櫻川イワンの恋

小説家の三田完先生と御縁が出来まして、先生に戦前の浅草花柳界を舞台にした短編小説が在ったことを知りました。それは

『櫻川イワンの恋』。

先生は2000年に、この作品で第80回オール讀物新人賞を受賞されています。

さて戦前の浅草花柳界で活躍したというのは、主人公の櫻川イワン。モデルはウォーレンさんという実在のロシア人で、数奇な生涯を送った人でした。

ウォーレンさんは、ロシアの軽業師の息子として生まれ、日本巡業中でしたが、そこにロシア革命が起こって、日本にとり残されてしまいます。そしてさらに関東大震災で避難している最中に浅草と縁が出来て、幇間に成ったというから、まったく事実は小説より奇なり、です。

そしてそして幇間と芸者の恋は、絶対にNGだというのに、芸者に惚れてしまい・・・

という展開です。面白いです。

戦前の文物を描く描写力も流石。勉強になりました。ありがとうございました。

出版社: 文藝春秋 (2009/6/25)

ISBN-10: 4163282203

ISBN-13: 978-4163282206

やはり浅草花柳界に実在した「ギター芸者」(モデルは能里枝姐さん)と人気芸人「あきれたぼういず」の交際を描いた短編『ひょうたん池』も同じ御本に収められています。

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.361連続更新を達成しました。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

モンスター・ペアレント

保育の現場の窮状を伝える記事を読んでおりましたら、保育士さんのストレスの種がいくつか紹介されていて、その中に「モンスター・ペアレント」というのがありました。

そうなんですってねえ。まったくお気の毒です。

・・・と、そこまでは特段新鮮味のない記事でしたが、その先に「モンスター」の具体例の、あるお母さんのことを書いた部分を読んで、私は

うーむ・・・

とうなってしまいました。

そのお母さんは、食品添加物に対して大変意識が高く、わが子専用の調味料を持ち込んでいたので、「モンスター」と言われていたのです。

うーむ、食品添加物に対して意識が高いのは「モンスター」なのか。

食品添加物はもちろん良くありませんが、アレルギーと違ってすぐ発症するわけではないです。

人造の成分を食べ続け、お子さんがそれを美味しいと感じるようになった結果、正しい味の食品=正しい栄養源である食品を美味しいと感じなくなり→最終的に代謝全般が不調に陥って→病気に成る、というのが、食品添加物の良くない点です。

だから、いつどういう病気になるか分かりません。

今時のスーパーで「醤油」という商品名で売られているものの内、「本醸造」と書かれていないものには、人造の成分が入っているのが普通です。

それなのに、その程度のことを気にして、わが子専用の調味料を持ち込むから「モンスター」と呼ばれたのです。

うーむ、まともなものを食べようとした人が「モンスター」とは困った世の中に成ったものです。

いや、待てよ、違う、違う、食品添加物に対して意識が高いこと自体が「モンスター」なのではなく、わが子専用の調味料を持ち込んだことが「モンスター」ですよね。

その保育園の、全員分の醤油を持ち込めば良かったんです。

そうだ、そうだ、お母さん、ここは気前よく行きましょう!

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.360連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

韓国の老舗②

韓国の大学の学生さんから「東都のれん会」広報委員会にインタビューの申し込みがありました。

なんでも日本の老舗について研究なさっているとか。

なんと、奇特な若者達ではないですか!

しかも、事前に送られてきた質問内容を読んだら、核心を突いたものばかり。私は驚嘆したと言っても良いでしょう。

以下は、質問と回答で、今日は二日目です。韓国側の事情も知れて面白いので、お読みください。

なお、これは私が個人的に用意した回答であって、会の公式見解というわけはないですので、念ため。

Q. 老舗も「移転」をすることがありますか。そうだとしたら、その後も「老舗」と呼ばれますか。韓国では、「移転」をすると、その店の外観・内観が変わり、それまでに客が消費してきたものの一部が変わってしまうと考え、以前とは違う店になるという認識がある。もし、移転をしてもそれが老舗として維持されるなら、その理由はなんなのか。

A.老舗の本質は、ハードウエアではなく、ソフトウエア(品質と信用)なので、まったく問題ありません。実際、東京のほとんどの老舗店は1923年の大地震と1945年の大空襲で焼けており、外観・内観は以前と大きく異なっています。

そもそも日本は天災大国、火災大国で、戦乱も多かったので、被災と復興を繰り返す経験の中で、老舗に本当に必要なものは、決してハードウエアではなく、ソフトウエアであると多数の日本人が知っています。

