共用トイレ

私の通っている美容院のトイレが女性専用に成りました。

じゃあ、いったい男はどうするのか?

その美容院が入っているビルにはテナント共用のトイレが在り、普通の利用客はそこを使うのです。テナントの中で美容院だけが自分の敷地の中に特別にトイレを持っていたのですが、それが今回女性専用に成ったので、男はテナント共用のトイレに行くことになった次第です。

その、美容院の中のトイレは小さい個室で一人用ですから、男女が同時に中に入ることはありません。

それなのに専用にするって、潔癖も良い加減にして欲しい!

そう思う人が多かろうと思います。

実は弊社の地下の「レストランちんや亭」のトイレも、一人個室の男女両用トイレです。

しかしですね、この問題は潔癖症の問題ではなく、ランキングの問題なのです。

店を評価する際に、共用トイレが在る、というだけで店の評価がグンと下がるのです。一人個室だから、男女が同時に中に入ることはないと言ってもダメなのです。

弱りましたねえ。

「ちんや亭」が在る地下一階は、大冷蔵庫や機械室があって、トイレを造る場所が無いんですよね。

エレベーターに乗って「ちんや」のトイレへ行くことは出来ますが、遠いですし靴を脱ぐのが面倒です。

それに、男女どちらの専用にするか、それが大問題です。

美容院と違って、「ちんや亭」は男女どちらも多いですからねえ。

弱りました。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.705日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 

 

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">