを思い出します。

どこかのお店がメニュー化して下さることを期待します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.979本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

残念になった食材

年始に父と食事していて、

昔と比べて残念になった食材は何か?

という話題になりました。父の意見は、

・トマト

・イチゴ

・ミカン

でした。みな酸味に特徴がある食材ですが、その酸味がなくなるような品種改良が行われ、味が平板になってしまいました。この三つについては私も同意します。

私が加えるとすると、

・春菊

苦味がなくなるような品種改良が行われ、また柔らかく改良しようとするあまり、歯ごたえがなくなりました。

今の春菊は生で食べられるくらいです。ネットのレシピをみていても、すき焼き以外の食べ方がたくさん載っています。そういう食べ方が主流になれば、ますます柔らかくなるでしょう。

葱屋さんは、売り先によってタイプの違う葱を用意してくれます。蕎麦屋で薬味として使う葱と、鍋に入れる葱は分けているのです。

春菊屋さんという商売が出来て、売り先によってタイプの違う春菊を用意してくれたらなあと思います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.971本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

クレソンとチコリのすき焼き

旧臘のことになりますが、ネットで

「年末はちょっと贅沢に!ピノ・ノワールに合うクレソンとチコリのすき焼き」

というレシピを発見しました。

見て行きますと、具材は、

すき焼き用牛肉、クレソン、チコリだけ。

割下の材料は、

赤ワイン・しょうゆ・みりん、砂糖。

このように割下にワインを混ぜることで、ワインに合うようにしようという作戦は、最近良く見かけます。

もちろんそれを否定する気はないですが、何人かですき焼きする場合、中には飲めない方がいるため、すき焼きを完全に「ワイン対応」にしてしまうのは、私は飲めない方に気の毒なような気がします。

また割下を工夫しても、生卵がそのままだとどうしても合いません。卵をなんとかした方が良いと思います。

で、このブログで何度も推奨しておりますが、

ヨーグルトすき焼き」です。

ヨーグルトを卵に入れれば、この問題は、またたく間に解決します。

割下の味が変わると、それが嫌な方も食べないといけませんが、卵だけ変化させるなら、お気に召さない方は、その卵を使わなければ良いだけの話しです。

それにワインを飲めない方が「ヨーグルトすき焼き」を食べても全く支障はないですよ。酸味は割下の甘辛味、肉の旨味と相殺されて、マイルドに感じるだけです。

是非お試しあれ。

追伸、以下年始の営業予定です。よろしくお願いいたします。
1月5日(火曜):休業
1月6日(水曜):休業
1月12日(火曜):休業
1月19日(火曜):休業
1月26日(火曜):休業

追伸②

浅草寺の境内にライブカメラが付けられ、混雑ぐあいをリアルタイムで視ることができるようになりました。お出かけの前に浅草寺公式サイトをご覧ください。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.965本目の投稿でした。

本年も引き続きご愛読をよろしくお願いいたします。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

植え替え

浅草寺さんが公式サイトで境内の様子をリアルタイム配信するようになりました。

もちろん年末年始に混んでいる様子を見せつけて→分散参拝を促す目的ですが、昨日の午前中などは、とても空いていて悲しくなってしまいました。さて

先日NHK「うまいッ!」に出演させていただきましたが、この回は 「太く短い!でも、とろ~り甘い! 下仁田ねぎ~群馬・下仁田町~」という題で、題の通り下仁田ねぎを紹介する回でした。

見逃した方のために、ここでご説明しておきますと、

下仁田ねぎは普通のねぎと、品種も栽培方法も違います。

葱の品種は大きく分けて、関東の白ねぎ(「千住ネギ群」)、関西の青ねぎ(「九条ネギ群」)、それと下仁田ねぎを含む太ねぎの三種があります。「加賀太ネギ群」という品種名で金沢でも採れますが、産地としては下仁田の方がはるかに有名ですね。

そこまではご存じの方も多いと思いますが、あまり知られていないのは、下仁田ねぎの栽培方法です。

まず種播きから収穫まで15カ月と栽培期間が大変に長いです。(普通のねぎは8カ月~10カ月です)

