寺門ジモンの肉専門チャンネル

本日放送の、CSフジテレビONEの『寺門ジモンの肉専門チャンネル』

に出演させていただきます。

寺門ジモンさんにつきましては弊ブログの9/17号書かせていただきましたが、「芸能界一肉に詳しい男」です。そのジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。

出られて光栄ですね。

収録中は、

弊店が用意した「常陸牛」のすき焼きを激賞して下さって、安心しました。

また肉通ならではの着眼点で見て下さったので、とても嬉しかったです。例えば、

・客全員に牛の個体識別番号を開示しているのは良い。

・真夏なのに肉を状態良く熟成させているのは良い。

・脂の融けが良い。

などなど。

放送は、9/27() 22:3023:00

再放送もありまして、10/01() 15:3016:0010/02() 15:0015:30

です。よろしくお願い申し上げます。

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.404連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

弁天堂

当然でしょう。私も止めさせた方が良いと思っていました。

上野・不忍池でのポケGOの件です。「遊戯全面禁止」になったそうです。

ポケGOの発売直後たまたま上野に行った私は、参加者のあまりの多さに驚きました。

聞けば、ここでは「レアポケモン」の「ミニリュウ」「ハクリュー」が高頻度で出現するのだそうな。「ミニリュウの巣」とも呼ばれていたとか。それで殺到していたようです。

しかし、ここには弁天堂が在りまして、宗教施設なんです。

参拝道路上でのプレイ、

慰霊碑や堂内周辺での座り込み、

飲酒、喫煙などの問題が発生し、そのたびに注意や呼びかけを行ってきたといいますが、これらの不敬行為に、ついに弁天堂側の堪忍袋の尾が切れた模様です。

一番の問題は「老若男女を問わずトレーナーたちが「注意を聞き入れないこと」だった」と言います。

だいたい、遊んでいるだけの人を「トレーナー」だなんて、それ自体滑稽ですな。

で、全面禁止です。

当然でしょう。私も止めさせた方が良いと思っていました。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.403連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 4:07 PM  Comments (0)

原口あきまさの歩き方

TV番組「原口あきまさの歩き方 懐かしくて新しい!門仲!巣鴨!浅草!」

に出演させていただきます。

ものまね芸人・原口あきまささんの「歩き方」シリーズが、今回は門前仲町・巣鴨・浅草へやって来ました。

「変わらぬ安心感と新しい発見に満ちた街を楽しむ」という企画です。

歩くのは、もちろん原口あきまささんと、事務所の後輩の愛菜さん。

愛菜さんさんの得意なものは、チアリーディング・ダンス・料理・バレーボール・自転車、そして肉。

「珍道中」という感じのお二人のかけあいが面白いです。

放送は、925日(日曜日)14:00~ OHK岡山放送

そう、岡山での放送ですから、私も視られませんが、今後このコンテンツを、他の地方局でも流すと思いますので、次第に視ていただけると思います。

とりあえずは、岡山の方、よろしくお願い申し上げます。

 

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄ですね。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.402連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ついに韓国へ

ついに韓国まで進出して、やはり大迷惑になっているそうです。

もう、いいかげん、止めましょうよ、

Airbnbを。

「朝鮮日報」さんが報じたところによりますと、

「韓国でAirbnbを通じて営業するためには、地方自治体に都市民泊業として登録しなければならない。しかし、ソウル市は、実際に登録して営業している民泊業者は全体の30%にも満たないとみている。今年6月末現在でソウル市に正式登録された都市民泊業者は25区を合わせて851業者にしかならない。しかし、本紙の取材結果、麻浦区、江南区、中区でAirbnbに登録されている宿泊施設はそれぞれ500件を超えている。」

その結果、

「ホテルの宿泊費よりも安価なAirbnbに外国人観光客が殺到したことで、近くの住民たちが騷音や交通渋滞、ごみ処理などの問題で悩み、苦情を訴えているということだ。」

「ソウル市麻浦区西橋洞のオフィステル(住居兼事務所)に住む会社員のチョンさん(34)は、外国人観光客のせいで毎日の通勤時間に遅れが出ている。外国人観光客を運ぶ観光バスがチョンさんの住むオフィステルの路地に数十分も停車することで、チョンさんの乗用車が身動きできなくなってしまうのだ。チョンさんは「観光客たちが路地に捨てたごみが山のようになって町中に悪臭を放つこともある」と眉間にしわを寄せた。」

各国の規制緩和派の皆さんは、部屋が空いているなら貸せば良いじゃないか?!