 

Q. 維持されないとしたら、その理由はなんなのか。

A.品質と信用を最優先していないからでしょう。そもそも、そういう店は「老舗」ではありません。

Q. 日本においては、老舗に対して「誠意を込めた提供品」などの「良きイメージ」がると認識している。老舗を経営しているものとしてではなく、1人の消費者として、そういった老舗に対する「良いイメージ」がどうやって形成されると考えるか。また、そういった信頼ベースの「良いイメージ」はどうやって獲得されるものなのか。

A.老舗店が、日々の品質管理、お客様との約束事の履行、それを気の遠くなるほどの年月に渡って続けていて、消費者もそれを認識していること。

 

Q. 日本で、お店が100年以上維持される理由として、「職人の努力と社会的条件」、「政府の支援」、「消費者の認識」など、どういった要因が重要であると考えられるか。

A.第一は「消費者の認識」と「社会的条件」。「職人の努力」も重要ですが、永い歴史の中には、それが出来ない場合もあります。その時代を支えてくれたのは、お客様(=消費者です)。「政府の支援」は全く寄与していません。

 

Q. 韓国において、メディアによる一時的老舗ブームが発生。それを原因に、味とサービスを維持できないという副作用が観測された。日本では、そういった副作用を経験した店があるのか、また、どう解決されたのか。

A.日本でも少数ですが、在ります。周囲のアドバイス・批判が行き過ぎを抑制します。

 

Q. 新しく、「老舗」という基準を通過する店が出ているのか。

A.少数ですが、あります。

Q. その理由はなんだと思いますか。

A.創業者の経営理念が老舗的で、それが継承される場合もあります。

 

Q. 現在、新しく開業されるお店のうち、「老舗」を目指す店舗はどのくらいあると考えるか。新しい「老舗」が形成されることが期待できるのか。

A.うーん、それは正確には分かりません。

 

Q. 大企業の参入により、同分野の商品を扱う老舗が退かれるという事案はあるか。どういう解決策があるか。

A.そういう事案も勿論日本でもありますが、最終的には老舗小資本側の勝利に終わります。大企業は多額の資本を集めて事業をしていますから、出資者に配当を出さねばならず、どうしても品質や信用より利益を優先する傾向にあります。それがお客様から支持されないのです。またそれぞれの経営者の事業継続意欲を比較した場合、老舗小資本側が強固で、大資本側が弱い傾向があります。

 

Q. 日本の若い世代は、老舗に対して、「古い」「退屈」「洗練されていない」などのイメージをもっているか。そうである場合、老舗はどういう対処をしているか

A.日本の若い世代の、老舗に対するイメージは分裂しています。たしかに「古い」「退屈」・・・と思っている人もいますが、すべての人ではありませんし、逆に老舗は「懐かしい」と感じる若い人も多いです。お爺さん、お婆さんとその店に行って、食事したことがあるからですね。

老舗の歴史は、お客様の歴史でもあります。お客様が着実に家族の歴史を重ねて行く間、たいていは老舗店を利用下さいますし、若い方(お子さん・お孫さん)も一緒にその味を体験して下さいます。それで懐かしいのです。

そもそも老舗は、主と従業員だけが創るものではなく、お客様と、その背後にある社会が創るものです。

日本社会が健全である限り、ことさら若い人の動向に気を揉む必要はないと私は考えます。

(終わり)

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.359連続更新を達成しました。

 

 

 

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

韓国の老舗①

韓国の大学の学生さんから「東都のれん会」広報委員会にインタビューの申し込みがありました。

なんでも日本の老舗について研究なさっているとか。

なんと、奇特な若者達ではないですか!

しかも、事前に送られてきた質問内容を読んだら、核心を突いたものばかり。私は驚嘆したと言っても良いでしょう。

以下は、質問と回答です。韓国側の事情も知れて面白いので、お読みください。

なお、これは私が個人的に用意した回答であって、会の公式見解というわけはないですので、念ため。

 

Q. お店の伝統を受け継いでいこうとする職人たちのもっとも苦労する点のひとつとしてあげられるのが金銭面の問題であると考えられます。日本では、国や自治体レベルで、老舗を維持しようとする行政的な動きはありますか。

A.ごく少数の例外を除いて、そういう事例はありません。中小企業支援政策というものはありますが、それは競争力の弱い企業を支援するもので、老舗にしぼって支援するものではありません。老舗店の側もこれまで政府からの支援を期待して来ませんでした。

