「ニッポンチ!」④

小学館の文芸雑誌「qui-la-la」(きらら)で河治和香先生の新連載「ニッポンチ!」が好調です。
和香先生が、「駒形どぜう」の三代目を主人公にした小説『どぜう屋助七』(2013年)にウチのご先祖を登場させて下さって以来、新しい連載が始まるのを楽しみにしておりますが、今回は明治の浮世絵師を主人公にした小説です。登場する絵師の作品がウチにあったりしますので、なおさら楽しみなことです。
登場するのは歌川国芳門下の絵師たち。国芳には歌川芳虎、芳艶、芳藤、落合芳幾、さらには月岡芳年、河鍋暁斎といった弟子がいましたが、国芳が幕府に逆らう位の人だったので、弟子達の性格も皆ユニークで。その人物描写もまた、この小説の面白いポイントだと思います。
連載4回目の11月号の中心になったのは月岡芳年でした。芳年を「ちんや」は持っていないので、これまで調べたことがなかったですが、なるほど波乱万丈の人生だなあと感じました。
芳年は「血みどろ絵の芳年」「無惨絵の芳年」として江戸川乱歩や三島由紀夫などにも愛されましたが、その転機は、上野の彰義隊の戦いだったと書かれています。
芳年は、戦いが終わったばかりの上野の山に写生に出かけ、戦死体や、瀕死の負傷で苦しんでいる兵を描きます。それ以前から火事や喧嘩があると描きとめる為に駆けつけていたそうです。平和な時代には無い生き方ですね。
戦国時代には織部のようなバサラ陶芸が登場しましたが、芳年は幕末明治という戦乱の時代だから登場した絵師と言えましょう。それでいて洋服や洋服を着た人間が大嫌いだったというから面白いです。
こうした生き方はやはり本人の精神に負担をかけ、芳年は幽霊を見るようになってしまいます。それでも描きまくる時期と不調の時期を繰り返して、最後は精神病院に入れられてしまいます。
そういう次第で画風が強すぎるので、店内には架けられませんが、「ちんや」が持っている開化絵の絵師の同時代人には、こういう人がいたと記憶しておくのは必要かもしれません。
続きが楽しみです。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.526本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ああ夢の街

「復活した浅草オペラ」が復活しました。
2017年に誕生100年ということでロングラン公演した「ああ夢の街 浅草!」が好評につき戻ってきました。
大正時代の数年間という短期間に花開いた伝説の「浅草オペラ」、前回は周年事業の意味もありましたが、今回は「好評につき」ということで大変結構と思います。今年の公演もほぼ1か月間のロングランで、それだけご支持があるということですから在り難い話しです。
オペラというと、やはり難しいイメージがありますが、「浅草オペラ」は当時から、オペラの分かり易い部分だけを日本語で上演していました。聞き易くするために音符や歌詞を改作してしまうこともあり、原曲尊重の価値観で眉をひそめる方もいるかと思いますが、日本で西洋のクラシック音楽が、この時ほど熱狂的に支持されたことは、後にも先にもありません。オペラ歌手に大勢の「追っかけ」がいたと伝えられています。
今回は活動弁士も登場して進行を務めるということですので、さらに楽しみ易くなることでしょう。期待できます。
大正時代には実力が???の歌手も出ていたようですが、復活版では出演は「東京室内歌劇場」の皆さん。ちゃんとしたオペラ歌手の方々ですから、ちゃんと聞きたい人も大丈夫です。
皆様、是非ご観覧を。11/14までです。
問い合わせは「コンサートイマジン」へ(03-3235-3777)

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.525本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

