変わった

店が「変わった」とクレームを言う人って、実際はご利用頻度が、10年見えていないとか、とてもとても低いことが多いです。
慣れ親しんだ店が変わって悲しいなら、気持ちは分かるのですけど、ほとんど利用していないのに、変わったことが気にいらないという話しです。
不思議ですねえ。
だいたい、10年間どこも変わらない店って、在るのかなあ。

追伸⓵
東京商工会議所が主催する、第16回「勇気ある経営大賞」において、株式会社ちんやが「奨励賞」を受賞させていただきました。
受賞理由は、
「格付や等級ではなくすき焼きにあった肉の提供に向けた挑戦(適サシ宣言)」でした。
権威ある賞を弊社が受賞できましたのは、ひとえに皆様のご愛顧の賜物とあつく御礼申し上げます。

追伸⓶
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、弊ブログの8月4日号をご覧くださいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.133日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

観光規制

明日の浅草の予想させるニュースがオランダから届きました。報道によりますと、アムステルダム市議会の各党はすでに、
「民泊仲介のエアビーアンドビーをはじめとする各社に対し、市内の最も込み合った地区での住宅の貸し出しを禁じ、短期の貸し出しを認める日数を年間30日までとする案で合意している。」
「また、観光税を7%に引き上げることを提案。これによる2022年までの税収の増加分は、年間およそ1億500万ユーロ(約137億円)となる見通しだという。このほか運河クルーズの規制や、バーカウンターを囲むように座席を配置した大型自転車「ビールバイク」とセグウェイの市街地での走行の取り締まり強化などを行う考えだ。」
こういうことなったのはアムステルダムの住民に深刻な問題が生じたからです。
酒に酔った騒がしい旅行者たちが街の風紀を乱すくらいならまだしても、住宅価格が高騰してしまったのです。市内のアパートは前年比で12%上昇したそうです。
「アムステルダムでは住宅価格が一般のオランダ市民に手が届かない価格にまで値上がりしつつある。その価格上昇の一因だとして、観光客か就労者かを問わず、外国人を嫌う住民が確実に増加している」そうな。エアビーのせいですね。
観光規制は今や欧州ではトレンドになっていて、スペインのバルセロナ、イタリアのベニスでも対策が導入されました。
日本では京都などの自治体が取り組み始めましたが、国は逆でインバウンドを「推進!」。東京都はオリンピックがある手前、今は推進の旗を振っていますが、浅草のある台東区も民泊条例を可決して、規制へと向かっています。
観光を放置すると、観光地区の中には人が住めなくなるということが、ほぼ確実に見えてきました。
浅草でも、以前は店主が2階に住んでいた古い店が壊されて、インバウンド狙いの店が出来ています。
浅草は店主家族が店の上に住んでいるから面白いのですが、インバウンド狙いの新しい人は住みません。このままではバルセロナやベニスやアムステルダムのようになるでしょう。
都議会の先生方に申し上げますが、オリンピック前から規制の準備をしておき、オリンピックが終わったら、すぐに、ビシっと規制しましょう。

追伸
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、弊ブログの8月4日号をご覧くださいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.129日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

大変だよ

鰻屋さんから、
鰻が高くて大変だよ。肉はいいねえ。
と言われることが多い昨今ですが、
肉も高くて大変です。
この件、ご存知ない方が多いので、この際お知らせしておきます。

追伸、
「ちんや」は下記の日程で、遅めの夏休みを頂戴します。ご不便をおかけしますが、ご諒解賜りたく、お願い申し上げます。
夏休み:9月3日(月)から9月6日(木)まで

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.108日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

決めつけ

<イメージに基づく「決めつけ」は良くないという件です>
テレビの散歩番組
=ユルい番組
=従事しているスタッフさんもユルい人が多い
という「決めつけ」は間違っているそうな。
散歩番組は、普通の番組と比べて関係先が圧倒的に多いので、スタッフさんは懸命に仕事していても、手が回らないこともあるとか。
次回の撮影の時は、段取りが残念でも、融通をきかせてあげたいと思います。
この前は怒ってごめんね。

