仙台牛②

ある日新聞の朝刊をめくっていた私は、 !!! と思いました。

一面全部を使い、カラーで「仙台牛」の広告が出ていたのです。

この件に、私は昨日から文句をつけさせていただいておりまして、今日は二つ目の文句です。

さて「仙台黒毛和牛」という呼称が、滅法、分かりづらいです。 実は「仙台黒毛和牛」というのは、皆さん、4等級と3等級の「仙台牛」のことです。そう県庁さんが決めたのです。

この広告でも「仙台牛!!!」という巨大な文字の脇に、別の書体で小さく、「仙台黒毛和牛」と載せられています。

5等級の「仙台牛」も、牛の品種としては「黒毛和牛」です。が、5等級に格付けされると、「仙台黒毛和牛」とは言えなくなるのです。分かりづらくて笑うしかないです。

で、その「仙台黒毛和牛」つまり4等級を「ちんや」は結構、仕入れさせてただいています。「適サシ」ですからね。 (もちろん、メスで月齢が30カ月以上の「仙台黒毛和牛」に限りますが)

そして、それを召し上がって「美味しい!」と感じたお客様から産地を問われれば、答えは、

「仙台黒毛和牛でございます」ですが、お客様は区別がつきませんから、 そうか、「仙台牛」か、「ちんや」さんも「仙台牛」を推しているんだね!

い、いえ、「仙台牛」は推しておりません。「仙台黒毛和牛」というのは、牛の品種の名前のように思えますが、そうではなくて、ある種のブランドの名前でして・・・

こうなると、もう、説明するのがメンド臭いです。

この呼称、なんとかならないもんでしょうかねえ。

宮城県にも4等級・3等級の方が美味しいんだ!という信念の下に、牛を飼っている人がおいでです。その方々への配慮が「仙台黒毛和牛」という言い方を産み出したんだろうと想像します。

でもねえ、分かりづらいんですよね。品種の名前をブランドの名前に充てるから分かりづらいんです。

ブランドなんだから、分かり易いことが大事だと私は思いますよ。

余計なお世話、ごめんなさいでした。

追伸、「ちんや」年内の予約状況のご案内です。

28日(木)だけは未だ空いております。よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.852日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

仙台牛①

ある日新聞の朝刊をめくっていた私は、

!!!

と思いました。

一面全部を使い、カラーで「仙台牛」の広告が出ていたのです。

広告主は、宮城県農林水産部畜産課。予算がおありなのですねえ。

広告には「仙台牛」をPRする目的で県庁さんが創った、ゆるキャラ「牛政宗くん」も大きく登場しています。予算がおありなのですねえ。

どうも、この「牛政宗くん」、ゆるキャラ業界に詳しくない私には、「くまもん」に兜(兼角)を載せたように見えてしまうのですが、まあ、ゆるキャラなんか、どうでも良いので、話しを本題に戻しまして、本文を拝読しますと、

「仙台牛の一番の特徴は、A5・,B5の5等級に格付けされたものだけだということです」

「実は数ある牛肉の中でも、5等級だけの産地ブランドは仙台牛のみなのです」

これは、たしかにその通りでして、松阪も近江も米沢も「5等級だけ」ではなく、仙台だけが「5等級だけ」にこだわってきたのです。お疲れ様です。

しかし、世間に5等級の脂を嫌う人が多いことは意識なさっているらしく、

「仙台牛は霜降り牛肉ではありますが、脂にしつこさがない、たくさん食べられると良く言われます」と書かれています。この文の「仙台牛」を「ちんやの肉」に置き換えれば、今年114日まで、「適サシ肉宣言」前の「ちんや」が言っていたのと同じ論法ですが、それが通用しなかったので、弊店は言い方を変えたのです。この論法で押すのは辛いと思いますよ。ご愁傷様です。

仙台牛の脂がしつこくない理由としては、

「たっぷりの稲わらをはじめ、エサにも粉にしたお米や炊いたお米を与えるなど、米どころ宮城県ならではの牛づくりが味や脂の質にも関係しているのかもしれません」

県庁さん、ここですよ、ここ。

「かもしれません」じゃなくて、ここをしっかり解明しないと!!

