デパートガール

ある日買い物をしようと開店前のデパートの玄関に行き、不思議な光景を見ました。

待っている人が、皆が外人さんなのです。

私が地下鉄口ではなくて1階の玄関に回ったのは、後の予定があって、少しでも買い物を早く済ませたかったからです。普通の日本人なら地下鉄口で待つのが普通でしょう。

玄関にいる外人さん達は、その普通の感じでは、どうやらありませんでした。

待ちながら聞き耳をたてていますと、英語を話す日本人がいました。どうやらガイドさんらしいです。

私は英語が得意ではありませんが、日本人が話す日本なまりの英語なら聞き取り易いですねえ。TOEICもこうすれば良いのに。

もとい。

そのガイド氏が説明するには、開店直後のデパートは大変なシャッターチャンスなので見逃すべきでないということでした。

多数のデパートガールが整然と並び、正確に同じ角度でお辞儀をするから、その写真を撮りましょう、と言っているようです。

なるほど、日本のデパートの「お迎え」を観に来たのですね。たしかに海外のデパートではやっていない、日本独自の慣行です。同じデパートという業種を日本人がやるとこうなる、という意味で興味深いかもしれません。

しかしですよ。デパートガールって和製英語じゃないですかねえ。正しくは何て言うんでしょう?

試しにネットの翻訳サイトにかけてみますと・・・

デパートガールは、Department store girl

百貨店の店員は、Shop assistant in a department store

うーん、チト違うような気がします。

洋食に一番適切な訳が、Youshokuであるのと同様に、

デパートガールは、Depato- girlなのかもしれません。

ガイドさん、失礼しました。

あ、そんなことを言っている内に、今日は三社祭の本番です。

外国の皆さん、ようこそ浅草へ。楽しくご観光を。

追伸

日本橋三越本店の催事「お江戸日本橋 EDO style展」で精肉の販売を致します。

どうぞ、お出かけ下さい。

会期:5月20日(水)~25日(月)

会場:本館7階催物会場

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.904日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

視界

「地鶏坊」「地鶏坊」と言うので最初は新手の鶏肉かと思いましたが、違ったのですね。

例の「棒」が浅草でも増えてきて、紛議の対象に成ってきました。

そう、「自撮り棒」のことです。

「自撮り棒」を高く掲げて他人の景色観賞や神輿見物を遮る輩が続出しているそうです。

ルーブル美術館では既に禁止にされたそうです。美術品に気持ちを集中させている時に邪魔されたら、たしかに不愉快ですから、禁止も仕方ないところでしょう。

では美術品ほどは集中しない景色・夜景の場合はどうでしょう。やはり全面禁止ですかね。

浅草にもスカイツリーが良く見える展望台がありますから、ここは思案のしどころです。

写真は旅の記念ですし、SNSにUPして友達に「いいね!」してもらうのはたしかに楽しいですから、全面禁止では旅の魅力を少なくしてしまいます。

それにですよ、視界を遮られただけで本気で立腹するというのも、いささか野暮な話しです。

本人が周囲の人に一声許可を得るというルールにして、それからなら撮っても良いと思うのですが、いかがでしょうか。

あるいは「自撮り棒」メーカーの方に規制をかけて、「周囲の人の許可を得てから撮りましょう!」と棒そのものに大きく印字しないと販売許可が得られないようにします。そういう立法はメンドくさいでしょうか。

もっとも、この問題には別の側面もあって、「自撮り棒」をよく使っている民族が、そもそも嫌いだという感情がベースに在るように感じます。そう言うと言い過ぎでしょうかね?

「自撮り棒」で人の視界を遮る民族=全体的にマナーが悪い民族=歴史問題でも鬱陶しいことを言ってくる民族⇒嫌い!

という流れです。

このブログの立場は何回も書いていますが、

マナーを憎んで人を憎まず。

この話しもマナーに限定した話しにしたいものです。

さて、今日は三社祭。午後から町会神輿の連合渡御があります。

皆様、マナーを守って、楽しくご観光を。

 

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.903日連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

川柳包装紙2015

昨日までの三社祭タイミングをあわせて、今年も

「ちんや川柳包装紙2015」が出来ました。

ここに印刷されている川柳は、昨年の秋に「すき焼き川柳コンクール2014」として募集したものです。

その節は多数の応募をありがとうございました。

悩みに悩み、厳選させていただきまして、入選句をこの包装紙に刷り込みました。

そう、このコンクールは、単に川柳のコンクールをするだけでなく、入選すると、店で本当に使う包装紙にその川柳が刷り込まれるのです。それが特徴です。

この出来上がった包装紙は、

「おもいを包む」包装紙として、多くの方々に喜んでいただけると思っています。

だいたいですね、ギフトというものは相手の方に対して、なんらかの

「気づかい」や

「思いやり」を届けるものです。

お世話になった、恩師・上司・先輩がご高齢であれば、肉と贈るというのは我ながら良い考えだと思います。

今年は早くも気温が30℃を超える日があり、これから夏に向かって行きます。

肉で養生なさってください!