追伸、
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.106日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

金農フィーバー

金農フィーバーが続いているそうです。
地元の子を集めた県立高校の野球部が甲子園の準優勝まで行った物語が、日本人の判官贔屓精神を目覚めさせたのだと思います。
感動の軌跡を記録した写真集は発刊即売り切れだそうですし、
やや便乗的な波及効果もあるらしく、地元の酒・純米吟醸「ツーアウトフルベース」(山本合名会社)が売れているそうです。
「ツーアウトフルベース」と銘打つからにはヒリヒリする味なんでしょうが、純米吟醸造りでヒリヒリに醸せるなら凄いことです(笑)
私の場合は、ふだん甲子園というものに、ほぼほぼ関心がありませんが、まず母校・慶應高校が出るというので甲子園を視はじめ、そのまま金足農業に興味がシフトして、かつてなく甲子園を視た夏でした。
寄付金が全国から2億円も集まったのは実に結構なことで、そのお金を有効活用して、オールスター・チームのような強豪校をいつか倒して欲しいものだと判官贔屓精神は募りますが、ここで私が気になってしまったのは、
金足農業の他の部活の関係者の人が、寄付金をウチの部にも回して欲しいと主張しているとかいう件です。
うーん。
農業教育に回すなら良いと思いますよ。
でも他の部活は、むしろですね、トーンダウンさせて趣味的な部活にして→ハードな部活は野球だけに絞り→資金を野球に集中的に入れた方が良いのではないでしょうか。
他の部活にも回すって、どこまでも平等がお好きなんですねえ。
なんか、その話しを聞いて急に私は盛り下がり、野球なんて忘れて、またすき焼きブログに戻ろうと思ったのでした。
そういう次第で野球の話しはこれで終わりです。皆様ご機嫌よう。

追伸、
「ちんや」は下記の日程で、遅めの夏休みを頂戴します。ご不便をおかけしますが、ご諒解賜りたく、お願い申し上げます。
夏休み:9月3日(月)から9月6日(木)まで

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.105日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

恩師

(実話です)
ある日、中学校時代の先生が店に見えるので、玄関に迎えに出ていたら、その間に別の中学校時代の先生から予約の電話をいただきました。
在り難いことでした。

追伸、
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.102日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

三大害虫

コクゾウムシの掃討作戦を敢行しました。
母が2015年7月に亡くなってから3年、実家の台所の管理が行き届かず、コクゾウムシが発生してしまいました。
「ちんや」五代目の父は元気なのですが、この3年間、母の遺品整理や法事などの行事、関係先への挨拶などがあり、台所の食品まで細かにケアしていなかったようです。
で、コクゾウムシが発生してしまったのですが、そのコクゾウムシは「台所の三大害虫」の一種に数えられます。
コクゾウムシの好物は米や穀物で、撃退法としては
「お米を密閉できる容器で保管すること」と
「容器をこまめに掃除すること」の2点ですが、ウチの台所の棚には、ビニール袋のまま小麦粉や片栗粉などの食材が入れてあって、そこが棲み処になってしまいました。そして、今夏の猛暑で増殖してしまいました。
掃討作戦第一弾=とにかく、棚の中のものを全部外に出し、ゴミや塵を掃除する。
掃討作戦第二弾=食品をタッパーなどの容器に入れる。
結構良い運動になりました。
それにしても、今回の作戦で大活躍したのが「ダイソンDC34ハンディクリーナー」でした。
「コード付き掃除機よりも多くのゴミを吸い取ります!」という触れ込みの、あの掃除機ですね。
自分の目線より上、肩の高さより上にある棚のゴミや塵を吸引するのに大変便利でした。
家電と言えば「ものづくり日本」のお家芸と思っていたのですが、今やダイソンの後塵を拝しているのですねえ。
次回のゾウムシ発生までに、家電ジャパンの奮起を期待します。
あ、そういえば今日は「第37回浅草サンバカーニバル」の日です。どうぞ、お出かけを。

