新春浅草歌舞伎2011

 1/24は「ちんや」すき焼き思い出ストーリー投稿サイトhttp://www.sukiomo.com/に2通のご投稿がありました。嬉しいですね。早速UPしました。

 また同じ日に「記念日割引」の御客様が2組見えました。これまた嬉しいですね。割引して嬉しいのは、「記念日割引」だけ・・・です。さて、

1/25、火曜の休みを利用して「新春浅草歌舞伎」を観に行ってきました。

 先日、この公演の出演者の方が「ちんや」へ食事に来て下さったのですが、その御予約が入った時点でまだ観ておらず、来店されるまでの間にも、観に行く時間がなく、

 ま、まずいなあ、筋書きだけでも入手しよう。

と考えて、あわてて会場の浅草公会堂へ買いに走りました。そうやって筋書きにサインをしていただいたのですが、実は、その時点でもまだ観てはいなかったのです。

 例年、浅草歌舞伎には「浅草総見(そうけん)」の日があります。

 浅草観光連盟とか、浅草商店連合会とか、浅草うまいもの会とかの会員だけで、一公演を借り切って、見物しますので、それに出席していれば、その方のご来店前に観ることができたのですが、都合で欠席してしまい、ザンネンなことに順番が後先になってしまいました。

 さて見物したのは、第二部です。メインの演目は、

 「猿之助四十八撰」に入っている「黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき)」(忍岡道行より三浦屋裏手水入りまで)でした。 
 この演目で市川亀治郎丈が、花川戸助六・番頭権九郎・牛若伝次の三役を早替りで勤められました。

 亀治郎さんは、毎年「浅草歌舞伎」に出演されていて、その間にNHKの「武田信玄」や「坂本龍馬」に出たり、蜷川歌舞伎に出たりと大活躍です。今や、浅草公演の座長格と言って良いでしょう。

 今回の演出は、その亀治郎さんの伯父の、猿之助丈の、スペクタクルを重視した演出で、三役早替りの他にも、見所がたくさんあります。

 「助六の水入り」の場面では、助六(=亀治郎丈)が舞台上で、本物の水を使って派手な水しぶきを上げる姿に、客席から「澤瀉屋(おもだかや)!」と声援がしきりと飛んでいました。

 他に、毎年出演の中村七之助丈、関西から片岡愛之助丈もご出演。

 また、猿之助門下の市川春猿丈、市川笑三郎丈が久方ぶりに浅草に出演されて、面白い座組みになりました。大変楽しませていただきましたが、実は、これは西麻布のボコボコ事件の余波です。

 御二人は、本当はテアトル銀座の海老蔵さんの公演に出る予定だったハズ。

 こういう状況は珍しいので、まだ観ておられない方は、是非!

 と、いっても公演は1/26までですが・・・

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて332日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

*「記念日割引」については、こちらです。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">