第7回

茨城県酒造組合さんが「第7回茨城地酒まつり in 花やしき」というイベントを開催されました。会場はタイトルの通り「浅草花やしき」です。

「花やしき」さんは勿論遊園地ですが、遊園地の営業が閉園した後の夜間は、貸切りが出来るのです。ご存じなかった方も多いかもしれませんね。

その夜の遊園地に、茨城から28蔵が集結、園内の各所で試飲をできるようにしたのが、このイベントです。

もう7回目なんですねえ。

このイベントは、夜祭りのようと申しますか、大人のピクニックのようと申しますか、上手く表現できませんが、なにしろ愉快な空間が現出します。

私もとても楽しみにして参加しました。

おり悪しく雨天でしたが、700名ものお客様が来場されて、大盛況でした。実に結構なことでした。

関係者の皆さん、お疲れ様でした。

 

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

*この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.783日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

そば打ち一代

浅草観音裏の「蕎亭大黒屋」菅野成雄さん・雅江さんご夫婦を描いた本が出ました。

「そば打ち一代 浅草・蕎亭大黒屋見聞録」

上野敏彦 ()

単行本、平凡社刊行

菅野さんは、浅草料理飲食業組合の総会などでお見かけするくらいで、「美味しい蕎麦屋さん」とは認識しておりましたものの、深い面識はありませんでした。

このご本を読んで、

!!!

石臼とか銅鍋とか道具を自作したり、ソバや野菜も自分で育てたり、普通の蕎麦屋さんではありませんな!

蕎麦屋さんを超えてしまった感じすらします。

存じませんで、失礼しました。

古希を迎えて現役というのも素晴らしいです。

皆さんもご購読を。エキミセの中の「くまざわ書店」の浅草本コーナーに積んであります。

 

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

*この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.782日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

赤シャリ

両国駅の「江戸NOREN」に行ってきました。

最近JRさんが駅舎を改装して造ったレストラン街です。コンセプトは「粋な江戸の食文化を楽しむ」だそうで、寿司、蕎麦、焼き鳥、ちゃんこなど和食店ばかりが12店出店しています。浅草から近いのに、私は開業後初訪問でした。

「江戸NOREN」に行ったのは、この中にある「つきぢ神楽寿司」さんをお借りして、料飲三田会の幹事会を開催させていただいく為でした。

幹事会は30分ほどで終了(笑い)

ボックス席からカウンタ―に移動して、後は、もちろん寿司です。

「神楽寿司」さんの名物は、天然赤酢を使った赤シャリ。酢が良いとたくさん食べられてしまいますね。

うー。満腹でした。ご馳走さまでした。

 

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.774日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

 

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

パリジェンヌと江戸っ子

「東都のれん会」の講演会で、ドラ・トーザンさんの話しを聞いてきた件は、昨日の弊ブログに書きました。「日本とフランスの架け橋」となってきた女性ジャーナリストです。

講演の本題は、日本の四季や食、温泉、相撲など。フランス人と日本人は、世界の中でも文化性に特徴があり、それをもっと観光誘致につなげるべきだというのが大筋でした。

しかし、私が面白かったのは、講演終了後に出た質問=「パリジェンヌ」と「江戸っ子」の件でした。

ドラさん自身は生粋のパリジェンヌですが、パリ生まれでなくても、パリジェンヌに成れるそうです。

それは血統の問題ではかく、生き方の問題なので、外国出身でもパリジェンヌに成れるそうです。

へえ。知りませんでした。

対する「江戸っ子」は、やはり江戸に住んで何代目かが気になってしまいます。

私自身も「江戸っ子だねえ!」などと言われると、血統のことを言われているだけだろうと感じます。正直、たいして嬉しくありません。

褒めたつもりだった貴女、ごめんね。

しかしです、本来「江戸っ子」も、生き方の問題だった筈です。歌舞伎や落語を観れば分かることです。

そうした生き方が今の東京で尊ばれていないから→「江戸っ子」とは血統のことだと思う人が多いのだろうと思います。

軽くモヤモヤして、私は講演会場を後にしました。

追伸

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。こちらのURLで視聴可能です。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものです。どうぞ、ご覧くださいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.773日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: ぼやき部屋,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

