世界の料理クイズ

「浅草うまいもの会」の新年会が、蕎麦の「雷門満留賀」さんでありましたので、毎度余興担当の私は「G20開催記念!世界の料理クイズ」を創りました。
蕎麦屋さんだから、「蕎麦クイズ」じゃないのか って?
「蕎麦クイズ」は以前にやっちゃったんですよね。それに、G20配偶者プログラムに「ちんや」の肉を提供させていただきましたし。
さて皆さん、「世界の料理クイズ」何問できますか?全部三択です。

<G20開催記念!世界の料理クイズ> 
・フランス料理の世界で「近代フランス料理の父」と崇拝されているオーギュスト・エスコフィエ(1846-1935年)が厨房システムの近代化をできたのは、軍隊の料理人として招集されて、手際良く料理することを要求された経験があったからでした。さて、そのエスコフィエが従軍した戦争とは、何戦争だったでしょうか?
1第一次世界大戦 2普仏戦争 3ナポレオンのロシア遠征
・イギリス料理は、フランス料理やイタリア料理などと比べて、食材や調理法のバラエティーが少なく、不味いと言われることがありますが、それは、イギリス人がある特定の動物の肉を大変好み、毎日そればかりを食べるからです。さて、その動物とは何でしょう?
1牛 2羊 3ニワトリ
・ドイツの女の子は○○でフルコースの料理が出来るようになれないとお嫁にいけない、という言葉がかつてあったくらい、○○という食材はドイツ料理で大きな役割をする食材ですが、さて、その○○とは何でしょう?
1キャベツ 2ジャガイモ 3ニンジン
・イタリア料理は、ギリシャ料理・スペイン料理・モロッコ料理と共に「地中海式の食事」として国連教育科学文化機関(UNESCO)の無形文化遺産に登録されていますが、その「地中海式の食事」を食べることによって減らせる病気は、次の内のどれでしょう?
1心筋梗塞 2腎不全 3肝硬変
・ロシアは、皇帝エカチェリーナ2世の頃より、盛んにフランス料理の料理人を雇い入れますが、そのような中で、ロシアでの料理の提供方法がフランス料理の提供方法として逆輸入されたことがありました。さて、その提供方法とは、どういう方法でしょうか?
1料理を一種類ずつ皿に盛って順次に提供すること 2パンにバター専用のナイフを付けること 3手で料理に触れて食べる場合フィンガーボールを付けること
・日本の鮨がアメリカに進出して創られた新ネタの一つに「シアトルロール」がありますが、さて、その「シアトルロール」とは、キュウリ・アボカドともう一つ何を巻いたものでしょう?
1サーモン 2ホンビノスガイなどの二枚貝 3茹でた七面鳥の肉
・カナダを代表する食材と言えばメープルシロップですが、さて1リットルのメープルシロップを作るために必要なメープルの樹液の量は、ずばり何リットルでしょう?
⓵1.5リットル ⓶3.3リットル ⓷40リットル
・オーストラリアを代表する調味料「ベジマイト」はビールの搾り粕(ビールの酒粕)から造られますが、その味と香りは大英帝国圏以外では理解されづらく、日本では食品としてより栄養剤として売られています。さて、日本で売られている「ベジマイト」に類似する食品とは何でしょう?
1龍角散 2強力わかもと 3ういろう
・中国料理は日本に入って、様々な進化・変容を遂げています。さて、次の料理の内、中国本土にない料理はどれでしょう?
1天津丼 2中華ちまき 3タンタン麺
・今、大久保のコリアタウンで大流行している「ハットグ」は、アメリカンドッグのソーセージの代わりに、ある食材を入れたものですが、さて、そのソーセージの代わりの食材とは何でしょう。
1キムチ 2チーズ 3ピクルス
・インドを代表する料理と言えばカレーと思いがちですが、インド人自身はカレーのことを「カレー」とは呼びません。カレーが世界的に知られているのは、ある国が、一部のインド料理を「カレー」という名前で自国の料理に採り入れたからです。さて、その「ある国」とはどこでしょう?
1清国 2フランス 3イギリス
・インドネシアの料理「ナシゴレン」が日本でも有名なのは、材料が米であることと、1990年代後半に日本のとあるコンビニが「アジアごはんシリーズ」として大々的に発売したからです。さて、その「とあるコンビニ」とはどこでしょう?
1ミニストップ 2ローソン 3ファミリーマート
・ブラジルを代表する料理と言えばシュラスコ。東京を代表するシュラスコ料理店と言えば、台東区の「キ・ボン」ですが、さて、その「キ・ボン」とはいったい、どういう意味でしょう?
1お久しぶり! 2おいしい! 3騒ごうぜ!
・代表的なアルゼンチン料理と言えば、何と言っても肉料理ですが、さてアルゼンチンでは牛肉のことを何と言うでしょう?
1バカー 2アーホウ 3スケーベ
・メキシコ料理の主食「トルティーヤ」は、ある穀物を摺り潰して、薄く焼いたパンですが、さて、その「ある穀物」とは何でしょう。
1米 2トウモロコシ 3ライ麦
・トルコを代表する料理ケバブは、挽き肉を固まりにし、それを回転させながら焼いたもので、今では日本でも身近なファーストフードとして受け入れられていますが、さて、そのケバブが最初にファーストフードになった国は、どこの国だったでしょうか?
1ギリシャ 2ドイツ 3ロシア
・南アフリカの料理にコリアンダー、クミン、ターメリックなどの香辛料が多く使われるのは、かつてインドネシアを支配していた、あるヨーロッパの国の人々が南アフリカにも移ってきていたからです。さて、そのヨーロッパの国とは、どこでしょう?
1スウェーデン 2オランダ 3ハンガリー
(正解は明日の弊ブログにて)

