ニッポンチ!③

小学館の文芸雑誌「qui-la-la」(きらら)で河治和香先生の新連載「ニッポンチ!」が始まりました。
和香先生が、「駒形どぜう」の三代目を主人公にした小説『どぜう屋助七』(2013年)にウチのご先祖を登場させて下さって以来、新しい連載が始まるのを楽しみにしておりますが、今回は明治の浮世絵師を主人公にした小説です。登場する絵師の作品がウチにあったりしますので、なおさら楽しみなことです。
登場するのは歌川国芳門下の絵師たち。国芳には歌川芳虎、芳艶、芳藤、落合芳幾、さらには月岡芳年、河鍋暁斎といった弟子がいましたが、国芳が幕府に逆らう位の人だったので、弟子達の性格も皆ユニークで。その人物描写もまた、この小説の面白いポイントだと思います。
連載3回目の10月号の中心になったのは、暁斎でした。暁斎が国芳の門下にいたのは短期間だったので「弟子」とは言い難いのですが、生き様が明治の絵師の中では国芳一門らしいと言われます。
さて、その暁斎のことで今回嬉しかったのは、暁斎が『安愚楽鍋』(あぐらなべ、1871年)の挿絵を描くことになるまでの経緯が書かれていたことです。
今では外国でも評価の高い暁斎ですが、この頃はまだそれほどでもありませんでした。
第2回内国勧業博覧会(1881年)に出品した作品が百円という破格の値段をつけたり、
浅草十二階を設計した、お雇い外国人ジョサイア・コンドルが暁斎に弟子入りし、コンドル経由で評価されたりして行きますが、明治初年はまだ。暁斎は滑稽本の人気作家・仮名垣魯文と組んで、挿絵を描きまくっていました。
国芳門下から出て武家出入りの絵師の家に婿入りし、しかし不品行で、その家を離縁されたので、描きまくるしかなかったのです。その内の一作が『安愚楽鍋』だったというわけです。
当時「牛屋」と呼ばれたすき焼き店に集う客を描きながら、当時の風物を巧みに描いた一作で、すき焼き屋のバイブルですね。
後半の暁斎だけを知っていると、この人がなんで滑稽本なんかに描いたのかなあ・・・と思ってしまいますが、経緯はそうしたことでした。面白い話しです。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.497本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

居合抜

山本普乃(ゆきの)さんの、10回目の三味線コンサート「粋と賑わい」を拝聴しました。
ゆきのさんは、お座敷唄などのくだけた曲から長唄も、さらには現代・オリジナル曲等、ジャンルにとらわれず、幅広く演奏と作曲活動なさっていますが、得意になさっているのは、お座敷唄=小唄、端唄、俗曲などの、宴席で唄われる気軽な曲です。そういう曲の方が細棹三味線の魅力が出易いということのようです。
そんな曲の内、今回は「浅草詣り」という俗曲が採り上げられていました。歌詞は・・・
浅草詣り 蔵前通れば 隅田の風に どんどこどんどこ
笛太鼓 国技館 横綱関取衆の晴れ姿
永井兵助居合抜・・・
「永井兵助」と聞いて、お恥ずかしいことに私も一瞬何のことか分からなかったのですが、これは、戦前まで浅草名物とされていた、テキ屋あるいは香具師(やし)のことでした。
居合抜は余興でして、それで通行人の耳目をひいて歯磨き粉を売ります。「長井」と書く場合もあるようです。車寅次郎が全国をまわっていたので、テキ屋というと全国をまわるものと思いがちですが、定住型のテキ屋もいたわけです。
浅草では戦後すぐまで香具師がいて、その時代を覚えている人にとっては、浅草の音というと香具師の声色を思い出す方もいますね。私の世代ではリアルには聞いていませんが、こういう形で土地の音の記憶の一つを、思い出すことが出来ました。

Filed under: 憧れの明治時代,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ニッポンチ!②