日本最大のすき焼き会

日本最大のすき焼き会を催している人は誰でしょう?ご存知ですか?
すきや連!
と言いたい所ですが、それは不正解です。正解は、
「天理柔道会」。
天理大学柔道部の学生やOBが五輪や世界選手権で素晴らしい成績をあげた時に、「天理柔道会」がすき焼き会を主催していますが、それが日本最大です。最近では約700人の参加者を集め、使った肉は300キロだったとか。「天理名物」とも言われているそうです。
このすき焼き会が最近開催されたのは、8月の柔道世界選手権で、男子73キロ級の大野将平選手が優勝、66キロ級の丸山城志郎選手も優勝したからです。
盛大な祝勝会は選手のモチベーションにもなっているそうで、丸山選手は、
「いつか自分の祝勝会で肉を食べさせてやると思っていた。同じステージに立ててうれしい」
と語ったとか。誠にお芽出とうございます。
このように関西の体育会では、関東の大学よりすき焼き会の伝統が残っているように見えます。関東の諸君にも頑張って欲しいです。
特に慶應義塾は、10月20日の弊ブログにも書きました通り、福澤先生が『肉食之説(にくじきのせつ)』(1870年)を書いてに肉食を勧めた歴史がありますから、くれぐれもよろしく頼みます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.524本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

最近のアニメ

知人がご家族づれで来店して下さり、
最近息子が視たアニメですき焼きを続けてやっていて、それですき焼き食べたい!ということになりました。「サザエさん」と「クレヨンしんちゃん」です!
と言います。
へえ、それは在り難いと思い、しかし最近の放送ですき焼きなんかやるかなあと思い、調べてみましたら、
「サザエさん」では9月29日 18:30 放送の回で【すき焼きはノリスケ流】というのをやっていたようです。筋は、
「ノリスケから「すき焼きを持っていく」と電話が来て、磯野家の面々はコンロを用意して楽しみに待つ。しかし持ってきたのはすき焼きの鍋だけで、がっかりする。ノリスケは得意気に「この鍋は名人手づくりの、予約しても三年待ちの人気の品で、特別のコネで手に入れた」と自慢する。そして、すき焼きの材料はちゃっかり波平に頼む・・・」
「クレヨンしんちゃん」は、チェーンの「すき家」さんと公式に組んで、「すきすきセット」というメニューを提供していて、そのCMがオンエアされているようです。
「すきすきセット」と言いますのは「お子様牛丼」「お子様カレー」「お子様とりそぼろ丼」といったメインメニューに220円足すと、カットリンゴとおもちゃが付いてくるというセットのようです。
「お子様牛丼」ねえ。食べてみたいなあ、どこがどう「お子様」なんだろう。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.523本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

肉業界の恩人

今月の「三田評論」に、日本の肉業界の恩人とも言うべき人の評伝が載っていました。
それは米国人医師デュアン・B・シモンズ。
安政6年(1859年)に来日して以来、明治22年(1889年)日本で客死するまで日本の医療界に貢献した人です。
シモンズは福澤諭吉の恩人でもあります。
福澤先生は明治3年に発疹チフスにかかり、18日間意識不明という重体に陥ります。その時治療に当たったのがシモンズでした。シモンズの指示で薬と栄養を与えられた福澤先生は、ようやく快方に向かいました。「栄養」とだけ「三田評論」には書いてありますが、それは牛肉や牛乳で、それで福澤先生は肉の大切さを痛感します。
この時牛肉や牛乳を提供したのは、設立されたばかり「築地牛馬会社」でした。なんと、築地で牛を飼って、牛肉や牛乳を生産していたのです。
病から回復した福澤先生は、この会社の事業を応援するため、『肉食之説(にくじきのせつ)』という宣伝文を書いて牛馬会社に与えます。曰く、
「我日本国は(中略)肉食を穢たるものの如く言ひなし、妄に之を嫌ふ者多し。畢竟人の天性を知らず人身の窮理を弁へざる無学文盲の空論なり。」
肉が穢れているなんて「無学文盲」だと言うのだから痛快ですが、この文はシモンズの栄養指導の賜物でした。
シモンズが福澤先生の恩人で、日本の肉業界の恩人だと言う所以です。
その後も福澤先生とシモンズは生涯交友を続け、シモンズが亡くなった時の追悼会では福澤先生が弔辞を読んだと伝えられています。亡くなった場所も慶應義塾構内の住居だったとか。
シモンズは現代においては知名度があまりないですから、読み飛ばしてしまいそうな一文ですが、肉に関係ある皆さんは、どうぞ、ご一読を。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.522本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