<臨時営業(火曜営業)のお知らせ>
7月9日は火曜日ですが、浅草寺の「ほうずき市」の日ですので臨時営業致します。どうぞ、ご利用下さいませ。
6月~8月の臨時営業・臨時休業については、こちらです。

コンニャクとカレー

なぜコンニャクとカレーは合うのだろう?
ということを考えています。
先日店の賄い料理がカレーの日に、その横に前日の賄いだった筑前煮が残っていたので一緒に食べたら美味かったからです。
「カレーすき焼き」が好きだったのは映画監督の小津安二郎ですが、小津は、すき焼きのシラタキと豆腐にカレー粉を振りかけ、それをご飯ののせて食べるのが好きでした。それをヒントに「ちんや」では、溶き卵にカレーオイルを入れて食べられます。
そもそもコンニャクは古代に中国から伝えられましたが、中国では、貴州省や雲南省、四川省など少数民族が多い地域でよく食されているそうな。そして、それらの地方では食べ方は、唐辛子や薬味がたっぷり効かされているとか。中国でも辛く食べているんですねえ。
分析しますると、コンニャクは、ほとんど水分と繊維質だけで出来ている食べ物です。だから人はバランスを取る為に旨味と糖分をたくさん含ませて食べたくなり、旨味と糖分が多くなると、今度はそれとバランスを取る為に辛味が欲しくなるという流れかと思います。
ネットにも「コンニャクとカレー」のレシピが実にたくさん載っています。
皆様もお試しを。

<臨時営業(火曜営業)のお知らせ>
7月9日は火曜日ですが、浅草寺の「ほうずき市」の日ですので臨時営業致します。どうぞ、ご利用下さいませ。
6月~8月の臨時営業・臨時休業については、こちらです。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食べ物屋

