玉に瑕

お嬢様、
貴女はウチに予約をなさる位だから、きっと素敵な方なんだろうと思うのだけど、全ての語尾に「で」を付けるのが「玉に瑕」と存じます。
Q:お日にちはいつでしょうか?
A:明日で。
Q:お時間は何時でしょうか?
A:6時で!
Q:お名前様は?
A:X藤で!!
Q:お料理は?
A:すき焼きで!!!

Filed under: ぼやき部屋,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

しびれブーム

超激辛がキテいるという記事を見つけました。
「なぜか「しびれ」ブーム! 山椒、花椒がバカ売れする理由」
報道に曰く、
「スパイス業界大手のエスビー食品によると、山椒、花椒、花椒塩の市場はここ数年拡大し、直近は伸びが加速している。」
「ストレスの多い社会で激辛ブームが起こり、最近は超激辛へと、より強い刺激を求めている。一方で、辛みにもバラエティーが増え、花椒や山椒のように香りやしびれを楽しむ嗜好もあり、女性を中心に幅広い層に人気がある」
・・・だそうなんですが、辛味くらいでストレスって本当に解消されるんでしょうか、ね?この記事はストレスのない方が書いているのか。そして、
「最近は大胆に楽しむ傾向にあり、チョコやフレンチ料理、すき焼きにまで山椒を添える。こうした意外性はトレンドに敏感な女性が求めがちだという。」
・・・だそうなんですが、昔からすき焼きに山椒をかける人はいますよ。甘辛旨に辛味を合わせたくなるのは、すき焼きにカレー味をつけたくなるのと同じで、普通の味の理屈にそった現象だと思います。
別にストレスのせいとかトレンドのせいではないような気がしますよ。
どうやら、アッシには関わりのない記事を読んでしまったようです、チョコの日に。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

オーバーツーリズム

春節ということで、中国人観光客の現状が報道されていました。曰く、
・「爆買い」は沈静化した。
・買い物から体験へシフトしている。
・マナーは相い変わらず悪い。
そうした報道を視ていて私が「!」と思いましたのは、まず、
できれば来ないでいただきたい
とハッキリTVで言う日本人が登場したことです。
言ったのは京都祇園の「まちづくり協議会」の人でした。舞妓さんの画像を撮ろうと大勢の中国人が舞妓さんを取り囲んでしまうが大迷惑なんだとか。これは地元から「オーバーツーリズム」を公に指摘する発言として、エポックになると思います。
もう1点は「体験」の内容です。具体的に、
・お茶をたててみたい。
・和菓子をつくってみたい。
・和食をたべてみたい。
という希望があがっていました。
中国人はワイルドですねえ。日本人はお茶を飲むことすら遠慮して避けているのに、お茶をたてたいとは、なんたる図々しさ。茶道をなんと心得ているのだろう・・・と思うと同時に、
日本人も、その位遠慮せず体験したら良いのに!
とも思います。日本人も自ら、お茶をたて、和菓子をつくり、和食をつくったら、どんなに素晴らしいか。
日本人なのに日本のことを知らないという劣等感が遠慮を産んでいるんだと思いますが、殻を破れたらステキですね。
お茶が無理なら、「ちんや」へ来ていただければ、和牛をカットさせてあげますよ。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食事を変えれば