それから夏場に「植え替え」という特徴的なプロセスがあります。

「植え替え」とは要するに、ねぎを地面から引っこ抜いて、再度植えるという作業です。

下仁田ねぎはそもそも北方由来のねぎで暑さに弱いので、放置しておくと、夏場に成長が鈍化します。

そのタイミングで引っこ抜けば当然根の一部が切れます。それが刺激となり、再成長が促されるという作戦=つまりネギをいじめて鍛える意味があるのです。

この作業はハードです。7月下旬から8月の中旬の真夏の太陽の下で行うからです。

農家さんにとっては苦行ですが、生産組合としてこの作業を義務化して取り組んでいるようです。お疲れ様です。

今回の放送は冬の放送だったので「植え替え」の様子は、夏に撮った動画をパソコンで見るという形でした。

パソコンの画面だと夏の過酷な様子がイマイチ表現されていなかったので、あらためてここに書きました。

「ちんや」でも下仁田ねぎを冬限定でお出ししていますので、お召し上がりくださいませ。

追伸、以下年末年始の営業予定です。よろしくお願いいたします。

12月29日(火曜):営業
12月30日(水曜):営業
12月31日(木曜):営業
1月1日(金曜):営業
1月2日(土曜):営業
1月3日(日曜):営業
1月4日(月曜):営業
1月5日(火曜):休業
1月6日(水曜):休業
1月12日(火曜):休業
1月19日(火曜):休業
1月26日(火曜):休業

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.954本目の投稿でした。日頃のご愛読に心より御礼申し上げます。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

うまいッ!

テレビ放送の告知です。

本日放送のNHK「うまいッ!」に出演させていただきます。ご覧くださいませ。

NHK総合午後0:20 ~ 午後0:44 「太く短い!でも、とろ~り甘い! 下仁田ねぎ~群馬・下仁田町~」

タイトルの通り、この回は下仁田ねぎを紹介する回です。そもそも「うまいッ!」は、日本各地の食べ物を紹介し、魅力を再発見するという番組で、これまでは丹波篠山市の「山の芋」、岩手県山田湾のホタテなどを採り上げてきました。

で、今回は下仁田ねぎです。

と書くと、

あれ、「ちんや」さんは千住葱じゃなかったの?「新日本風土記」で視たけど。

はい、そうです。普段は千住葱です。

下仁田ねぎは出荷される時季が11月下旬から2月に限定されていますから、その時季にオプション・メニューとして提供しているのです。

毎年「すきや連」で知り合った「下仁田ファーム・小金沢農園」さんから送ってもらっていて、その小金沢さんからのご紹介で、ウチが出ることになったわけです。

偶然ですが、年に二回、葱の件でNHKに出させていただきました。面白いご縁です。

どうぞ、ご覧下さい。ウチのすき焼きは番組の最初の部分に出るらしいので、お見逃しなく。

追伸①

見逃した方は、こちらで見逃し配信が視られます。(配信期限 :12/28(月) 午後0:43 まで)

追伸②、以下年末年始の営業予定です。よろしくお願いいたします。

12月22日(火曜):休業
12月23日(水曜):休業
12月29日(火曜):営業
12月30日(水曜):営業
12月31日(木曜):営業
1月1日(金曜):営業
1月2日(土曜):営業
1月3日(日曜):営業
1月4日(月曜):営業
1月5日(火曜):休業
1月6日(水曜):休業
1月12日(火曜):休業
1月19日(火曜):休業
1月26日(火曜):休業

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.950本目の投稿でした。日頃のご愛読に心より御礼申し上げます。

