パワハラ社会

これまた旧臘の話題で恐縮ですが、つらつら考えましたら、かなり重要なことと思いましたので、あえて年始の話題とさせていただきます=日本社会のパワハラ体質の件です。

NHKさんが「ブラック企業大賞」を初めて報道したそうです。

「ブラック企業大賞」は、これまでもネットでは有名でしたが、権威ある賞ではないため、大手のメデイアは採り上げてきませんでした。

それが、今年は違いました。

理由は勿論、大賞が電通さんだから。

「章についてのニュースに続いて、新人の教員についても、精神疾患やその果ての自殺について報道し、過労死や過労自殺の問題が今、いろいろな職場で起きていること、そして対策が社会全体で急がれる 」と報じたそうです。

ここで「対策が社会全体で急がれる」というところがポイントです。

これまで居酒屋とか世間から「残念な業界」と思われている会社が叩かれたのとはワケが違います。日本のトップ企業の体質が叩かれた→「対策が社会全体で急がれる」のです。

学校の部活のパワハラ体質も同根だ、とまでは言っていませんが、「社会全体」にはおそらくそれも含むと私は想像します。

実際、電通さんの「体育会気質」は慶應体育会の気質だと指摘する人がいます。卒業生が多く就職・活躍しているからです。かつてはそういう面もあったかもしれません。

しかし、現在の本物の体育会はかなり違います。

「1年上級生は神様と思え!」というようなことは今は言っていないようです。隅田川の春の風物詩「早慶レガッタ」でも、下級生が~場合によっては1年生でも、実力があれば花形のレースを漕いでいることがあります。

スポーツの世界にも科学が入って来て、しごきではアスリートのパフォーマンスをあげられないことが分かったからです。

さて、そのパワハラ体質が残っているのが、企業社会です。

中小企業の場合、社長が考えと行動を改めれば変われると私は思うのですが、大手さんの場合、以外と難しいように思います。現在の幹部が全員しごき・パワハラをくぐり抜けて成長してきた人ばかりで、長年に渡って同じことを後輩にしてきたからです。

しかし、NHKさんの言う通り、トップ企業がそのままでは、社会全体がそのままでしょう。社外取締役を多数起用するとか、やらないといけないと思いますが、さて今年は2017年。流れはどちらの方向に行きましょうか?

あまり期待はせずに、眺めたいと思います。

 

追伸①

年始の営業案内です。

1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

追伸②

CSフジテレビONEの

『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、1/9(月) 8:00~8:30

1/13(金) 11:30~12:00

1/18(水) 8:30~9:00

1/21(土) 9:00~9:30    です。

追伸③

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

追伸④

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.507日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

タダで便利

これまた旧臘の話題で恐縮ですが、つらつら考えましたら、かなり重要なことと思いましたので、あえて年始の話題とさせていただきます=日本は便利過ぎるのではないか、なにも荷物が翌日届かなくても、指定の時間に届かなくても、そんなに困らないのでは、しかもそれがタダというのはムシが良過ぎるのではないか、という件です。

実は、報道が出る前に私が気づいていました。

自分が通販で買った荷物がなかなか届かなかったからです。問い合わせても、佐川さんの説明はしどろもどろ。

これは、どうも破綻しているのではないか・・・そう感じました。

報道は、その後に出ましたが、

「宅配大手の佐川急便で、年末の荷物量増加に伴い、東京や埼玉、愛知、大阪など7都府県で配達に遅れが出ている。クリスマス関連イベントの荷物や歳暮などの配達を待つ利用者たちから、困惑の声が上がっている。」

「同社広報部によると、遅れは1~2日程度としているが、22日正午現在で7都府県22市区に広がり、解消のめどは立っていない。想定以上の荷物集中や人員不足が原因とみられ、過去にこうした遅れはなかったという。」