しかし今世紀に入って「観光立国」が国是として採用されてから、政府の中にも老舗に目を向ける動きが出てきつつあります。現在は転換期です。

 

Q. 韓国では、売上を多く出している店でも、その継承仮定で分裂が生じてしまい、うまく老舗が引き継がれないという事案が発生しています。仮に日本でそういった事案がある場合、どういった解決法が考えられますか。

A.日本でも、そうした問題を早く有効に解決する方法はありません。分裂した諸店の中で、お客様(=消費者)からの支持を獲得した店が最終的に生き残ります。複数が生き残って「共存共栄」の状況に成ることもあります。

 

Q. 韓国では、子が家業を引き継がずに老舗が門を閉じてしまうという事案が発生。そういった家族間継承について、日本ではどういうイメージがあるか。また外部者継承についてどうお考えでしょうか。

A.家族間継承に関する見方は日本人の中でも分裂しています。素晴らしいものだと捉える人も在り、忌まわしいものだと捉える人もいます。会社が大きければ後者の見方、小さければ前者、業歴が長ければ前者が多いです。外部者継承は、元々関西圏ではよく採用されていて、まったくないわけではありません。

 

Q. 日本において、有名一流大学を出たにも関わらず老舗を引き継ぐというニュースが韓国でしばしば報道される。韓国においては、それは個人の「成功」とイメージされないので驚かれる。日本における個人の「成功」とは何を意味するのか。何を意味してきたのか。

A.何が成功かを他人や社会に決めて欲しいと思わない人も多くいます。自分の成し遂げたいことを成し遂げたら、それを「成功」と思えば良い、それだけです。

日本でも以前は商業に従事することが卑しいこととされてきましたが、1868年に明治維新という革命があり、ほとんどの武士がクビになった後意識に変化がありました。クビになった武士たちが民間に入っていって、武士の価値観を持ったまま、(=「士魂商才」「論語とそろばん」で)民間産業に従事するようになり、営利会社に従事する人生が卑下されなくなりました。「一身独立して一国独立す」と言って、それが国益にかなうことだとも言われました。

 

Q. 日本社会では、「店を引き継ぐ」という行為が、お金を稼ぐこと以上のどんな意味をもっているのか。

A.その二つは「手段と結果」の関係です。お金を稼がなければ店を維持し・引き継いで行くことはできません。ですので稼ぎますが、稼ぐこと自体が自己目的ではありません。

稼ぐこと自体が目的であるような人生は、価値が無く馬鹿げています。それはマフィアの人生であり、ヤクザ者の人生です。

 

Q. 韓国では、有名店の名前を盗用した店が、オリジナルの有名店を押しのけてしまうという事案が発生。日本でこのような自体が発生した場合どう対処されるのか。どう解決しようとするのか。

A.当然商標権裁判を起こすことができます。日本の司法は基本的に信頼できます。また「東都のれん会」のような権威のある団体に入ることで、自店の正統性を補完することもできます。また江戸時代の寺子屋教育の影響により、社会全般の傾向として「信」の価値観が重んじられており、名前の簒奪者は批判を浴びます。

 

Q. 韓国では、メニューをあまりにも大衆化させてしまって、本来のその店の伝統・特色が失われてしまうという事案が発生。日本にも同じような問題に悩まされる店舗があると認識。現代の消費者のニーズに合わせながら、また店本来の伝統を失わないために、どういった努力がされているのか。

A.日本では成功している事例もあります。元々の店と「セカンドラインの店」を明確に区分し、それぞれが適切なマーケテイングを行えば成功する場合もあります。

 

Q. 日本において「老舗」とはどういう意味合いをもつのか。単に、経営年数が長いところか。あるいは、それ相応の威厳と信用を有している店舗か

A.もちろん後者です。

 

Q. そういう威厳や信用を勝ち取るためになされる努力はどういったものか。

A.日々の品質管理、お客様(=消費者)との約束事の履行、それを気の遠くなるほどの年月に渡って続けること、それしかありません。

(質問はまだまだ在りますので、続きは明日の弊ブログにて。)

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.358連続更新を達成しました。

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

金英蘭法

いやあ、そりゃまた荒療治ですね。

すごいです。ひどいとも言えます。韓国の人はどうも極端なことがお好きですねえ。

「極端なこと」とは、来月韓国で施行される接待禁止法のことです。

この法律で、韓国の公務員はもちろん記者、私立学校を含む教員は、3万ウォン(2.700円)以上の飲食接待、5万ウォン(4.500円)以上の贈り物を受け取れなくなります。

