東京ローストビーフ

この「成形肉」の事件が大きく報道されなかったのは、メデイア対策が巧妙だったからでしょうか?
かなりみっともない事件なので、大きく報道されても良かったかと思います。
さて事件の当事者はマクドナルドさんです。
報道によりますれば、
「消費者庁は7月24日、日本マクドナルド(東京)が昨年販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」について、成型肉を使用したのに表示せず、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして再発防止を求める措置命令を出した。」
「消費者庁によると、同社は昨年8月から期間限定で販売。2商品の大半に、切断された牛のブロック肉を加熱してくっつけ、形を整えた成型肉が使われていた。」
「日本マクドナルドは、ブロック肉のローストビーフを切って使用しているようなテレビCMを出した一方、店頭を含め、成型肉を使っているとの表示はなかった。」
「成形肉」の技術はスゴくて本物の精肉のような食感を実現できるとか聞きますが、今回は上手く行かなかったようです。SNSで「成形肉では?」という疑問の声が拡散して、消費者庁に聞こえたと言いますから、みっともない限りな話しなんですが、そんなに大きく報道されなかったのが不思議です。
優良誤認、要するに誇大広告の事件に、メデイアも「慣れっこ」になっているのでしょうか、ね。
「成形肉」について、もう1点。
「成形肉」には「みっともない」だけでは済まない問題があります。正しく認識しないと衛生上の問題が起きるのです。
そもそも完全に清潔とは言えない肉の表面が、くっつけ・固める間に、内部に潜り込んでしまうのです。
通常肉は、表面に菌が付いていたとしても、そこを焼いて殺菌してしまうので、食べられるのです。ステーキをレアで食べられるのは、菌が肉の内部に入り込まないからです。
ところが「成形肉」の場合、表面の菌が内部に潜り込んでしまいます。
よって、「成形肉」は本物の精肉のように焼くことは出来ず、ハンバーグのように、中心までしっかり加熱しないとアタってしまいます。
実際2009年には「ペッパーランチ」の「成形肉」のステーキ肉を食べた客が病原性大腸菌O157による食中毒を起こしています。6都府県・7店舗で客11人が発症しました。
だから、今回の一件も「優良誤認」だけで済まなかった可能性があります。
当節肉の原価は高いです。
そんな中でもコストダウンを図ろうとする会社があって、その方法を「成形肉」に頼る風潮が、未だにあることが明らかになりました。
この次に、危険なことが起きないか、とてもとても心配されます。

追伸
本日は8月15日は水曜日ですが、お盆ですので、すき焼き「ちんや」は昼・夜営業いたします。肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」(地下一階)は昼だけ営業致します。

追伸➁
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.091日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

接待事件

文科省前国際統括官のカワバタさんという人が接待で逮捕されました。
その額、140万円なり。
以前の接待事件に比べると、かなり迫力が乏しいですな。
報道によりますれば、
「東京都内の焼き鳥店や居酒屋のほか、銀座の高級クラブなど数十回にわたり接待を受けたとされる。捜査関係者は「金額や回数からみて個人的な付き合いの範囲を超えている」と起訴に自信を見せる。」
カワバタさんが接待を受けたのはJAXA理事に出向中の平成27年8月~29年3月まで。
と、いうことは、「数十回」を仮に50回としますと、
頻度は、20か月に50回ですから、月平均2.5回で、多いと言えば多いですが、その位の頻度で銀座に行く人はたまにいるかと。
権限の範囲プラス「金額や回数」で悪質かを判断して、それで立件の可否を決めるらしいんですが、ファジーですなあ。
銀座の皆さん、ご安全に。

追伸
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

追伸➁
夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。本日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」(地下一階)は昼だけ営業致します。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.090日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

