住吉史彦のブログ三千日連続更新記念 三夜連続シリーズ「バブル世代のバブル噺」その第二回

グーグルの検索窓に「バブル世代」と入れますと、
バブル世代 使えない
バブル世代 無能
バブル世代 リストラ
バブル世代 あるある
という文字列が並びます。
私を含む、この世代は、どうやら世間からそう診られているようです。トホホなことですね。
ここであらためて正確に書きますと「バブル世代」とは、バブル景気の時期(1987年-1991年)に就職した世代のことを言います。
かく申す私も1988年春の大学卒業ですから、ジャスト・バブル世代です。そして、この春、この世代が卒業30年を迎えました。そう、実は今年は私達の卒業30周年の年なのです。
ですので、ブログ三千日連続更新記念で書くネタとしてちょうど良いと考え、
「バブル世代のバブル噺」を書いてみることにしました。今日は、その第二回です。

さて昭和のバブル経済から30年ですが、日本経済は進歩したでしょうか?今回のシリーズで書きたいのは、そこです。
観望しまするに、今またバブルが湧き起ろうとしていますね。
昭和のバブルが起きたのは、1985年のプラザ合意後の「円高不況」に対処するためでした。当時の日本経済は輸出に依存していたため、円高で輸出産業が大打撃を受け、町工場の倒産が続出していました。それで金融緩和と財政出動も行われました。それがやがて制御不能になって行き、バブルに成りました。
一方、今回のバブルの元は「異次元緩和」ですね。リーマンショックや東日本大震災で痛んだ日本経済を上向かせるため、2013年に始まりました。オリンピックとからめることで建設ラッシュを起こしましたが、肝心の物価を上げることはできていません。
このように2つのバブルは、政策的にスタートした点が似ていますが、昭和のバブルと今回バブルとで違う点を、私は一つ指摘しておきます。
昭和のバブルは浅草にあまり関係がなかったのに対して、今回のバブルは浅草にかなりの影響があるのです。これは実に重要ですよね(笑い)
「観光立国」がスタートしたのは小泉政権のことで、昭和のバブルは、それ以前のことでしたから、金融緩和によって円レートが下がっても、インバウンド観光客はあまり増えませんでした。
しかし、今回は増えました。日本の横に中国という大きい経済が出来たことも、大きな違いですね。だから、今回のバブルは、浅草に関して言えば、「インバウンド・バブル」の様相を呈しているのです。
最近浅草で建設ラッシュが起きています。永く続いたお店さんが店をたたまれて、インバウンド狙いの新手の店が雨後のタケノコのように出来ています。
これを喜ばしいことと思う人もおいでのようです。
しかしですよ、東京のビルを壊して、新しいビルを東京に建てるのって、昭和のバブルとおんなじじゃないですか、ね?
成長する方法って、スクラップ&ビルドしかないんですか、ね?
成長の質って、問われないんですか、ね?
質が下がるのなら、無理に成長しなくても良いんじゃないですか、ね?
地方の、人口減少が続いている土地で、腕のたつシェフが空き家を改装して良い雰囲気のレストランを始めるのなら間違いなく良い成長です。が、浅草の昔懐かしい店を潰して、立ち食いスイーツの店にするのは良い成長ですか、ね?
質が下がるのなら、無理に成長しなくても良いんじゃないですか、ね、皆さん?
<明日の弊ブログに続く>

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.999日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと一日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

住吉史彦のブログ三千日連続更新記念 三夜連続シリーズ「バブル世代のバブル噺」その第一回

グーグルの検索窓に「バブル世代」と入れますと、
バブル世代 使えない
バブル世代 無能
バブル世代 リストラ
バブル世代 あるある
という文字列が並びます。
私を含む、この世代は、どうやら世間からそう診られているようです。トホホなことですね。
ここであらためて正確に書きますと「バブル世代」とは、バブル景気の時期(1987年-1991年)に就職した世代のことを言います。
かく申す私も1988年春の大学卒業ですから、ジャスト・バブル世代です。そして、この春、この世代が卒業30年を迎えました。そう、実は今年は私達の卒業30周年の年なのです。
ですので、ブログ三千日連続更新記念で書くネタとしてちょうど良いと考え、
「バブル世代のバブル噺」を書いてみることにしました。

