消費税

財政学の教科書のようなことを申して恐縮ですが、消費税とは、英語でVAT (Value Added Tax)と言うことから分かります通り、「財貨・サービスの取引により生ずる付加価値に着目して課税する仕組み」であります。

付加価値とは、ざっくり申しますと、売価と原価の差額です。と、いうことは、とあるC社が原価率を改善することに成功した場合、創った付加価値が大きいのですから、同じ売上高でも支払うべき消費税が以前より増えてしまうのです。

今期「適サシ肉」宣言で、原価率を改善した弊社が、まさにこれに当たります。

一見金が貯まったように見えても、それはオレの金ではなく、消費税として後から持っていかれるのです。

人の努力に課税するとは!

原価率を改善して、「やった!」とヌカ歓びしている全国の社長さん、消費税の納税資金にもご注意下さいまし。

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで、23日朝9時以降視聴可能です。どうぞ、ご覧くださいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.765日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

総菜小売りビュッフェ

今回の、群馬・埼玉の食中毒事件のニュースを視ていて、私が

やっぱり。そうだったのね。

と思ったのは、インタビューを受けた消費者が口々に、

あの店は前から不衛生でイヤだなあと思ってたんですよ!

と言っていたことです。

総菜小売りビュッフェに問題があることは、食品衛生を少し勉強した者なら誰でも知っています。

ホテルのビュッフェであれば、「モーニング」の品物は、その時間内で食べられて「ランチ」の時間帯まで持ち越されることはありません。つまり菌が増殖しない内に終わります。

しかし総菜ビュッフェでは、いつ売れるか分かりませんし、それを買った消費者がいつ食べるのかも分かりません。

もちろん、ホテルのビュッフェにもリスクはあって、今後はトングを「品物ごと」ではなくて「客ごと」に変更するなどの改革が急務でしょう。しかしやはり、総菜ビュッフェよりは「まし」と言えます。

それなのに、現実に総菜ビュッフェが行われているのは、提供側が、

消費者はリスクには無頓着で、安さだけを求めてくるから仕方ないんだよ・・・

人件費をカットするには方法はビュッフェしかないんだよ・・・

と考えていたからでしょう。総菜ビュッフェはデフレ日本の象徴、失われた30年の象徴と言っても良いと私は思います。

ところが、その消費者が「前から不衛生でイヤだなあと思ってた」とは。要するに相互不信の構図だったのです。

今回の店が、少し値段が高くても衛生水準の高い店を!

という方向に行かなかったのは、根底に消費者や市場に対する不信が在ったからではないか、と私には思えてなりません。

そして、さらに申しますが、こういう現実を知ってか知らずか、

日本の衛生管理は世界一!

などと唱えている人を見ると私は、本当に悲しくなります。

南無観世音菩薩。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.764日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

その日のニュース

私が「絶対に参加したくない」と思っているグルメサイトさんから定期的に電話がかかってきます。

やりません!

と再三申し上げたのだけれど、それは記録されないのか、分かっていて、それでも電話するのか、まあ後者でしょう。

最初は代理店からかかっていたので、代理店って記録しないんだなあ!と思っていましたが、最近は「本社」と名乗りますから、記録はしているんだと思われます、たぶん。なにしろIT会社ですからねえ。

最近は、答えるのがとにかく面倒臭くなって、その日のニュースをネタに「留守」ということにしています。

はい、主人は小田急線の車両火災に巻き込まれまして、今日は休んでおります。

 

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.763日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

すきやきふりかけハンバーグ

最近まったく、すき焼きより「すき焼き風」が流行っているなあ、と思います。

NHKテレビ「所さん!大変ですよ」に出していただいたのは413日でしたから、少し前の話しですが、メデイアに出た後は、念のため、その番組名と「すき焼き」を組み合わせて、ネットで検索をしています。その時も「所さん すき焼き」で検索してみましたら、一位に表示されたのは、このブログではなく、

「所さんのニッポンの出番すきやきふりかけ『ハンバーグ』アレンジレシピ!」

という料理ブログでした。

私は見逃したのですが、所さんの出ている他の番組「所さんのニッポンの出番」の「100円で買える絶品”ふりかけランキング”」のいう回で、丸美屋さんの「すき焼きふりかけ」が採り上げられたとかで、

そのふりかけを調味料として、ハンバーグを作るアレンジ・レシピが紹介されているのです。

まあ、美味しそうではありましたが、本物のすき焼きを食べた欲しいなあ、というのが正直なところ。

こうなったら、こっちはすき焼き風アイスでも創るかな。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.761日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

店の名前を教えて下さい!

「ちんや」に予約の電話を入れておいてから、最後に、

オタクの店の名前を教えて下さい!