『食事を変えれば、認知症は必ずよくなる!』園田康博著(新星出版社)を拝読しました。
この御本は、認知症医療の専門クリニックを開いている著者が、「食と認知症」をテーマに書いた御本で、食の大切さがあらためて分かる内容です。
腸と脳はつながっている
ということは、最近美容の方面で盛んに言われていることですが、認知症が改善するくらい重要なことだと専門医が言うところに重みがあります。
詳しくは、皆さんにもお読みいただきたいと思いますが、一番重点が置かれているのは、
便秘を避けること
です。そしてその為には腸内フローラを健全に保つべきで、その為には、
乳酸菌などの入った発酵食品と食物繊維を摂るべきだ
ということです。
認知症医療の現場では、患者が便秘になると幻視や妄想が強くなったり、急に意識レベルが低下したり、怒りっぽくなるなどの症状が出ることがあるのだそうです。
悪い症状が出ると、家族は、
ああ、症状が進んだなあ、
と悲嘆にくれてしまいます。パーキンソン病の母の世話をしていた頃の我が家もそうでした。しかし実際は、その日腸内の状況が悪かったのかもしれない、ということなのです。
このことが、介護に直面している、多くの人に知られると良いと思います。
と、同時に、もう一つが私が思うことは、
鶏と同じだ・・・節分イベントで、美味しい卵の生産者「㈱オークリッチ」代表・富樫直樹さんと対談したのですが、美味しい卵をうむ鶏を育てるポイントが、腸内フローラでした。
富樫さんは、鶏たちに醗酵飼料と青草を与えているのです。養鶏の業界では人間界より前から、そこが注目されていたというから、変な気分になりますが、
食は大切、腸は大切と私もたしかに思います。
『食事を変えれば、認知症は必ずよくなる!』
ご購読を。
ISBN:978-4-405-09370-6

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

確認

最近流行っている、
予約可能かどうか、確認したいのですが・・・
という言い方の予約方法、
私は、とてもモヤモヤするので、止めていただけたら・・・と思います。
この方、「確認したい」と言っておいでですが、実は内心、予約する気満々です。
ところがそう言われると、私は正直者なので字義通り、この方は他の店と比較検討している最中の方で、本当に弊店に見えるか分からない方なのだろうと解釈します。正直なので(笑)。
そして、本気でもないのに部屋を押さえられて、後からドタキャンでは迷惑な話しなので、
はい、空いておりますので、ご検討いただいて、それからまたお電話いただけたら幸いです。お電話ありがとうございました!
と通話を終わらせる方向に持ち込もうとするのですが、そこから、この方、慌てだします。
あ、いえいえ、予約をお願いしたいんです!
そうならそうと、最初からそう言えば良いのに!
この言い方を始めたのは、私の記憶では、ビール業界の秘書室の方だったと思います。
ビール屋さんにとっては、料理屋は客先です。その客席の店へ役員さんの食事の予約を入れる場合、
予約お願いします!!
だけだと、その店が人気沸騰店の場合、
ウチは忙しいのに、そこに無理やり予約を突っ込んでくるとは、ビール屋にあるまじき行為だ(怒り)
という反応を招いてしまうことがあります。それを恐れて、予約可能かどうか・・・と言い始めたのだと思います。
その言い方がやがて秘書さん同士のネットワークを通じて色々な業界に伝播し、そこから普通の方々にも拡がったと想像できます。
が、取引先でもない方が、そこまで気にすることはないのでは?と私は思います。それに言い方の面でも、
予約可能なら、予約したいのですが・・・
ぐらいにした方が真意が伝わると思うんですよね。
予約可能かどうか、確認・・・
と言われると、私は通話を終わらせる方向に持ち込んでしまいます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

お疲れ様です!

若者よ、朝がた人に会ったら、
おはようございます。
と言うものだとオジサンは思うのだが、何故君は、
お疲れ様です!
と言うのだろう。朝だから未だそんなに疲れていないぞよ。

お疲れ様です!
と言うのは、お互い残業中に廊下で会った時くらいだとオジサンは思うんだけど。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

人脈トーク

某義塾大学卒業生の得意技=人脈トーク
俺はね、Kさん(やはり某義塾出身の偉い人)をね、わりと知ってるんだ!
私:そうでしたか、凄いですね。(心の声:Kさんなら、私もわりと存じ上げてますけど、貴殿の話題が出たことはないですね)
俺はね、Eさん(やはり某義塾出身の偉い人)をね、結構知ってるんだ!
私:そうでしたか、凄いですね。(心の声:Eさんなら、私も結構存じ上げてますけど、貴殿の話題が出たことはないですね)
俺はね、Ⅰさん(やはり某義塾出身の偉い人)とはね、親しいんだ!
私:そうでしたか、凄いですね。(心の声:Iさんとは、私もお親しくさせていただいてますけど、貴殿の話題が出たことはないですね)
俺はね、Oさん(やはり某義塾出身の偉い人)とはね、昵懇なんだ!
私:そうでしたか、凄いですね。(心の声:Oさんなら、私も昵懇ですけど、貴殿の話題が出たことはないですね)
先輩方、あんまりカッコ良くないですよ、ハッキリ申して。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