という位の認識なのでしょう。

しかし、一晩とは言え、部屋を貸すということは、人を住まわせることです。決して簡単ではないです。

規制緩和派の論客の皆さんは、おそらくお金持ちでしょうから、空き部屋をお持ちでしょう。自分でやってみれば良いのです。見ず知らずの人を住まわせることがどれだけ問題を引き起こすか。

私は空き部屋利用推進に反対する者ではありませんが、Airbnbを利用することは、反対です。

これまで何回も書いてきておりますが、今後もしつこく書いてまいります。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄ですね。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.401連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

モタレる肉の見本

ツイッターにUPされた、その肉の画像を見て、私は絶句してしまいました。

な、なんて、モタレそうな肉なんだ!

画像は、すき焼き用の肉。部位は肩ロース。私の知人が「これから食べます!」とUPしたのですが、その肉が一見して、とてもとてもモタレそうなのです。

その知人は肉の専門家ではないですが、食品関係の仕事をなさっています。

私と会食したこともありましたから、その時に脂の融点の話しを、もっともっとして差し上げれば良かったです。

画像は、それほど解像度が高くありませんでしたが、モタレそうだと判断するには充分です。

まずサシが「大ザシ」。

「小ザシ」と言って、サシが赤身肉に細かく入り込んでいるのが良いのですが、この肉は逆で脂が「だま」に成っています。

そして脂の表面に光の反射がありません。

脂の融点が低ければ、室温で脂は溶けて光を反射するはずですが、それが確認できません。まるで蝋のようです。

肩ロースの断面の面積も広くて、おそらくは去勢牛でしょう。

牛を短期間に増体させようと考えている生産者が、こういう牛を出してくることが多いです。残念です。

私はすぐさま、その画像を印出して、社内の各部署に配りました。

モタレる肉の見本です。こういう肉は、売るのも、買うのも止めましょう!

とコメントを付けて。

それにしても、早くまた、この知人に会って、脂の「融け」のことを話してあげねばなりません。トホホです。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄ですね。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.400連続更新を達成しました。

 

我が社の思い

弊社の採用サイトが、お蔭さまで好評なようです。

私がどういう想いでこのサイトを創ったかは、こちらを見ていただくとして、そのサイトを先日UPしましたら、

・素晴らしい!(書店の役員さん)

・流石です!(料理店主)

・素敵なサイト。老舗の経営戦略のケーススタディになりそう…!(同級生)

・充実した採用サイトですね!住吉さんの思いが伝わってまいります。(経営の先生)

・街に生き、街に生かされること。至言なり。感服いたしました。起業家にばかり注目が集まる昨今。でもそれは「業(ごう)」を起こすことでもありますから。言葉遊びみたいですけど、生業。業(なりわい)に生き、業(なりわい)を生かす。承継者ならではのお言葉ですね。(同級生)

・私も同じことを感じて、もうじき求人サイトが完成する予定です。ちんやさんには先を越されましたが、同様の不満を感じたらこのような動きになるのは必然なのかもしれませんね。(料理店主)

・おっしゃる通りですね。大手のポータルサイトはその価値がなくなり、いくらお金をかけても採用につながりません。そのお金を自社独自のページにするのは正解です。それにしてもいい雰囲気で出来ていますね。素晴らしいです。(^^)(料理店主)

・実は先週聞いた話ですが、私の叔母が結婚を決めた場所が「ちんや」さんだったそうです。思い出の舞台に、地方に住んでいる叔母をまた連れて行ってあげたいです。そういう思い出を持った人がたくさんいると思うので、ぜひ、これからも頑張ってください(同級生)