韓国メディアによれば、この法律の対象は全人口の1割近い400万人になると言いますから、大変なことです。

この法律によって韓国経済が被る損失は、韓国経済研究院が推計したところでは年間12兆ウォン。しかも、それには二次的波及効果を入れていないとかですから、大変な事態になることは明らかです。

こんなに影響が大きく、しかも自由を制限し過ぎているかのように見える法律ですが、韓国憲法裁判所は、この新法が腐敗防止に必要で「合憲」と判断。民間のメディアや教育者を入れるのも社会に与える影響が大きいからOKなのだとか。

そうまでしなければいけないほど、韓国社会には腐敗の慣習が根深く残っているとも言えるのでしょう。気の毒な話しです。

それにしても、国民に法律を馴染ませることをせずに一気に行きましたねえ。

高級な飲食店の中には、このショックに耐え切れず閉店するところも出て来ましょう。

日本でも「官官接待」禁止が花街に大きなダメージを与え、和の食文化の継承が危ぶまれる事態に成ってします。

いや、待てよ、韓国には気の利いた店が無いね!ということになれば、相対的に観光立国JAPANには有利になるかもしれません。だから損失は12兆ウォン程度では済まないでしょう。

あるいはです、かつてのアメリカの禁酒法みたいに、飲食店がアングラの世界に移行して生き残るかもしれません。

賄賂の無い社会を目指すのは当然ですが、一気に行ったものです。大丈夫なんでしょうか。

この法律を纏めた金英蘭(キム・ヨンラン)とかいう方、間違いなく韓国の歴史に遺るでしょう。

どういう風に遺るか、皆さんも注目してみて下さい。

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.357連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

白味噌仕立て

京都の方にとっては珍しくないとのことでしたが、私は初体験で、美味しいものだなあ!と感じました。

「揚げ鱧の、京の白味噌仕立て」

国際観光日本レストラン協会の打ち合わせが京都の和食の「美濃吉」さんであったので、出席したのですが、鱧の白味噌仕立ては、その懐石料理の椀物として出て来ました。

夏の京都ですから、鱧はお約束ですが、それをいったん揚げて、普通の出汁に入れるのではなく、これまた京料理に欠かせない白味噌の味噌汁に入れてあります。

東京の下町の人には、どぜう汁の鱧バージョンと言えば分かり易いかもしれません。どぜう汁も「江戸甘味噌」を使いますから甘い味噌汁ですが、鱧の味噌汁も甘くて、それがまた鱧独特の濃い旨味とバランスして美味しいのです。

うーむ、やはり京都はもっと頻繁に行きたいものですねえ。

佐竹さん、御馳走様でした。

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.356連続更新を達成しました。

 

 

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

90分制限

今時の外食産業の風景が目に浮かぶような一件でした。

報道によりますと、

「滋賀県ろうあ協会の会員らが、兵庫県尼崎市にある飲食店を予約しようとしたところ、全員が聴覚障害者であることを理由に拒否されたことが、同協会への取材で分かった。同協会は抗議し、店側は「不適切だった」と謝罪した。」

「同協会によると、予約を断られたのは、尼崎市で開かれた近畿ろうあ者体育大会の卓球に出場した7人。試合があった5月21日夜に飲食店で食事をしようと、同月9日にファクスで予約を申し込み、全員が聴覚障害者であることを伝えた。しかし翌日に店長から「当店は手話のできるスタッフはいなく、筆談での対応もしておりません」「通訳のできる方がおられない場合、ご予約をお取りすることができません」というファクスが届いた。やむを得ず別の店を予約したという。」

私がとてもとても気になるのは、この店の店長の弁解です。

「筆談で対応すると制限時間の90分間では食事の提供が厳しい。聴覚障害者が店に来られたことがないのでどう接したらいいか分からず、失礼にあたるのでお断りした。申し訳ないです」

昼時ならいざ知らず、夕食の制限時間が90分間というのが、まず利益至上主義としか思えませんが、その件はさて置いて、この1グループを90分で終えられなかった場合、この店長はどんな制裁を受けるのでしょうか?