小学館の文芸雑誌「qui-la-la」(きらら)で河治和香先生の新連載「ニッポンチ!」が始まりました。
和香先生が、「駒形どぜう」の三代目を主人公にした小説『どぜう屋助七』(2013年)にウチのご先祖を登場させて下さって以来、新しい連載が始まるのを楽しみにしておりますが、今回は明治の浮世絵師を主人公にした小説です。登場する絵師の作品がウチにあったりしますので、なおさら楽しみなことです。
登場するのは歌川国芳門下の絵師たち。国芳には歌川芳虎、芳艶、芳藤、落合芳幾、さらには月岡芳年、河鍋暁斎といった弟子がいましたが、国芳が幕府に逆らう位の人だったので、弟子達の性格も皆ユニークで。その人物描写もまた、この小説の面白いポイントだと思います。
連載2回目の9月号の中心になったのは、芳虎と芳藤でした。
芳藤はボンヤリしていて、よく迷子になったので、「藤ぼん」と呼ばれていました。「おもちゃ絵」「玩具絵」のジャンルで成功しました。
芳虎は喧嘩早く、喧嘩を解決するのに詫び証文が必要になることがあるので、事前に詫び証文を印刷して常時携帯していたとか。師匠・国芳と揉めて破門されてしまうので、国芳を記念する石碑に名が刻印されていません。
芳虎が成功したのは、武者絵、相撲絵、横浜絵で、「ちんや」では芳虎の横浜絵を一枚所有しています。
横浜絵とは、幕末に横浜に開かれた、外国人居留地の外国人を描いた作品です。外国人の風俗は、当時の日本人にとって新奇なものばかりで、人々の興味をそそり、それを受けて横浜の様子を描いた作品が、江戸の絵師たちによって、多数描かれました。
挑戦的な性格の芳虎が新しいものに向かって行ったのは、なんとなく、分かるような気がします。
今後の展開も楽しみです。

追伸
このブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日で九年六か月となりました。日頃のご愛読に心より感謝いたします。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

戦役記念碑

渋沢資料館は飛鳥山公園の中にあります。
その渋沢資料館を先日訪ねたおり公園に、
「明治三十七八年戦役記念碑」
という、かなり大きい石碑を見つけました。王子駅南口から京浜東北線の線路を渡り、公園に入ってすぐの所にあります。
「明治三十七八年」とは日露戦争の年ですから、その石碑だろうとは思いましたが、資料館でもらった園内マップに、この石碑の説明がなかったので、帰ってから調べてみますると、
やはりこれは、日露戦争に際して北豊島郡(当時)内から出征した約2.000人の軍人に対し、明治 39 年に建立された記念碑だったようです。当時の政府は公式には「明治三十七八年戦役」という言葉を使っていて「日露戦争」は通称でした。
このような記念碑は、杉並区妙法寺、豊島区雑司が谷と都内に三か所あるそうですが、あれだけ大勢の犠牲者を出した戦争のわりには、少ないような気がしますね。
そのすぐ隣には、引退したSLや都電の車両が保存されていて、子供たちが猛暑の中走り回っていました。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

渋沢記念館

「渋沢資料館」を検索していて、誤って「渋沢記念館」を見つけました。
東京の飛鳥山にあって、渋沢栄一記念財団(理事長:渋沢雅英様)が運営しているのは「渋沢資料館」。「渋沢記念館」は青淵翁生誕の地・深谷市が運営しています。
私が行ったのは「資料館」ですが、「記念館」のサイトの方も、まあ、見てみようと思って、驚きました。
「記念館」のサイトに、
「渋沢栄一に関する画像使用について」
という一頁が掲載されていたのですが、これは、そう、青淵翁の画像を第三者が商業目的で使ってOKで、使う際の注意事項をまとめたのが、この頁なのです。
日本経済史上屈指の偉人である青淵翁の画像を自社の商品に使おうという、大それた会社があるということ自体私の想定外でしたので、かなり驚きました。が、ページをスクロールして行く内、驚きはウンザリに変わって行きました。
最初に出て来るのは「深谷市公式」だという「渋沢栄一ロゴマーク」。青淵翁の肖像を図案化したものです。
続いて、渋沢栄一と手乗り「ふっかちゃん」。
深谷市のユルキャラ「ふっかちゃん」を青淵翁が手に載せている、という図らしいのですが、青淵翁が全く似ておらず、紛争も、いや、扮装もブルーの背広、赤ズボン、赤蝶タイという、まるで手品師のような恰好をしています。「ふっかちゃん」は手品の鳩みたい。
これ、使う人、いるんでしょうか。
本当に驚いたのは三番目です。青淵翁の、ちゃんとした肖像写真です。こ、これを一介の民間企業が商品のパッケージとかに使って良いってこと?
市役所のやることですから、法律的にはクリアしているのでしょうが、気分的には恐れ入ったことです。
まだロゴとユルキャラならですよ、街興し・地方創生の熱意が暴走した結果だろうと、ほのぼの受け止めることも出来なくはないですが、本物の克明な肖像写真を商品に使うなんて・・・
この写真を使いたい会社は「商品化における資料使用許可依頼」を渋沢記念館に提出する必要があり、その条件は、
「渋沢栄一を貶める内容には使用することはできません。」
あ、あったりマエダのクラッカー。

