中川屋嘉兵衛

中川屋嘉兵衛の子孫だと言う方が、すき焼き川柳を投稿して下さいました。

「ちんや」の以前からのお客様が、その方の縁戚にそういう人がいるとは知らずに、「ちんや」から肉を贈ったのですが、そのギフトの包装紙の裏面は「すき焼き川柳コンクール」の投稿用紙になっているので、その用紙を使って投稿して下さったわけです。

さて中川屋嘉兵衛(なかがわや・かへい)は東京の食肉の歴史で重要な人物です。

中川屋は三河の出身。40 歳で江戸に出て、イギリス公使の料理人見習いをしながら英語を勉強。欧米人相手のビジネスをやろうと計画します。要するに幕末・維新期のベンチャー起業家の一人です。

そして1865年、横浜に居を移しました。そこで外国人の間で牛乳のニーズが非常に高いのを知った中川屋は、これを事業にします。

やがて横浜に駐留していたイギリス軍の御用食料商人に。今度は肉のおいしさと栄養価、そして横浜に在留する欧米人が牛肉好きなのを実感すると、牛肉の販売を新しい事業にします。まず横浜で。東京にも進出します。

既に横浜に牛の屠場はありましたが、東京にはありませんでした。鉄道も自動車もなく、冷蔵・冷凍保存の技術もなかった時代ですから、高輪のイギリス公使館まで、横浜から鮮度を保って肉を運ぶのは至難の業でした。

そこで中川屋は公使館のすぐに近くに屠牛場を設けたほうがいいと考え、白金に土地を借りて、そこで1867年屠牛場と牛肉販売店を開設。

これが東京初の牛の屠場です。御一新後の1869年には官営「築地牛馬会社」が築地に出来ますが、中川屋の屠場はそれに先行していたので、「東京初」と言えます。

白金とは、現在の港区の白金です。今は「シロガネーゼ「」の街ですが、当時は江戸の郊外の農村でした。

このように中川屋嘉兵衛は東京の食肉の歴史で重要な人物です。その人物の子孫だという方からいただいた川柳は、

・すき焼きやこんな霜降り食べたかな

・すき焼きや接待していた頃もあり

・すき焼きは久しぶりだと涎たれ

・すき焼きの肉の厚さに見とれたり

ご投稿ありがとうございました。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.810目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

春の?ちょい食べ

肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」で開催していた、春のちょい食べキャンペーンが終了しました。5種以上制覇した方が8名様、全13種制覇した方が4名様。今の感染状況の中でありがたいことでした。

元々このキャンペーンは3月~5月に開催していたものですが、4~5月は緊急事態でしたので、2か月延長。それで春が夏になってしまいましたが、感染状況は一時下がって、また拡大。

今月は夜10時以降の深夜営業が自粛となってしまいました。「ちんや」は元々夜9時半までですから、直接のダメージはないですが、それでも影響は小さくないだろうと思っています。

ウイルスとのつきあいは未だ半年ですが、ウンザリしてきた方は多いと思います。深夜関係の皆様、ご愁傷様です。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.809目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

今年も、牛重

今日は8月の土曜ですので、「ちんや亭」で今年も「牛重」をご提供申し上げます。「土用の」ではなく「土曜の」牛重ですから、今後8日、15日、22日、29日にもお出しします。よろしくお願い申し上げます。

聞けば今年は、土用の丑の日に「馬丼」が登場したようでしたが、「ちんや」は鰻業界とかぶるのは避けて、以前から「牛重」は「8月の土曜」にやっております。

「ちんや亭」は「肉の食べくらべレストラン」でハーフサイズの肉料理を食べられる店ですが、「牛重」だけは洒落のアイテムなので、通常の分量のみです。ごめんなさい。おなかを空かせてお越しくださいませ。

「ちんや亭」はカウンターのみの店で全員横並び。隣客との間にはアクリル板を置きましたから、感染リスクは低めと思います。どうぞ、8月の土曜にお出かけを。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.808目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