そう言えば佐川さんは、駐車違反をした社員の「身代わり出頭」を親戚・知人に依頼するという事件も起こしていました。これも元はと言えば、人手不足で社員が運転できなくなるのを避けたかったから起きた事態です。クリスマスの頃にはドライバーが配達物を地面にたたきつける動画をネットに投稿されてしまいました。

とにかく、日本人はサービスに金を払わな過ぎます。

翌日配達とか、時間指定とかは、別途相当の金額を徴収し、その金でドライバーさんを雇えば良いと思うのですが、結局同じ料金でやってますよね。

「運輸業の生産性が低い」原因は、これだと私は思います。

そして、この無料の発想が全ての産業に行き渡っているのが、この国です。

「タダで便利」にし過ぎて、結局ちゃんと届かないのでは、本末転倒と申すものです。

 

追伸①

年始の営業案内です。

1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

追伸②

CSフジテレビONEの

『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、1/9(月) 8:00~8:30

1/13(金) 11:30~12:00

1/18(水) 8:30~9:00

1/21(土) 9:00~9:30    です。

追伸③

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

追伸④

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.506日連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 2:09 PM  Comments (0)

車椅子

ある日、母娘で来店されたお客様。

「娘」と言っても、おそらく私より年上。お母さまも、おそらく、亡くなった私の母より年長と拝察いたしました。

予約の段階から、店の車椅子を使わせてもらいます、とおっしゃる。

「ちんや」へは玄関で下足をお脱ぎいただいた上で、ご入店いただく構造です。つきましては店外から車椅子にお乗りになったままではご入店になれません。

で、店内には店内用の車椅子を用意してあり、玄関で乗り換えていただきます。1台しかありませんが、そろそろ増設する必要があるかもしれません。

お食事を終えて、「ちんやメンバーズカード」に入会して下さいました。

会員さんは「記念日」を登録できますが、それは、お母様のお誕生日でした。

その日には是非また母娘でご来店いただきたいと願います。

追伸①

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

 

追伸②

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.505連続更新を達成しました。

 

Filed under: 今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

毎年見えるお客様

年末年始は毎年見えるお客様が多いです。

年始のある日予約帳を見ていると、

去年は「大人6人+子供2人+赤ちゃん」だったご予約が、

今年は「大人6人+子供3人」に成っていました。

嬉しいことでした。

 

追伸①

年始の営業案内です。

1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

追伸②

CSフジテレビONEの

『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、1/9(月) 8:00~8:30

1/13(金) 11:30~12:00

1/18(水) 8:30~9:00

1/21(土) 9:00~9:30    です。

追伸③

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

追伸④

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.504日連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

おとり広告

昨日に続き旧臘の話題で恐縮ですが、つらつら考えましたら、これまたかなり重要なことと思いましたので、あえて年始の話題とさせていただきます=日本人の、ブランド産地歯垢が、いや、ブランド産地志向が相も変わらず、問題を引き起こしているという話しです。

今回問題を起こしたのは、

関西圏の大手スーパー・イズミヤの下請けの、牛肉商但馬屋です。

報道によりますと、

「消費者庁から再発防止を求める措置命令を受けたのは、イズミヤと、イズミヤ内で食肉販売を委託されている牛肉商但馬屋です。公正取引委員会によりますとイズミヤは今年2月のチラシで月に1度の『感謝デー』として八尾店、広陵店、神戸玉津店の3店舗で、牛肉商但馬屋が神戸牛を含む全ての和牛を通常の3割引で販売すると掲載していましたが、実際には神戸牛は仕入れられておらず販売の実態はなかったということです。」

