温泉もやし2019

「変わりザク」のメニューとして、また「大鰐温泉もやし」が帰って来ました。ほとんど恒例になりました。
このもやしは、もやしを栽培する土の周囲に温泉を循環させ、その熱を利用して育てるもやしです。だから「温泉もやし」なんです。
その歴史は大変古く、なんと、津軽藩三代藩主・津軽信義侯の頃から、少なくとも300年以上、大鰐(おおわに)の特産品として、町民はもちろん青森県人なら皆知っている特産品であり続けて来た、と聞いています。
しかし、実は近年生産者が5軒まで減ってしまいました。そこで地元では協議会を設立し、これまで栽培技術を一子相伝で伝えてきたのを改めて生産の復活を目指しておられます。
その他にも、まだまだ特徴がありまして、
・非常に珍しい土耕栽培(他のもやしは水耕栽培)
・無農薬、無化学肥料栽培
・豆の種類は、門外不出の「小八豆」 
そういう次第で、値段も結構な良いお値段なのですが、「ちんや」では数年前の冬からメニューに採り入れています。
既に「ちんや」の冬の名物と言って良いと思います。
お客様の反響も悪くなく、高いお値段にも御理解を示して下さる方が多かったように思います。
で、今年も「大鰐温泉もやし」が帰って来ました。
これを、すき焼きに入れていただきます。
とにかく、びっくりするほど立派です!
とにかく、一度お試しいただいたいと思います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.545本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

すき焼き川柳コンクール2019

「すき焼き川柳コンクール2019」の結果を発表したいと思います。(作者敬称略)
<ややウケ賞>
働いて ちんやめざして 肉ほうび(加藤美代子、(58歳、千葉県佐倉市)
すき焼や 亡き父忍ぶ 三回忌(春菊、62歳、江東区)
しゃぶしゃぶや 前菜整え 江戸の味(はじめ、86歳、千葉県市原市)
肉追加 夫婦記念日 延長戦(せいや、37歳、北区)
スタミナの 沸くすき焼に 明日の夢(下仁田太郎、69歳、茨城県つくば市)
父と来た ちんやに今は 子を連れて(ちゃみの母 、68歳、松戸市)
<大ウケ賞>
白ねぎの 色艶やかに 鍋の中(啓聖、81歳、北区)
鍋かこみ パパは一杯 ママおしゃべり(小学三年生、8歳、 長野県長野市)
あの世でも 会いたい女将と 旨い鍋(ジョヴァンニ、83歳、武蔵野市)
けんかして すき焼き食べて ノーサイド(石田恵三、川崎市)
<超ウケ賞>
すき焼きの 匂いが止める スマホの手(はん子、 70歳、文京区)

このコンクールは7回目なので、ご存知の方も多いかと思いますが、念のため再度ご説明しますと、このコンクールに当選しますと、「ちんや」の食事券が貰えるだけでなく、「すき焼き川柳包装紙」に句が刷り込まれるのです。
これから発表する分は、来年の5月の三社祭の日に出来上がる包装紙に刷り込まれます。
そもそも食事の思い出を記す方法として川柳は一番素敵ですね。それに、すき焼きほど川柳に合う料理は他にないとも思います。川柳は、日本人とすき焼きの繋がりの深さを、あらためて教えてくれます。
そして何より、この店で働く私達にとってはヤル気の源になります。ここに書かれている様な幸せの為に働いているんだということを、川柳は思い出させてくれます。在り難いことです。
こんな包装紙はなかなか無いと思いますよ・・・
投稿して下さった皆さん、誠りありがとうございました。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.544本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