言い方

住吉さんは、なんで、そういう言い方をするんですか?
と聞かれることがあります。
脂の融点が低い、とか、
不飽和脂肪酸の割合が多い、とかいう言い方についてです。
脂の融け方が良い、
と言った方が感覚的に分かり易いのに、どうして、そういう言い方をしないのか、という質問です。
ちなみに肉の業界では同じことを、
「あぶらとけ」が良い
と言います。
これを商売上のコミュニケーションとして考えた場合、分かり易くないことは不利に作用します。
普通の人は「ゆうてん」という音を聞いた場合、祐天寺駅しか思い出さないでしょう。だから、なんで、肉と東横線が関係あるのか?と思ってしまいます。
分からなきゃ売れないのに、分からない言い方をするのは×ですね。それなのに、なんで、そういう言い方をするんでしょう?
自分でも良く分かりませんが、たぶん、
マジシャンの「タネ明かし」の気分とでも申しましょうか。
だから、私は理屈を聞きたがらない方には、無理には説明しません。マジックの「タネ」を聞きたがらない人は多いですからね。対面で説明するのは、あえて聞かれた場合だけです。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

社長とメデイア

社長がテレビやメデイアに出るのは良くない。
と教える方がいます。理由は、
テレビで自分が言ったことを実際に実行せざるをえなくなってしまい、無理な経営=例えば借り入れを起こす展開になってしまうことすらあるからです。
私もそう思います。
が、実際問題、弊社の場合は、テレビに出ると収入につながりますから、大言壮語をしないよう、気をつけつつ出る、ということになります。
ここで問題なのは、社長が大言壮語しないとテレビ的には面白くないことです。過剰な「こだわり」のある人の方が、テレビ的には面白いですよね。
他にこだわっていることはありませんか?
その他にこだわっていることはありませんか?
その又他にこだわっていることはありませんか?
・・・といった誘導尋問に乗せられて、普段やってもいないことをテレビで言ってはダメです。
テレビで自分が言ったことを実際に実行せざるをえなくなってしまい、無理な経営になってしまうことがあるからです。
気をつけましょう。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

名刺交換のマナー

検索で名刺交換のマナーを教えるサイトをいくつか見つけ、読んでみました。このところ新年会が続いていて、名刺交換の嵐だからです。
で、気づきました。
どういうタイミングで名刺交換すべきか教えているサイトが、ほとんど無いです。
名刺交換を始めてからの作法については、あーでもない、こーでもないと教えられています。曰く「相手先の会社名やロゴの上に指がかかるようにしていけない」とか。私は、そんなことで怒るほど了見狭くないですけどね。
それより問題なのは、やはりタイミングです。今まさに刺身を口の中に投入しようとしている、その瞬間に、
ちょっと御挨拶よろしいでしょうか?!!!!!
と来るのはですよ、
はい、勿論、どうぞ!
と口では申しますが、内心怒り狂わずにはおられません。
あ、料理業界以外の方には、この状況が想像つかないかもしれませんが、本格的なフルコース料理を食す合間をぬって、名刺交換したがる方がおいでなのです。料理屋にもろもろの商品を納めている、「協力業者」「賛助会員」といった方々です。
それが仕事なのだから、ある程度は仕方ないです。安からぬ会費を会社が負担して参加しているのだから、その見返りとして多数の名刺が必要だという事情は分かります。最近は名刺管理のアプリとか出来て、名刺管理が以前よりやかましくなりましたから、名刺獲得に以前より必死にならざるを得ないのでしょう。そこは想像つきます。
でも、乾杯した途端にザッと席を立って、名刺交換したい相手に突撃するのはいかがなものでしょうか?
乾杯の酒を楽しむ時間はありません。その酒を醸した蔵の人に対して配慮のない行為だと思うのですが、突撃して来たのは、なんのことはない、別の酒蔵の方。同じ立場で気持ちが分からないもんでしょうか、ね。
名刺交換すべきタイミングを教えるサイトが、ほとんど無いのは困ったことです。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)