経済気象台

まったくその通りなので、全文コピペします。
<10月10日の朝日新聞の「経済気象台」です>
「黒毛和牛格付けの問題点」
牛肉は輸入増加が進む環境にあるが、黒毛和牛は日本が誇る食の一つだ。牛肉には格付けがある。「A5」は本来業界用語だが、今や高級牛肉の代名詞だ。霜降りや肉の色などを基準にきめられ、多くの人は「A5=おいしい」と思っている。だが、格付けはいわゆる「おいしさ」とは直接は関係しない。
子牛を生産する繁殖農家の減少で子牛価格は高止まりしており、肉牛を出荷するまで育てる肥育農家にも影響している。肥育農家は少しでも高い値段で販売しないと赤字になる。黒毛和牛の価格は東京市場でのセリ価格を基準にきまる。A5が高く、次いでA4、A3となるのが一般的だ。だが、目利きのセリ人たちは自分の目で見極め、時にA5より高い価格でA3を購入することもあるという。黒毛和牛の本当のおいしさは格付けだけではわからないのだという。
A5は「脂っこ過ぎる」という消費者もいるが、生産者は少しでも高く販売するためにA5を目指す。流通関係者は高い相場の中で消費者に手に取ってもらうためにはA5や「見た目」という記号が必要だという。関係者がよかれと思った結果として矛盾が生じている。
家畜は人間が食べることを目的に育てられ、命を終える。だから人間は一頭一頭に敬意を持ち「おいしく食べる」ことが大切だ。生産者も流通業者もおいしさに自信を持っているA3の牛肉が現状では多くの場合、格付けを理由に値段的には評価されず、おいしさを知られることなく消費されてしまっている。それでは牛が報われない。関わる全員は「記号」ではなく、牛肉そのものに真剣に向き合うこと。命をいただくとは、本来そのくらいの覚悟を人間に迫るものなのだろう。<コピペ終わり>
(著者は「着」さん。「第一線で活躍している朝日新聞社外の筆者という)

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.521本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

御食国

久しぶりに福井市の「開花亭」さんをお訪ねしました。
前回お訪ねしたのは、2017年3月に開催した第26回「すきや連」でしたが、「すきや連」はすき焼きの会ですから、この時はすき焼きをいただきました。
常連さんの「たまには和食ばかりでなくて、すき焼きも食べたいなあー」というリクエストに応えて出していたすき焼き、つまり裏メニューで大々的に宴会をしてしまったのでした。地元の生産者の方や県庁農政部の人も見えて大盛況でした。
が、「開花亭」さんは本来日本料理屋さんですから、今回は日本料理でした。
すき焼きも結構でしたが、「御食国(みけつくに)」と称されるほど山海の食材が豊富な土地では、やはり和食が良いですね。
建物も素晴らしいです。昭和20年代の建物だとかですが、平成19年に国指定登録有形文化財となり、平成22年にはAPEC首席代表歓迎晩餐会場になったとか。
誠に結構でした。ご馳走様でした。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.520本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ゴミ箱

ウチの近所にシアトル系世界的コーヒーチェーン店が開店しました。
このチェーン店にはテラス席があることが多いですが、浅草店もそうでして、快適なテラス席があります。雷門の真ん前なので、連日外国人で賑わっています。
で、1点だけ問題点が。テラス席にゴミ箱がないのです。
ゴミ箱がないので、外国人達はコーヒーの容器やレジ袋を手に持ったまま浅草を巡遊し、最後に路上の適当な所に投棄してしまうのです。
投棄場所としてターゲットになるのは、まず自動販売機の近辺、それから飲食店が設置しているダストボックスの近辺です。そういった場所にはゴミが山積みになっていることもしばしばです。当然、その自動販売機やダストボックスの関係者は怒ります。
外国人は、なんてマナーが悪いんだ!
一方、外国人にも言い分はあります=なんで、東京にはゴミ箱が全然ないんだ?!
これには今回のワールドカップで来日したアイルランド人も驚いたようで、AFPの取材に対して、「とてもきれいで清潔だが、ごみ箱なしでどうやっているのか分からない。ごみをプラスチック袋に入れて持ち歩かなければならないね」と語ったそうな。
ゴミ箱を設置しない側にも言い分があります。屋外にゴミ箱なんか下手に置いたら、瞬く間に大量のゴミが置かれて集積所みたいなっちゃうよ。それを全部ウチの店が処理するなんて、出来ないよ。
そもそもゴミ箱が少ない状態ですから、設置すると目立ってしまい、そこにゴミが集中してしまうのです。よって、この件ではスタバさんを責められません。
解決策としては、
・自治体がゴミ箱を設置して、その管理費用を、ゴミの排出元に負担させる=課税する。
・容器やレジ袋を使用すること自体を規制して、マグカップなど回収できるものだけで営業させる。
でしょうけど、なかなか難しいでしょうね。
ゴミとの闘いは今日も続く。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.519本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