プレミアム例会

表参道の日本料理「太月」さんに行って来ました。

このお店で料飲三田会の「プレミアム例会」を開催する予定なので、事前の挨拶です。

「プレミアム例会」とは、キャパシティの小さい御店を、当会で借り切って食事を楽しむ例会のことで、今回初めて開催するものです。募集方法は「先着順」です。

今回は志村久弥副会長、手塚良則幹事の企画により「太月」さんに決りました。

会場店「太月」のオーナー料理長・望月英雄さんは、1979年神奈川県泰野市生まれ。

野球少年でしたが、ひじを痛めたことをきっかけに料理の道を目指し、新宿の「龍雲庵」、浜町の「玄冶店濱田家」、麻布十番の「割烹喜作」で日本料理を修業、20138月表参道に「日本料理太月」をオープンしました。

当会監査役の「濱田家」三田芳裕さんも以下のように、このお店を推しておられます。

「太月の望月さんご夫妻は、比較的短時間でしたが、ご主人は調理、奥様はサービス部門で「濱田家」にご勤務頂きました。現在はお二人で「太月」を立派に繁盛店にされ、私も家内も喜んでおります。「太月」にて皆様に例会を開いて頂けましたら誠に有難く存じます。」

お訪ねした日も、秋らしく趣味の良いお料理の数々で、大変美味しく頂戴しました。当日が楽しみです。

追伸

930() 午前10時放送のBS-TBS『サタデードキュメント』に出演させていただきます。どうぞ、ご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.771日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 11:50 AM  Comments (0)

宗和流本膳料理

飛騨高山に行ってきました。

国際観光日本レストラン協会の研修会が高山市の料亭「洲さき」さんで開催されたからです。

高山の中心市街地には江戸時代の町屋が良く保全されており、その景観から「飛騨の小京都」などと呼ばれます。私が訪ねた時も、多くの外国人の姿が見られました。

さて、その「洲さき」さんは寛政6年(1794年)のご創業。江戸時代に編み出された宗和流本膳料理を現在に伝える唯一の店であります。建物自体も高山市有形文化財。

「宗和流」とは、申すまでもなく、お茶の「宗和流」の祖・金森宗和が好んだ料理のこと。宗和は高山の城主だったのです。

本来は「三汁二十菜」と言って、食べるのに10時間かかる(!)とかで、実際「洲さき」の当代の結婚披露宴は、その位の時間がかかったそうです。

うーん、そんなに長時間飲んだら、肝臓に悪いですなあ・・・

ということで、現代では限られた時間に対応したものになっていますが、それで勿論技術の多彩さ、丁寧さは感じることが出来ました。

メインは、子持ち鮎。

「良く焼いてあるので、頭も食べられます」という説明でしたので、骨もいただきました(笑い)

二次会は地元の芸者さんが経営する御店へ。

ご馳走様でした。楽しかったです。

 

追伸

9月30日(土) 午前10時放送のBS-TBS『サタデードキュメント』に出演させていただきます。どうぞ、ご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.769日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

年次総会

一般社団法人「100年経営研究機構」さんの年次総会があり、ゲストとして出て欲しいということでしたので、出席致しました。

料理屋の総会は、とにかく早く食事をしたいので、議事はすっ飛ばすことが多いですが、こちらは流石に真面目な活動報告がありました。

1100年経営とソーシャルビジネス

2100年経営と次代が求める資本主義の在り方

3100年経営と近江商人(「近江商人のルーツを探る」をツアー)

4100年経営と中国

5100年経営アカデミー

20175月、ハリウッド大学院大学様との業務提携のもと、100年経営を体系的に学べる場として世界初の試みである、「100年経営アカデミー」が開講いたしました。前期は「100年経営概論」と称し、100年経営に必要なマーケティングやリスクマネジメントなど全15回の講義を行い、15名の受講生が履修いたしました。

私が関わりましたのは「5100年経営アカデミー」で、講演内容は、こちらに掲載してございます。

久しぶりに当時の受講生さんとも懇談できて、楽しく勉強になるひと時でした。

ありがとうございました。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.762日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 憧れの明治時代,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

