浅草海苔

 「ちんや」精肉売店で海苔を売り始めました。

 勿論、浅草海苔です。

 育てているのは千葉県ですが、品種がアサクサノリです。

 ハッキリ申して肉と海苔は、あまり関係ないのですが、去年から弊店の売店は「肉屋発想」をやめることにしています。浅草らしくて、皆さんに是非おススメしたいものは、売ることにしています。

 弊店の売店には、おかげさまで、安からぬ単価の肉を買って下さるお客さまがおいでなので、その方々に肉だけでなく、こうした物を買っていただくのです。

 さて、その売り方ですが、海苔を炙って食べることをおススメしています。

 昔は「焼き海苔」という商品は、あまり流通しておらず、乾しただけの「乾し海苔」が主流でしたね。だから海苔は食べる直前に炙って食べるのが普通でした。その方がダンゼン美味しいからです。

 でも、世の中が忙しくなって、炙る行為が面倒になり、その一方で、炙るのに最も適した道具=炭が身の周りから姿を消しました。

 それを受けて、「乾し海苔」を見かけることは減り、「焼き海苔」にシフトしましたが、弊店が売り始めたのは、当然美味しい方の、「乾し海苔」です。

 パッケージには「必ず炙ってから、お召し上がり下さい」と念押しの一言が印刷されています。

 これが売りにくいことは百も二百も承知ですが、せっかく浅草で浅草海苔を売るのに、本当の美味しいものでなければ、売る意味がないですね。ここは、必ず炙る必要がある、海苔を売ろうと思います。

 是非、お求めを。

 あ、実はその他に、お手軽なもの=瓶詰の、海苔の佃煮もあります。

 こっちは、そりゃあ、もうお手軽です。

 白飯に載せて食べるだけで旨いですねえ。何杯も食えます。これも浅草海苔です。

 お気をつけ下さい、淡水化物いや炭水化物の摂り過ぎに。

 

 さて、弊ブログの連続更新が、後二日で「丸二年連続」と成ります。

後五日!後四日!後三日!

と書いていたら、

 去年みたいに、記念スペシャルはやらないの?

と聞かれました。

 やりますよ! 去年ほどではないですが。

 明日からは二夜連続記念スペシャル=「住吉八策」です。

 御期待下さい。

 追伸

 「台彪会」会長として、「ニッポン全国彪友会ー台東万博!」を計画しています。

 二条彪先生の門下生約200人が集まる、一大交流会です。先生のメルマガを取っている方なら、どなたでも参加できます。

 2012.4.20(金) 浅草が燃えます。

 詳しくは、こちらをご覧下さい。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて丸二年連続更新まで残り二日です。

 浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">