あぶり出し

 10/25の朝「台東区芸術文化支援制度」の助成金をもらって、アニメ作品を制作中の、平竹晋也さんと面会しました。

 私は、台東区アートアドバイザーの一人なので、助成対象となっている人から、制作途中の進捗状況の報告を受けることになっています。芸大BiOn社長のTさん、日経新聞に音楽評論を書いておられるⅠさんも一緒でした。

 平竹さんは区内の某大手玩具メーカーで働いているサラリーマン・クリエーターなのですが、そのかたわらアニメ作品を創っています。

 その作品が、面白いのです。あぶり出しを使って、アニメを創るのです。

 あぶり出しとは、小さい頃図画工作の時間でやった、あの、あぶり出しです。

 あぶり出しで絵をたくさん作っておいて、それを連続撮影して、アニメにするわけです。

 内容もなかなかです。メインのキャラクターが区内をうろついて、街を行く人にコンタクトして、その土地にまつわる、話しを引き出します。

 通り一遍の観光案内ではなく、その内容も土地の歴史を「あぶり出し」するわけです。土地の歴史から、日本人が「忘れたくないもの」をあぶり出そう、という趣向で、意欲的です。

 こうした創造的な才能のある人の創った、御作品の中に、台東区が登場するのは大変良いことです。薄っぺらい観光情報に飽き飽きしている人の目にも止まることでしょう。

 さらに言うと、メインのキャラクターが超ユニークで、最初に聞いた時は目が点になり、開いた口も、しばらく開きっぱなしになった位でした。また街を行く人とのコンタクト方法にも、ビックリさせられました。

 でも、もちろんネタ・バレは厳禁なので、書けません。

 あー、書きたいなあ、最高なんだけどなあ。このアニメ。

 請う、御期待です。

追伸

 明日30日の19:00〜テレビ東京の「土曜スペシャルーなるほど!発見!なつかし写真でめぐる東京今昔散歩」という番組に「ちんや」が出ます。私も出ますが、なるべく見ないで下さい、恥ずかしいので。それにカットされてるかもしれないし・・・

 なお、その他?の出演者は、荒俣宏様、錦野旦様、藤田朋子様、半田健人様、伊藤聡子様です。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。フォローよろしくお願い申し上げます。

*台東区芸術支援制度については、こちらです。

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">