さて、あれから30年ですから、その後に生まれた世代が、もう社会人になっています。バブルは、わずか数年の出来事でもありましたし、風化していて当然です。思い出していただくために、当時言われていたことをおもむくままに書いてみますと、
・東京の地価が高騰し、「東京23区の地価でアメリカ全土を購入できる」と言われた。
・地価は永遠に上がり続けるという「土地神話」が、本気で信じられていた。
今から思えば笑い話しですが、本当にそう言われていました。
そして就職しようとする学生は、内定をもらった後で「拘束」されました。
「拘束」とは、そういう趣味のセクハラのことでは勿論なく(笑い)、内定先の会社の負担で高原のホテルに泊めてもらえたのです。学生を自由にすると、他の会社の面接に行ってしまうので、確保するために「拘束」したのです。
さらに私が信じられなかったのは、その翌年のことでした。
銀行に入行した同期生が、もう融資をしていると聞かされた時です。それも単なる融資ではなく、銀行員が物件を探してきて、その土地を使って何か事業をやれ、と融資先に持ちかけると言うのですから驚きました。
優秀な男ではありましたが、土地の良し悪しなんて、新入行員に分かるわけません。恐ろしい話しだと思ったのを、今でもよく覚えています。
そんな日々から30年ですが、日本経済は進歩したでしょうか?
今回のシリーズで書きたいのは、そこです・・・
<明日の弊ブログに続く>

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.998日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと二日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

団体予約

<ある日の「浅草インバウンドあるある」>
僕ハ台湾カラノguideデス。
団体予約シタイノデスガ、
2.000円ノcourseワ 在リマスカ?
はい、ございません。
ので、予約は止めて下さい!!!

この方に限らないのですが「予約シタイデス」とおっしゃるので、こちらの料理内容や値段は調べてあるのだろうと考えますと、それは、
日本人の常識
予約してから調べるのも世界的には「あり」なのです。
まったくもってトホホですが、現実です。
「あるある」な日々は続く。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.997日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと三日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 浅草インバウンドあるある — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

何気ない日本

自戒を込めて書きますが、他者を批判する時は、その対象について多少は調べた方が良いと思います。
「名所でないのに外国人殺到?人気ツアー探る」
という記事の中で、「何気ない日本」へインバウンド客を案内しているツアーガイドだという人が、
「単純にすき焼きとか忍者だけじゃなくて、本当に日本の人はなんでこうなんだろう、なんでみんな信号守るんだろうとか、どういう暮らしをしているんだろうとか、そういう深いところに関心がいっているから、こういったツアーが人気あるんじゃないですかね」
とコメントしていました。
インバウンド客がすき焼きを食べても、忍者体験をしても日本のことは、あまり良く分からない、という文脈で発言しておられるようです。
人気なのは、ガード下での食事とか自動販売機の説明なんだとか。
たしかに私もテレビで視かける浅薄な「忍者体験」には辟易します。すき焼きを出している業者の中には、すき焼きというものについて、何も学んでいない業者がいるかもしれません。
すき焼きという食べ物は、水の国・日本が創り出した、煮物(あるいは鍋物)という特徴的な食文化の代表であり、また血の穢れを厭う国民が肉食を受容するように変わってきた、食の歴史の代表でもありますが、それを学ばずに、肉と野菜と卵さえ用意すればすき焼きが成立するだろうと考えている業者もいるかもしれません。
おそらく、このツアーガイド氏は、たまたまそういうすき焼き屋に行ってしまったので、単純な日本観光の代表として、すき焼きを挙げたのだろうと想像します。もう1軒すき焼き屋に行ってみれば良かったですね。私の知る限り、すき焼き屋さんはだいたい勉強熱心ですから。
文句ついでにもう一文句書きますと、
「何気ない日本ブーム」って、あんまり好きになれないんですよね、私。
こういう報道が頻繁に出るのは、日本人の自信喪失の裏返しに違いないって思ってしまうのは、私のものの見方がうがっているからでしょうか?ものの見方が古いからでしょうか?
技術立国・日本の象徴だった原発で事故。
→技術は自慢しづらくなった。
→技術以外の日本も世界で目立って欲しい。
→しかしサッカーでは勝てない。他に何かないのかな?
→おや、「何気ない日本」が、「目立って欲しい」ではなくて、既に人気沸騰だ!これを自慢のタネにしよう!
という流れに見えてしまうんですよね、私には。
普通の公道をオチャラケた観光の場所に変えてしまうマリオカートも嫌いですね、私は。
はい、古くてあいすみませんでした。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.996日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと四日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

