盲導犬

 盲導犬ユーザーのお客様を初めてお迎えしました。

 実は2002年に、「身体障害者補助犬法」というのが成立していまして、レストランも盲導犬を受け入れることを義務づけられています。

 この法律は最初、公共施設と公共交通機関に施行され、2003年からは、民間の「不特定かつ多数の者が利用する施設」つまりレストランへも施行されるようになりました。

 それからしばらく時間がたちましたが、弊店では、盲導犬は今回が初体験です。

 ご存じの通り、弊店は玄関で下足を脱いでいただいて⇒お入りいただく構造なので、ワン子も、そこで足を拭いてもらわないといけません。

 その点は、手間と言えば手間ですが、そこさえクリアすれば、部屋は個室ですので、その中にいて下されば、他のお客様に嫌られる、という心配はさほどありません。

 聞けば、盲導犬ユーザーの方のほとんどが「同伴入店拒否」を経験されているそうで、気の毒なことですが、客席どうしが接近している店では、他のお客様が嫌がるケースもあるのかもしれませんね。

 法律の施行直後は、駅の通路などで啓発ポスターを見かけましたが、最近は見かけません。PRが足りないのでしょう。

 もう一つの問題点として、ワン子の毛が抜けたりしますが、清潔なユーザーさんは、丁寧にブラッシングしているでしょう、ごく少量でした。対応としては、お帰りになった後に、部屋に掃除機をかけるだけのことですから、そのくらいは親切の範囲内で可能です。

 人間でも、酔っぱらいが部屋を汚すことがあり、その始末をするのは、愉快ではないですが、仕事の一部です。そのことを思えば、忠実なる犬の毛の始末の方が、よっぽど愉快な仕事ですね。

 まったく何の問題もなく、食事は済み、ユーザーさんもワン子も帰っていきました。

 目出度し、目出度し。

 え? その犬は「ちんや」の肉を食ったのか、って?

 盲導犬は、そういうことをしないんだそうです。可愛いそうでしたけど・・・

追伸①

 弊店では肉を召し上がっていただく前に、牛の個体識別番号と生産県をお示ししています。汚染エサを与えていないことが確認されていますのでので、安心して国産牛を召し上がっていただくことができます。

追伸②

 「ゆかたdeプレゼント」を実施しています。ゆかた姿で弊店に見えた方に、東北・茨城の冷酒1本(300ml)を差し上げます!(お座敷で、料理1人前を召し上がる方に限り)

 弊店以外の台東区の御店でも、同様のプレゼントが。そちらは、8月13日(土)から28日(日)まで実施予定です。

追伸③

 川柳で日本の食卓に笑顔を!

「すき焼き川柳onツイッター」コンクール、略して「すきせん」の、投句受付をしています。

 応募要領と投句一覧は、こちらです⇒http://www.sukiomo.com/

  本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて527連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:01 午前  Comments (0)