・素晴らしい取組ですね!社長さんが会社をどうしていきたいか、切なる思いが伝わってくるようです。キャリアを模索している若い人達に、手間と時間をかけて、我が社の思いをなんとか伝えようと頑張られている住吉君の姿勢に頭が下がります。働く人と会社とお客様、それぞれが幸せで末永く関係を築いていけるよう、お祈りしています。HPみてたら久々にお肉、たべたくなりました!!(コーチングの先生)

・受けさせていただこうかしら?(同級生)

・私も以前、新卒PRを商売にする会社に勤めていたがあります。住吉さんの不満というかフラストレーションよく分かります。Rのような大手に大金払わなくてもできるんです。それと、企業が明快な本音という意志を伝えることがなにより大切です。だって、どんな美辞麗句を言っても、今はすぐにはがれちゃうから。若ければ「ちんや」さんに応募するところです。(本の編集長)

サイトを制作してくれたIMCさん、お蔭さまで好評なようです、経営サイドに、ですけどね。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄ですね。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.399連続更新を達成しました。

 

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

お墓のある街

社長、お客様が社長の同級生だっておっしゃってます!

と言われて、予約帳を見てみますると、

ご法事のお客様かあ。

存じ上げないお名前だねえ・・・

と思いながら、様子を見に部屋へ行きますと、分からないわけです、

予約名は喪主さんの名で、今回はそのお連れ合いが亡くなったご法事で、同級生は喪主さんと仏様の間の子という関係でした。

最近、こういう話しが多いのです。

つまり、現在50歳である私達世代の親の世代(=1935年~45年頃生まれた方)が亡くなり始め、法事の段取りを私達世代がやるようになって、その結果、世田谷区民や大田区民だと思っていた知人のお墓が浅草近辺に在るということが分かってきたのです。次々に、と言っても良いペースです。

郊外に移り住んだのは、おそらく、今回亡くなられた方の親の世代だと思います。

小田急線の開業は1927年。

京王・井の頭線の開業は1933年。

この時に沿線に家を買った方が1935年~45年頃に子を産み、その子つまり移住した方の孫が私達世代なのですが、家は移しても墓は移さなかったようです。

と、いう次第で、墓を御縁に同級生達が浅草辺りに来てくれるようになりました。今後もお彼岸やお盆に来てくれることでしょう。

これが、浅草の在り難いところです。

南無観世音菩薩。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄ですね。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.398連続更新を達成しました。

 

千住ネギ復活!

これは素晴らしい取り組みです。

取引先の葱商さんが足立区役所の広報誌を持って来てくれたのですが、その2ページをまるまる使って、

「江戸東京野菜「千住ネギ」復活へ!!」

「区内小学生が「千住ネギ」を復活させます!」

という記事が出ていました。素晴らしいことです。

「千住ネギ」は盛んに食べられていて、「ちんや」でも日々使われているのに、なんで「復活」なの? と思った方もおいでかもしれません。

実は現在、千住の葱市場で取り引きされたネギを「千住ネギ」と言っておりまして、生産されている場所は、埼玉県の越谷や吉川、千葉県の矢切などが多いです。足立区では生産されていないのです。

それを、足立区内の小学校の校庭で育てたから「復活」なのです。

記事によりますと、平成27年8月に栗原北小学校・平野小学校・千寿双葉小学校で児童が種まき。 平成28年3月から4月にかけて、3校すべてで無事に収穫することができたそうです。

ネギを長く成長させるには、畝を作り、そして日常の「土寄せ」という作業が欠かせません。畝の底に植えたネギの苗は、土の下に向かって成長するのではなく、苗の上にそびえる畝の山を切り崩す(土寄せする)ことで、ネギが上へ向かって成長していくのです。

各学校では、毎日2人一組で様子を見る当番を決めて、水やりや肥料やりをして成長を見守ったそうです。雑草が生えてくると、作物の成長を鈍らせてしまうため、除草もしないといけません。

この指導に当たったのは、「すきや連」メンバーでもある「江戸東京・伝統野菜研究会」代表・大竹道茂さん。

それでも、ネギを好む虫に食われてプランターごと全滅してしまう事態も発生したそうです。お子さんは悲しんだでしょうね。 しかし、結局無事収穫することができたそうで芽出たいことでした。

そして、さらに素晴らしいことに、ネギの種は上級生から下級生に伝承されます。学校の誇りに成ることは間違いないですね。

足立区役所、G.J.