和の迎賓館

かの名店・京都岡崎の「つる家」さんに行ってきました。
国際観光日本レストラン協会の尾川会長が最近退任されたので、その慰労会です。全国から協会の関係者が大勢参加して盛況でした。
さて岡崎「つる家」さんは、そもそもが迎賓館です。
昭和3年(1928年)、京都御所で行われた昭和天皇の即位の礼に際して入洛して来る、貴族院議員・衆議院議員たちの宿泊・食事の世話をするために、大阪北浜で明治41年(1908年)に既に開業していた「つる家」さんが、この地に開店させました。
以来、格式ある「和の迎賓館」として、今日に至っています。歴代の客にはエリザベス女王、ブッシュ大統領といった人々がいたそうな。
大広間には五月ということで立派な武者人形が飾ってあり、スケール感が違いますね。
お庭や竹林は当然結構。東山の夕暮れを眺めながらの宴会です。
すべてのお料理が美味しかったですが、私が感心しましたので、
鮎の塩焼きに付いていた、蓼酢。
鮎の塩焼きは好物なので、結構な頻度で食べますが、蓼酢が残念なことが多いです。
しかしこちらは出汁との調和がバッチリ。人生これまでで最も美味しいレベルの蓼酢と思い、使い終わった後も全部舐めました(笑い)
御馳走様でした。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.995日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと五日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

ちんや川柳包装紙2018

今年も三社祭にタイミングをあわせて、
「ちんや川柳包装紙2018」を創りました。来週末にはデビューさせます。
ここに印刷されている川柳は、昨年の秋に「すき焼き川柳コンクール」で募集したものです。
その節は多数の応募をありがとうございました。
悩みに悩み、厳選させていただきまして、入選句をこの包装紙に刷り込みました。
そう、このコンクールは、単に川柳のコンクールをするだけでなく、入選すると、店で本当に使う包装紙にその川柳が刷り込まれるのです。それが特徴です。
この出来上がった包装紙は、
「おもいを包む」包装紙として、多くの方々に喜んでいただけると思っています。
だいたいですね、ギフトというものは相手の方に対して、なんらかの
「気づかい」や
「思いやり」を届けるものです。
お世話になった、恩師・上司・先輩がご高齢であれば、肉と贈るというのは我ながら良い考えだと思います。
今年はもう気温が30℃を超える日があり、夏が早くいですね。
肉で養生なさってください!
という想いを包んで贈ってはいかがでしょうか。
今回の入選句はこちら↓です。(敬称は略させていただきました。)

<超ウケ賞(1句)>
合格祝い 我が子ほめずに 肉ほめる(ごんた)(練馬区、41歳)
<大ウケ賞(3句)>
すき焼を 囲んで笑顔 七福神(菊間清二)(新宿区、78歳)
もみじ狩り まずは鍋の 紅葉を(モテキ)(群馬県前橋市、40歳)
あまいタレ お支払いも あまくして(ひろむし)(神奈川県横浜市、48歳)
<ややウケ賞(5句)>
湯気立ちて 牛鍋囲みて 暑気払い(はじめ)(千葉県市原市、83歳)
わが夫は すき焼きもてなす 好好爺(糟糠の妻)(目黒区、82歳)
誕生日 すき焼き食べて 更に長生き(大島政次)(群馬県太田市、68歳)
歯もボロボロ 食べときゃよかった ちんやの牛鍋(眼もボロボロ)(台東区、68歳)
すき鍋に 煮込む家族の 祝い事(多芸岡)(足立区、79歳)

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.994日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと六日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

被害者責任

被害者責任
って言葉があるのか存じませんが、被害者にも落ち度があるかのようにネットに書かれてしまうのって、酷い話しだなあと思います。さしあたっては、
事務次官の「言葉遊び」事件、
ジャニーズ・トップ・スターの泥酔強制わいせつ事件
被害者は、そういう有名な人はそういうことをしないだろうと想像して会いに行き、被害に遭っているわけですが、被害者にも落ち度があるかのようにネットに書かれていますね。
最近ネットで頻繁に見かける飲食店のドタキャン事件・ノーショー事件についても、被害店舗に落ち度があるかのように書かれることがあります。
確認が甘かったんではないか、とかね。
そういう側面があったかもしれません。
が、そもそも飲食店をやるような人は、「人が好き」「人と接するのが好き」というタイプの人間ですから、相手を疑うところからは入りません。お客様は、酷いことはしないだろうと思うから、確認を入れないんですよ。
被害者責任論をネットに書く人のように性悪説で動いている人の方が一見利口に見えますが、仕事の拡がり・人生の拡がりはないと思います、やはり性善説に立たないと。
で、そこから先はジレンマのみですねえ。
南観世音菩薩。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.993日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと7日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