「老舗企業に学ぶ」勉強会を主催している方が「ちんや」へ見えて雑談していたのですが、
老舗には食べ物屋さんが多いですねえ・・・
その方が開いた老舗イベントに登場した会社の半分以上が食べ物屋で、酒・薬・旅館まで加えると三分の二を超えているとか。
はい、私もそう思っておりました。そして2016年に出した拙著『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』で、「食べ物商売は老舗化し易い稼業」と書きましたが、その理由を深く洞察して書いたわけではありませんでした。何故でしょう?
浅草の飲食店の場合、正月やお彼岸、お盆などに家族総出で、浅草へ見えるお客様が多いですから、お爺ちゃん・お婆ちゃんとお孫さんが一緒に食事します。→で、「こういうのが美味しいんだ!」という味覚が継承されて行きますから、お爺ちゃん・お婆ちゃんが亡くなっても、次の世代が利用してくれます。そうした経緯で老舗化し易いと言えます。
食品製造業や食品小売業の場合も飲食店ほどではないですが、ご家庭で同時に食べるという場面が考えられますね。消費サイドから考えた場合に食べ物屋が老舗化し易い理由が、これです。次に供給サイドを観てみましょう。
店主が採算を度外視して、美味しい物を追い求めてしまう、ということがあるように思います。食べ物の味は脳の快楽に直結しているからです。
私自身も、自分がイマイチと感じる肉を同席した人が美味しい!美味しい!と食べているのを目にすると、肉についてあれこれ調べない方がむしろ良いのかなあ・・・と思ったりしますが、自分が美味しいと思えない肉を売るのはイヤです。
そして、味を追い求めていると、ある時点で美味しさは感動につながります。感動まですれば、そのお店を再訪していただける確率は高まりますね。
しかしながら、どの時点で、どの位美味しければ人が感動するのか良く分かりません。肉の中の旨味成分を計測したデータは結構豊富にありますが、どの数値が「感動の閾値」なのかは、今のところ分かりません。
だからこそ、食べ物屋の店主は、お客様の表情を観察して、充分美味しかったかを確認しないといけません。また、会社の経営理念の内容を即物的な内容にせず、心に関する文言を採り入れないといけないと思います。
弊社は「心に残る思い出を!」という一文で「思い出」を入れています。数値がハッキリしない以上、「思い出」になる味でないと不充分、という基準を設けることが実際的と思うからです。
食べ物の味を追い求めて行くと、ある時点で人を感動させることが出来る、それが食べ物屋が老舗化し易い理由かと私は思います。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: 今日のお客様,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

テレアポ研修

「テレアポ」を新入社員の研修として行っている会社が多くあると聞きます。
それを受ける方にとっては、実に迷惑なことです。
連休があって平日が少なかった5月が過ぎ、今年の6月は特に「テレアポ」がたくさん着信しました。ネットにはたくさんの問答集や「テレアポのコツ」が公開されています。
迷惑なことです。
初々しい口調に、思わず感情移入しそうになりますが、ここは、彼ら・彼女らに痛烈な経験をさせてあげて、そういう営業手法が世の中の生産性を下げていると知ってもらわねばなりません。
だから、想定問答集には載っていない応答をしてみます。
住吉社長は、何時に出社されますか?
なんて、アカの他人の貴殿に教えるはずないでしょう!
とは、言わず、
そうですねえ、ちょっと、調子がアレのようでして・・・分かる者はいないです。
(って本人が言ってるんだけどね)

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

闇営業騒動

吉本興業さんの闇営業騒動が長期化しているようです。
私のような傍観者から見れば今回の一件は、紹介ということを甘く考えた一芸人が小商いに走り、恥をかいただけに見えますが、テレビ業界の人にとっては大事件らしく、連日大きく報道されていますね。問題になっている芸人が全員引退させられても、その芸人が出ている番組が全部廃止になったとしても、世の中にほとんど影響ないと私は思うのですが、大袈裟なことです。
それより私が思いますことは、紹介って、やっぱり怖いなあ・・・ということです。
フェイスブックが普及してから、私などにも「〇〇さんを紹介して下さい!」というご希望をいただくことが確実に増えていますから、以前よりよほど注意しないといけないと感じます。
知り合ってから日が浅い人に限って、そういう連絡がきます。って、言うか、最初から紹介して貰いたくて、私の所に来たのかもと想像します。料理屋は来客を拒まないので入り込み易いですからね。
そして、そもそもですが、コネで仕事を獲ろうという発想は、根本的に良くありません。コネなど全くないアカの他人に製品やサービスを評価していただいて買っていただくのが、やはり王道と思います。
紹介って、やっぱり怖いなあと思います。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

