1000人すき焼き

なるほど、その手がありましたか。迂闊にも、そのニュースを視るまで気づきませんでした。

大勢ですき焼きをしたい時は、柔道場を使えば良かったんですねえ。

「そのニュース」と申しますのは、

「大野将平らリオ金祝賀会 1000人すき焼き」という記事です。

日刊スポーツさんが伝えたところでは、

「リオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級金メダリストの大野将平(24=旭化成)が19日、同じ天理大出身でパラリンピック男子100キロ超級銅メダルの正木健人(29)とともに奈良県の天理教教会本部での祝賀会に参加した。」

「会場を埋めた約1000人に振る舞われたのは、すき焼き。柔道部の優勝を祝う、昭和初期からの伝統の食事で、和牛300キロを一斉に平らげた。」とか。

画像を見ますると、柔道場には紅白の幕が飾りつけられ、広い畳を学生服の男子ばかりが埋め尽くしています。スゴい状態です。この状態ですき焼きをしたのですねえ。

思えば、50人以上で、畳ですき焼きを出来る設備って、あんまり無いんです。東京では畳の宴会場は今後さらにどんどん無くなるでしょう。

普通の宴会場は世の中にたくさんがありますが、やはりすき焼きは畳じゃないとねえ。

しかし、この問題は今回一気に解決しました。柔道場を使えば良いのです。目から鱗でした。ありがとうございました。

あ、いや、金メダルお芽出とうございました。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、10/01(土) 15:30~16:00と10/02(日) 15:00~15:30
です。

追伸②

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.407連続更新を達成しました。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">