統合型リゾート

カジノ解禁法案が通るかどうかが、今国会の焦点なのだそうです。

「統合型リゾート」推進法なる奇っ怪な名前が付けられていますが、カジノをも「統合」しているのですから、要するにカジノ推進法案です。

政府は、これを「成長戦略」の目玉と位置付けているとか。

私の周りには、

カジノが無ければ日本に外人客を呼び込めないなんて、なんたる浅はかな考えなんだろう!

と考える、真面目な観光業者の人が少なくなく、そういう方から、

住吉さんもカジノは反対でしょう!ブログにそう書いて下さいよ!

と言われたりします。

うーん、そうですねえ、私は結論から先に申しますと、

条件付き賛成です。それもかなりハードルの高い条件付きです。

まず、大衆賭博はいけません。

現状の公営賭博=競馬・競輪みたいに誰でも出来るのはダメです。

大金持が余った金を散財するなら良いのですけど、現状の公営賭博には、むしろ所得の少ない皆さんがハマってしまっています。

日本にギャンブル依存症患者が多いのは、ああした公営賭博のせいであることは明らかでしょう。

カジノを造るのであれば、金持だけが参加できるように金額のハードルを、ぐぐっと上げるべきです。具体的には高率の税を課すべきでしょう。

もう1点。

カジノの収益の相当割合を公益に投じるよう義務化するべきです。

そうすれば、そのカジノで散財することイーコール公益に資することになるのです。

例えばです、収益の相当割合を、日本の美術品・工芸品の購入に充てるよう義務化します。で、その美術品で賭場を飾り立てます。

そうすれば、そのカジノで散財することイーコール日本美術の振興に資することになるのです。名誉じゃないですか。

だいたいですよ、カジノなんてものは、世界中にはもういくつも在ります。国際観光という観点で考えた場合、日本のカジノがいったい魅力的に見えるのか、私はとても疑問に思います。日本美術で飾りたてる位のことをしないと客は来ないと思いますよ。

ここはむしろ、カジノを観光と考えるより金融と考えた方が良いのではないでしょうか。

そもそも賭博は確率論を使った、究極の金融です。

ワルからアブク銭を巻き上げて、病弱な子に融通する賭場の兄さんは、江戸の昔から芝居のヒーローでした。

そういうのを造ったらどうなんでしょう?

統合型リゾートなんて止めて、

任侠型リゾートにしましょう。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.704日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">