接待を伴う飲食店

「接待を伴う飲食店」って何だ?
と思っている方は多いと思います。
コイケさんが言う「ステップ3」でも、この「接待を伴う飲食店」は休業させられるとか。その「接待を伴う飲食店」って、何でしょうか?
分かりづらい理由は、「接待」という言葉の意味が、普通の世間での意味と、「風適法」上の意味とで違うからです。
普通の世間で「接待」と言った場合、
・ビジネスマンが取引先のビジネスマンと会食して、その食事代金を負担すること。
・ビジネスマンが取引先のビジネスマンとゴルフして、そのプレイ代金を負担すること。
をイメージすると思います。が、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」略して「風適法」で言う「接待」は違います。「風適法」では、
「歓楽的雰囲気を醸し出すことにより人々をもてなすこと」を「接待行為」と呼んでいまして、具体的には、
1)談笑・お酌
2)踊り・ダンス
3)歌唱・カラオケ
4)遊戯
はい、「談笑」も「接待」です。
店のスタッフが注文されたフードやドリンクを受け渡す際に、世間話をする程度だったら「接待」には当たりませんが、特定のお客様の横に長時間居座り、談笑やお酌することは「接待行為」になり、「風適法」の営業許可を獲っていない店のスタッフが、この「接待行為」をした場合は警察により摘発されます。
ご存知でしたか?
この「風適法」の営業許可を、銀座のクラブや歌舞伎町のキャバクラは獲っているので「接待」をしても良く、つまりは「風適法」の営業許可を獲っている店が「接待を伴う飲食店」だと思ってもらえば、ほぼ間違いはないと思います。
そういう店でコロナのクラスターが発生したケースがあり、しかもそういう店の客は、保健所の調査に対して、店に行ったことを隠すので、衛生当局は敵視しているというわけです。
ビジネスマンが取引先のビジネスマンと会食するような店が悪いわけではないです。お間違いなきよう、お願い致します。
ついでに申しますと、この件で一つ困ったことがありまして、それは芸者衆が出演する料亭も「風適法」の規制下にあるという点です。
芸者衆が踊り終わった後、客席にやって来て、談笑・お酌をする場合がありますが、店のスタッフだけでなくて、店が外部委託した人の場合も「風適法」の「接待」に当たるので規制されるのです。
料亭が「風適法」の規制から外れるようにして欲しいという要望を、だいぶ以前から料理業界が出しているのですが、その要望が通らない内にコロナ禍を迎えてしまいました。
和の文化を遺すため、至急制度改正をしていただきたいと思います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.738本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

特別展「和食」

最近残念だったことは特別展「和食」が中止になったことです。
上野公園の国立科学博物館で3月~6月に開催予定でしたが、科学博物館は2月末から休館になり、緊急事態が延長された後の5月13日に完全に「中止」と決定したようです。
既に立派なサイトが出来ていました。
和食の食材、歴史、未来、「和食と科学」といった切り口で多角的に展示するとかで、国立科学博物館としては初めての大規模特別展になるはずでした。
私の関心はもちろん、すき焼きが採り上げられているか?
それを確認できませんでしたが、この展覧会を監修した和食文化学会の佐藤洋一郎会長さんが最近新聞に寄稿した文には、
「トントンとネギを刻む音、みそ汁や焼き魚の匂い。和食といえば、どんな光景を思い出しますか。あなたにとって和食って何ですか? すしや天ぷらから、すき焼き、あんパン、カレーライスまで多彩に多様に広がる特別展「和食」の世界へどうぞ。」
と書かれていたので、すき焼きもどうやら入っていたようです。
日本は水の国。だから、
日本は煮る国。だから、
日本は鍋の国。
鍋は大きく採り上げられるべき項目と思います。
あ、これは私の持論です。
この展示だけでなく、多くの展覧会が中止されていますが、展示プランが出来ていたなら、それをヴァーチャルに観られたらなあと思います。
オンライン飲み会は、私は正直、面白く思えないのですが、ヴァーチャル展示は行けるような気がします。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.737本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

