大出世

大和高田の、高校生のすき焼きが大出世で驚きました。

奈良県大和高田市立高田商業高校で60年続く、伝統のすき焼きの件は、2019年11月24日の弊ブログに書きました。

高田商業では毎年4月、校庭に七輪を並べ、上級生がすき焼きで新入生を歓迎する習慣がありますが、そのすき焼きが、なんと、コンビニ大手ローソンの、すき焼きおにぎりになるのだとか。

出世ですねえ。

現役高校生が、自分たちの思いをメールでコンビニ数社に送ったところ、ローソンから「前向きに検討させて頂きたい」との返信が来たそうな。

順調に進めば、来年1月、近畿圏のローソンで発売される予定。すごい。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.221本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

「リーマン」と「すきや連」

「すき焼き通の日」は「リーマンショック」のちょうど1カ月後でした。

アメリカの投資銀行・リーマン・ブラザーズは2008年9月15日に経営破綻、歴史上最大の倒産でしたので、連鎖して世界規模の金融危機が発生し、やがて日本にも及びますが、

そのちょうど1カ月後の2008年10月15日に、

『すき焼き通』(向笠千恵子著・平凡社新書)が刊行され、

この本に載った全国のすき焼き店が「ちんや」に集まりました。

これが「すきや連」の結成につながって行きます。

向笠先生の『すき焼き通』では、全国の老舗すき焼き店にたずね、手塩にかけて育てられた名牛の肉から、個性的な調理法と食材、食べ方の流儀まで、日本人に最も愛され、幸福感あふれる料理、すき焼きの食文化とその美味の秘密が熱く語られます。

10月15日は今では一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されています。

「リーマン」と「すきや連」は、同じ2008年の秋のことだったのですね。今ではだいぶ以前のことのように感じます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.218本目の投稿でした。

Filed under: すきや連,すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

私のパパは

天才落語家・立川談志の娘である松岡ゆみこさんが「私のパパは立川談志」という連載をしていて、面白く読んでいましたら、

談志家の大晦日はすき焼きと決まっていたことが分かりました。

「私が子供の頃、毎年大晦日は大久保の狭い家ですき焼きパーティーをしていた。父の友人だった内藤陳さん、ジミー時田さん、松平直樹さん、お寺の住職、築地の鮪問屋の社長、金魚屋さんなど、色々なジャンルの大人達が大勢集まった。」

「メインのすき焼きは、ガス栓からホースを繋いで、小さな鉄の鍋で代わりばんこに食べていた。ジミーさんのギターで歌を歌い、賑やかすぎる宴会は夜明かし続いた。子供の私は眠くなっても、落語の「寝床」のように寝るスペースもなかった。」

小さな鉄の鍋で代わりばんこに食べる、となると鍋を囲むという感じからは遠いですねえ。

流石ユニークなすき焼きです。

「ある大晦日、いつもはうるさいすき焼きパーティーなのに、今でいう年末スペシャルだったのか? テレビでヒッチコックの「鳥」という映画を深夜にみんなで観た。30センチくらいのテレビ画面の、白黒の映画を私も観てしまった。すごーく怖かった。これが父と観た最初の映画だったと思う」

その後話しは「談志と映画」になって行き、すき焼きについて、これ以上の記述はありませんでした。残念。

どんな肉でどんな具材だったから知りたいものです。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.212本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

退陣

スガ総理、一年間お疲れ様でした。

最後は随分迷走なさったようで、お辛かったことと存じます。

退陣記念に「菅総理」「すき焼き」と検索してみましたが、目ぼしいものには行き当たりませんでした。菅氏が高級すき焼き店で会食したとか、その程度。

どうもやはりパンケーキの方だったんですね。すき焼きとは、あまり御縁がなかったようで、残念です。

ちなみにですが、「岸田文雄・すき焼き」でも「河野太郎・すき焼き」でも、面白い記事には行き当たれませんでした。

総理、今後はしばしご静養下さいませ。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.209本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

副反応

そ、その手がありましたか。素晴らしい。自分の時は思いつきませんでした。

「ワクチンによる体調不良を気遣って母がすき焼きを食べさせてくれるようです。副反応出てからろくな物食べてないのでありがたい。いっぱい食べて少しでもスタミナ回復させたいところです」

ワクチン後は水分とタンパク質を摂るのが良いということでしたので、理にかなっていると思います。

陽気も涼しくなりましたしね。

私の一回目の時は、まだ猛暑だったので、消化し易い鶏肉にしてしまいました。残念。

これからワクチンの皆さんは、是非すき焼きを。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.208本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

