東京アラート

1935年生まれのウチの父がコイケ知事の会見を視て、
変な横文字が多い!
と批判していました。
出口戦略ではなくて「ロードマップ」
緊急事態再指定ではなくて「東京アラート」
特に「東京アラート」は、若い方でも違和感ある方が多いでしょう。
が、コイケさんは変な横文字で成功してきた方です。
日本新党から自民党に移って目立てずにいたコイケさんが目立つことに成功したのは、「クールビズ」でしたね。2005年にコイズミ政権の環境大臣だった時です。
環境省は2012年に「クールビズ」を押し進めて「スーパークールビズ」というのを造りましたが、広まりませんでした。ポロシャツやアロハシャツで勤務して良いという運動ですね。
当時は原発事故の後で、電力を使わずに生きよう!と相当数の国民が思っていたはずですが、広まらなかったのはコイケさんが大臣じゃなかったからでしょう。「スーパー」を加えるだけではなくて、コイケさんに変な感じにしてもらえば良かったと思います。
2016年の都知事選では都政が「ブラックボックス」だと言って登場し、当選しました。
これは2005年のコイズミ郵政解散の再現を企図したものでしたね。コイズミさんは反対勢力を「抵抗勢力」と言いましたが、コイケさんは「ブラックボックス」でした。
ここから分かることは
変な横文字は結構、通じる。
ということです。
「東京アラート」、出ないことを祈ります。

追伸
今日はコロナがなければ、三社祭が行われていたはずの日ですが、既にお知らせしました通り延期が決まっております。開催予定は10月16日~18日。その頃には終息していることを期待します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.732本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

顔認証

浅草の街を歩いていて、
こんにちは!
と挨拶され、一瞬誰だか分からず、
こ、こ、こんにちは。
と遅れて返してしまうことが最近あります。マスクで誰だか良く分からなかった場合です。
どこで買うのか存じませんが、随分大きいマスクをしている人がいますよね。
アベノマスクは世間では酷評されているようですが、あの小ささなら誰だか分かり易いです。でも、つけている人は、ほとんど見かけませんね。
マスク一枚で、こんなに顔認証できないとは思いませんでした。
外国の方がマスクを嫌って、ごく最近までつけようとしなかった理由も、これで分かりました。
マスクをする→自分が誰か隠そうとしている→犯罪者に違いない
という思考だったようで、この発想を持っていないのはアジア人だけだったようです。
この状況に慣れることが、新しい何とやらなんでしょうか。トホホな話しですね。

追伸、
緊急事態が続いているので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来240人近い関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.731本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

看板

今日はコロナがなければ、三社祭が行われていたはずの日ですが、既にお知らせしました通り延期が決まっております。このところ天気が良いだけに残念です。
開催予定は10月16日~18日。その頃には終息していることを期待します。
さて東京は緊急事態延長だそうなので、引き続き自粛営業ですね。
肉の売店で医療関係者応援割引をやっておりまして、ご利用いただけるので、それが自粛中のモチベーションになっています。
拡散度合いも今のところ丁度良い位になっています。
大手メデイアの方から取材したいと連絡がありましたが、ありがたく辞退させていただきました。大きな話題になって、スーパーのように混むと良くないからです。せっかくのお話なのに申し訳ありませんでした。
一方SNSによる拡散は丁度良い位です。私の知り合いが拡散させてくれた場合もありますが、通りすがりの方が看板を画像に撮ってネットにあげてくれることが多いです。
通りすがりの方が撮っていくのは、今回の看板にインパクトがあったからでしょう。
立て看板は売店の若手スズキ君の手書き。若いのに味があります。
ガラス面に大きく貼り出したポスターはトゥーステップスさん、数メートル先からでも読み易いです。
そういう次第で200人ほどの方に既にご利用いただけました。ありがとうございました。引き続き緊急事態の間は続けて行きます。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.730本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