脂の質を決めるのは、まず

性別(メスの脂はしつこくない)

肥育期間(長期間飼った牛の脂はしつこくない)

だと私は認識しているのですが、そういうことは重要ではなくて、エサが重要だと主張なさりたいのであれば、「かもしれません」じゃなくて、ここをしっかり解明なさった方が良いと思います。そうしておかないと、「食べたら、きっとモタレるに違いないよな」という世間からの疑念をはらすことは難しいと思いますよ。余計なお世話ですけど。

文句ついでに、もう一文句。

<この続きは、明日の弊ブログにて>

 

追伸、「ちんや」年内の予約状況のご案内です。

28日(木)だけは未だ空いております。よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.851日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

炎の牛肉教室!

以前私の「適サシ肉宣言」をブログで褒めて下さった、「やまけん」こと山本謙治さんが、またも肉本を出されます。題して、

『炎の牛肉教室!』

最近やまけんさんは、

「要するに、いまこの国の牛肉は、混乱期に置かれているのである。」

と書いています。私も完全に同意します。そして、

「このような「混乱」が日本で生じているのは、美味しさとは別のところで、その善し悪しや価格が決められてしまう状況にあるからだ。」

霜降りの等級の件ですね。このことは、弊ブログの読者なら先刻ご承知ですね。

霜降り肉だけでなく、ブームの真っただ中にある「赤身肉」も混乱しています。

「赤身が美味しい」という触れ込みで、単に安価な輸入肉をバンバン売ろうとする店が多いようにも感じる。赤身が美味しくなるためには品種や餌、そして月齢など様々な条件があるのに、そうしたことは全く見向きもされず、単に霜降りではない肉ばかりが良いとされるのも、おかしいことだ。」

これにも、私は完全に同意します。

こうなってしまうのは、何故か?

牛という存在から、一般人がかけ離れていて、リアリティーが感じられなくなっているからではないのか、

やまけんさんは、そう考えておいでのようです。

たしかに、スーパーに行くと、牛肉の切れ端しか置いてないですからね。牛の肉というリアリティーがないです。で、やまけんさんは言います、

「牛肉」ではなく「牛の肉」と呼ぼう。

なるほどです、かなり。

講談社現代新書『炎の牛肉教室!』

1222日刊行

 

追伸、「ちんや」年内の予約状況のご案内です。

27日(水)、28日(木)は

まだ空いております。よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.849日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

WEBマーケティング

弊社がWEBマーケティングをお願いしているIMCさんが、「お客様の声」を書いて欲しいと言ってきました。

なんでも、IMCさんは「長寿企業・老舗を対象により良いサービスを展開していきたいと考えています。そこで今後のサービス向上のためのニーズを知ることを目的として」、「お客様の声」を集めるのだとか。結構なことです。

さて、IMCさんとのお付き合いは、そろそろ8年目に入ろうかとしています。

それ以前からサイトは持っていましたが、それはIT時代初期に多く見られた定型サイトでした。メニュー、地図、店内写真、沿革・・・といった感じで、万人向けに、通り一辺の情報を見せるだけのものでした。

しかし、その後WEBマーケティングは急速に進歩し、自社の価値観や特徴を、それに共鳴してくれる人達=絞り込んだ人たちに伝えられるようになってきました。「万人向けに、通り一辺」では、結局誰にも愛されない店になる心配があるなあ、と思い始めた、ちょうどその頃にIMCさんからご提案があって、私は、その話しに乗ることにしたのです。

それが、20109月に開設した「すき焼き思い出ストーリー」のサイトでした。

当時私は、弊社の創業130年に当たって、記念事業のコンセプトを「心に残る思い出を!」に決めました。

そして、そのコンセプトに沿って、「すき焼き思い出ストーリー」のサイトをIMCさんに創っていただき、そのサイト上でストーリーの募集を開始しました。

そもそも、すき焼きは文明開化の昔から、日本人の思い出の中に生きてきた料理です。でも残念ながら、その思い出話しをまとめて保存したことはないように思います。そこでサイトを使って、一般の皆さんに投稿していただくことを考えついたのです。「ストーリー」と言っても、作家先生に書いていただくわけではなく、一般の皆さんに投稿していただくのです。ご投稿くださったものは、店の歴史の資料として、すき焼きの資料として、末永く保存させていただくことにしました。