追伸、
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.101日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

予約フォーム

ある日、店の予約フォームに、現在の送信時間より遡った時間の予約が入力されていて、
!!!
と超焦ったら、
【最新のSEOコンサルティング】
のご提案だと言う。それを予約フォームを使って送ってきた模様。
非常識な営業が多いぞ、最近、まったく。

追伸、
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.099日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

スピード選考会

ある日ある私鉄に乗りましたら、
バス運転手スピード選考会!
という吊り広告が目に入りました。
系列のバス会社の運転手募集の広告でした。
それが募集広告だということはすぐ分かりましたが、私には「スピード」という言葉と「選考会」という言葉がすぐには結びつきません。そこでしげしげと読みますと、書いてありました、説明が。
スピード選考会とは通常平日に二日間かけて行う選考会を週末一日だけで決めてしまう選考方法だと言うのです。
うーん、人手不足だからなあ。同情は出来ます。
でも不安になっちゃう人がいるかもですね。

追伸
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.097日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

東京ローストビーフ

この「成形肉」の事件が大きく報道されなかったのは、メデイア対策が巧妙だったからでしょうか?
かなりみっともない事件なので、大きく報道されても良かったかと思います。
さて事件の当事者はマクドナルドさんです。
報道によりますれば、
「消費者庁は7月24日、日本マクドナルド(東京)が昨年販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」について、成型肉を使用したのに表示せず、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして再発防止を求める措置命令を出した。」
「消費者庁によると、同社は昨年8月から期間限定で販売。2商品の大半に、切断された牛のブロック肉を加熱してくっつけ、形を整えた成型肉が使われていた。」
「日本マクドナルドは、ブロック肉のローストビーフを切って使用しているようなテレビCMを出した一方、店頭を含め、成型肉を使っているとの表示はなかった。」
「成形肉」の技術はスゴくて本物の精肉のような食感を実現できるとか聞きますが、今回は上手く行かなかったようです。SNSで「成形肉では?」という疑問の声が拡散して、消費者庁に聞こえたと言いますから、みっともない限りな話しなんですが、そんなに大きく報道されなかったのが不思議です。
優良誤認、要するに誇大広告の事件に、メデイアも「慣れっこ」になっているのでしょうか、ね。
「成形肉」について、もう1点。
「成形肉」には「みっともない」だけでは済まない問題があります。正しく認識しないと衛生上の問題が起きるのです。
そもそも完全に清潔とは言えない肉の表面が、くっつけ・固める間に、内部に潜り込んでしまうのです。
通常肉は、表面に菌が付いていたとしても、そこを焼いて殺菌してしまうので、食べられるのです。ステーキをレアで食べられるのは、菌が肉の内部に入り込まないからです。
ところが「成形肉」の場合、表面の菌が内部に潜り込んでしまいます。
よって、「成形肉」は本物の精肉のように焼くことは出来ず、ハンバーグのように、中心までしっかり加熱しないとアタってしまいます。
実際2009年には「ペッパーランチ」の「成形肉」のステーキ肉を食べた客が病原性大腸菌O157による食中毒を起こしています。6都府県・7店舗で客11人が発症しました。
だから、今回の一件も「優良誤認」だけで済まなかった可能性があります。
当節肉の原価は高いです。
そんな中でもコストダウンを図ろうとする会社があって、その方法を「成形肉」に頼る風潮が、未だにあることが明らかになりました。
この次に、危険なことが起きないか、とてもとても心配されます。

追伸
本日は8月15日は水曜日ですが、お盆ですので、すき焼き「ちんや」は昼・夜営業いたします。肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」(地下一階)は昼だけ営業致します。

追伸➁
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.091日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)