緩み交差

18日の新聞朝刊で浅草は「緩み交差」の地として紹介されていました。
雷門広場の写真には「浅草では、多くの観光客らが行き交っていた(17日午後2時27分、台東区で)」と説明がつけられていました。本文にも
「都内で17日、外出自粛の緩みが見え始め、浅草では、多くの観光客らが行き交っていた」と書かれていました。
「営業中のアイスクリーム店の前には、距離を空けずに列を作る客の姿も見られた」とも。
この記事を私は「印象操作だ」とまでは申しません。
が、写真に写っている人が本当に「観光客」なのかは知りたいですね。
浅草や台東区は職住接近の街ですから住民がいます。住民は、例えばマスクを新仲見世で買います。そのために外出したら、それは「緩み」でしょうか。
観光客の割合を取材して、この記事に入れていただけたら完璧でしたね。
また、浅草が他の地区と比べて、特にソーシャル・デイスタンスの意識が低い地区のなのか、是非取材していただいて、その結果を知りたいと思います。「営業中のアイスクリーム店」だけでなくて、浅草は皆そうなのか?
ちなみに、その新聞の記者さんの念頭にはなかったようですが、この17日は三社祭が開催予定だった日で、その人出見込みはおよそ100万人でしたから、この日は100万人の人出を削減することに成功した日だと言えます。
マイナス100万人ですよ。7月の花火や9月のサンバも加えれば、マイナス200万人くらいになります。これだけ人出を削減した街は他にありますか、ね?
その点を大いに褒める記事も書いていただきたいものだと思いますな。

追伸
三社祭は、既にお知らせしました通り延期が決まっております。開催予定は10月16日~18日。その頃には終息していることを期待します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.734本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

生活様式

弊ブログへのアクセスが15日以降急減しております。
それまではステイホームして必然的にパソコンを開いていた皆さんが家を出るようになったのだろうと思いますが、
解除されたのは39県だけですからね!それ以外の皆さんは引き続き、弊ブログを読んでいただかないと困りますねえ(笑)
さて5月31日を前に「新しい生活様式」に対応しないといけませんので、調べましたら、とてもとてもテンション下がりました。食事中は、
・なるべく無口で。会話は自粛。
・BGMを良く聞く
が正しいそうで、今後はBGMをよほど面白くしないといけませんな。
料理屋で会話しないとなると、どこで会話したら良いのでしょう。
食事はとっとと済ませて公園へ?路上へ?それぞれ家に帰って、それからZOOMでつながる?
ワクチンができるまでの我慢なのでしょうけど。
馴染むのは、かなり時間がかかりそうな。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.733本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

東京アラート

1935年生まれのウチの父がコイケ知事の会見を視て、
変な横文字が多い!
と批判していました。
出口戦略ではなくて「ロードマップ」
緊急事態再指定ではなくて「東京アラート」
特に「東京アラート」は、若い方でも違和感ある方が多いでしょう。
が、コイケさんは変な横文字で成功してきた方です。
日本新党から自民党に移って目立てずにいたコイケさんが目立つことに成功したのは、「クールビズ」でしたね。2005年にコイズミ政権の環境大臣だった時です。
環境省は2012年に「クールビズ」を押し進めて「スーパークールビズ」というのを造りましたが、広まりませんでした。ポロシャツやアロハシャツで勤務して良いという運動ですね。
当時は原発事故の後で、電力を使わずに生きよう!と相当数の国民が思っていたはずですが、広まらなかったのはコイケさんが大臣じゃなかったからでしょう。「スーパー」を加えるだけではなくて、コイケさんに変な感じにしてもらえば良かったと思います。
2016年の都知事選では都政が「ブラックボックス」だと言って登場し、当選しました。
これは2005年のコイズミ郵政解散の再現を企図したものでしたね。コイズミさんは反対勢力を「抵抗勢力」と言いましたが、コイケさんは「ブラックボックス」でした。
ここから分かることは
変な横文字は結構、通じる。
ということです。
「東京アラート」、出ないことを祈ります。

追伸
今日はコロナがなければ、三社祭が行われていたはずの日ですが、既にお知らせしました通り延期が決まっております。開催予定は10月16日~18日。その頃には終息していることを期待します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.732本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

顔認証

浅草の街を歩いていて、
こんにちは!
と挨拶され、一瞬誰だか分からず、
こ、こ、こんにちは。
と遅れて返してしまうことが最近あります。マスクで誰だか良く分からなかった場合です。
どこで買うのか存じませんが、随分大きいマスクをしている人がいますよね。
アベノマスクは世間では酷評されているようですが、あの小ささなら誰だか分かり易いです。でも、つけている人は、ほとんど見かけませんね。
マスク一枚で、こんなに顔認証できないとは思いませんでした。
外国の方がマスクを嫌って、ごく最近までつけようとしなかった理由も、これで分かりました。
マスクをする→自分が誰か隠そうとしている→犯罪者に違いない
という思考だったようで、この発想を持っていないのはアジア人だけだったようです。
この状況に慣れることが、新しい何とやらなんでしょうか。トホホな話しですね。

追伸、
緊急事態が続いているので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来240人近い関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.731本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