Filed under: ぼやき部屋,憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

渋沢資料館

飛鳥山の「渋沢資料館」が長期休館に入るというご連絡をいただき、久しぶりに訪ねました。
ご連絡をいただけたのは、「ちんや」が、渋沢が頭取を務めた第一国立銀行を描いた錦絵を持っているからです。光栄にも「渋沢資料館」で開かれた展示会に、その錦絵を貸し出したことがあったのでした。それでご連絡をいただけたようです。
来月からリニューアル工事に入り、2020年3月末まで休館なさるとか。おそらく渋沢翁がお札に載るからリニューアルなのでしょう。結構なことだと思います。
久しぶりにお尋ねしてみて、現在の展示も、そんなに古い感じはしませんけどねえ。
功績のあった故人の記念館というと、没後忘れられてカビ臭いこともあったりしますが、青淵翁の場合、渋沢栄一記念財団というリッチなバックがありますから、まったく違っていまして、リニューアル前でもバッチリ整備されていました。ただ、
飛鳥山を訪ねる季節は真夏じゃないよなあ・・・
というのだけが「今回の残念」でした。
リニューアルオープンは2020年3月28日と言いますから、その日はさぞ春の良い季節でしょう。楽しみです。
休館前に観たい方は、今月いっぱいですから、お急ぎを。

追伸
地下1階「ちんや亭」にて、肉の食べくらべキャンペーン「めざせ13冠 ちょい食べGO!」を実施しています。是非ご参加下さい。
私自身は月曜と金曜に1点ずつ参加しておりまして、既にハンバーグ、ロールビーフ、サイコロステーキ、赤身すき焼き、赤身しゃぶしゃぶを食しました。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ニッポンチ!

小学館の文芸雑誌「qui-la-la」(きらら)で河治和香先生の新連載「ニッポンチ!」が始まりました。
和香先生が、「駒形どぜう」の三代目を主人公にした小説『どぜう屋助七』(2013年)にウチのご先祖を登場させて下さって以来、新しい連載が始まるのを楽しみにしておりますが、今回は明治の浮世絵師を主人公にした小説です。登場する絵師の作品がウチにあったりしますので、なおさら楽しみなことです。
連載初回の8月号では、幕末の人気絵師・歌川国芳の顕彰碑を設立しようというプランが持ち上がるところから話しが始まります。
国芳は「天保の改革」(1841-43年)で綱紀粛正が行われている間、それに逆らうような絵を描いて、庶民から人気を博した絵師で、弟子も多かったので、没後に娘の「お吉」とその旦那が中心になって顕彰碑施設立運動が始まりますが、その資金を、なんと「お吉」の旦那が持ち逃げしてしまうのです。
さて、今後はどうなりますやら。
国芳には歌川芳虎、芳艶、芳藤、落合芳幾、さらには月岡芳年、河鍋暁斎といった弟子がいました。国芳が幕府に逆らう位の人だったので、弟子達の性格も皆ユニーク。その人物描写もまた、この小説の面白いポイントだと思います。
続きが楽しみです。
なお国芳の顕彰碑は、墨田区の三囲神社の境内に、本当に在ります。浅草から隅田川を渡った対岸ですから、浮世絵にご興味のある方は訪ねてみてはいかがでしょう。

「ちんや」が所有する浮世絵(明治の浮世絵)の画像は、こちらです。

追伸
地下1階「ちんや亭」にて、肉の食べくらべキャンペーン「めざせ13冠 ちょい食べGO!」を実施しています。是非ご参加下さい。
私自身は月曜と金曜に1点ずつ参加しておりまして、既にハンバーグ、ロールビーフ、サイコロステーキ、赤身すき焼きを食しました。

