災害報道

箱根の噴火警戒レベルが「1」から「2」に上がったそうです。
屋久島では「50年に一度」の豪雨が降ったそうです。
で、私はそうした事を伝える「災害報道」にイラっとしています。
ここで災害に「」を付けたのは、地元に住んでいた方が亡くなったわけではないからです。
屋久島では縄文杉を目指して山に入っていた方々300人以上が孤立して、バスの中で一夜を明かしたそうで、もちろんお気の毒と存じますが、家にいた大勢の方が亡くなった昨年の西日本豪雨とは意味合いが違うと思います。この災害は「観光災害」つまり、好き好んで安全ではない土地に入って行った方々と、その世話をしていた観光業者の話しだということです。
こういう場合、メデイアはそれぞれの土地の観光業者を追いかけて、インタビューを取ろうとします。観光客を不安がらせてしまったわけですから、どちらの土地でも業者さんは、先行き不安を口にします。その哀れな様子を電波に載せて喜ぶのがメデイアという人種です。イヤですね。
そもそも登山って、観光よりスポーツに近いものではないでしょうか?初期の登山は勿論スポーツでした。
ついでに申せば、マリオ・カートで浅草を疾走している外国人がいますが、あれも危なくて仕方ないです。だって、公道を、遊園地にあるようなカートで走っているんですから。人体が「むきだし」なんです。
話しを戻しますが、いくら観光客を誘致したいからって、安全を大前提にするのは、いささか無理があると私は思います。
現地の業界では保険を研究している・・・とか報じるなら生産的ですが、ただ哀れな姿を流すだけでは、なんだかなあと存じます。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

元号

所謂「老舗」の皆さんは、自店の創業年を元号で書くことが多いかと思います。弊店も
「創業明治十三年」
と称しています。
が、さて、
令和の時代がやって来ました。
もう西暦併記にした方が良いと思います。
理由はモチロン、元号では、いつのことか分からない人が増えたからです。
昭和生まれの方にとっては、明治は2つ前の元号ですから近く感じますし、西暦換算もスラスラお出来になるかもしれませんね。でも、時代はもう令和。平成に生まれた方々も社会に出て来ています。
もう西暦併記にした方が良いと思いますよ。
元号の方が本格的な感じがするとは思いますが、大正と明治と慶應の順番が分からない人が増えています。
西暦併記にした方が良いと思いますよ。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

御朱印

最近、浅草神社(「三社さま」)で残念なことがありました。
神社が5月1日に令和改元記念の御朱印を配布したところ、
マナーの悪い客や転バイヤーが大勢押し寄せ、混乱した事態になったそうです。客の中には巫女さんに暴言を吐いたり、暴行に近い行為をはたらく者がいたとか。
これを受けて神社は三社祭期間限定で配布する、特別御朱印の配布を中止することに決めたそうです。「期間限定」「令和初」が重なった結果、「レアもの御朱印」として扱われるのを避けたということです。
改元記念の時、神社側は皇室の代替わりを参拝者と共に祝いたい、という気持ちでした。神社側がレアもので人を「釣ろうとしている」とか言う輩もいるようでで、中にはそういう神社もあるかもしれませんが、今回そういうことではなかったと思います。
が、そんな気持ちは転バイヤーには関係なく、上記の事態となりました。
転バイヤーは、原価格安で儲けることが出来るわけで、コストと言えば順番待ちする時間くらいなものですから、大人しく並べば良いわけですが、儲けしか考えていない転バイヤーには、一分でも待たされるのがイヤなのでしょうか、暴言・混乱という事態になったそうで、残念なことでした。
この混乱の中で配布された御朱印は後日「メ♡カリ」に出品されたとか。いやな時代になったものです。

追伸
本日は浅草神社例大祭(=「三社祭」)の最終日です。
例年、祭礼期間3日間(5/17〜5/19)の内、1日は必ず雨が降りますが、今年はどうでしょう。
主な行事は、
19日午前6時 本社神輿「宮出し」(浅草神社境内)→午後8時頃まで各町渡御