のり弁

向島の料亭「きよし」さんが弁当を始めたので買いに行きました。
昼行くのは初めてです。料亭という所には基本昼行きませんからね。
浅草から向島まで歩くと30分弱かかりますが、歩くことにしました。その日は良い天気でしたし、コロナで運動不足ですからね。
そして家まで持って帰らず隅田公園で食べることにしました。
のり弁と聞いていましたが、焼き魚やら出汁巻き卵など、結構品数ありますね。
天丼も種類があってありがたいです。
墨堤のテラスのベンチは眺めも良く、コロナのおかげで貴重な体験でした。
ご馳走様でした。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来200人近い関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.729本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

江戸東京野菜の物語

巣籠り中の皆様へ本のご紹介です。
「すきや連」の熱心な参加者である、大竹道茂さんが本を出されました。
『江戸東京野菜の物語』
大竹さんはJA東京中央会に入社。1989年より江戸東京野菜の復活に取り組んで来られました。農林水産省選定「地産地消の仕事人」や総務省「地域力創造アドバイザー」でもあります。今回の御本は、その活動をまとめたものです。
「千住ネギ」「練馬ダイコン」「内藤トウガラシ」
大竹さんが江戸の「遺伝子遺産」とも言うべき「江戸東京野菜」を保存する活動を始めると、都内各地の人々が協力し、街興しにつながった事例が多数ありました。その活動に参加した人達もここで紹介されています。と、書くと、
野菜で街興し?東京の?
と不思議に思う方が多いと思います。
大竹さんの活動に協力した方の中には、プロの農家さんもいますが、街興し活動家のような方も実は多いです。小学校の生徒さんが総出で野菜づくりをした例もありました。
大竹さんは各地の在来種だけを「江戸東京野菜」に指定しましたが、栽培効率の良い交配種を好む、大規模プロ農家は使おうとしないこともあるようです。在来種の遺伝子が貴重なんですけど、ね。
逆に農業の素人さんが在来種=「江戸東京野菜」を面白がる例が多かったようです。
・交配種=栽培効率が良い、大規模プロ農家が好む
・在来種=貴重だが、栽培効率が良くない
を理解するには、「雑種強勢」(ざっしゅきょうせい)という遺伝の理屈を理解する必要があります。
以下少し長くなりますが、
異なる在来品種の二つを掛け合わせると、次の代つまり交配一代目では、両親の性質のうち優性の方が表に現われて、劣性の性質は隠れます。
両親の一方が「猛暑に強い」「水不足に強い」といった性質を持っていれば、交配一代目の子は皆、猛暑に強く(水不足に強く)なるのです。で、両親よりも丈夫でよく成長し、収穫量も多くなるものです。この傾向を「雑種強勢」と申します。(二代目以降にはダメな性質を持った子も生まれます)
交配種って便利でしょ!
確実に収量を多く獲りたい農家さんが交配一代目ばかりを使う理由がこれです。
こうして農業の世界では交配種を使うことが主流となり、各地で継承されていた在来種は隅に追いやられました。
大竹さんは、そういう在来種の貴重さを訴えて来て、幸いなことに、その意義に気づく人たちが現れました。
素晴らしいことです。面白い時代になったとも言えると思います。
ひるがえって畜産の世界は・・・
それは、今日は言わずにおきましょう。
『江戸東京野菜の物語』(平凡社新書、ISBN-10: 4582859372)
是非ご購読を。

<業歴100年以上の企業経営者の皆様に緊急アンケートのお願いです>
「100年経営研究機構」さんが今、コロナショック最中に日本の老舗企業がどう対処しているか、知りたがっておられます。私は、これこそ国の叡智を集める一つの方法だと思います。該当する方は是非、この緊急アンケートにお答えいただき、またお知り合いに拡散していただければと存じます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
*ご回答はこちらから。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.728本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すきや連,色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