という想いを包んで贈ってはいかがでしょうか。

なお、「すき焼き川柳コンクール2014」の当選句はこちらです。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.902日連続更新を達成しました。

パン祖

もう、ウンザリですよね、「世界遺産」を観光誘致に結びつけるパターン。

結びつけるなとは申しませんが、私は結び付け方が気にいらないんですよ、例えば「大砲うどん」とか。

伊豆韮山の代官であり、洋学者でもあった第三十六代江川太郎左衛門英龍が、反射炉で大砲を造ったから⇒蒲鉾で大砲を模って⇒「大砲うどん」という次第です。

・・・

実は韮山では、既に江川と食に関わる、なかなか良いイベントをやって来たようです。「江川邸」で 「パンの日」というイベントがあって、パン焼き体験が出来たとか。

江川は本当に日本の「パン祖」でありますから、こちらはしっかりした由来があります。

江川の洋学の先輩に当たる高島秋帆の従者に、長崎のオランダ屋敷に料理方として勤め、製パン技術を覚えた作太郎という人がいたので、その作太郎を江川が呼び寄せて、屋敷にパン窯を作らせ、1842年4月12日に、記念すべき初パンが焼き上げられたそうです。

ですので、こちらは「世界遺産」と関係なくても、大いに推奨するべきものですが、テレビが採り上げるのは、「大砲うどん」の方なんですよね。トホホです。

今年はちょうど江川没後160周年で、今年の4月12日は地元としては力を入れていたようですが、報道したのは地元紙だけで私も知りませんでした。

その後「世界遺産」の勧告が出たので⇒「大砲うどん」です。

世界遺産!⇒盛り上がってます!

だけでは、なんだかなあ、ですよね。

だいだい、江川は美味しいものを食べたかったわけではありません。パンは兵糧として導入されたのです。

日本の海防について強い問題意識を持っていたので、それでパンと砲台なのですが、うどんの方を採り上げてしまうと、その脈絡が見えないと思うんですよね。

なお、今日江川の功績が広く知られているのは、我が義塾の福沢諭吉先生が洋学の先達として褒めたからでもあります。

現在地に移る前の義塾は江川家の江戸屋敷と近所で、江川の敷地を義塾が借りたこともあったそうです。それで先生は江川のことを良く知っていたのです。

ですので、江川の「パンの日」を義塾関係者は応援してあげるべきかもしれません。少なくとも「大砲うどん」よりは。

 

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.901日連続更新を達成しました。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

独立記念日

「独立記念日」を自分の「記念日」として登録した方がおいででした。

???

この方は、そんなにアメリカに思い入れがあるのかなあ。

弊店の会員さんは、入会する時にご自分の「記念日」~例えばお子さんの誕生日とか結婚記念日とかを1日選んで「ちんや」へ登録することが出来まして、その日は割引率が普段の倍になるのですが、その「記念日」として「独立記念日」を、その方は登録されました。

留学経験がおありなのかな。

まあ、どの日を選ぶかは自由だし、それに武士道の日本とピューリタンのアメリカには似通った価値観があるしな。

と思いましたが、良く読むとそういう話しでは全くありませんでした。

その方は弁護士さんで、自分の事務所を開いた日が、その日だったのです。

それって、正確には「事務所開設の日」ですよね。でも、本人の想いの中では、それは「独立」だったのですね。

成人して、卒業して、司法試験に合格して、

でも未だ食えるわけではなくて、先輩の事務所に入れてもらって、やっと独立出来て、そういう日に食べたいものが、すき焼きだったいうことが、私はとても嬉しいです。

他の料理をやっている方には申し訳ないですが、すき焼きこそがそういう場合に食べる料理です。

独立誠におめでとうございます。

是非事務所に皆さんとお越し下さい。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.900日連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

伊藤博文公

GW連休中のある日レジの中身を確認していると、

お、伊藤博文公!