大寒卵2021

好評につき、「大寒卵」が戻って来ました。既に14日より予約の受付を開始しております。今年もよろしくお願いいたします。

来年のことなど話すと、まさに鬼に笑われますが、2021年の「大寒」は1月20日です。風水は、大寒の日に産まれた卵を食べることを勧めているとかで、それを「大寒卵」と言うそうです。
これを、あながち迷信と片づけない方が良いと思います。 寒い時期に産まれた卵は栄養価が高いからです。 大寒は一年で最も寒さが厳しくなる頃です。鶏はその寒さで本能的に産卵数が少なくなりますので、その中でも産まれた卵は、必然的に栄養価が高まります。
風水が面白いのは、それを金運と結びつけたところです。 「大寒の日に産まれた卵を食べると金運が上昇する」と言うのだそうです。 ただ「健康に良い」と言うより、そちらの方がそそられますね。上手いことを考えたもんです。会社の社員さんに一個ずつ配るとかしたら面白いと思います。
で、今年も「ちんや」精肉売店で、この大寒卵を販売します。
寒い所の卵が良いわけですから、特に寒い所=日本海の風雪を浴びるような所で鶏を育てている養鶏場から卵を取り寄せることにしました。 その養鶏場は、新潟県村上市の「オークリッチ」さん。
ご予約は、既に受け付けを始めていますので、「2020年はさんざんだったから、2021年こそは・・・」と心に決めておいでの方は、どうぞ「ちんや」売店へお急ぎ下さい。

追伸、テレビ放送の告知です。

21日放送のNHK「うまいッ!」に出演させていただきます。ご覧くださいませ。

NHK総合12月21日 午後0:20 ~ 午後0:44 「太く短い!でも、とろ~り甘い! 下仁田ねぎ~群馬・下仁田町~」

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.945本目の投稿でした。日頃のご愛読に心より御礼申し上げます。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

春菊本番

毎日ネットに「すき焼き」と入れて検索していますが、それを視ていると、春菊についてのツイートが多いことに気づきます。

「わかるー!春菊昔すき焼きにいれる意味わかんないとか本気で嫌だったけど、今めっちゃ好き🤤 今日私も春菊買ってこよう😍」

「最近すき焼きにしよかって、なるとお肉よりも春菊食べるのが本番みたいになってきた」

すき焼きの準主役はネギです。歴史的にも、私個人の体感でも肉に次ぐ食材はネギです。

春菊は、緑色の「見た目」と苦味をすき焼きに加えるもので貴重ではあるものの、「春菊食べるのが本番みたい」とは驚いたことです。

ネギやシイタケがツイートされることは少なく、春菊が断然多いです。最近春菊に何か起きているんでしょうか。

「柔らかく」「苦くない」ように品種改良されてばかりで、最近の春菊は面白くないと私は思ってきたのですが、どうも逆に、最近春菊の美味しさに気づいた人はおいでのようなのです。

うーん。

追伸、テレビ放送の告知です。

21日放送のNHK「うまいッ!」に出演させていただきます。ご覧くださいませ。

NHK総合12月21日 午後0:20 ~ 午後0:44 「太く短い!でも、とろ~り甘い! 下仁田ねぎ~群馬・下仁田町~」

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.943本目の投稿でした。日頃のご愛読に心より御礼申し上げます。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

牛肉と大根だけで

食に関するエッセイをたくさん書いておられる寿木けいさんが最近ウェブメディアで、岐阜県出身の友達に教わった、大根すき焼きのことを書いておられました。

そのお友達に、地元ではどんな風にして食べているのか聞いてみたら、実家では、うんと薄く切った大根を入れて、すき焼きにするという返事だったとか。

で、寿木けいさんは、

「すき焼きに大根なんてアイディア、私には考えてみたこともなかった。次の日さっそく試してみたら、知らなかった大根の顔が現れ、何度か作るうちにほかの具は姿を消し、牛肉と大根だけで食べるのが私の大好きな食べ方になった」そうな。

私も、岐阜県ですき焼きに大根を入れるという話しは初耳です。

岡山・香川など瀬戸内ではすき焼きに大根を入れるという話しを聞きますが、岐阜は存じませんでした。生産量もベストテンに入ってないですね。(瀬戸内も生産量のベストテンには入ってないです。岐阜19位、岡山30位、香川33位とさらに少ないです)

食べ方も瀬戸内が乱切りないし、そのまんま入れるのに対して、岐阜は薄切りと違います。

ネット民の声では、岐阜だけど入れないという声が多数。地方性とまでは言えないようです。

私は大根は、味としては悪くないですし、薄くするのも「あり」だと思いますよ。

すき焼きは面白い。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.940本目の投稿でした。日頃のご愛読に心より御礼申し上げます。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)