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

超二流

二位じゃダメなんですか?!二位じゃ?
というレンホウ議員の発言は、今や民主党政権の残念さを象徴する発言のように言われています。
が、皆さん、本当に二位や二流はダメなんでしょうか?
一位、一流、最高を目指したばかりに、無理のある仕事になってしまっていることって、世間に多くないですか?
と内心思っておりましたら、もう一人が一流を目指さない方がおいででした。高松に。
高松市の料亭「二蝶」さんをお訪ねした件は昨日の弊ブログに書きましたが、御主人のお話しを伺う内、御主人のモットーが
「超二流」
であることを知りました。
御主人は勉強家で、一流のお店のことをちゃんと知っておられるのですが、地方の料理屋という前提の中では、一流や超一流を狙った時に生まれる違和感を嫌い、そうした違和感を避けて仕事をなさっていると言います。良いお考えと感心しました。
この話しを東京に置き換えます。
東京はたしかに日本の首都で、経済力もここに集中しています。
では、その東京では必ず「日本で最高」の食材を食べるべきでしょうか?
その「日本で最高」の食材の産地が遠い遠隔地であって、東京とは全く風土の違う土地の産物であったとしても、それを遠路取り寄せ、高い値をつけて売るべきでしょうか?
これは真剣に考えないといけないテーマだと思います。
地方の生産者の人は、どうしても東京を目指しがちです。
香川の牛の生産者さんもそうでした。優秀な牛を、地元に出さず東京ばかりに出荷するので、「二蝶」の御主人は県庁の農政部に苦情を言いに行ったことがあるそうです。
が、地元で親しまれることより先に、まず東京で高い値がつくようにしたいと考える県は聞く耳を持たなかったと聞きます。いったん安値で安定してしまうと値段を上げて行くのが難しいと考えたようです。
ブランド志向の罪
一流志向の罪
だと思います。
評判が良くて皆が買いにくれば自然に値段は上がると私は思うんですけど、公務員としては知事さんの任期中に高値がつかないと困るらしいのです。とほほ。
私の店は、東京は東京ですが、下町です。
「超二流」
参考にしたいと思います。

追伸
本日は浅草神社例大祭(=「三社祭」)の中日です。
例年、祭礼期間3日間(5/17〜5/19)の内、1日は必ず雨が降りますが、今年はどうでしょう。
主な行事は、
18日正午 町内神輿連合渡御(浅草寺境内)
19日午前6時 本社神輿「宮出し」(浅草神社境内)→午後8時頃まで各町渡御

Filed under: ぼやき部屋,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

時間帯

弊ブログの読者さん、アクセスの傾向を調べますると、
読んでいる時間は午前2時~3時が、とても多いですねえ。
逆に少ないのは午前9時~10時。
前者は後者の3.85倍。
これは連休中のデータなのに。
どういうライフスタイルの方々なのか・・・
不思議だね。

追伸  
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

「まほほん」の「卒業」

平成の両陛下のお人柄は素晴らしかったと思いますし、戦争がなかったのは本当に良かったと思います。
が、この時代が良い時代であったかと申しますと、そこは議論があると思っています。
肉の業界に関しては、私は好ましくない点が多々あったと思っておりまして、それへの対案として、私はまず平成29年に「適サシ肉宣言」を、またそれを補完するものとして、平成31年3月31日には「肉のフォーティエイト宣言」をし、「適サシ」をさらに進化させました。
世相一般に関して申し上げますと、私は平成のランキング万能思想が大嫌いでした。そのシンボルとして「総選挙」が大嫌いでした。
そして平成の終わりにタイミングを合わせて、「総選挙」の問題点が露見したことは、むしろ結構なことと思っています。
「問題点が露見」とは、言うまでもなく、NGTの「まほほん」の件です。
大勢の女の子をアイドル・グループにして、メンバー間で人気を競わせる、しかも競争のプロセスを露出させて気運を盛り上げるという手法が、ついに傷害事件まで引き起こしてしまいました。(検察は立件しなかったそうですが)
芸能界は元々競争社会ですが、他メンバーを傷つけて良いとまで思う心理は、さすがに異常です。そういう心理を産み出したランキング万能思想が、私はなくなって欲しいと思っていました。だから、平成の終わりにタイミングを合わせて、問題点が露見したことは、むしろ結構なことと思っています。
「まほほん」は、平成な世界を離脱して良かったのではないかと私は思います。令和で、新たな趣向で活躍して欲しいと思います。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

色彩感覚

私が住んでいるマンションの、通りを挟んで真向かいに、中国資本と思しきドラッグストアができました。
働いている人も、たぶん彼の国の人。終日働きながら、呼び込みなのか、何事かを絶叫していますが、良く聞き取れません。
それは、まあ、いいです。
が、私が快く思えないのは色彩です。色彩感覚が、こんなに影響あるなんて、この年で初めて感じました。
中国資本ですから、当然中国人に入ってもらいたいわけで、店舗の彩色は中国風です。街の景観の中で異彩を放っています。
実は台東区には、建物の色彩を規制する条例があります。だから浅草らしからぬ色を止めさせられると思いきや、それは一定以上大きい物件の場合に限られます。
ウチの通りの商店街のアーケードは規制対象になって、審査にかけられましたが、くだんのドラッグストアは、さして大きくないビルのワンフロアを借りているだけですから、対象外となります。とほほ。
・・・と思っている頃、皇居で一般参賀がありました。
めだっていたのは、勿論雅子さま。
のドレス。
あのドレスの色は「ひわ色」と言うのだそうな。
「ひわ」という鳥の羽の色とかで、鎌倉時代には既に武士の正装の色として使われていたそうですが、理屈抜きに敬意を覚えさせます。色彩感覚が、こんなに影響あるなんて、この年で初めて感じました。
ついでに申せば、浅草を闊歩している外国人の、キモノ・コスプレの色は、本当に「ガイジン感覚」で、ゲンナリさせられます。コスプレ・ショップの経営は外国資本が多いと聞きますから、当然と言えば当然ですが。
本物の着物を着た人が通ると、お!と思いますが、そっちの方が稀ですね。
色彩感覚だけはグローバル化して欲しくないものです。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