これは所謂「おとり広告」です。

「去年7月から1年間、同じ内容のチラシを使っていて同様の「おとり広告」が行われていた可能性があるということです。」

この件が報道されたのを受けて、テレビにインタビューされた買い物客は、

「それはいかんね。消費者を馬鹿にしてる!」

と怒っておられましたが、そうです、こういう業者は本当に真底消費者を馬鹿にしていると、私も思います。

消費者は、どうせ、肉の違いは分からない。

消費者の行動パターンは、ブランド産地に食いつくだけで、自分の舌で味わい分けてはいないと知っているのです。

勿論ですね、第一義的に悪いのは業者です。そこはハッキリしています。

しかし消費者が、もっと賢ければ、こうはならないと言わざるを得ません。

「ちんや」に関して申せば、誠に在り難いことに、違いの分かるお客様はおいでです。

「ちんや」は産地を特定していませんから、来店された時々で産地が違っています。しかし仕入れの方針は変わりませんから、

「ウチのお爺ちゃんは、ちんやさんの肉しか食べないのよ」

という本当に在り難いお言葉を聞かせていただくことがあります。

このような消費者ばかりであれば、産地偽装や「おとり広告」は減っていくはずだと思うのですが、さて今年は2017年。流れはどちらの方向に行きましょうか?

あまり期待はせずに、眺めたいと思います。

追伸①

年始の営業案内です。

1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

追伸②

CSフジテレビONEの

『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、1/9(月) 8:00~8:30

1/13(金) 11:30~12:00

1/18(水) 8:30~9:00

1/21(土) 9:00~9:30    です。

追伸③

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

追伸④

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.503日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

生産性

昨日に続き旧臘の話題で恐縮ですが、つらつら考えましたら、かなり重要なことと思いましたので、あえて年始の話題とさせていただきます=日本のサービス産業の生産性が低いと、ずーっと言われている件です。

「日本生産性本部は12日、産業別の日米労働生産性の水準比較を発表した。これによると2010~2012年は、米国を100%とした場合、日本の製造業は69.7%で、サービス産業は49.9%にとどまった。」

「業種別では、化学が143.2%、機械が109.6%と米国を上回る一方、運輸が44.3%、卸売・小売業が38.4%、飲食・宿泊が34%だった。」

飲食・宿泊は、なんと34%だそうで、私が企画委員をしている「ホテレスショー2017」でも、この件に関するセミナーをすることになりました。

しかし、皆さん、ここで考えていただきたいのですが、これって業者側が一方的に悪い話しでしょうか?

消費者の側が気前良く金を払っていない、と考えることは出来ませんか?

そもそもスタッフをクビにしない前提で生産性を上げるには、

・時間当たりに対応できるお客様の数を増やすか、

・お客様一人が支払って下さる金額を上げるか、

のどちらかですが、数を増やすのはなかなか難しいですよ。

特に料理屋とか劇場とか、お客様が見えてから、料理を作ったり・音楽を奏でたりする仕事では、対応できるお客様の数を増やすって簡単ではないです。お客様は、その居心地の良い空間に長く留まりたいものですから、そう簡単に「入れ替え」なんて出来ません。

では、単価を上げるしかありませんが、ここが問題になるわけです。

居心地の良い空間を作っている要素、例えば書画や食器や活け花に、皆さんはたくさんお金を支払って下さっていますか?

料理の「コスパ」に血眼になって、居心地はタダだと思っていませんか?

ネットの口コミ・サイトが出来て、ド素人さんが料理屋に点をつけるようになりましたが、あれって、単価を押し下げる要因だと私は思っています。

だって、志野も織部もお分かりでない方が点数つけるんでしょ。最近では「良い器を使っても、どうせお客様は分からない・・・」とボヤく料理店主も増えています。

と、なると、残るはスタッフをクビにする方向、つまり料理ロボットの導入とかに進む他ないですね。

さて今年は2017年ですが、今後そういう時代になるんでしょうかねえ。トホホです。

 

追伸

年始の営業案内です。

1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.502日連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

焼き鳥は串から外さないで

旧臘の話題で恐縮ですが、つらつら考えましたら、かなり重要なことと思いましたので、あえて年始の話題とさせていただきます=「焼き鳥は串から外さないで」 飲食店の訴えに賛否両論、の件です。

訴えたは「鳥一代」の社長・山崎一彦さん。山崎さんのブログは1日100~200件ほどのアクセスだったが、「外さないで」の件を載せると10万件以上に。「賛否両論あるとは思っていましたが、こんなに盛り上がるとは」