同年配

既にしつこくお知らせしております通り、8月4日より
ちんやビルの地下にある直営レストラン「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回よりすべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。当然ちょっとずつ食べくらべをしていただこうという趣旨です。
そこで私も1票参加せねば、
ということで、連日私は「ちんや亭」の、二つのメニューを両方ちょい食べして、それを「ちょい食べ日記」と称して、FBにUPしております。
そんなある日、ハンバーグの「ちょい」とミニヒレベーコン巻き「ちょい」を食べておりますと、私と同年配の男性がお独りで入ってきました。
その方は、食事だけでなく、ちんやメンバーズカードの更新に見えたようでした。
カードの持ち主が死にまして・・・
と、その方に言われて、担当のスタッフは少し驚いたようでしたが、
そういう場合は御遺族様が名義を無料で継承できるので世襲をお勧めするようにと社内に徹底しておりましたから、担当は最初こそ驚いたものの、すぐに更新と名義変更の手続きを始めました。
盗み聞きしておりますと、亡くなられたのはお母さまのようでした。
と、いうことは、おそらくお母さまも、2015年7月に他界した私の母と同世代でしょう。
そのご子息が名義を継承して下さるとのことで、私は嬉しくて涙が出ましたが、すぐにカラシをハンバーグに大量に付けて、カラシが辛いフリをしました。
今日から お盆。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。明日14日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
明後日15日は水曜日ですが、すき焼き「ちんや」は昼・夜営業いたします。肉の食べくらべレストラン「ちんや亭」(地下一階)は昼だけ営業致します。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.089日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

くらべる日本 東西南北

おかべ・たかしさんの『くらべる』シリーズが好調のようで、また新刊が出ました。
今回は、
『くらべる日本 東西南北』!
『くらべる値段』の時に弊店も載せていただきましたが、この『くらべる』シリーズも景況に入って来た感があります。
イカの塩辛
芋煮
こんにゃく
みたらし団子
納豆
と立て続けに比べていきます。
ソースかつ丼にまで東西(福井と会津若松)があるとは、私は不勉強で存じませんで、大変面白く読みました。食べ物以外の東西も載っています。
当然気になるのは、すき焼きの東西が載っていないことですが、ご本人曰く、
「いつかすき焼きの全国の違いも撮りたいと思っております^^」
そうそう、「すき焼きの東西」は良くテレビでやっていますが、私は東西つまりAかBかだけにすき焼きを単純化して欲しくはないと常々思っていて、おかべさんが「全国」と言われたのを嬉しく感じました。その企画、是非実現させていただきたいものです。
それからおかべさんは、この御本で県単位でモノを考えることは単純過ぎる場合があるとも指摘なさっています。
山形県が置賜VSアンチ置賜で分かれているのは有名ですし、富山県などは県内に東西言語の境い目があります。
そして東京も。下町と山ノ手では、同じ料理でも味が違います。山と下を比較するだけでも充分なネタになるような気がして、お勧めです。このシリーズはまだまだ展開して行けると、私は勝手に考えています。
あ、今回の御本も面白いので、皆様ご購読を。
写真は『くらべる値段』と同じく山出高士さん。
出版社: 東京書籍 (2018/8/1)
ISBN-10: 4487811287
ISBN-13: 978-4487811281
ご購入は、こちらから。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

追伸➁
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.088日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

拒絶

弁理士の先生から、
住吉さん、一つ、危ないことを見つけました。
と連絡がありました。
「危ない」とは、正確には「危なかった」ですが、商標に関してです。商標「適サシ肉」について、弊社が出願してから1カ月後にL社という会社が同じ商標を出願して、特許庁から拒絶された形跡があるというのです。
「適サシ肉」が商標と気づかずに、一般名詞だと思って使ってしまった・・・
というのなら話しは分かります。現にそういう会社さんがありましたし、弊社は、そういう会社さんであっても、こちらへ相談をして下さって、弊社と同じ規格で肉を仕入れて下さるというのなら、「適サシ肉」を使っていただいても構わないと思っています。
しかし、L社さんは違います。
弊社さえも使えないようにしてしまえ、ということなんですよね、これは。
あるいは弊社が困り果てて、和解金を支払うことを期待しているのか。
「適サシ肉」の張本人が私だということは、昨年の2月から夏頃までネットやテレビで繰り返し拡散されていましたから、必ず気づいていたはずです。その張本人が使えないようにしよう!というのですから、誤って使った人とは、発想がまったく違います。
皆さん、現代日本にこういう業者さんがいるんですよ。お気をつけを。
ちょっと恐ろしくなる話しでした。
南観世音菩薩。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

