世襲(縁起でもない話しで恐縮ですが)

<ちんやメンバーズ・カードの会員様・そのご家族様にお知らせです。>

縁起でもない話しで恐縮ですが、会員様が不幸にして亡くなった場合に、カードの有効期限が残っておりましたら、ご遺族様が無料で相続できるように致します。名義変更をするのに更新料などは頂きませんので、どうぞ変更手続きをお申しつけ下さい。

実は、この手続きはこれまでもやってはいたのですが、徹底してはおりませんでした。

現場の係り員としましては、急にお客様から、

「実は主人が亡くなりまして・・・」

などと言われるとビックリしてしまいます。お悔やみを言葉を言わねば・・・と焦ってしまい、更新のことまで頭が回らないことがあったようです。

またお客様側が、こういう名義変更が出来るとご存知なく、「主人を削除して下さい」と言われるので、係りがその通りにしたケースがあったようです。

しかし、私としましては是非ご遺族様に会員を続けて欲しいと思います。

先日音楽学の岡田暁生先生の『楽都ウィーンの光と影』という御本を読みましたら、ウィーン・フィルの定期公演の座席は何代も世襲して持っている人が多いと書いてありました。客である権利を世襲しているのです。

「ちんや」がウィーン・フィルと張り合うのもおこがましいですが、弊店の客である権利も是非世襲していただけたら嬉しいです。

有効期限が切れました節には更新していただかねばなりませんが、していただければ普通会員から「ブロンズ会員」に昇格し、割引率が5%から6%に上がります。名義が変っていても、家族として同じですから、特に「ちんや」と御縁の深い方として優待させていただきます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.162連続更新を達成しました。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">