家族揃って

5月9日(土曜)の肉売り場は、思いのほか忙しく営業させていただきました。
10日が「母の日」なので、コロナがなければ家族で外食したであろう方々が、「家ですき焼き」に切り替えたのだろうと思います。
家族揃って買いに見える方もあり、自粛警察に見つからないか心配になりました。食料品を供給しているだけですから、取り締まられる理由は勿論ないですけどね。賑わいを心底喜べないとは、本当に残念な話しです。
その様子を片目で見ながらフェイスシールドを注文してみました。宇宙戦隊のような、あれですね。防災用品として売られているもののようでした。
接客時につけていても違和感ないものか、届いたら試してみます。
「ちんや」の肉売り場は、道路に面した壁を全開放できる構造なので、クラブや屋形船のような心配はないのですが、ワクチンがなかなか出来ないので、変な格好でも仕方ないです。
トホホな世の中になったものです。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来150人ほどの関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.725本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

母の月

明日は「母の日」ですが、今年はコロナに対応して「母の日」を「母の月」に変えるそうです。
私は良い考えだと思いますので成功することを祈念しますが、どうでしょうか?
これを考えたのは日本花き振興協議会さん。
毎年「母の日」当日や直前にはカーネーションを求める人が売り場に集結してしまうので、感染が怖い。配送に切り替えると今度は物流に負荷がかかる、ということで「月」に切り替えるそうです。
思えば日本には、〇〇の日に××を買おう(食べよう)という商法が多いです。
古くは「土用の丑の日」。あとクリスマス・ケーキ、バレンタイン・猪口、いや間違えた、チョコ、新しいものはでは恵方巻。
これまではフードロスの観点で見直すべきだと言われてきましたが、今回はウイルスの観点で見直すというわけです。
クリスマスやバレンタインはまだ先なので考える時間がありますが、鰻は7月の話しですので、鰻屋さんの業界は困ったことになるかもしれません。お気の毒なことです。
「丑の日」を、「丑の日」だけでなく土用全体に広げるとかしないといけないのかもしれませんね。あるいは鰻だけでなくて牛を食べても良いことにするとか(笑)
で、「母の日」を「月」に拡大する案ですが、どうでしょうか?
正直、インパクトが薄まるかなあ。
花き振興協議会さん、頑張って下さい。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.724本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食肉販売業

カタい話しになって恐縮ですが、一応、ご説明(釈明)しておきます。
弊社は「食肉販売業」の許可を以前から取っており、売り場もすき焼き屋と別に設営してございますので、生肉やすき焼きの食材を販売したり、通販したりすることは、完全に合法でございます。おしらせまで。
昨今は料理屋のテイクアウトがトレンドですので、それに乗っかって告知などをさせていただいておりますが、食品衛生行政の仕切りで捉えますと、弊社のやっているテイクアウトは「食肉販売業」です。実際商品の受け渡しは、肉売り場で行っています。
今回のコロナ問題を受けて、焼き肉屋さんが「飲食店」の営業許可だけで急遽生肉のテイクアウトを始めた場合、カタいことを申せば合法かどうかはグレーと言えます。
そして、そんな行政上のことより問題なのは衛生問題です。
飲食店の店内で生肉を提供する場合、冷蔵庫を出てからたいてい2時間以内に食べ終わりますよね。その位の短時間なら菌もあまり増殖しないので食中毒のリスクは低いです。
一方お客様が生肉を家に持って帰る場合はどうでしょう。時間が見えませんよね。その場合は、肉はもちろん包装材料も清潔にし、蓄冷剤を付け、そして消費期限を記載したシールを貼る必要があります。食肉販売業者は、飲食店より高いリスクに対応する為毎日そういうことをしています。
5月に入り、気温も上がりました。
コロナほど怖くないとは申せ、食中毒にもお気をつけ下さいませ。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.719本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

数字と体感

政府専門家会議の分析と体感が、かなり一致していて驚きました。なんでも、
「1人の感染者がうつす平均人数「実効再生産数」が4月1日ごろに「1」を下回り、感染が減少傾向に転じたとみられる」とか。
そのキッカケは、志村けんさんの訃報だと思います。
あのショックで、入っていた予約はほとんどキャンセルになりました。逆に言うと、それまでは多少の動きはあったわけです。
で、弊店(の飲食部門)は4月4日から休業に入りました。(肉の売店だけは、食品供給の場なので営業を続けました)
これは、人の気分の変化が数字に大きく影響することを示していますね。
今月いっぱいは緊急だということのようですが、そこまで人心がもちますやら。
今の内に医療体制がなんとかなることを切に願います。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.718本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)