本願寺の椿姫

「復活した浅草オペラ」が復活しましたので、聞いてまいりました。
2017年に誕生100年ということでロングラン公演した「ああ夢の街 浅草!」が好評につき戻ってきました。
大正時代の数年間という短期間に花開いた伝説の「浅草オペラ」、前回は周年事業の意味もありましたが、今回は「好評につき」ということで大変結構と思います。今年の公演もほぼ1か月間のロングランで、客入りも盛況、それだけご支持があるということですから在り難い話しです。
会場は東本願寺の「慈光殿」で、いつもお葬式をやっている会場なので、最初は違和感がありましたが、すぐに引き込まれました。
オペラというと、やはり難しいイメージがありますが、「浅草オペラ」は当時から、オペラの分かり易い部分だけを日本語で上演していました。聞き易くするために音符や歌詞を改作してしまうこともあり、原曲尊重の価値観で眉をひそめる方もいるかと思いますが、日本で西洋のクラシック音楽が、この時ほど熱狂的に支持されたことは、後にも先にもありません。
大正時代には実力が???の歌手も出ていたようですが、復活版では出演は「東京室内歌劇場」の皆さん。ちゃんとしたオペラ歌手の方々ですから、ちゃんと聞きたい人も大丈夫です。
ヴェルディの「椿姫」を吉原に置き換え、音楽も短く編曲した版が演奏され、小芝居あり、時事ネタありで楽しかったです。
関係者の皆さんお疲れ様でした。盛況でお芽出とうございました。
公演はまだ14日まで続きますので、ご興味のある方は「コンサートイマジン」(03-3235-3777)へ。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.543本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食生活文化賞

弊店の和食調理長・吉田が日本食生活文化財団から「食生活文化賞」を頂戴したので、祝賀会に行ってきました。会場は上野の精養軒さんでした。
日本食生活文化財団は、食関連の団体の中では唯一の文化庁所管の団体です。三十数年前、当時は食生活文化について社会全般の認識が深いとはいえず、飲食に関わる人々に対する社会的評価は今日とは比べものにならない程、低いのが実情でした。そんな状況を変えて行こうという趣旨で、この財団は設立され、主な活動内容は、
・「食生活文化賞」の顕彰
・研究会・講演会の開催
などです。
一口に「食」と言っても色々な人達が関わっていますが、志のある方々とお目にかかれるのは嬉しいですね。
今回はお芽出とうございます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.542本目の投稿でした。

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

遺失物係

<夜中に酔って帰りのタクシーにスマホを忘れた場合>
自宅からしつこく何回も電話をかけてみましょう。親切なタクシー会社の遺失物係の人が折り返し電話してきて、
このスマホの落し主の方ですか?
と聞いてくれます。

安全安心の国・日本国万歳

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.541本目の投稿でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

札幌移転

ある日テレビ局の人が玄関に見えたと連絡が入りました。
マラソンの札幌移転について意見を聞きたい、と。
あー、その件では浅草の人達が連日話しを聞かれてメデイアに出ています。
東京の予定コースは店のすぐ前ですから、浅草でやって欲しかったです!
などと言えばアスリート軽視の人間と思われかねません。さりとて、
札幌で良いと思いますよ!
と言えば、地元愛が無さ過ぎと思われます。
結局薬局、居留守を決め込むことにしました。
はい、ただ今主人は留守にしておりまして、分かる者がおりません・・・
お恥ずかしい。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.540本目の投稿でした。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

創立70周年

東京都食品衛生協会が創立70周年を迎え、その芽出たいタイミングで私は、食品衛生功労者・協会会長表彰をいただきました。誠にありがとうございます。恐縮です。
食品衛生協会は、会員店が「自分の店は自分で守ろう」の精神で自主管理体制を作ることを支援する団体です。
資格のある「衛生指導員」が会員店を巡回指導することが活動の中心で、その他に食品検査の実施、衛生情報の配信なども行っています。私も「衛生指導員」の一員として近隣の店舗さんを巡回させていただいています。
表彰、誠にありがとうございました。
HACCP義務化をひかえ、活動に力を入れてまいります。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.539本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

芸者コーヒー

「浅草おどり」の会場で「浅草芸者コーヒー」なるコーヒーを買い求め、飲んでみました。結構なコーヒーでした。
「浅草芸者コーヒー」は今回の催事に合わせて発売された浅草花街グッズの1点です。意欲的な試みと思います。
が、コーヒーに詳しい方にとっては、このネーミングは「鉄板の笑える」ネーミングのようです。
皆さん、ここで試しに「ゲイシャ」「コーヒー」と検索してみて下さい。Wikipediaに
ゲイシャ(コーヒー)
という項目が出て来ます。何故わざわざ(コーヒー)が付けられているのでしょう?引用しますと、
「ゲイシャ(英: Geisha)は、コーヒーの最高級品種(スペシャルティ・コーヒー)のひとつであり、市場に現れたのは21世紀になってからと歴史は浅いが、世界で最も高価なコーヒー種と言われる。“ゲイシャ”という名は、エチオピアにある原産地の村名(ゲシャ村)に由来し、日本の芸者とは関係ない。」
つまりコーヒーに詳しい人にとって、
浅草ゲイシャ・コーヒーは
浅草マツザカ・ビーフ
浅草ウオヌマ・ライス
のような感じに聞こえるという次第です。面白いですね。
もっとも完全に同じではないです。
ゲイシャは特定のコーヒー豆の種類の名前でもあります。その種が発見されたのがゲシャ村だというので、そういう名前になっているのですが、マツザカ種、ウオヌマ種という特定の種があるわけではないので、完全に同じではないですね。土地の名前が種の名前にもなっている九条葱の方が近いかもです。
「浅草芸者コーヒー」どうぞ、ご贔屓に。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.538本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