そのような、お客様の思い出話しを読んだ上で、現場でのお客様への応対も、「思い出」を造るためのお手伝いをするんだ」という意識を持って、仕事に当たろうじゃないか!というのが、創業130年に当たっての、私の想いでした。

それから5年。おかげ様で約70本のストーリーが集まり、創業135年の時(2015年)に、そのストーリー集を本にしました。本の制作はIMCさんの本業ではなかったと思いますが、それもお願い致しました。

その後IMCさんは、長寿企業・老舗を主対象にして行くようになって行きますが、この時の体験が、おそらく活かされたのではないか、と私は想像しています。

思いまするに、長寿企業・老舗は、存在自体が一定の価値観を体現しています。

ですので長寿企業・老舗は、その価値観を表現しないWEBマーケティングをやってはいけないと私は考えます。ところが、WEBマーケ業界という所は、私の観ますところ、どうも、数字かデザイン性が重視されているようです。

そんな中で、IMCさんの存在は、ますます貴重になって行くのではないかと思っております。

 

追伸、「ちんや」年内の予約状況のご案内です。

25日(月)、26日(火)、28日(木)は

まだ空いております。よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.848日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

すき焼きリゾット

懐かしい曲がテレビから流れてきました。

♪アイヤ♪

♪テンション上がる すき焼き!♪

♪アイヤ♪

♪日本の心 すき焼き!♪

歌詞はすき焼きを語っているのですが、音楽は何故か、沖縄風。琉球音階で書かれています。

うーん。

しかし騙されたと思って聴いていれば、アゲアゲな感じでだんだん楽しくなってきます。自分は実は外人で、中国人から「これが日本の楽しい音楽さあ」と騙されている状況を想像しながら聴きましょう。

合いの手は、

♪ニクや ネギや イトコンニャクか!♪

♪エノキ ハルナ ヤキドウフ ドウフ ドウフ!♪とか入ります。

そう、この曲は、モーニング娘の「すき焼き」。

弊ブログの2013328日号に書きましたが、モーニング娘にも「すき焼き」があるのです。坂本Qだけではないのです。

実は先日、BSフジの番組「極皿」すき焼き編に出演させていただきましたので、オンエアを視ていたら、エバラさんのすき焼のタレを紹介する場面で、モーニング娘がBGMとして付けられていました。

♪アイヤ♪

♪テンション上がる すき焼き!♪

♪アイヤ♪

♪日本の心 すき焼き!♪

チト風変わりで、しかし何度も聞いていると妙に楽しく、最後はホノボノと成れる曲です。2004年のアルバムに入っていた曲なのですが、今でも聞かれていたのですね。侮れません。

そうそう、放送内容ですが、エバラさんのオススメは、「すき焼きリゾット」を作ることでした。

鍋に、すき焼のタレとごはん、トマトを投入、その上にとろけるチーズをかけるのです。

うーん、美味しいのかな?

誰か、実験してみて下さい。

 

追伸、「ちんや」年内の予約状況のご案内です。

19日(火)、25日(月)、26日(火)、28日(木)は

まだ空いております。よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.846日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