報道によりますと、

ある日、山崎さんの店の客が全員、焼き鳥を串からはずして食べていた。「時間をかけて刺しているのに、悲しいね」「なんとかしたいな」。山崎さんは店長らと話したという。

鳥一代では「きちんと鳥を刺して焼くには半年から1年の習熟が必要」としている。一口目の串先に大きめの肉を刺し、塩の量も変えている。串からネタを外すと、穴があいて冷めるのが早くなってしまう。山崎さんは「どう食べるかは、お客様の自由です」としたうえで、「串に刺さったまま食べたほうが絶対においしいですよ」と話す。

客が串から外す理由は、シェアしたいから。

一人一串ずつ食べると、おなかいっぱいになってしまい、色々な種類を食べられないので、仲間と分けるのです。

しかし、どう考えても、串に刺さったまま食べたほうが絶対においしいでしょう、たしかに。冷める速度も違います。

ですので私は、この山崎さんの訴えに大多数の人が賛同するだろうと思ったのですが、さにあらず。

「客の自由」

「店員の努力を食いにいってるんじゃない」

という意見も多数寄せられて、「大論争」の様相を呈してきました。私の予想より「客の自由」派が多い印象です。

ここから学べることは、店の側としては、反「客の自由」派=「はずさない」派の方々に支持される店に成ることが大事だということです。

この両派の間には、「青いアメリカ」と「赤いアメリカ」のように、深い溝があります(笑い)

「客の自由」派ばかりがやって来る店に成ってしまったら大変です。店で働く者にとって、そんな不幸なことはないですよね。

さて今年は2017年ですが、今後は「串はずし禁止の焼き鳥店」が登場するかもしれませんね。私は、きっとそれで良いのだろうと思っています。

さて、すき焼き屋の場合は・・・

 

追伸

年始の営業案内です。

1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.501日連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

営業時間

新年明けまして、お芽出とうございます。

本年もご愛読賜りたく、お願い申し上げます。

さて、昨年末にデパートに用事があって行った時、今年の初めに最も相応しい話題を発見しました。

デパートの営業時間の設定が、滅法、細かいのです。

1225日:10時半~20

1226日:10時半~19時半

ん? ここで夜を早めるのですね。

1227日:10時半~19時半

1228日:10時半~19時半

1229日:10時~19時半

おや、ここから朝を早めるんだ!

1230日:10時~19時半

1231日:10時~18

大晦日は6時までですか。早く帰りたいですからね。

元日:休み

1月2日:10時~19

1月3日:10時~19時半

1月4日:10時半~20

2、3、4と細かく刻みますね。

1月5日:10時半~20

1月6日:10時半~20

1月7日:10時半~20

1月8日:10時半~20

1月9日:10時半~19時半

ま、またここで変わるの!これでは覚えられません。

実際、店員さんも暗記しておらず、手帳を見ながら、

えー、その日はですねえ、じゅ、じゅうじ、半、開店ですからあ・・・

という感じでした。

こういうことになったのは、もちろん「働き方改革」です。労働時間を調整した結果でしょう。

だいたい、デパートという所はテナントさんに支えられていますが、そのテナントさんが労働条件のことで、最近音をあげてしまっています。

デパート自体は大企業ですし有名企業ですから、人の採用にそんなに苦戦しませんが、テナントさんは中小企業ですから、今時は人手の確保がヒーヒーです。

さりとて、売上も欲しいですから、期待できそうな時間帯は、細かく刻んで時間設定をした模様です。その結果が、これです。

これが、今年を象徴する話題にまりましょう。トホホですけどね。

 

ち、ちなみにですが、お蔭様にて、本日弊ブログは2.500日連続更新を達成しました。

ご愛読お疲れ様でした。いや、本当に在り難うございました。本年もご愛読よろしくお願い申し上げます。

 

なお10/8に始めた、溶き卵のネーミング募集は、続行中です。どうぞ、ご応募下さいませ。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

住吉史彦の十大ニュース2016

お待たせしました!