それぞれの飲み方

11月2日の弊ブログに書きました通り、台東区役所が「したまちTAITO産業賞」を下さるというので、表彰式に出かけましたら、同時に「台東区江戸創業事業所顕彰」の顕彰式も行われていました。
顕彰された会社の中には合羽橋の「どぜう飯田屋」さんがありました。そして配布された「飯田屋」さんの資料の中で引用されていた一文が印象に残りました。
直木賞作家で食通の神吉拓郎さんの文が引用されているのですが、
「どぜう鍋を前にして猪口を傾けている人を見るのは楽しい。皆それぞれの飲み方があるようで、勤め人風、商店主風、職人風と、少しずつ趣が違う。胡坐のかきかた、徳利の持ちかた、猪口を口元へ運んでくる手付き、など、その様々な変化と個人差は、見ていて飽きない。絵になっているのである。」
へえ!の一語ですね。
そして自分がどぜう屋に行った時は、どんな風に見られているのか、すごく気になってきました。

追伸
話しは変わりますが、
「東京会館」和食総調理長・鈴木直登さんが
黄綬褒章を受章されました。誠にお芽出とうございます。
「すきや連」の熱心なメンバーの方で、今年9月30日の第31回例会でも大変お世話になりましたので、個人的にとても嬉しいです。ますますのご活躍を祈念致します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.537本目の投稿でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

「ちょい食べGO!」あと一か月

「ちょい食べGO!」があと一か月です。
昨年実施して好評だった、肉の食べくらべキャンペーン「めざせ13冠 ちょい食べGO!」が今年も帰ってきまして、11月30日までの日程で実施中です。
ちんやビル地下の直営レストラン「ちんや亭」のメニューを改訂して「肉の食べくらべレストラン」ということに致しましたのが昨年8月。今年も開催させていただきます。
これはいったい何かと申しますと、
「ちんや亭」の肉メニューを召し上がった方にスタンプカードをお渡しし、1種類食べるたびにスタンプを1個押して行くキャンペーンです。
5種類、7種類、13種類を召し上がった時点で、それぞれ称号と特典がもらえます。
《3冠(3種完食)》特典=「ちょい食べマグネット」進呈
《5冠(5種完食)》称号=牛五段、特典=ちんやお食事券1,000円進呈
《7冠(7種完食)》称号=牛聖、特典=ちんやお食事券2,000円進呈
《13冠(13種完全完食)》称号=永世牛王、特典=ちんやお食事券5,000円または肉1㎏進呈
今回昨年よりハードルを少し下げました。昨秋の「ちょい食べGO!」では7種完食しないと何も出ませんでしたが、今回は3種から、何かの「お得」があるように致しました。
肉メニューの「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)なら2種類同時に食べられますから、とりあえず2回ご来店いただけばマグネットを獲得できます。スタンプカードをお宅の冷蔵庫とかオフィスのホワイトボードとかにマグネットで貼り付けて日々モチベーションを高めていただければと存じます(笑い)
是非ご参加を! 実施期間は2019年8年1日~2019年11月30日までです。
*ちょい食べサイズはもちろん、 レギュラーサイズを召し上がった場合でもOKです。
*「食べくらべ」が主眼ですので、同一料理を再度召し上がった場合は、スタンプの追加はありません。悪しからず。

10月末の時点で、2人の方が13冠を達成、9人の方が7冠、2人の方が5冠を達成済みです。ありがとうございます。

<このキャンペーンを通じて、住吉史彦が皆様にお伝えしたいことは>
肉は「ガッツリ」ばかりが良いのではなく、「ちょい食べ」も楽しく、そして世の中の為(フードロス削減)にもなる、ということです。ご賛同いただける皆様のご来店をお待ちしております。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.536本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)