配偶者プログラム

大阪で開催されたG20の、首脳配偶者プログラム・二日目の昼食に肉を提供させていただきました。
その食べ方は、
鮨。
大森の「松乃鮨」さんが配偶者つまり奥様方に鮨を握ったのですが、そのネタの一つとして提供させていただきました。「松乃鮨」の若旦那は鮨を世界に提供する第一人者ですが、世界の人は鮨=魚と決めてつけていないとか。野菜の鮨やフルーツの鮨もあるようです。
で、肉も当然あって良いわけで、鮨ネタの一つとして弊店の肉が登場した次第です。光栄なことです。
詳細は以下のお肉でした。
黒毛和種、メス
個体識別番号:1468112342
出生日:2016.07.23
と畜日:2019.04.19
肥育者:「隠岐潮風ファーム」(隠岐郡海士町)
若旦那からの報告では「大変お世話になりました。沢山おかわりをいただき、ストーリーもきちんとお伝えしました。」
沢山おかわりとは何よりでした。ご採用誠にありがとうございました。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

学校英語

英語っぽくしようと大袈裟に話すと、なんだかイカサマ師みたいな感じに成ってしまうので、私は中学校の教室のような「学校英語」で話しています。
それでも、アクセントの位置さえあってれば、
イヤア!とかイエー!とか言わなくても充分通じるよ、人力車君。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: 浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

食品衛生コンサルティング

東京食品技術研究所さんに、「ちんや」の厨房を立ち入り指導していただきました。毎年来ていただくようになって、20年以上経つと思います。
東京食品技術研究所さんは、微生物検査、水質検査などの他に「食品衛生コンサルティング事業」もしていて、食品衛生に関して経験豊富なスタッフの方が現場に来て、指導して下さいます。スタッフの方は保健所OBの方が多いので、この御指導をいただいておけば、だいたいOKとなります。
また衛生講習会もして下さるので、今回の立ち入りについてのレポートが出来る頃に講習会でまた来ていただくことになります。
今後は衛生自主管理がきびしくなって行く情勢ですので、今まで以上に真剣に取り組む必要がありそうです。

追伸
令和の新時代に向け、「ちんや」は「肉のフォーティエイト宣言」を致しました。ご理解・ご愛顧賜りたく、お願い申し上げます。

Filed under: 今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

納豆そば

日本橋室町(三越前)で地元の方とお昼をということになり、「利休庵」さんに行き、納豆そばを食べました。
この店は納豆そばが看板メニューなんだと教えられ、挑戦してみました。
待つことしばし。
蕎麦が見えないほど、色んな具材が上に載せられています。納豆は大粒。真ん中に生卵、鰹節、海苔など。
これらを思いっきり混ぜてから食べるのが作法なんだとか。なかなかクセになりそうな逸品ですね。
お店のサイトを見ると、他の蕎麦メニューを押しのけて最初に出ていて、「女性を中心にご支持をいただき・・・」と書かれています。
他のお店に、納豆そばが普及していないのが不思議に思えてきました。カレー蕎麦は普及してるのにね。

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

光を浴びよ肉を食べよう

『脳のため光を浴びよ肉を食べよう』(和田 秀樹 (著))(新講社ワイド新書)を読みました。
以前から、肉を食べるお年寄りは長生きだと思っていましたが、その理屈が分かる本です。
肉には、明るい気持ちの維持に大切な神経伝達物質の「セロトニン」の元になるアミノ酸「トリプトファン」が豊富に含まれています。
そもそも人間の老化とは、気持ちが落ち込むことですが、歳を取ると、その「セロトニン「」や男性ホルモンが減ります。すると、不安感を抱きやすくなったり、意欲や活力が落ちたりする、というわけです。
その対策が、【肉を食べ、光を浴びる】なんだとか。歳をとったからといって、肉を控えすぎてはよくないのです。
やたらと休んでも、体の疲れは多少楽になるかもしれませんが、心の疲れは消えず、快活にはなれません。そこに効くのが肉と、太陽の光だという次第です。
在り難いことに、「ちんや」へは多くのお年寄りが来店して下さいます。肉を食べると快活になれるということを経験なさっているからでしょう。
いくら快活になれても脂がモタレると、肉を食べたくなくなってしまいますが、「ちんや」の肉の脂は「適サシ肉宣言」や「肉のフォーティエイト宣言」でモタレませんから、まさにお年寄り向きと申せましょう。
【肉を食べ、光を浴びる】
皆さまも、ご購読を。

『脳のため光を浴びよ肉を食べよう』
和田 秀樹 (著)
出版社: 新講社 (新講社ワイド新書)
ISBN-10: 4860815831
ISBN-13: 978-4860815837
発売日: 2019/4/26

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)