緊急アンケート

<業歴100年以上の企業経営者の皆様に緊急アンケートのお願いです>
老舗企業を経営学の観点から調べている「100年経営研究機構」という団体があります。立派な研究実績をあげておられるだけでなく、「世界一の老舗大国」として日本を発信していく活動もなさっています。
その100年機構さんが今、コロナショック最中に日本の老舗企業がどう対処しているか、知りたがっておられます。私は、これこそ国の叡智を集める一つの方法だと思います。
該当する方は是非、この緊急アンケートにお答えいただき、またお知り合いに拡散していただければと存じます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

(以下は趣意書の転載です)
 私ども100年経営研究機構(以下「機構」)では約1か月前、従前からお世話になっている長寿企業の皆様に、機構としてのお見舞いのメールを差し上げたところ、多数お返事をいただきました。その結果、甚大な影響を受けながらも、このピンチをチャンスに変えるべく工夫をこらし、奮闘を続ける長寿企業が少なくないと判明しました。
 これこそ、まさに過去幾多の困難を乗り越えられてきた日本の長寿企業の強さであり、機構として皆様の奮闘を応援しつつ、より多くの情報の共有ならびに発信によって少しでもお役立ちをしたいと考えております。戦後最大ともいわれる経済危機の長期化が懸念されるなか、創業100年を超える長寿企業の皆さまは、過去の大震災や敗戦、さまざまの社会経済の変化など幾多の困難を乗り越えて来た経験と教訓をお持ちであり、知恵と総意を結集して臨めば必ず未曽有の危機を突破できると信じております。
 そこで機構では、コロナショックに対する国内の長寿企業の考え方や対応について、改めて定量的なデータを含む実態把握をするため、緊急にアンケートを実施させていただくことにしました。
 このアンケートを通じて、過去に幾多の困難を乗り越えられてきた日本の長寿企業の現状と対応を集約し、苦境脱却のために情報発信させていただければ幸甚に存じます。アンケート結果は、機構が発行する会員向け、一般向けの情報媒体での活用、各種マスコミ対応などに活用致します。また、皆様が直面する悩みも把握し、関係各方面への働きかけなどを通じて皆様の危機突破と長期存続に全力で貢献する所存です。
 本アンケート調査に要する時間は約5分です。ご多用中、誠に恐縮ではございますがご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。
(一般社団法人100年経営研究機構 代表理事 後藤 俊夫)

*ご回答はこちらから。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来180人以上の関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.727本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 憧れの明治時代,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ホワイトリカー

茨城県石岡市の日本酒の酒蔵「白菊」さんが造ったアルコールを、店の消毒に使わせていただきました。
主な納め先は医療機関だとかで、それは喜ばれるだろうと思います。素晴らしい社会貢献です。
まさか原料は山田錦?
と思い聞いて見ましたら、さすがにそうではなかったようで、
原料は「糖蜜」でした。
砂糖を造る時に副産物として「糖蜜」ができますが、そこにも未だ糖分があるので、それを醗酵させてホワイトリカーを造ります。梅酒やチューハイに入っているのは、それですね。
アルコール度数はホワイトリカーと違いました。
ホワイトリカーを造る時は、水で薄めて35%くらいにしますが、その度数ではウイルスは死なないので、今回のは75%にしてあります。
が、飲めないことはないです。
そのままだと勿論キツい(辛い)ですよ。だから水で薄めないといけませんけど。
香りをたしかめてみると、ほのかに甘い香りが。
本気で飲んじゃおうか、なあ。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来150人以上の関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.726本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

