折り返し地点②

昨日、慶應義塾「料飲三田会」の通常総会を開催しました。
昨年の今頃私が会長をお引き受けして一年。なんとか折り返し地点まで来ました。もうひと頑張りです。
<ご尽力いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。>
総会資料作成から当日の議事進行まで担当して下さった、佐藤さん、在り難うございました。
決算書、予算書の作成や、当日の会計事務を担当して下さった、石原さん、在り難うございました。
素晴らしいお料理をご提供いただき、また卓話「最高値更新!気になる鰻の最新事情」
をしていただいた涌井さん、在り難うございました。大変貴重なお話しでした。
涌井さんの卓話について、抽選によりコメンテイターをお引き受けいただいたさん、在り難うございました。
今後も抽選方式を採らせていただきます。
貴重な、限定の日本酒を出して下さった「浦霞」佐浦さん、在り難うございました。
佐浦さんの卓話について、抽選によりコメンテイターをお引き受けいただいたさん、さん、在り難うございました。
その佐浦さんをご紹介下さった星野進哉さん、在り難うございました。
急遽抽選により乾杯の音頭をお引き受けいただいたさん、在り難うございました。
急遽抽選により、〆の言葉をお引き受けいただいたさん、在り難うございました。
その他もろもろのお手伝いをいただいた幹事の皆さん、在り難うございました。
ご参加下さった皆さん、在り難うございました。
次回は、6月の新入会員歓迎会です。よろしくお願い申し上げます。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.979連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

折り返し地点

本日、慶應義塾「料飲三田会」の通常総会を開催します。
昨年の今頃私が会長をお引き受けして一年。なんとか折り返し地点まで来ました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。引き続きもう一年よろしくお願い申し上げます。さて、
<昨年度の特徴は>
年6回(春夏秋冬例会、花街例会、プレミアム例会)開催。
講演と懇親会の二部制
各回の「担当さん」を決めて、企画・運営をお願いする
各例会の開催日までに、その次の日程を決めてお知らせする。
旅行・ゴルフは、本年度は無し
各種の出番は抽選。乾杯の音頭・〆の言葉も抽選。
卓話についてのコメンテイターも抽選。(ゲストでも当たりますので、悪しからず)
<本年度のご提案>
花街例会を「新入会員歓迎会」に変更し、新入会員さんを「御招待」する。
例会を一回減らし、一回当たりの密度を濃くする。
→昨年は秋に会合が集中し、その為参加人数が少ない会もあったので、日程を分散させる。
(4、6、8、11、翌2月)
本年度もよろしくお願い申し上げます。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.978連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

50周年

台東三田会50周年記念総会で石破茂先輩のアテンドをしました。
台東三田会で私は副会長です。副会長というのは、基本的に忙しく色々やらなくても良い立場と思うのですが、総会の前日幹事長から電話があり、
明日石破さんが見えるから、住吉さん、アテンドして下さい!
ええ、ホントに見えるんですかあ!
実は石破先輩は幹事長の同期生です。ダメ元で招待してみると言うので、
どうせ見えないでしょう。政局も流動化してるみたいだし。
と、私はその件は完全に忘れていました。が、急転、見えることに。
挨拶の後も1時間ほど会員と懇談して下さり、名刺交換待ちの行列ができるほどでした。
そういう次第ですので、私がこの会に誘っておいて、当日あんまりおもてなし出来なかった、皆さん、ごめんなさい。どうぞ、ご容赦下さい。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.977連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

北新地

大阪北新地の通りは何故曲がっているのかを学びました(笑い)
国際観光日本レストラン協会「第5回青年後継者の集い」が大阪で開催されましたので、私はOBとして参加したのですが、その勉強会の講師だったのは、協会関西支部の小西事務局長でした。昭和40年代から大阪の料理業界に関わっている大ベテランですが、そのお話しの中で、北新地の成立の件が出てきました。
17世紀後半、幕府の命を受けた河村瑞賢が、並行して流れていた堂島川・曽根崎川を改修して新地を造成しました。川にそって街区を造ったので、真っすぐでないのです。今はそれが街の魅力になっていますけどね。
やがて1909年、「キタの大火」で出た瓦礫によって、曽根崎川は埋め立てられ、川の両岸に在った「堂島新地」と「曽根崎新地」が合体して、「北新地」と成った次第です。
つまり、17世紀に幕府の命で造成された色街という点で、北新地は吉原と似ているのです。
北新地は今はクラブ街に成っていますので、東の銀座と比べられることが多いですが、成り立ちは少し違っていたようです。
勉強になりました。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.976連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

3年目

国際観光日本レストラン協会「第5回青年後継者の集い」が大阪で開催されましたので、OBとして参加しました。
これでレス協青年部は発足して3年目に突入です。
2016年に私が初代代表として設立しましたが、1年目は関東だけでの開催でした。まず関東の店で開催して「こんな感じ」という雛型を造り、関西の方にお引き渡ししたところで私は50歳になり、OBとなりました。
翌2年目に関西の会員さん達のご尽力で、初の関西開催が実現、その流れが定着しそうで、大変心強く思いました。
今回は、まず道頓堀の「はり重」さんで、すき焼き。旨かったです、当然ですが。
二次会は、なんと、「落語船」。ほろ酔い気分で落語家と遊覧船を貸し切り、道頓堀川に漕ぎ出しました。乗船中のお供はタコ焼き。
三次会は名物「美々卯」さん。大阪と言えば、関西出汁+麺ですからね。
肉あり、粉もんありと食い続け、お笑いあり。
最初は到底食べられないと思いましたが、うまいと食えてしまうんですね、これが。
いや、関西メンバーは喜ばせ上手でんなあ。
ありがとうございました。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.975連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