トマトとヨーグルト

BSフジの番組『極皿~食の因数分解』に出演させていただきました。

オンエアを拝見していましたら、最初に登場したお店さんが、すき焼きにフルーツトマトを入れていました。

「トマトすき焼き」は、たしか「ばさら」さんが発案したもので、登録商標だったと思いますが、具材の一種としてトマトを入れる程度なら、まあ、OKなのでしょうか、ね。

さて、その後に弊店のヨーグルト卵が出ましたが、これは実は「トマトすき焼き」に刺激されて私が発案したものです。

すき焼きの甘辛味に酸味を加えることで、爽やか・マイルドにするという趣旨は同じです。

相違点は、

トマトの酸味がクエン酸であるのに対して、ヨーグルトの酸味は乳酸菌によって作られた乳酸です。

そして、「トマトすき焼き」がトマトを鍋に投入して、鍋全体を甘辛酸にするのに対して、ヨーグルト卵は鍋全体はそのままで玉丼の中だけを甘辛酸にします。

収録では、「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之さんが、

すき焼きは生卵を最も美味しく食べる食べ方

卵は何個もおかわりする

と言っておいでだったので、ヨーグルト卵をお出しするが気がひけましたが、

これも「あり」ですね!

と言って下さり、安心しました。

皆様も、是非「ちんや」で、あるいはご自宅で体験なさってください。

「あり」ですから。

追伸、「ちんや」年内の予約状況のご案内です。

19日(火)、25日(月)、26日(火)、28日(木)は

まだ空いております。よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.844日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

万博誘致

最近は外人さん接待というと「鮨」と決まってしまったようで、かつてそのポジションにあった、すき焼きとしては肩身の狭い思いをしております。

が、大阪では事情が違っているようで、2025年大阪万博誘致のキーマン接待は、すき焼きだったそうです。

報道によりますと、

BIE=博覧会国際事務局の幹部が会場予定地の夢洲などを視察しました。「万博に最適な場所」と語り、「さらに機運を高める活動を続けるべきだ」とアドバイスしました。」

4ヵ国が立候補している2025年の万博。各国視察のため、来日中のBIEのケルケンツェス事務局次長は7日、大阪万博の会場予定地の夢洲を視察しました。日本側は、会場予定地が大阪市の中心部から近いこともアピールしました。事務局次長は、「とても美しい場所という印象です。万博を開催するにはパーフェクトだ」と話しました。」

「夕方には道頓堀も訪れ、すき焼きを楽しみました。」(!)

道頓堀ですき焼きと言えば、「すきや連」でご一緒する「はり重」さんです。(店名は報道されていませんでしたが、若旦那に確認したので、本当です。)

「最後は大阪府の松井知事が見送り、4日間の視察が終わりました。」

そうか、「維新の会」はすき焼き推進だったんですねえ。そういう政策は早く表明して欲しかったです。

そういうことなら、この前の選挙で入れたのに。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.843日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

極皿

BSフジの番組『極皿~食の因数分解』の、本日18:00~放送分のテーマは、

すき焼きです。

「かっこいいスキヤキ」、「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之さんと「漫画 極皿」作者の魚乃目三太さんが、「ちんや」のすき焼きを食しながら対談!