親水テラス

和田秀樹先生が近著『脳のため光を浴びよ肉を食べよう』(新講社ワイド新書)の中で、長寿のために肉食と太陽に当たることを勧めておいでです。そこで私も10分とか15分とか時間を作って、隅田公園に行くことにしました。浅草にも高層のビルが増えてきて、光に存分に当たれるのは隅田公園くらいだからです。
で、気づきました・・・
・隅田テラスは東岸と西岸でかなり違う整備の仕方がされています。
・東岸テラスには蟹が棲んでいます。
今話しているのは隅田テラスの駒形橋と厩橋の間のことです。かつて「カミソリ堤防」と呼ばれた堤防の下に親水テラスが造成され、水面に近い所まで降りられるのですが、駒形橋から繁華な浅草方向とは逆方向のテラスに降りていただきますと、すぐ蟹が棲んでいる水路に着きます。
西岸(浅草側)には、蟹が棲んでいる水路はありません。西岸のテラスはコンクリート製で、堤防ぎわに植木がされていますが、水路はありません。
対する東岸テラス(墨田区側)の地面は土です。そして、その土の地面に幅1メートルほどの細い水路が掘ってあるのです。まったく西岸とは非対称な整備手法です。
細い水路は隅田川とつながっています。護岸に切れ込みがいれてあって、川の水位が上がると、川の水が水路へ流入してくるのです。水位が長期間下がったままの場合に備えて、川の水を吸い上げるポンプまであります。
その水路に蟹が棲んでいます。結構な数棲んでいます。
10月のある火曜日に観察してみましたら、土手に、数十センチに一個の割合で巣穴があります。ベンチに座ってしばらく眺めていますと、視界の中で10匹以上の蟹が活動しています。ベンチの足元にも巣穴があり、気が付くと私の足音でも動きまわっています。甲殻類が苦手な方にはキビシい状況かもです。
光に当たり、川の音を聞き、生き物を観れる、なかなか結構な環境が出来ていました。ゴミもあまりありませんし、ホームレスもいません。お勧めです。
ただし地面が土なので、風が強い日は埃が舞います。また、夜は街灯がまったくないので、真っ暗です。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.518本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ほぼ脂身

「ふるさと納税」のトラブルって、肉が多くないですか?
たしか大阪の自治体では、「A5」とうたって、そうでないというのがありました。
私に断りもなく「適サシ肉」を売っていた自治体もありました。
今回は「ほぼ脂身の肉」が「ふるさと納税」で売られていたそうです。報道によれば、
「問題となったのは宮崎県美郷町がふるさと納税返礼品に設定している「宮崎県産黒毛和牛薄切り800g」。1万円以上の寄付でもらえる返礼品でしたが、Twitterユーザーの愛しの女子レーサーさんが「ここまでひどいのは初めて」と脂身だらけの肉の写真を付けて投稿したことにより、ネット上で「ゴミクズまがい」「詐欺レベル」との声があがるなど批判が殺到していました。」
このニュースに旧知のフードアクティビスト・松浦達也さんがコメントを付けていました。
「ふるさと納税は返礼品の質を担保する仕組みがないので、こうした”事故”は時折起きる。」
「平時においては消費者は返礼品を求め、自治体は”納税”をほしがる。となると、両者の間にあるものは商取引に限りなく近くなり、売買双方に返礼品に対して抱くイメージの最低限の共有が必要になる。しかしあくまで”納税”だと考える自治体にとっては、いったん返礼品を選定してしまえばそのクオリティコントロールは提供事業者任せ。」
まったく、その通りと思います。
返礼品は本来商品ではないのだから、品質が変動するようなものを採用するべきではないです。
なのに、どこの自治体も競って肉を売ろうとします。牛さんは生き物だから、色んな子がいるのにね。そこに根本的な無理があると私は思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は3.517本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)