その数日前には聖徳太子様も来ました。珍しいことが続いたので、FBに画像をUPしますと、

次に岩倉具視来ますね。

板垣退助かも。

とコメントが。はい、期待しましょう。

さて、これを機会に伊藤公のことをウイキぺデイアで調べてみました。神戸の人達が公のことを神戸ビーフの恩人と位置付けているからです。

でも、肉の件は出て来ませんでした。ウイキぺデイアをコピペーしますと、

(生活ぶり)「食住には頓着しない性格で、大磯で伊藤と隣り合わせで住んでいた西園寺公望は食事に招かれても粗末なモノだったものばかりで難渋した」

(ふぐ料理とのかかわり)「古来から毒魚とされ、明治維新後も食用を禁止されていたふぐ料理を明治21年(1888年)、周囲の反対を押し切って下関にて食した際に大変気に入り、当時の山口県知事に解禁するよう語って食用・商用のきっかけをつくったと伝えられている」

となっていて、肉のことは出ていませんね。

このブログの2013年9月11日号に書きました通り、

神戸に牛肉を普及させ「神戸ビーフ」の基礎を築いた外国人キルビーとハンターの生涯を扱った小説『夜明けのハンター』には、二人と当時兵庫県知事だった伊藤公の交流が描かれています。その尽力もあって「神戸ビーフ」が有名になって行った、という筋です。

神戸肉流通推進協議会のサイトにも、

「神戸港開港と同じ年に、かの伊藤博文が兵庫県初代知事に就任。英国留学帰りの国際派として鳴らした伊藤は、神戸の外国人居留地の整備に力を注いだ人物としても知られています。そんな彼が、神戸ビーフを好んで食べていたという逸話が残っています」

と書かれています。

伊藤公は憲法制定とか、立憲政友会創立とか、韓国統治とか、業績が多過ぎて、肉のことは注目されにくいかもしれませんが、ご記憶いただくと良いかもしれません。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.899日連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

頑張る人にいいお肉を

テレビ朝日の「食彩の王国」を視ていますので、必然的にそのスポンサーである東京ガスさんのCMを視ることになります。

現在流されているのは、

「頑張る人にいいエネルギーを・くちぐせ」篇。このCMには、

仕事でもプライベートでも「すいません」と言い続けて、それが口癖に成っている、真面目なサラリーマンが登場します。

ありがとうと言うべき時も、つい、すいませんと言ってしまいます。

そんな彼にも家に帰れば優しい妻が待っていて、暖かい風呂が在ります。風呂に浸かって、一日気を遣い続けた疲れを癒すことができます。

で、言いたいことは、その熱源は東ガスですよ、ということです。

なかなか良く出来ています。ネットでも、

東京ガスのCM泣ける(´;ω;`)

東京ガスのCMって良いCMだな。

東京ガスのCMがグッときた。

東京ガスのCM素晴らしい

と好評のようです。

私も拝見しまして、企業イメージは良くなるでしょう、しかし、これですぐにガスが売れるとは思えません。

でも社内のモチベーション向上にはかなり有効と思います。

だいたい、お客様がガスを使う場面をリアルに見られる東ガスの社員さんは少ないです。使う場所はそれぞれのご家庭で、そこに入っていくわけにはいきませんからね。

「ちんや」のような飲食業や旅館業だけが、営業している所にお客様の方が来て下さる業態です。同じ「ちんや」でも肉の売店の場合は売るだけでして、お客様が肉を召し上がる場面には同席できません。

だからこぞ、こういうCMは必要です。

自分達の製品の行く末を絵として視ることは大事だと思います。

「ちんや」ではテレビCMを製作するお金がありませんから、「すき焼き思い出ストーリー」や「すき焼き川柳」を投稿していただいています。

テレビでないので動きませんが、

「頑張る人にいいお肉を」

と思えるような話しがたくさんあります。

どうぞご覧ください。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.898日連続更新を達成しました。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

臼摺りが終わった日

ネットをいじっていて、たまたま見つけた、全く存じ上げない方のブログですが、

そうそう!いいね!是非続けて欲しい!

