虎風荘

ほおお、「虎風荘」の初日は、すき焼きが恒例なんですね!

「虎風荘」というのは、プロ野球「阪神タイガーズ」の選手寮のこと。今年も新人5人が入寮、その初日に恒例のすき焼きが振る舞われたそうです。

肉は神戸牛。

今年のドラフト1位・横山選手は、

「すごかった。びっくりした」

と感激していたそうですが、どこがどうすごかったんでしょう?

気になって、スポーツ各紙をチェックしてみましたが、

「すごい」

「神戸牛」

以外の情報は得られませんでした。まったく取材が浅いですな。

それ以前に、神戸であれば関西風すき焼きの筈ですが、誰が作るのか。寮の食堂の人がやってくれるのか。

関西人なら自分で関西風に作れるかもしれませんが、阪神には各地から選手が入る筈で、実際横山選手も新日鉄住金鹿島の出身。出来たんでしょうか。

疑問は解決しません。

時に、阪神と言えば巨人ですが、その巨人が甲子園球場で阪神戦に臨む際の定宿「ホテル竹園芦屋」さんは、以前からの「すきや連」のメンバーで、次回(=第20回)「すきや連」例会は、「竹園」さんで開こうと考えています。

「竹園」さんは、肉屋から発祥したホテルという大変珍しい存在で、それだけに肉料理が美味しいことで評判です。元調理長の梅田茂雄さんが、

『巨人ナインが愛した味~情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録』という本を出しているくらいです。

阪神の方も対抗して、是非本を出して欲しいものです。

追伸

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.786日連続更新を達成しました。

Filed under: すきや連,すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">