「すき焼きはごちそうだ!!」

・・・というわけで、

思い出のすき焼き、すき焼きに欠かせない「○○(ネタバレになるので、今の時点では書けない)」など、ほろ酔いで語りつくす回です。

私も出演させていただきます。

カレーたまご、ヨーグルトたまごもお採り上げいただく予定です。

どうぞ、ご覧ください。

<これにて「適サシ肉宣言」関連の、これまでのメデイア掲載は以下↓の通りとなりました>

「文春オンライン」28日より掲載

日本テレビ「スッキリ!!」29日放送済み

TBSテレビ「白熱ライブビビット」210日放送済み

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」2101650分放送済み

東京新聞(特報面)212日掲載済み 

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」21210時放送済み

HBC 北海道放送「今日ドキッ!」2151544分放送済み

「肉メディア.com(インターネット)215日掲載済み、文:松浦達也様

TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」216735分放送済み

産経新聞(生活面)221日掲載済み

日刊ゲンダイ224日掲載済み

「おとなの週末」(雑誌、講談社)20173月号掲載済み

FMえどがわ(84.3MHz32日放送済み

読売テレビ「そこまで言って委員会」312日放送済み

テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」325日朝6時放送済み

TBSテレビ「ぴったんこカン☆カン」3311956分放送済み

「ワインホワット!?」(ワイン専門誌)20175月号掲載済み

NHKテレビ「所さん!大変ですよ」4132015分放送

ブーストマガジン(インターネット)512日(前編)、19日(後編)掲載中

テレビ東京「和風総本家」518日放送済み

「婦人画報」(雑誌)20177月号「世界が恋するWASHOKU」特集

「健康保険」(健康保険組合連合会発行)20176月号、文:山本謙治様

dancyu20178月号、「美味東京」特集

「文芸春秋」20178月号、「この人の月間日記」、文:中野信子様

TBSテレビ「テッペン!『友だち+プラス』」8123:56放送

単行本『くらべる値段』、2017818日刊行、東京書籍、著者:おかべたかし様

雑誌「だいごみ」、2017年秋号、「地方創生支援協会」刊行

BS-TBSテレビ「サタデードキュメント」930日午前1000分放送

雑誌「Hanako1144号(20171019日刊行)に載せていただきました。

BSフジテレビ『極皿~食の因数分解』129日午後600分放送

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.842日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

先のこと

皆様、昨日は暖かいメッセージを、本当に在り難うございました。

今年は「適サシ肉宣言」で怒涛の一年でしたが、去年の今日の時点では、まったく予想しておりませんでした。

人生何が起こるか、先のことは分からないもんだ、ということが分かりました(笑い)

引き続き、ご指導下さいまし。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.837日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

すき焼きは、生卵を最も美味しく食べる食べ方だ!

先日もテレビの収録で、すき焼きの溶き卵の件が話題になりました。

ネタバレに成るので詳細は書けませんが、その出演者の方は、

すき焼きは、生卵を最も美味しく食べる食べ方だ!

というお考えでしたので、当然卵のことが気になるようでした。そのご質問は・・・

すき焼きの卵って、いつから誰が付けるようにしたんですか? どうして付いているんですか?

これは、すき焼き界第一級の謎だと思います。

卵を付けた「元祖」は分かっていません。

分かっていないので、私なりの推測をご説明申し上げました。弊ブログの20151210日号(「大人のすき焼き教科書」)に書いた説明と同じですが、ここにも再掲します。

さて両国の享保年間ご創業の「ももんじや」さんに行って、猪鍋を頼むと卵は付いて来ませんし、浅草の「駒形どぜう」さんでも「どぜう飯田屋」さんでも鍋に卵は付きませんから、江戸時代の鍋には卵は付いていなかったのだろうと思われます。

明治時代のある日、牛鍋に卵が付いたのです。しかしそのことをハッキリさせるような文献には行き当たりません。謎は深まるばかり。

文献的なことが分からないので、少し違う角度から見てみましょう。

そもそも卵は何の為にあるのでしょう。卵が付いている目的は、

・温度を下げるため

・味をマイルドにするため

ですが、温度を下げるだけなら他の物でもよいわけで、やはりすき焼きの甘辛い味をマイルドにするのが目的と思われます。

次に栄養面も考えてみましょう。

栄養面では肉に卵を合わせる必要性は無いと言えます。卵のアミノ酸スコアは100点で、卵を食べれば、それだけで必須アミノ酸を全て摂取できますが、実は牛肉も100点でして、肉だけ食べても必須アミノ酸を全て摂取できます。

100点に100点を加える意味は無いですね。

しかしです、私が思いまするに、この意味が無いところに意味が在るような気がします。つまりこれは贅沢行為なんです。

明治時代、牛肉は貴重でしたが、卵も貴重でした。その貴重なものをダブルで食べることに人々は興奮したのではないでしょうか。

しかも卵に肉を浸せば温度を下げることが出来て、味もマイルドに成って、良いこと尽くめです。

文明を開化させ、産業を殖え興そうとしていた当時の人々にパワーを付けるための料理には、その位の勢いが欲しかったのでは・・・と考えたりします。

江戸の鍋料理には卵が付かなかったのに、明治の鍋料理に卵が付きました。

付けたのは、どこかの特定の個人というよりは、時代の気運あるいは「時勢」だったのではないか、私はそう考えることにしています。(尾張。いや、終わり。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.833日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)