Filed under: 憧れの明治時代,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

御会食場

とらんぷさんが来日されました。
令和最初の国賓だとかで、宮中晩餐会も開催されたそうです。
では令和から四代さかのぼる明治最初の宮中晩餐会は、どういう様子だったのでしょう?
それを研究した本が、
『天皇のダイニングホール 知られざる明治天皇の宮廷外交』です。
この御本は、山﨑鯛介さんなど何人かの学者のさんの共著。日本で宮中晩餐会というものが成立した頃、明治天皇と昭憲皇太后が、どのように外国からの賓客や国内の要人をもてなしたかを、「建築」「テーブルアート」「人物」という三方面から描いた御本です。
実はこの御本には、『くらべる値段』で「ちんや」を採り上げて下さった、おかべ・たかしさんが「編集協力」で製作に参加されていたので、拝読したのでした。
おかべさんは明治天皇の生涯を描いた絵画を展示している「聖徳記念絵画館」のオフィシャルガイド本を編集した経験がおありで、当時の図版に精通しておいでで、そうした図版がこの御本にふんだんに使われているので、この御本は、学者さんの本ではあるのですが、カラフルで読み易い御本でした。
さて、この御本に詳しく書かれている通り、明治最初の宮中晩餐会の主な会場は「赤坂仮御所御会食場」でした。
「御会食場」は宮廷外交の場として使われた後、大日本帝国憲法を制定する会議の場所として使われ、その為「憲法記念館」と呼ばれていた時期もありましたが、昭和22年からは明治神宮の結婚式場として使われるようになりました。
それが「明治記念館」です。
その「明治記念館」さんで、先日「国際観光日本レストラン協会」の関東支部総会が開催されたので、私は久しぶりに訪問しました。
オーソドドックスなお料理で、安心して食べられるのは良いですね。ご馳走様でした。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: 憧れの明治時代,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

古美術

「ちんや」の開化絵を取材したい、という御依頼がありました。古美術の番組を創るんだとか。
古美術は身近なもので、趣味として気軽に始められる
というテーマだそうで、結構と思います。
「ちんや」の開化絵は趣味というより、店の実用なので、そこは少し違うのですが、博物館・美術館の美術より身近であることは間違いないです。
私が明治時代の開化絵を集めだしたのは、20年ほど前のこと。それ以前は客室に日本画をかけていました。祖父が集めたものでした。
生前はそれなりに知られた画家さんの絵もあるのですが、時間が経過し、後の時代になっても有名であり続ける画家さんとなると、ごく少数です。時代を超えて有名なのは、大観とか玉堂くらいでしょう。
そうでもない絵は、知識のないお客様から見ると、
ただの富士山の絵、
ただの鶴の絵、
ただの鯉の絵、
にしか見えず、面白がっていただけなくなりました。
で、明治の開化絵に転換しました。
中には、渋沢栄一が設立した第一国立銀行の絵もあります。お札が出回れば話題にできますから、在り難いことだと思っています。
「ちんや」の開化絵はネットでも見られますから、こちらからどうぞ。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

遷都

昨日が明治150年の日でしたので、150年前の話しを、もう少し。
私が大学に入った時、京都出身の先輩がいて、その方は、
日本の首都は今でも京都だ!
と主張していました。もちろん随分変わった人がいるものだなあと思いました。ところが、調べてみるとたしかに明治政府は京都が日本の首都でなくなったと正式には言っていないのです。
明治天皇は、明治元年9月20日に京都を出発して東京に向かいますが、この時は「行幸」と言っていました。いずれ京都に「還幸」する前提なので「行幸」と言ったわけです。10月13日に江戸城へ到着、江戸城は「東京城」と改称されました。
この時天皇はまだ大嘗祭を行っていなかったことから京都に還幸しますが、政情不安や財政窮乏などから大嘗祭は延期され、結局、明治4年11月になってから、東京で行われました。
その後明治5年5月天皇が京都に行く際は、「還幸」ではなく「行幸」と言われましたので、この時点で、名称の上でも、京都は首都ではなくなっていましたが、それでも廃止が発表されたわけではありません。大正天皇、昭和天皇は即位の礼・大嘗祭とも逆に京都で行っています
昭和天皇の即位の礼の時は、日本中から有力者が京都に集まり、旅館や料理屋が大盛況だったと聞きます。
今上陛下が東京で即位された最初の天皇で、明治150年を経て、その陛下が今回退位されるという次第です。
天皇家は、肉食・断髪などはすぐ受け入れましたが、土地に関しては、ゆっくりだったということですね。興味深い話しです。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)