健常者なら90分のところ、105分かかってしまったとしても、その影響は小さいはず。それが惜しいとは、料理よりも金が好きな経営者なのでしょうか。

ろうあ協会の皆さんは、この店に行かなくて大正解だったと思います。

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.355連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM

インバウンド対応事例集

日本政策金融公庫さんが編集した、

『インバウンド対応事例集~おもてなしの国JAPAN』

に載せていだたきました。

「インバウンド対応事例」といっても、弊店は基本的に変わったことはしていないんですけどね。

浅草を入れる必要があったのかもしれませんね。

弊店の他は、

「弘前ねぷた館」さん。

岡山市のお茶の店「ほんぢ園」さん。

「ねぷた館」さんも「ほんぢ園」さんも、地元大学の留学生をインターンシップで雇い入れたいうのは良い考えです。ウチより余程進んでいますねえ。

それから、

岡山市・表町商店街さんは、一括免税カウンターを開設して商店街全体が免税店に成った件。

岡山商工会議所さんは、健康を旅のテーマにした件。

勉強になりました。ありがとうございました。

 

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.354連続更新を達成しました。

 

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食べ歩き用

テレビの散歩番組を視ていて、

・・・

ということがありました。

その番組ではタレントさんがメロンパン専門店を訪ねて行くのですが、そこで店員から

「食べ歩き用メロンパン」を勧められていたのです。

た、食べ歩き用だって?!

実際メニューにそう書いてあるのです。

客が勝手に包装を開けてメロンパンを取り出して→歩き食いしてしまった、というのなら話しはまだ分かるのですが、最初から店が食べ歩きを勧めるなんて!

映像をよくよく視てみましたが、たしかに、すぐに噛みつけるような形態で手渡されていました。

不衛生です。異物混入などの事故につながるおそれがあります。ちゃんと保健所に指導してもらっているんでしょうかねえ

さらに番組を視ていると、タレントさんは、店の軒先の椅子に腰かけて、メロンパンを食べ始めました。

おや?

店で食べさせるのなら、飲食店としての営業許可が必要だし、トイレその他の設備も用意しないといけないのだけれど、出来ているんでしょうかねえ?

最近こういうタイプの店が増えているんですよね。

まったく、嘆かわしいです。

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.353連続更新を達成しました。

 

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

すぐやるカエルの冒険ストーリー

日頃大変お世話になっている、久米繊維工業・会長の久米信行さんの本が出ました。題して、

『すぐやる人だけがチャンスを手に入れる すぐやるカエルの冒険ストーリーに学ぶ「すぐやる技術」』

久米さんは1963年東京都墨田区生まれ。家業のTシャツメーカー・久米繊維の三代目社長に就任すると、バブル崩壊とデフレに見舞われ、数十億の債務を背負うことになりました。

しかしインターネットやエコロジー対応に先手を打って勝ち残りました。

「国産コットン100%のTシャツメーカー」という位置を確立。

「日経インターネットアワード」、経済産業省「IT経営百選」最優秀賞、東京商工会議所「勇気ある経営大賞」特別賞などを受賞して有名経営者に成りました。

現在は明治大学商学部「起業論」講師でもあります。

さて、この御本の主人公は「すぐやるカエル」というカエル。

その「すぐやるカエル」の、成長のものがたりを通じて、

「とにかくすぐやることが、人生のチャンスをつかむ極意。すぐ動いて、人に会って、人の影響をどんどん受ければ爆発的な化学反応を起こすチャンスに出会える!

「失敗はむしろ自分にしか経験できない貴重な体験ととらえれば、失敗こそが経験値を高めるまたとないチャンスと言える。」

そして、

「すぐやるコツは、「まだできないからやらない」ではなく、やりながら身につけていけばいいと考えること。めんどくさくて動けない人は「とりあえずやってみる」という考えでもいい。とにかく行動すること、即断即決することでスピーディーに行動できる習慣が身に付くようになる。」

ということが語られて行きます。

「すぐやるカエル」は、頭が良いわけでも、体が大きいわけでもなく、世間知らずですが、カリスマ教育者「カエルマスター」の演説に感動し、聴衆の一番前に出て行って、質問したことで(=すぐやったことで)、マスターの学堂へ入学を許されます。

学びと修養の月日が過ぎ、マスターが途上国に開学する学校へ赴任する際に、「すぐやるカエル」を帯同すると決める場面では新幹線の中なのに感動して泣いてしまい恥ずかしかったです。

この場面以外も、私はほとんど毎ページ肯きながら読みました。是非弊ブログの読者の皆さんにも、お勧めしたいと思います。

で、結局、

「悩むのは後でいい。」

うーん、ごもっともですが、これが一番難しい・・・な。

 

出版社: ぱる出版

ISBN-10: 4827210128

ISBN-13: 978-4827210125

追伸

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.352連続更新を達成しました。

 

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)