追伸➁
今夏8月4日より「ちんや」ビル地下1階の「ちんや亭」が、
「肉の食べくらべレストラン」として再スタートしました。
今回すべての肉メニューに「ちょい食べサイズ」(ハーフサイズのこと)をご用意することに致しました。
くわしくは、こちらです。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.087日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

勧誘

ある暑い日、雷門の横を歩いていたら、人力車の兄ちゃんに、
Excuse me!
と勧誘されました。
いやいや、御免こうむりたい。通行妨害は止めてもらえませんか、ね。
それにしても私が観光客に見えるとは、猛暑だからかねえ。
熱中症で倒れる前に休憩なさったら?

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.086日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋,浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

浅草六区芸能伝~第八幕

月刊『浅草』に東洋興業会長・松倉久幸さんの「浅草六区芸能伝」が連載されていて、おもしろいです。
松倉さんは、2016年に刊行された拙著『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』の中で私が対談させていただいた、浅草の九人の旦那衆の一人ですが、その松倉さんの連載が、このところ『浅草』の巻頭に連載されているのです。
さて今月の「第八幕」では、ついに「コント55号」が結成されます。浅草六区の全盛時代と言っても良い時期に入って行きます。
「55号」の、欽ちゃんと二郎さんには共通点がありました。なかなか芽が出なかった点です。
欽ちゃんは「東洋劇場」三代目座長の東八郎さんに弟子入り、この東さんが、親切丁寧に指導したことで腕を上げて行きますが、元々歌手だった二郎さんにも恩師がいて、それは当時「フランス座」の座長だった安部昇二(「アベショウ」)でした。
二郎さんは後に「55号」でのボケが有名になりますが、そのボケはアベショウ譲りだったと言います。
芸能の世界にほんの一握りのスターが登場する背景には、陰ながら貢献した人の存在があったのでした。松倉さんは、そういう人達を今回の「芸能伝」で紹介しています。
欽ちゃんと二郎さんには、もう一つ共通点がありました。
最初テレビで上手く行かなかったことです。
テレビには秒単位のカット割りがありますが、浅草では激しい動きやアドリブが芸のメインですから、合わなかったのでしょう。
二人とも別々にテレビに出て→失敗、そこで、たまたま、コンビになります。
「東洋劇場」と「フランス座」とで芸人を交換してみよう!という試みで、欽ちゃんと二郎さんがコンビになったと言いますから、人生何が飛躍のキッカケになるか分からないものです。
テレビ進出が失敗した後二人は浅草で腕を上げ、やげて日劇出演を契機に中央へ進出、昭和40年代前半に浅草を去って、時代の寵児になります。
そして、この時期に浅草六区興行街は全盛期から大きな転換を始めます。そして、ついでに申しますと、私がリアルに知っているのは、この辺りからです。
六区にとって、浅草にとっても辛いことの多かった、次の時期は、第九幕以降で語られるのでしょう。
購読ご希望の方は㈱東京宣商さんへ。TEL:03-5827-1962 

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.085日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