オススメのイタリアン

六本木のイタリアン「ラ・スフォリーナ」さんに行ってきました。
料飲三田会の杉田數祐さんのオススメのイタリアンだからです。
去年の夏に料飲三田会は、やはり杉田さんオススメのイタリアン「カッパス」さんで例会を開催し好評でしたが、その杉田さんの次なるオススメの店ですから、楽しみにして行きました。
お店は、六本木にありながら、一軒家です。クスノキの見えるテラス席があります。「くつろげる空間でゆっくり味わえる」がお店のコンセプトだそうですが、思わず長居してしまいそうですね。
パスタの種類が多いので、パスタずきにはバッチリと思います。
御馳走様でした。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.992日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと八日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

入社4日目で退社したわけ

5月病の季節ですね。
ネットで「入社4日目で退社した新社会人の言い分」という記事を見つけて、なるほど、テレマ電話の向こう側はそうなっていたのか!と、先方の事情が分かりました。
その新社会人が辞めた会社は不動産関連の会社でした。
富裕層に賃貸運営を勧める仕事で、ひたすら「テレマ」をかけます。
「税金を取り戻しませんか」とか営業用の原稿があって、それをひたすら電話で読み上げる仕事を、入社3日目からやらされたとか。
電話をかけても当然すぐ切られ、精神的にどんどんすり減って行ったそうな。で、
「午前中に電話をかけ終えて、昼休みに辞めようと考えました。」
弊社にも毎日テレマの電話がかかって来ます。多いのは、ネット関係、電話料金、インバウンド関連ですかね。不動産も多いです。
予約電話がかかってくる回線めがけてテレマするのですから迷惑千万ですが、そのテレマの声が、この時季、妙にフレッシュです。新人さんなのでしょうか。
そんな仕事を一生懸命やらないで!!
と心の中では思いますが、もちろん、そんな気持ちは押し殺して、相手にしません。
はい、主人(=私のこと)は出張に出ておりまして、戻ったら電話させますから、番号を言っていただけますか?(で、電話はかけない)
今年の新社会人は、小中高を通してゆとり教育を受けた「究極ゆとり世代」で、就職に関する意識が甘く、記事の新人さんは就活に出遅れて、空いている会社をみつけて入ったら、こうなってしまったと書かれていました。
記事は、そのゆとり世代に合わせて「企業に変化が求められている」と結ばれていましたが、果たしてそうでしょうか?
ゆとり世代に合わせる方法とかが問題なのではなくて、
企業の在り方そのものが問題のような気がします。
フレッシュなテレマの声を聞くたびに、
そんな仕事を一生懸命やらないで!!
その会社、今すぐお辞めなさい!!
と言いたくなります。五月病の季節。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.991日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと九日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

親子丼

雑誌『一燈照隅』に軍鶏鍋「玉ひで」さんが親子丼を値上げした時の話しが書いてあって、面白く拝読しました。
「玉ひで」の当代が若い頃、軍鶏は貴重品でした。 
闘鶏に使う軍鶏は、闘鶏が盛んに行われていた時代は確保できていましたが、戦後闘鶏が禁止になってから数が激減してしまいました。いったん途絶しかかったのを、1977年ごろから「玉ひで」の先代と農水省などが復活させたのですが、そういう次第でしたから、一時は貴重品でした。
ちょうどその頃、「玉ひで」さんで売れていたのが親子丼でした。
600円という安価な値段で出していましたから連日長蛇の行列が出来ていましたが、並んでいる人は軍鶏の親子丼と勘違いしていたかもしれません。
が、実は違いました。先代は、軍鶏は高級なものだから親子丼には使わないと決めていたのです。「下町の大衆食堂で良い」とも言っていたそうです。
その仕分けを当代が変えました。
先代の3回忌を待って、親子丼も軍鶏にしたのです。値段も当然上げました。
値上げすれば行列はなくなるかもしれませんから、失敗すれば恥をかいたことでしょう。
しかし、値上げの趣旨を書いた広告を出し、店内も改装・人手も確保してサービスも厚くすることを宣言した結果、値上げ当日以前の倍の人が並んだそうです。
老舗が永く続く間には材料の事情が変わることもあります。
その境目にどう対処するか、当主は見解を問われますね。参考になる記事でした。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.990日連続更新を達成しました。三千日連続更新まであと十日です。
すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)