すき焼きではないね

有名人はたいていTwitterをやっていますので、毎日Twitterに「すき焼き」と入れて検索をしていると、有名人がどんなすき焼きをしているか分かります。

最近見つけたのは元AKB48の板野友美さんのすき焼き。

「今日はすき焼きー♪ 昨日の夜中から食べたいと思ってた」

が、そのすき焼き画像に対して、ネットでは

「これってすき焼きなんですか?」

「すき焼きではないね、これはお鍋」

「お肉も少ない…」

アスリートの旦那さん向けに油揚げってどうなんだろう…」

拝見しましたら、板野さんのすき焼きは「具だくさん」で野菜類が多く、油揚げも入っています。肉が少ない感じは、まあ、しますか、ね。すき焼き=肉料理と思っている人にとっては自分のイメージと違うかもですね。

もう1点、普通のすき焼きと少し違うのは、割り下の色が、割り下と言うより寄せ鍋の出汁(スープ?)のように薄い点です。それで

「これはお鍋」というコメントが付いた模様。

全国のすき焼きには、色が薄くて出汁っぽいものも在ることは在るので、「すき焼きではない」「お鍋」と言ってしまうのは、ややイメージが狭いかも。

多少のことは、アスリートの旦那さんの鍋を囲めば、どうでもOKと私は思いますけどね。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.207本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

米寿

歴史上、米寿を迎えた天皇が、これまで一人もいなかったとは存じませんでした。

記録が残る歴代天皇のうち、最高齢は87歳+254日で亡くなった昭和天皇だったということです。

そして、今の上皇さまは今月2日に、その昭和天皇の年齢に並び、歴代最長寿になられました。

誠におめでとうございます。

上皇様は125代で、歴史上それだけ多くの天皇が登場したのに、全員87歳までだったとは、意外なことでした。

今回コロナの最中につき、祝いごとは無しということですが、12月23日までになんとかコロナを抑えられないものかなーと思います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.206本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

夏の定番

そろそろ9月だと言うのに、猛暑日続き、困ったことです。

そして、ネット投稿される、すき焼きネタは、夏のすき焼きなっています。最近は、

「夏の定番・トマトすき焼き。割下を煮立ててトマトを少し崩れるまで煮て、そこにふわっと牛肉をかぶせて火を通し、溶き卵で食べる。トマトの酸味と旨味がいい具合に作用して、実に爽やか。他の具は普通のすき焼きと同じでいいが、ルッコラとかマッシュルームを入れてもなかなか旨い」

ほお、トマトすき焼きって、もう「定番」なんですか。

美味しいとは、私も思いますが、

私は、トマトを鍋に入れると、割下の味が変わり過ぎるかなあと思っています。

玉丼にトマトジュースを言えるとか、卵の方の味を変えるのが好きです。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.203本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

肉料理に例える

ネットでしばしば見かける、

「あなたを〇〇〇に例えると」

以前は

「あなたを鍋料理に例えると」

といのがあり、すき焼きも入っていましたが、最近登場したのは、

「あなたを肉料理に例えると」

生年月日を入れるだけで分かるそうです笑

説明によりますと、

【すき焼き】心が温かい人。優しくて包容力抜群。おっとりしていて騙されやすい一面も。ダメ女によく引っかかる。

ダ、ダメ女、に、だって?!

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.199本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

卵アレルギー

すき焼きをするのに、鍋を2台用意して、卵を使って良い方と使ってはダメな方とに分ける、

というほど卵アレルギーがキツい方には、ごくまれにしかお目にかかりません。

取り箸と食べる箸を厳格に区別すれば、具材を卵につけた箸が、鍋の中にも入ってしまうということはないのですが、取り箸と食べる箸を持ち替えるのは結構面倒なため、ついウッカリ食べる箸つまり卵が付いた箸で鍋の中の具材を取りにいってしまう人がいます。

鍋をわけるという方は、それを絶対に避けたいという方で、そこまでの方は、私の2001年~2021年の経験では1例だったと思います。

たぶん、卵を食べる前提の料理であるすき焼き屋に、そういう方は見えないのでしょう。

最近驚いたのは、水泳女子の金メダリスト・大橋悠依さんが、その「鍋もわける」人だったということです。

大橋選手は、幼少期すぐに熱を出すなど体が弱い子で、卵以外に甲殻類にも、重いアレルギーがあったと報じられていました。

滋賀県彦根市のご出身ですから、当然近江牛のすき焼きを食べる機会はあったと思います。そのたびに鍋をわけていたとは。

卵アレルギーでも金メダルが獲れるんですねえ。驚きです。

今回は誠におめでとうございました。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。 弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし、本日は4.198本目の投稿でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)