今年も「住吉史彦の十大ニュース」の時間がやってまいりました。

え? 誰も待っていないって?

そういう声は無視して、どんどん行きましょう。

今日はポイントだけを書きますので、詳しい内容を知りたい方は、アンダーラインのある所をクリックして下さいね。さて、

2月 国際観光日本レストラン協会に青年部が設立され、不肖・私が初代代表世話人に就任致しました。

代表世話人として、4月に国際観光日本レストラン協会「第一回 青年後継者の集い」を新橋「今朝」さんで開催。9月には第二回を鎌倉「御代川」さんで開催しました。

2月 拙著が刊行されました。タイトルは『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』。225日に㈱晶文社さんより発売されました。浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

これにともない、刊行前日にメデイア向け・書店向けの披露会を開催。6月には、私の知人を中心に「住吉史彦の対談本『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』刊行記念「すき焼きを食い、カクテルを飲み、著者・関係者と語る会」を開催しました。

3月 第23回「すきや連」を開催しました。会場は松阪市「牛銀本店」さん。今回も全国のすき焼き関係者が集結して大盛況。特産松阪牛の味と、昭和初期建築という御店の風情を堪能させていただきました。

7月 第24回「すきや連」を開催しました。会場は八王子市の「坂福」さん。今回は八王子花街の芸者衆にご出演いただき、賑やかに開催しました。

8月 「ちんや」リクルート用のサイトを開設しました。テーマは「すき焼きを売ることは思い出を売ること」。

10月 すき焼き文化を象徴する古書『安愚楽鍋』(あぐらなべ)を購入しました。

10月 「ちんや」に革命的に新しい溶き卵2種が登場しました。

10月 「ちんや」精肉売店で「一生もの」の道具を売り始めました。

10月~12月 「全社員一対一肉の話し面談」を実施しました。「ちんや」の肉は何故美味いのか?パートさんに至るまで弊社員全員と私が一人ずつ面談して、ナットク行くまで説明しました。

11月 第25回「すきや連」を熊本「加茂川」さんで開催しました。益城・熊本城などの被災地を訪問。県庁も訪問して副知事さんに義援金をお贈りしました。

 

いやあ、今年も忙しかったです。

これにて2016年の弊ブログも千秋楽となりました。また、これにて2.499日連続更新を達成しました。

まずは御礼だけを申し上げます。読者の皆様、ご愛読いただき誠にありがとうございました。

2017年もご愛顧を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

東西、東〜西〜

 

追伸

年末年始の営業案内です。

年末=12月31日まで休まず営業致します。

年始=1月1日のみ休業し、2日から9日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

 

 

食の十大ニュース

私の知人が何人も参加している、「食生活ジャーナリストの会」が、今年の「食の十大ニュース」を選びました。

1位=豊洲新市場の移転暗雲

2位=環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の事実上の消滅

3位=災害の続発で野菜などが高騰

4位=国内で製造される全加工食品の原料原産地の表示案決まる

5位=牛海綿状脳症(BSE)の検査廃止

6位=異物混入による食品回収が依然として続発

7位=トクホ(特定保健用食品)製品の初の取り消し

8位=高病原性鳥インフルエンザの発生

9位=冷凍メンチカツによるO157食中毒事件

10位=廃棄向け冷凍ビーフカツの横流し事件。

となったのだとか。

私としては、勿論5位が感慨深いですね。

BSEの2001年は、私が社長に成った年でもあり、本当に大変でした。それから15年。やっと検査が廃止されるということは、日本からBSEがなくなったことを意味します。

あれが歴史に成るのか、としみじみ思い、そして気がつけば私も51歳。

明日は、住吉史彦の十大ニュース2016を発表します。お楽しみに。

 

追伸①

今年も「ミシュランガイド東京2017」に載せていただきました。 3年連続掲載です。ありがとうございます。

 

追伸②

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.498日連続更新を達成しました。