いらっしゃいませ!

 「いらっしゃいませ!」の意味を考えたことはありますか?

 まず最後の「ませ」を考えてみましょう。

 この「ませ」は、助動詞「ます」の命令形「ませ」ですね。だから「いらっしゃいませ!」は人に命令している言葉です。

 では、その前の「いらっしゃい」を考えてみましょう。

 これは、「いらっしゃる」の連用形ですね。「いらっしゃる」は、不規則な変化をする言葉で、連用形の時に「り」の r が落ちて、「い」になります。それで「いらっしゃい」なのです。

 つまり「いらっしゃいませ!」とは「さあ、おこしになってください」の意味です。

 でも、客がもう来ているのに「来い」と命令するのは変ですよね。

 店の外に店員が立って、

 「いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!」と呼び込みをする場合は、「おこしになってください」の意味ですから、言葉の意味通りの使い方ですが、普通我々は、そうではなく、既に見えたお客様に対する挨拶の意味で使っています。変ですね。

 その変な感じは、「いらっしゃいませ!」を英語に置き換えてみると、よくわかります。

 接客英語辞典などには、

 May I help you ? とか、

 Hello とか訳してあります。ゼンゼン意味が違いますね。

 では、なぜ既に見えたお客様に対して、「おこしになってください」と言うのでしょう?

 あくまで想像ですが、その昔、客は店に着いても、すぐ店に入らなかったのかもしれません。

 お頼み申ーーす! とか客が言ったのを受けて、

 店員が、「いらっしゃいませ!」つまり、「さあ、どうぞ、店の中へ来てください」と言って、それから店の中へ入ったのではないでしょうか。

 歌舞伎を見ていますと、昔の店の入口には、誰もいないことが良くあります。現代の店は、たいてい入口にレセプターという第一次応対の係員がいますが、歌舞伎の場合、店員は奥にしかいないので、客は奥へ向かって大声で「お頼み申ーーす!」と叫び、その声を聞いて、奥から丁稚さんが出て来るのです。

 丁稚さんが子供である場合も多く、その場合は奥から表へ甲高い声で、

おはーーーーーい!などと返事をして、それからやがて表に出てきます。客は、その丁稚さんに下足を預けないと中へ入れないのです。

 だから丁稚さんは、下足を預かりながら、客に「さあ、どうぞ、店の中へ来てください」と言ったわけです。

 要するに、「ちんや」の下足番が「いらっしゃいませ!」と言うのは理にかなっていますが、もう個室の中に入ってしまったお客様に対して、仲居が「いらっしゃいませ!」と言うのは、やはり変なのです。

 では、なんて言ったら良いのでしょう。

 その適当な言葉が無いから困るのです。

 いっそのこと、

 May I help you ? で行こうかな。

  本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて636日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

 Facebookも始めました。プロフィールはこちらです。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">