泊まる、深まる

経営者はテレビCMをボサ~と視ていてはいけません。

たしかに「話題性狙い」だけ「ウケ狙い」だけのCMも多いですから、そういうのはボサ~と視て良いどころか、トイレに行っても良いのですが、中には自社の提供出来るベネフィットを、真面目に訴えているものも在って、参考になります。

まずは福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」のCMを視てみましょう。

「ハワイアンズ」とは旧「常磐ハワイアンセンター」のこと。フラガールがあまりに有名ですね。

2011.3.11大震災の被害で休業しましたが、2012年2月より営業再開。8月より首都圏で流し始めたCMが「人生初ハワイアンズ編」です。

登場人物は、女友達らしき若い女子3人組。

その3人が、温泉やショーやレストランでの食事を楽しむ様子が流されます。

「上手だな」と思いますのは、3人にお揃いのムームーを着せていることです。揃いの衣装を着せることで「チーム感」を醸せますね。宿泊すると漏れなく借りられるのでしょうか。

そして、このCMの主題は、リゾート気分を満喫した後、夜更けて語り合う3人組の画像にかぶせて、文字で提示されます。それは、

「泊まる、深まる」

飲食業である「ちんや」も、お客様同士の仲が「深まる」よう祈念し努力しておりますが、宿泊業ではないので、服を脱がせて⇒お揃いのムームーを着せて⇒「チーム感」を醸すわけには行きません。

「泊まる」ことのベネフィットとして「深まる」が在ることを、丁寧に説明するCMだと思います。

これを視た社長さんの中には、不景気で社員旅行を中止していることを反省し、

是非再開しよう!

と思う人がいるかもしれません。

もう一つ視てみましょう。

大手回転寿司チェーン「かPPA寿司」のCMです。

まず、一人のビジネスマン風の青年が、街で美しい女性とすれ違うのですが、カノジョは「かPPA寿司」のレジ袋を提げて歩いています。

恋心を抱いたカレシは、カノジョは「かPPA寿司」が好きなのだから、「かPPA寿司」に行けば会える!と推測、行動を開始します。

その様子は連続シリーズCMに仕立てられていて、「空回り篇」「涙篇」などのいくつかのバージョンがあります。

そうした経過を辿った後、ついに最近、「告白篇」が流されています。

その告白は、逆にカノジョからでした。

最近までカレシからのモーションが成功していなかったのに、ここで話しは急展開し、

「好きなんだよね、この軍艦と君の事」とカノジョから告白。

その一言でカレシだけでなく店内の客全員が凍りつき、寿司だけが回転している所で、このCMは終わります。

勿論、ここで話題にしたいのは、回転寿司のベネフィットとして、「女性を口説ける」というのが在る!と視聴者を説得できたかどうか、です。

さて、皆さん、どうでしょう?

あるいは単に話題性を狙っているのか。でも、話題性狙いなら、もっと他の手もあったんではないか、と私は思うのですよね。

テレビを見逃した方は、ハワイアンも回転寿司もネットで視ることもできますよ。

ご覧あれ。

追伸①

藤井恵子さん著の単行本『浅草 老舗旦那のランチ』に登場させていただきました。
不肖・住吉史彦が、「浅草演芸ホール」の席亭さんや、「音のヨーロー堂」の四代目とランチをしながら、浅草について対談する、という趣向です。

他にも20人ほどの、浅草の旦那さんたちがリレー対談で形式で登場します。

是非ご購読を! 平成24年6月3日、小学館発行。
ご購入はこちらです。 (できればレビューも書いて下さいね!)

追伸②

「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

 この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

 その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

 現在の笑顔数は334人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

皆様も、是非御参加下さい!

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.064日連続更新を達成しました。毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">