デフレ・マインド

さて改元の10連休も終わりました。
これから令和の平日がスタートするわけですが、皆さんにとって平成はどういう時代でしたか?平成を回顧しないと令和は始められませんが、今日は平成の経済の件です。私も一応経済学部の卒業ですんでね。さて、私は平成とは、
デフレ・マインドが解消しなかった時代
だと捉えています。
日銀の黒田総裁は「企業にとっては、売上の増加が期待できないことから、人件費や原材料費の引き下げといったコスト・カットを行い、あるいは設備投資をできるだけ圧縮して、利益を確保し、財務状況を安定化することが最大の経営課題となりました」と分析し、その状況を変えるために、大規模金融緩和を実施してきました。
以来5年超。
デフレ・マインドが解消したのは、建設・不動産など、金利低下の恩恵を直接享ける一部の業界に限定されているように見えます。
企業のデフレ・マインドは当然消費者に伝染します。
ちょっと高くても、本物を買いたい
という消費行動をする人が減ったのが、平成という時代だったと思います。
で、そういう時代に企業側がどう対応するかですが、上に引用した黒田総裁の話しのように、人件費や原材料費の引き下げを行う企業があった一方、私の観るところでは、「一発逆転主義」に走った企業もあったように思います。平成時代に、
ブランドを立ち上げる
ということに狂奔した人達がいました。農産物の世界でもブランド志向が拡がりました。
デフレと同時進行で、ネットが普及し、やがてSNSも普及しましたので、無名だったものが、ある日突然有名になるということが起こり、多くの人達が儚い夢=ブランド化を見るようになってしまったのです。
牛の世界が、その典型でしょう。
過剰な霜降り志向も、ブランドにしたいが為でした。残念なことでした。
私は平成29年の「適サシ肉宣言」で、この傾向から離脱することを公表しましたが、業界全体としては、デフレ・マインドが解消しない以上、そう簡単に方向性を変えられないかもしれません。
さて、そんな中での改元です。
祝賀ムードの中、
ちょっと高くても、本物を買いたい
という消費行動をする人が増えることを祈ります。

追伸  令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

天皇誕生日

さて連休も後半戦です。
新天皇陛下の一般参賀も行われ、芽出たいことでしたが、ところで皆さん、
今年は天皇誕生日がないって、お気づきでしたか?
上皇陛下の誕生日は今年から平日になってしまい、新しい陛下の誕生日は2月23日ですから、今年はもう終わっています。
今年の12月を予想しますと、27日金曜日が仕事おさめで、24・25日がクリスマスなので、23日は、年末の用事を片付けるため、おそらく仕事モードの日になるのでしょう。
令和2年の2月23日は日曜なので振替休日が付いて3連休ですね。来年の2月は29日までありますが、土日祝日が11日もあることになり、残った18日の平日に用事やら飲み会やらが集中するでしょう。スケジュールがキツくなること必至です。思いやられますね。
皆様、ご自愛くださいませ。かなり気が早いですが。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

内容で勝負

なんか、ハロウィンに似ていると思いませんか?
「令和あやかり商法」が。
SNSで空騒ぎしているところ、
渋谷で騒ぐところ
が似てるような気がします。
しばらく前までは元号について、
役所で西暦に読み換えるのが面倒だ。
世界で通用しない。
システムが混乱する元凶だ。
と批判している人が多かったように思います。実際横浜銀行、北陸銀行など一部の地銀で、今年を1989年と表示してしまうトラブルがあったとか。
ところが、です。蓋を開けてみれば、令和フィーバー!
うっかり「あやかりグッズ」を買ってしまうのは、SNSに上げたい!という欲求に勝てないからでしょうか。
ウチは、令和は内容で勝負しますよ。
平成の肉の業界の弊風に、対案として3月31日に「肉のフォーティエイト宣言」を出しました。令和の時代に浸透させるべく、しっかり説明も致します。請う御期待です。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)