古民家レストラン

嬉しいニュースに接しました。

「野村醸造」さんが古民家レストランを開業されるとか。

「野村醸造」さんと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、

銘酒『紬美人』を醸しておられる蔵で、2年前の鬼怒川の氾濫で被災した、茨城県常総市の蔵と聞けば思い出す方も多いと思います。

「2年前の9月10日朝、北西約2キロの地点で鬼怒川が越水。野村さんの胸まで水が迫り、酒蔵も冠水した。水が引くと室内は泥まみれで、瓶詰めした日本酒1万5000本のほか、酒造りの機械類も使えなくなり、損害は約7000万円に上った。」と申します。

その翌年の6月、野村さんは私のイベントに出店して下さいました。

私と浅草の旦那衆との対談本『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』の刊行を記念した「すき焼きを食い、カクテルを飲み、著者・関係者と語る会」です。

この会はタイトルの通り、「ちんや」のすき焼きを会場のホテルに持ち込んで食い、また対談場所である浅草のバー「ORANGE ROOM」さん・「FOS」さんのカクテルも持ち込んで飲み、関係者と語る、という会でした。

そしてさらに、日本酒は「野村醸造」さんの『紬美人』をお飲みいただくことにいたしました。

野村さんは、それまで全く面識がありませんでしたが、出品依頼の手紙を出しますと、ご快諾下さり、会場の浅草ビューホテル4階までいらして、自ら来客に酒をふるまって下さいました。恐縮なことでした。

それから1年強。

「単なる復旧ではなく、一歩前に出よう。マイナスをプラスに転化しなければいけない」ということで、11月に古民家レストランを開業されるとか。

ご繁盛を心より祈念致します。

 

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.760日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

 

Filed under: 色んな食べ物,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

遠き海原②

「伊場仙」の十四代目・吉田誠男さんが本を出されました。題して、

『遠き海原~世界都市「江戸」誕生の物語』。

(出版社名、コードなどは弊ブログの9/3をご覧ください)

「伊場仙」の初代・勘左衛門が家康と共に岡崎から江戸へ来たのは、当時未だ湿地帯だった江戸を天下第一の都市にするためでした。そして、その治水技術をオランダに求めたことで、勘左衛門はオランダと敵対していたスペイン・ポルトガルを敵に回すことになる・・・

というのが、この御本の筋書きで、元NHKアナウンサーで歴史通の松平定知さんも推薦文を寄せて、「ストーリー展開に目を見はった」と絶賛しておられます。たしかに私が読んでも、

そんな設定、「あり」なの?!

と思うような発想の面白さなのですが、それをここで書くと「ネタばれ」になるので、書けません。

一方面白い展開とは別の次元で、吉田さんがこの御本で言っておきたかったであろう部分は、三河商人の在り方について、です。そちらの方はここでご紹介しても良いだろうと勝手に判断して書きますが、その三河商人の在るべき姿は、なんと家康が語るのです。

「上に立つ者は常に頭を下げるように心がけよ。卑しい者ほど威張りたがるものじゃ。大器あるものは自分の偉業を誇示することはない。謙虚に、控え目に生き抜くことじゃ、江戸日本橋はこれから幾百年この国の中心になろう。この街の有力なる者の品性が問われるぞ。」

勘左衛門が、父・利兵衛が手がけていた江戸の治水事業を継いだのは、わずか16歳の時。利兵衛は、おりから台風が接近して来たので、自分の造成した地盤が大丈夫か点検に行って、帰らぬ人と成ってしまいます。

その事業を若くして継いだ勘左衛門に、家康が与えた訓戒が、上の言葉なのです。

常に頭を下げよ、そして商人の身であっても天下国家を考えよ、というメッセージを言いたかったのは、間違いなく、吉田さん御自身でしょう。それを家康が語るのです。

当節、耳の痛い人が多かろうと思います、私を含めて。

ひらたく申しますと、吉田さんに叱られてる気分・・・もちろん在り難いですが。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.758日連続更新を達成しました。

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM  Comments (0)

米沢講演

米沢商工会議所さんから講演の依頼が来ました。

交通費、宿泊費まで会議所でご負担くださって来て欲しいとは、実に光栄なことです。

尾崎さん、ご紹介ありがとうございました。

「米沢牛のれん会」の皆さん、講演会はさて置き、懇親会だけは是非お越し下さい。10/10火曜日の夜5時から講演、6時半から懇親会、場所は東京第一ホテル米沢です。

お待ちしてます。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.752日連続更新を達成しました。