と言う方。

なんと、電話番号は教わったが、店の名前を教わっていない、と言う。場所も値段もまったく調べておられない。

はい、私が主人ですが、私は「ちんや」に行きたいとおっしゃる方に来ていただきたいんです。

どこでもいいんだ、という方には来ていただきたくないんです。

だから、このお話しは、いったんキャンセルにしますから、もう1回お考えいただいてから、また電話して下さい。

・・・これは実話です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.754日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ギネス認定!世界一高い米

テレビで「ギネス認定!世界一高い米とはどんなものなのか」というのを、放送していました。

おかべたかしさんの単行本『くらべる値段』に出していただいたばかりなので、当然値段のことが気になって視ました。

たしかに、

栽培だけでなく、

選別、

熟成、

特殊な精米

と価値を高める努力がなされていました。

が、私には根本的な疑問が。

値段って、ギネスが認定するもんなの?

そもそも値段は市場つまりお客様が付けるものですよね。

その品物の価値を認めて、高くても買いたいという人が大勢いれば、その値段に成るというのが自然な展開です。

まずギネスに認定させて→それをPR材料にして→アジア富裕層に売り込もう!

という展開を辿った商品なら、それを「世界一高い米」と報道して良いものなのか、私は、うーん・・・と思ってしまいます。

どうやら、調べましたら、この値段で売られたのは1年間のようです。

3年間とか5年とか、この値段が維持されたのなら、「高い」と認定しても良いかもしれませんけど。

お米に詳しい方、どうなんでしょう、この件?

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.753日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ワーキング・バケーション

9/4から9/7まで、遅めの夏休みをいただきました。

「ワーキング・バケーション」でした。

これまで私と、とらんぷさんの間に共通する点は一つも無いと思っていたのですが、違いました。休みが「ワーキング・バケーション」という所が共通でした。

とらんぷさんは就任前、小浜さんに対して「仕事を楽しいと思えないのなら、合っていないということだ!!」などと、休みを取ることを批判。

17日間の日程でホワイトハウスを留守にしましたが、その間も白人至上主義者の問題や、それが元で自分のアドバイザーが辞任した問題などで、ツイートしまくりでした。まったく酔狂な御仁です。

私の方はと申しますと、店は休みでも業界の用事がありますし、個人的な用事=講演の準備をするとか、ブログを書くとか、をしていました。

でも、まあ、来客や電話の応対をしなくて済むというのは、楽なものです。

あ、そんなことを言うと、

仕事を楽しいと思えないのなら、合っていないということだ!!

と言われそうですな。

今日から営業、よろしくお願い申し上げます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.750日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ゲーム

休憩室でゲームをしている店のスタッフに、

おはよう!

と声をかけると、リアクションが

あ、あい・・・

と、ひどくおざなりなので、社長としては、とても傷つきます。

目線も貰えません。

俺を軽んずるのか!と少々の怒りも覚えます。

しかし、そこで怒ってはいけないのだろうと思います。

彼の楽しみを妨害したのは、こちらなのだから。

彼が、それをどんなに楽しんでいるかは、ゲームをやらない私には分からないです。それなのにコミュニケーションを取りに行くのは、社長と言えども「勝手」と申すものです。しかも休憩中なんだし。

だから怒ってはいけないのだろうと思います。

それでも、もちろん声はかけますけどね。

たぶん、「あい・・・」と返事が来るだろうけど。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.748日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

夏場の気管支炎

719日に罹った気管支炎が、お盆ごろになおりました。

ここ数年、夏場の気管支炎が恒例で、今年は罹るのが例年より早かったので大変心配しましたが、重症化は免れたました。

どんなに喉がムズムズしても咳をゼッタイしない!

という方針が良かったような気がします。

アドバイスいただいた皆様、ありがとうございました。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.747日連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

続シンボルカラー

小豆色を弊店のシンボルカラーにする件を、8/26の弊ブログにUPしました。

そうしましたら、すごかったです、反響が。

FBで多数の「すごいね」「超いいね」をいただきました。そしてコメントも。

CI決定までの模範解答の様な一文です。最後に白抜き文字まで配慮される辺りまでお見事です。

CIは企業理念や企業価値の定義等も含まれるので、BI(ブランドアイデンティティ)やVI(ビジュアルアイデンティティ)も内包されます。なので、まさに正論です。

・「色」はまさにそのシンボルになります。住吉さんが自信を持って選ばれた色、大切にして行ってください。「ちんやの小豆色」きっと定着シンボリックカラーになると思います!

CIと肉の品質訴求を兼ねてカラー選定されるというのは素晴らしいことですね。

・旨そう♪流石ですね。

・流石!!

皆様、ありがとうございました。

でも微妙にニュアンスが違うなあ、と思うところもあったりしまして、それは、この件が肉屋の心の叫びだということです。旨い肉はピンク色じゃないんだーーー!ということを私は叫びたいのです。

たしかに、これは間違いなくCIではあるのですけど、大手さんみたいに余裕しゃくしゃくで、カッコつけてCIしているのではないだよね、と思ったりしてしまいました。

そして中には、こんなコメントも

・三田というよりW大学のイメージカラー?

う、たしかに、そうかも。

間違われないようにしないと。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.746日連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)