測定

「味博士」に「ちんや」の「変わり卵」の旨味を測定してもらいました。
・すき焼きの肉を、普通の溶き卵に入れたもの
・すき焼きの肉を、カレー入りの溶き卵に入れたもの
・すき焼きの肉を、ヨーグルト入りの溶き卵に入れたもの
・すき焼きの肉を、カレーとヨーグルト両方入りの溶き卵に入れたもの
以上の旨味を博士の開発した味覚センサー「レオ」で計測し→比較してもらいます。
「味博士」こと鈴木隆一博士は慶応義塾大学研究員。「レオ」で「Aissy」という会社を企業して、「慶應発のベンチャー社長」として、最近テレビなどでも見かけます。
私は、肉の熟成中の旨味の研究の件で博士と知り合い、すき焼きと日本酒の相性テストをしていただいたこともありました。
その「味博士」に、今回は「変わり卵」を測定してもらいました。
各種の「変わり卵」に、私はすき焼きの味が単調なのを改革しようと数年前から取り組んでいます。
カレーは映画の小津安二郎がやっていたものを改良しました。正確に言うと、カレー粉をオイルに溶いてから卵に入れています。
ヨーグルト入りは、日本料理の「バサラ」さんが「トマトすき焼き」を発案したのに刺激を受けて、私が発案しました。甘辛旨に酸味とアミノ酸を足すという点では同じですが、トマトと違って「牛つながり」ですからね(笑い)
小津監督も「バサラ」さんも鍋全体の味を変えてしまいますが、私は卵の味だけ変えています。
卵の件は、弊ブログに何度も登場していますので、読者の皆さんは、「またか!」とお思いでしょうが、これまで「旨いです」と言い募っても、全ては自称でしたから、やはり客観性を醸すことが必要だと考えたわけです。
で、計測結果は、8/28に私が会長をしている「料飲三田会」の例会で発表していただくことになっています。今回の例会の講師が「味博士」なのです。
そういう次第で結果発表は、8/29以降になります。お楽しみに。

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.084日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すきや連,すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

独演会

大学同期(129期)の落語家・立川談慶君が浅草「東洋館」で独演会をします。
談慶君は最近たて続けに本を出していて、作家さんのようですが、落語家です(笑い)
今回の独演会では、落語の前に、浅草芸能界の「生き字引き」松倉久幸・東洋興業会長とのトークショーもあるとかで、私はそちらがかなり楽しみですね。二人は信州上田出身なのです。
で、演目は?
・・・
演目はチラシに書いてないなあ。まあ、独りで噺しまくる、ということなんでしょう。
皆さま、よろしくです。
9月1日(土曜)18時開場。
詳細は「墨東キネマ」さんのサイトをご覧ください。
お問い合わせ・申し込みは、
bokutoukinema@gmail.com

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.083日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

表記

何度かお知らせしました通り、8月4日より株式会社ちんや直営レストラン「ちんや亭」が、
肉の「食べくらべレストラン」として再出発しました。
当然メニューを直すことになり、全てのメニューに「熟成適サシ肉」「熟成赤身肉」「熟成挽肉ロールビーフ」「熟成合挽肉ハンバーグ」などと表記することにしました。
これは実は、内容としては従来通りでして、これまでことさら表記していなかったのを表記するようにしたのでした。
そうしましたら、とある方から、
「ちんやさんはせっかく適サシという良いキーワードをおつくりになったのだから、それで勝負し、「熟成」という流行りのキーワードをメニューに載せるのはやめたほうが」
というご意見を頂戴しました。
私も、昨今の「熟成ブーム」に呆れている一人ですから、この御意見は大変良く分かります。
私としても、ブームの皆さんのように「熟成!」「熟成!」と押し出す考えは勿論なく、
「サイコロ、ハンバーグ、ロールビーフ、ミニヒレなどすき焼き・ステーキ以外のメニューも、結果として熟成になっている」という意味で書いただけでした。
サイコロ、挽肉用の素材を、すき焼き・ステーキと別に調達しているわけではなく、牛さんを「一頭買い」して、すぐには脱骨せず、そのまま寝かせてから、その端材を使っているため、自然と熟成肉を使う形になっています。
この件は玄人衆には「一頭買い」と言った方がすぐ分かるのですが、素人衆には「一頭買い」という言い方では、
「どういう味がするのか分からない」と言われてしまうので、代替的な表現として「熟成」と言っている形ですね。
要するに、ボキャ貧の結果、こうなっているわけです。
どうも、「適サシ」以降、創造力が減退したかも・・・

追伸、夏季の「ちんや」の、臨時営業のご案内です。下記の日は火曜ですが、営業いたします。どうぞご利用下さいませ。
8月14日(火曜、お盆)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて3.082日連続更新を達成しました。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)