夜遅く食べても太らない食べ方

ネットを見ていたら、

「夜遅く食べても太らない食べ方」という記事を発見しました。

弊ブログをお読みの方なら御存知の通り、私の主な食事は夜食です。

朝は、フルーツと甘いものと珈琲程度。

昼は、店にいるので賄い飯ですが、ワンプレート程度の分量

夜は、といっても夜の営業に入る前ですので、世間の方より早い夜に、賄い飯をワンプレート程度の分量。

といっても、昼・夜は腹が減っていなければパスします。

そして、終業後、だいたい夜の22時半とか23時とかからですが、本格的に夜食に突入します。

結構満足するまで食べます。

さて、それでも「太らない食べ方」が出来ますかどうか。その記事によりますと・・・

「夜遅い食事は体脂肪になりやすいですが、食事のバランスと量に気をつければ極端に太ることはありません。食べる時間だけでなく他にも太る原因が隠されているはず。まずは深夜の食事パターンを見直し、栄養士がおすすめする太らない食べ方を実践しましょう。」

「野菜は多め・量は軽めの食事にする=麺類や丼ものは炭水化物中心になりがち。また、揚げ物など脂質の多いおかずは、カロリーが高い上に消化に時間がかかるため寝る直前にはおすすめできません。」

「メニュー選ぶときのポイントは「より野菜が多いメニュー」。ゆっくりと噛んで食べれば、少ない量でも満腹感を感じることができますよ。」

「野菜と汁物を先に食べる=サラダ、おひたしなど野菜のおかず、汁物から先に食べましょう。野菜に含まれる食物繊維が、糖分や脂肪分の吸収を抑えます。」

「また汁物はカラダを温め、満足感を与えてくれるので、食べすぎを防止することができます。豚汁、けんちん汁、ミネストローネなど、野菜がたっぷり入った汁物がおすすめです。」

汁物とは少し違いますが、我が家の最近のブームは、無視者イヤ蒸しものです。

土鍋の底に桟を載せ、その上に野菜やベーコンを載せます。

桟の下にはお湯をはり、昆布を一切れ入れます。

で、蓋をして、蒸します。

たしかに、カラダが温まると、満足感がありますね。

一日に一回は満足のいく食事をしないと脳が休まりませんが、カラダが温まると、なお良いと思います。

逆に、この記事がNGと言っているのは、

「コンビニでいつも決まったお弁当を買う。」

「とりあえずインスタントラーメンを食べる。」

「24時間営業の牛丼屋、カレーショップ、ラーメン屋などを利用する。」

「1日の終わり・・・と気がゆるんで、つい満腹まで食べてしまう。」

「菓子パンや甘いスイーツを食事代わりに食べる」

ここにあるように、やはり夜の炭水化物や糖質は控えた方が良いでしょう。

コンビニ弁当をやめ、蒸し物をお試しあれ。

追伸①

藤井恵子さん著の単行本『浅草 老舗旦那のランチ』に登場させていただきました。
不肖・住吉史彦が、「浅草演芸ホール」の席亭さんや、「音のヨーロー堂」の四代目とランチをしながら、浅草について対談する、という趣向です。

他にも20人ほどの、浅草の旦那さんたちがリレー対談で形式で登場します。

是非ご購読を! 平成24年6月3日、小学館発行。
ご購入はこちらです。 (できればレビューも書いて下さいね!)

追伸②

「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

 この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

 その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

 現在の笑顔数は336人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

皆様も、是非御参加下さい!

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.085日連続更新を達成しました。毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">