日本をおかわり

アニメにもなって有名な、
『英国一家、日本を食べる』
の新バージョンが出版されました。題して、
『英国一家、日本をおかわり』。
今回もイギリスのフードライター、マイケル・ブースさんが日本を食べ尽くしています。
沖縄のハブ酒や豆腐よう、鮒寿司にも挑戦。お口に合わない日本食もあるようですね。
そして今回は私が面白いと思ったのは、横須賀海軍カレー。海自艦「きりしま」に乗り込んで海軍カレーを食べます。
ブースさんは、日本独自のカレーに対しては手厳しい批判者で、基本的に甘すぎると感じておられるのと、コショウの後味がお嫌いなようです。
日本海軍がカレーを導入したのは、1880年代のこと、イギリス海軍から導入しました。この時代は、まだまだ和風の甘辛味に人々が慣れていた時代ですから、甘く、そしてそれとバランスを取るように辛みも付けたことと思います。
日本には、あれが美味しく、懐かしいですけどねえ。
でも、きちんとメリハリをつけて書くことが、信頼される要因になっているようです。今回も御本は売れているようです。
弊ブログは、その点、甘い、なあ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.974連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

肉が食べられないので

<ある日の「浅草インバウンドあるある」>
予約時間から35分遅れてやってきて♡肉が食べられないのでキャンセル♡
日本語を話すガイドが付いていたけど♡

肉が食べられる体質に変身したら♡またよろしくお願い申し上げます♡

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.973連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

戦争めし

魚乃目三太さんの漫画「戦争めし」が8月にNHK BSでドラマになるそうです。
「戦争めし」は魚乃目さんの代表作で、「食」の視点から戦争を見つめた作品ですが、今回は魚乃目さんが戦争体験者などへの取材を通じて、驚きの事実やエピソードを発掘し、作品として世に送り出していく姿、つまり漫画のメーキング譚もドラマになるとかです。
その魚乃目さんが「ちんや」へお越し下さったのは、昨年の師走でした。
BSフジの番組『極皿~食の因数分解』の、すき焼きの回の会場が「ちんや」で、その対談コーナーに登場されました。
魚乃目三太さんの対談相手は「かっこいいスキヤキ」、「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之さん。二人で「ちんや」のすき焼きを食しながら対談しました。私も出演させていただきました。
思い出のすき焼き、すき焼きに欠かせない卵など、ほろ酔いで語りつくすという回でした。カレーたまご、ヨーグルトたまごもお採り上げいただき宣伝になりました。ありがとうございました。
ドラマ「戦争めし」、楽しみです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.972連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

11年目

「台東区芸術文化支援制度」の11回目(平成30年度)の説明会に出席しました。区が今年も魅力的なアートプランを募集することになり、その説明会でした。
この制度は、平成20年以来、美術・音楽・演劇・映像・ダンス・パフォーマンス・写真など、台東区内で開催される、様々なアート企画を支援してきました。
私も制度設計の段階から参画させていただき、その後10年間企画の審査や、開催支援に関わらせていただきました。
昨年が10年目だったので、他のアートアドバイザーの皆さんと共に10年を振り返る座談会を開いたのですが、我ながら10年分の実績の積み上げに感慨ひとしおでした。
応募してくれたアーティストの皆さん、区役所文化振興課の皆さん、ありがとうございました。
今年も、この制度で引き続き募集を致します。申し込み期限は、4月4日(水曜)から5月9日(水曜)まで。詳しくは台東区役所文化振興課へ、是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.971連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食肉産業展

第43回食肉産業展
が東京ビッグサイトで開催されましたので、観て来ました。
開催テーマは、
「未来へ進め! にっぽん力(りょく)」
うーん、肉がどう「にっぽん力」につながるのか不明ですが、今日はそれを論じたいわけではありません。観に行った主な目的は、私が推進検討委員とした関わった、
「牛肉のおいしさ総合評価指標開発事業」の展示を、家畜改良技術研究所さんが出していたからです。
この「総合評価指標」は肉の味を客観的に捉えられるもので、従来の格付だけの評価から大幅に進歩しているのですが、せっか創っても普及しないと意味がありません。
そして普及させるには、ユーザーになる方々に理解してもらわないといけません。反応が気になるところです。
で、会場に行きますと、これまでより、なんか、「食肉産業」っぽくない雰囲気です。
加工機械、冷蔵機械、パッケージ関連、衛生関連の出店がぐっと増え、肉そのものが減った感じがします。来客の顔ぶれも、なんか、あんまり肉っぽい感じでないですね。
指標の開発をすすめた皆さんがブースにいらしたので、立ち話ししますと、同じ反応でした。
普及方法は、いろいろ考えた方が良さそうです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.970連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)