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄ですね。

放送は、9/27(火) 22:30~23:00
再放送もありまして、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.397連続更新を達成しました。

Filed under: すきや連,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

浅草文芸ハンドブック

これは読みごたえあります。皆さんにお勧めしたい本です。

『浅草文芸ハンドブック』

日刊ゲンダイさんが「浅草通になれる本特集」の中で拙著『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』を採り上げて下さった件は、弊ブログの9/3に書きましたが、拙著以外に入っていたのが『浅草文芸ハンドブック』でした。私はそこで見つけて購入しました。

この御本は、金井景子氏ら文学や近代史の研究者6人による共著ですが、「はじめに」を読んだだけで、私の最近の視点に近いので、「そう!そう!」と声を出してしまいました。

観光立国の、最近の浅草について、

「浅草を歩いていると、町の片隅から、時折、この空疎な観光地的賑わいを冷ややかに眺めている視線を感じることがある。」

「隠れている浅草、見えにくい浅草、抑圧されている浅草。かつて、そしていまなお芸術家や文学者を引き付けてやまない、浅草に渦巻く大衆の力とエネルギー。その痕跡と欠片を拾い集めるべく、私たちは過去から現在へ、「歩く」ことを開始した。」

いいですねえ。

皆様も是非ご購読を。

勉誠出版

ISBN978-4-585-20049-9

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.396連続更新を達成しました。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

大失態

皆さん、これは、ものごとが失敗に終わる場合の典型的な事例だと思います。

ですので、是非注目していただきたいと思います。だいたい、人様の成功なんてものはマネの出来ない事例が多く学んでも実行しがたいものです。しかし一方人様の失敗は学び易いものです、是非注目してみましょう。

さてさて「失敗に終わった典型的な事例」とは、

千葉県印西市の市制20周年記念の花火大会です。

開始予定時刻の50分後に、大勢の観客を待たせたあげく、中止になりました。待たされた客は当然怒りました。

なぜ、このようなことになったのでしょう?貴女が市役所の部長になったつもりで読んで下さい。

市は、中止理由を「業者の作業遅延のせい」と発表しましたが、どうやらその主張は一方的なもので、業者側が大反論しています。

実は、花火が出来ないかも・・・ということは、前日の朝に分かっていたようです。打ち上げ場所の利根川河川敷の状態が悪かったからです。

通過したばかりの台風の影響でぬかるみがひどく、搬入車両が入れなくて、業者さんは大量の花火を徒歩で運ぶことを余儀なくされたと言います。今回は8.800発の予定だったとか。

「大量の花火を徒歩で運ぶ」って、とんでもない事態ですよね。

業者さんは「主催者が設置場所を整えるのが通常の花火大会。他の大会で設置で困ることはない。市は大会を成功させるための配慮に欠けていた」と言っています。

しかし、この時、市の部長である貴女は事態を把握していませんでしたね。市の担当者が設置場所にいなかったからです。川の対岸の観客席にはいたそうですが、設置場所には行かず、それで、この緊急事態に気づかずにというか、知ろうともせずに時間が過ぎて行ったのです。

もちろん、業者側にも落ち度が無くはありません。そもそも設置場所の整地は市側でお願いしますよ!としっかり念を押していなかったのが問題点です。印西市は毎年花火をやっているわけではなく、市制20周年で久しぶりにやることは業者側も分かっていた筈ですから、整地の件は念押ししておくべきでした。

この業者さんは、全国の花火競技会で素晴らしい花火を上げている、とても有名な業者さんだとかですが、相手はド素人なのですから、もう一段の念押しが必要だったように私は思います。

結局、人海戦術の設置作業が続き、実際に業者さんが「定刻に打ち上げるのは不可能」と市に報告したのは、定刻の1時間15分前。あーあ。

そして、この1時間15分前が貴女にとってのラストチャンスでした。ここで中止しておけば、最悪の事態だけは避けられのに・・・

大失態を受けて、貴女は、せっかく部長に成ったのに更迭。

どこでどうしておけば良かったのか。第二のキャリアの為に考えてみましょう。

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.395連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)