後援会

後援会の旅行の食事を、弊店でも承っております。

もっともオブチ先生ほどの大規模な旅行ではないです。

明治座さんを借り切るとなると、1.000人規模でしょうね。流石は総理候補。そんな人数は弊店には入れません。

さて、今回の問題の焦点は、

感激会いや観劇会の収支に差額が在って、それが「有権者の買収」に該当するかもしれない。しかも、その額が数千万円単位だ、ということですね。

『週刊新潮』がそれを「デタラメすぎる『政治資金』」と書いたわけです。

うーん、これは、まあ、「買収」に当たるんでしょうねえ。

この件は「旧い体質」「本来あるべき姿から乖離している」

とも書かれているようです。世論も70%以上が辞任すべきと考えたようです。まあ、辞任が相当なんでしょう。

でも、ちょっと考えてみて下さい。買収はマズいにしても、後援会旅行自体がマズイのか、ちょっと考えてみて下さい。

そこは区別したいです。

だいたい人間って、親しみを感じない人の話しって、あんまり聞かないと思うんですよね。

政論を聞いていただくにしても、まず、人間的に信頼してもらってからの方が、やはり上手く伝わります。

肉の話し程度でもそうなんです。肉の旨さの本質はアミノ酸や脂肪酸ですが、そういう話しは、なんとも、コ難しいんです。

人間的に信頼してもらってから話す方が、我慢して聞いて下さるので、上手く伝わりますが、それがない場合は、そういう話しをすること自体嫌がられてしまいます。

買収はマズいですが、旅行とか人間的な触れ合いを完全否定するのは、どうも、私は賛成できません。

二世議員、上州戦争、 旧い体質とメデイアの叩きたい要素がテンコ盛りでしたから、ああいう論調になりましたけれど、適切な運営の旅行なら、悪くはないのでは、と思ったりしています。

旧いですかねえ。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.703日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">