僕と娘の10年間

新作映画「ステップ」に、すき焼きのシーンがあるようです。

「ようです」と書いたのは、未だ劇場に観に行けてないからですが、ネットで視る予告編に出て来るので間違いはないです。短い予告編に二回出て来るので、間違いないです。

この映画は、山田孝之さん演じる若いパパ健一が妻に先立たれ、男手ひとつで娘を育てる物語です。健一の周囲の人達は暖かく、苦労する健一を見かねて、義理の父母(國村隼さん、余貴美子さん)が「引き取ろうか」と申し出ますが、健一は一人で育てていく・・・といい筋です。

すき焼きは、山田孝之さん、國村隼さん、余貴美子さんの三人が語り合う場面で使われています。予告編ではまだすき焼きを食べていないところで場面が変わってしまい、どんな肉なのか、どんなザクなのか確認できませんでしたので、観に行かねばと思います。

TOHOシネマズ、イオンシネマを中心に全国で上演中。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.804目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

お祝い

その入会申し込み書には、

「旦那様はお亡くなりになっているので、お祝いではありません」

との係員による書き込みがありました。

この方が結婚記念日で来店されても、芽出たい演出をしない方が良いという意味です。

実は「ちんやメンバーズカード」に入会していただくと、一年に一日「記念日」を登録していただけて、その日は割引率が普段の倍になります。

何の記念日を登録するのかは、その方のご自由です。自分の誕生日、お子さんの誕生日、会社の創立記念日、お父上の命日・・・

そのデータもこちらで記録させていただいているので、記念日で来店された時、それが芽出たい日であれば、お赤飯をお出しするとか芽出たい演出をします。結婚記念日であれば当然芽出たい部類に入るのですが、その方の場合は亡くなっているので、芽出たくはない点を知っておかねばなりません。その注意書きでした。

思えば、コロナが始まってから「不要不急」の外出はするなと繰り返し、指導されてきました。

が、何が「不要不急」かは人によりますね。

今は亡き旦那様との結婚記念日にお子様と外食することは「必要」だし、その日でないと意味が薄れます。

連日の感染報道で飲食店は心折れそうですが、まだまだ必要とされていると認識できた夜でした。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.797本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

アエナクテモ

今日は本来なら浅草の「ほうずき市」の日ですが、残念ながら今年は中止になりました。さて、
東京メトロさんの「アエナクテモ」というキャンペーンに参加させていただくことになりました。
「アエナクテモ」は「会えなくても」。
コロナで店と客が「会えなくても」、ネットを利用してつながっていられるようにする企画です。
お店やお店の人がいてくれたお陰で生まれた思い出話しをネット(Instagram・Facebook・Twitter)に投稿して、その内容や反響数が良かった場合、その文章が地下鉄の広告媒体やフリーペーパーに採用されるかも!という展開です。
「ちんや」に思い出やエピソードのある皆様、是非ご参加下さい!
詳しい投稿方法は、こちら(この企画を運営しているAETE社さんのサイト)です。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.786本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

和牛のA4ランクを召し上がれ

「和牛」「A4」と検索していて、面白いものを見つけました。
「ちんや」はご存知の通り、「適サシ肉」の店ですから、「和牛」「A4」の検索でウチのサイトに来ていただくことが重要です。それで検索していて、ある日、
『和牛のA4ランクを召し上がれ!』
というテレビ番組があることを知りました。南海放送で2018年4月から放送されているそうです。
ここで和牛とは、お笑いコンビの「和牛」のことです。
「和牛」はM-1グランプリで3年連続準優勝の記録を作って有名になりましたが、その「和牛」コンビの内の一人・水田信二さんが愛媛県出身なので南海放送で放送されているのです。
内容は愛媛県内を巡るロケバラエティということで、牛にもA4にもあまり関係はないようです。
ついでながら、コンビ名「和牛」の由来ですが、調理師免許を持っている水田さんのバイト先のステーキ屋で一番高いコースが和牛のコースだったことに由来しているとか。
ご活躍を祈念します。

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.784本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