と思ってしまいました。

それは、こういう(↓)一文でした。

「子どもの頃の我が家だが、“すき焼き”を食べる日はまるで祝日のように決まっていたものだ。臼摺りが終わった日(米作りの最終日)と大晦日の2回だ。肉は上等なものではなかった。大晦日に“すき焼き”を食べる習慣は今でも続けている。」

ある日とある食べ物を関連付けて、毎年必ず食べるという習慣は、食文化を遺していく上で、とても良いことだと思います。

しかしながら、国民全員が同じ日に統一行動をする、たとえば、

バレンタイン=チョコ

みたいな習慣では、需要がその日に集中してしまう弊害がありますね。

だから、自分の特別な日=すき焼きというのが、最も望ましいと思います。

その日が、この方の場合は農家さんだったので「米作りの最終日」になったようで、素晴らしいです。

ちなみに、ですが、「臼摺り」または「籾摺り」とは、

お米を刈り取り、乾燥させた後に、お米(=籾)から籾殻を剥ぐ作業のことです。この作業によって獲れるのが「玄米」です。現在では臼でなくて「籾摺り機」が使われますが、相変わらず「臼摺り」と言っているようです。

このように、それぞれの仕事に、それぞれのサイクルがありますから、それが仕上がった日に特別な食べものを食べていただくのは大変良いことと思います。

例えば、酒造りは冬にしますから、3月が仕上がりの時期になります。

必ずすき焼きを食べて欲しいとは申しませんから、何か決まった物を食べる、そういう習慣を持っていただければ、と存じます。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.897日連続更新を達成しました。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

厚遇

なるほど、そうやるのですねえ。

ビジネスマンの皆さん、参考にするべきですよ。

小浜さんがどうやってアベさんを接待したのか。

ご機嫌のアベさんは随分たくさんの約束をして帰って来たようですが、このブログは食べ物ブログですから、合意内容の是非を議論しようとは思いません。

でも、いったんdeepに接待されたら、後が大変だというのは一般社会でも常識でしょう。

テレビで関西のお笑いタレントさんが、

自分が店に入って、店員が揉み手で出て来て、あんなに「ふと客扱い」されたら、自分だったら一体いくら取られるのかと気味悪くなっちゃうだろうね!

と言っていました。

今後のアベさんは大変だろうと思いますが、もちろん私には関わりの無いことです。

さて、今回使われた手法を三つだけあげておきましょう。

・自分の聖域にご案内する。

今回の行き先はリンカーン記念堂でした。私が接待主なら三社様へ連れて行くのが良いということになりますね。それも今回のようにサプライズで。

楽しませよう!という意識が先行すると、オモシロ・オカシい所へ連れて行こうと思ってしまいますが、むしろ真面目な方が効くということです。

・先方の地元の文学・芸能を研究しておく。

今回は俳句と、ミシェルさんのドレスがこれです。

「わたしは、俳句を詠んだ初めての大統領だと思いますよ」などと言われたら気分良いですね、たしかに。

・先方の地元の酒を用意する。

これは日本人同士の接待に使えます。先方さんの地元の地酒を用意しましょう。「ちんや」では有料ですが、酒の持込が可能ですので、相手に合せて持って来ていただくことが可能です。

ビジネスマンの皆さん、参考にするべきですよ、「ふと客」を接待する場合に。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』が、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.896日連続更新を達成しました。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

シラタキを残さずお召し上がり下さい。

シラタキを残さず食べていただきたいです。

何故なら肉は酸性食品の代表なので、アルカリ性食品を同時に摂るべきだからです。

既に1890年頃スイス・バーゼル大学の生理学者・グスタフ・フォン・ブンゲが、肉を食べると体が酸性に成ると言っていたそうです。

シラタキの素である、こんにゃくはph値が約11と、強アルカリ性の食べ物です。これはヒトが美味しいと感じる領域(ph3~8)を外れるほどの強さで、実際、そのまま食べると美味しくありません。

それで食べるときは下茹でして灰汁(あく)抜きをするという手間をかけているのです。

これを食べれば、アルカリが摂れます。まったくすき焼きの具というのは良く出来ています。

それに、シラタキは食物繊維です。「グルコマンナン」とかいう食物繊維で、非常に消化しにくく、これが腸内の老廃物と一緒に外へ出てくれるのです。

スッキリ♡

でも肉が美味しくて、おかわりした時とか、酒をぐびぐびと行ってしまった時とかは、おなかがいっぱいになって、シラタキを残してしまいがちですね。

特に「ちんや」の割り下は熟成肉に合うよう、味が甘く・濃いですから、味の無いシラタキとのバランスが良くないかもしれません。

そういう場合は、七味をリクエストして下さい。浅草の「薬研堀」さんのを用意してあります。

そう、きんぴらと同じ理屈で辛みを足すと美味しく食べられるのです。

カレー粉もかなり美味しいです。

どうぞ、シラタキを残さずお召し上がり下さい。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』が、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.895日連続更新を達成しました。

Filed under: すき焼きフル・トーク,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)