家族揃って

5月9日(土曜)の肉売り場は、思いのほか忙しく営業させていただきました。
10日が「母の日」なので、コロナがなければ家族で外食したであろう方々が、「家ですき焼き」に切り替えたのだろうと思います。
家族揃って買いに見える方もあり、自粛警察に見つからないか心配になりました。食料品を供給しているだけですから、取り締まられる理由は勿論ないですけどね。賑わいを心底喜べないとは、本当に残念な話しです。
その様子を片目で見ながらフェイスシールドを注文してみました。宇宙戦隊のような、あれですね。防災用品として売られているもののようでした。
接客時につけていても違和感ないものか、届いたら試してみます。
「ちんや」の肉売り場は、道路に面した壁を全開放できる構造なので、クラブや屋形船のような心配はないのですが、ワクチンがなかなか出来ないので、変な格好でも仕方ないです。
トホホな世の中になったものです。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。
割引開始以来150人ほどの関係者の方にご利用いただき嬉しく思っています。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.725本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

母の月

明日は「母の日」ですが、今年はコロナに対応して「母の日」を「母の月」に変えるそうです。
私は良い考えだと思いますので成功することを祈念しますが、どうでしょうか?
これを考えたのは日本花き振興協議会さん。
毎年「母の日」当日や直前にはカーネーションを求める人が売り場に集結してしまうので、感染が怖い。配送に切り替えると今度は物流に負荷がかかる、ということで「月」に切り替えるそうです。
思えば日本には、〇〇の日に××を買おう(食べよう)という商法が多いです。
古くは「土用の丑の日」。あとクリスマス・ケーキ、バレンタイン・猪口、いや間違えた、チョコ、新しいものはでは恵方巻。
これまではフードロスの観点で見直すべきだと言われてきましたが、今回はウイルスの観点で見直すというわけです。
クリスマスやバレンタインはまだ先なので考える時間がありますが、鰻は7月の話しですので、鰻屋さんの業界は困ったことになるかもしれません。お気の毒なことです。
「丑の日」を、「丑の日」だけでなく土用全体に広げるとかしないといけないのかもしれませんね。あるいは鰻だけでなくて牛を食べても良いことにするとか(笑)
で、「母の日」を「月」に拡大する案ですが、どうでしょうか?
正直、インパクトが薄まるかなあ。
花き振興協議会さん、頑張って下さい。

追伸、
緊急事態が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引(半額!)も31日まで続行します。

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.724本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: ぼやき部屋,色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

1週間経って

緊急事態宣言が延長だそうなので、肉の売り場でやっている医療関係者応援割引も続行しております。
これを始めて1週間経ちますが、感想・反応など送って下さる方がいて、嬉しく存じます。
・「ちんや」さんへ、ごちそうさまでした!これからも日本国民のためにがんばります!
・家内が医師で、最近はかなり忙しくしており、50%引きに大変喜んでおります。ありがとうございました。
・美味しかったです。娘も孫も大喜びでした。みんなで幸せな気分になりました!ありがとう😊
・娘もほんとに喜んでおりました。仲間にも教えてあげようと言っておりましたので、押し寄せるかも。またよろしくお願いいたします。
・肉仕入れに来ました。50%割引、大変助かります。
・この写真の絵だけで、すごく気持ちが伝わって、ハッピーに元気になれると思います。臨床の先生たちに写真、見せちゃいます!!!
・涙が出そうです。こういうお気持ちが何よりうれしい! いつもより豪華なすき焼きを食べさせてあげられます。近いうちにぜひ!
・ありがとうございます。
・ありがとう
・これは喜ばれますね。そんなちんやさんの姿勢を見て、さらにファンが増えると思います。
・男気。心意気。気概。いろんな言葉が頭に浮かびました。滅茶苦茶カッコいい!!
・素晴らしいです。召し上がる時間があればいいのですが。
・素晴らしいサービスですね。落ち着いたらまたぜひ伺いたいです~。
・素晴らしいです❗きっと、勇気づけられると思います👍
・すごい!さすが
・いいですね
・すばらしい
・素晴らしいです
・こういう応援、いいですね〜
・ちんやさん、粋な対応してますね

本日もご愛読賜り、誠に在り難うございました。
弊ブログは2010年3月1日に連載スタートし本日は3.723本目の投稿でした。引き続きご愛読を。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)