逆境は成功のチャンス

米沢市のすき焼き店「吉亭」の会長・吉澤章仁郎さまが亡くなりました。
「吉亭」さんには2017年に第27回「すきや連」で大変世話になりましたが、コロナのご時世で葬儀は盛大でない形になさるという話しでしたので、私は参列せずに弔電を送らせていただきました。
そうしましたら数日して、喪主挨拶と葬儀概要をまとめた、パンフレットのようなものが送られてきました。印刷されているQRコードを取り込むと故人の懐かしい画像が見られるとか。
葬儀業界は進化しているのですねえ。驚きました。
そのすき焼き店「吉亭」さんは立派な古民家を店として使用しているので、江戸時代から料理屋だったように見えますが、実はそうではありません。
元々は米沢の伝統産業・織物産業の一角の担う機屋さんでした。それで立派な家だったのですが、その織物が衰退してきたので、故人が今の事業に転換したのでした。
喪主さんの挨拶文を読むまで正確に存じませんでしたが、転換したのは故人が50歳の時だったそうです。若くはない年齢での企業ですね。まさにベンチャー。
そういうお父上ですから「逆境は成功のチャンス」と言っておられたとか。
コロナの時世に大いに考えさせられました。
ご冥福を心よりお祈り致します。

追伸
本日早朝放送のテレビ番組に出ます。どうぞ、ご覧くださいませ。
『もういちど、日本』 すき焼きのわき役 ねぎ
NHKBSプレミアム 
2020年7月4日 午前6:25 ~ 午前6:30 (5分間)

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.780本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

春のちょい食べ

告知し忘れていましたが、
肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」(ちんやビル地下1階)で開催している、
「春のちょい食べGO!」の期間を7月末日までに延期してございます。どうぞ、ご参加下さいませ。
「春の」が7月末日まで延期になったのは、もちろんコロナのせいです。このキャンペーンは、5月末までに「ちんや亭」のメニューを数多く召し上がった方に賞品が出るキャンペーンだったのですが、4月~5月はコロナで休んでしまったので、その二ヵ月分延長したら夏になってしまったという次第です。
コロナがなかった1月や2月がもう何年も前のことのようです。
「戦前」「戦後」のように、いずれは「コロナ前」「コロナ後」と言われるようになるのでしょうが、それはともかく、
「ちんや亭」は、感染対策上好ましく、この状況下で使っていただき易い店です。元々「ちんや亭」は、
カウンターだけの「横並び席」ですから、飛沫を正面から受けません。
席の間隔は広げてあり、隣との間には間仕切りも入れました。
店のスタッフとは相対する形になってしまいますが、ウチのスタッフには全員フェイスシールドを付けさせていますから、そこは安心していただけると思います。
本当は、座敷ですき焼きを食べていただきたいですが、まず「ちんや亭」から帰って来ていただくのも、在り難いことだと思っています。
全品に「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)を用意してありますので、2品+2品+1品と三回お越しいただけば、最初の賞品である「五冠」(食事券1.000円贈呈)に届きます。今月いっぱいですが、是非ご参加下さいませ。

追伸
明日放送のテレビ番組に出ます。どうぞ、ご覧くださいませ。
『もういちど、日本』 すき焼きのわき役 ねぎ
NHKBSプレミアム 
2020年7月4日 午前6:25 ~ 午前6:30 (5分間)

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.779本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)

もういちど、日本

3月に出演させていただいたNHK-BSの番組が短縮版になって再放送されるそうです。好評につき再登場ということで、ありがたいことです。
元の番組は「新日本風土記」。
日本各地に残された美しい風土や祭り、暮らしや人々の営みを描く、老舗ドキュメント番組ですが、その関連番組として、
「もういちど、日本」
があり、今回はそこに出演させていただきます。
3月の本放送は「鍋のしあわせ」ということで、日本各地の色々な鍋が登場しましたが、今回は「すき焼きのわき役 ねぎ」ということで、千住葱にしぼり込んだ内容のようです。
早朝ですが、是非ご覧くださいませ。

もういちど、日本「すき焼きのわき役 ねぎ」
NHKBSプレミアム 
2020年7月4日 午前6:25 ~ 午前6:30 (5分間)

*すき焼き・しゃぶしゃぶは、鍋でウイルスを加熱殺菌してすぐ食べるので、非常に安全な食べ方です。安心してお召し上がり下さいませ。
こちらで通信販売もしています。
よろしくお願い申し上げます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.778本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 午前  Comments (0)