カレーすき焼き

 料理雑誌『ダンチュウ』のカレー特集を読みました。

 『ダンチュウ』のMch田編集長は「すきや連」のメンバーで応援して下さるので、いつも購読しています。

 さて、今回の特集の中に、

 小津安二郎監督が愛した「カレーすき焼き」が紹介されていましたね。

 私は以前に、このメニューをツイッターで発見して気になっていました。そのツイートは映画関係者らしき方のツイートだったのですが、リツイートされて回って来たもので、直接ツイ主さんを存じあげなかったため、気になったまま放置していました。そうしましたら、今回の特集です。

 記事によりますと・・・

 小津監督が脚本執筆のために長逗留した『茅ヶ崎館』のメニューにあったそうで、小津はスタッフや俳優にも振舞ったといいます。

 田中絹代は絶賛し、池部良は憤慨。

 そのためか、池部はそれ以降小津映画には出演していないそうな。

 内容は、と申しますと、カレー鍋風かと思いきや、カレー粉が脇役程度に参加するような感じですかね。

 この方法を、実験してみないといけませんね。

 また、この話しの舞台『茅ヶ崎館』さんもステキな所のようです。

 創業明治32年(1899年)の老舗日本旅館で、その建物は国指定「有形文化財」として認定されており、明治・大正・昭和の風情を今に伝えています。

 是非一度訪ねないといけませんね。

 楽しみが増えました。

追伸①

 7/23から7/27まで「ちんや」は夏休みをいただきます。悪しからず、御諒承下さいませ。弊ブログは予約投稿により、更新してまいります。御愛読をお願い申し上げます。

追伸②

 藤井恵子さん著の単行本『浅草 老舗旦那のランチ』に載せていただきました。
 不肖・住吉史彦が、「浅草演芸ホール」の席亭さんや、「音のヨーロー堂」の四代目とランチをしながら、浅草について対談する、という趣向です。

 他にも20人ほどの、浅草の旦那さんたちがリレー対談で形式で登場します。

 是非ご購読を! 平成24年6月3日、小学館発行。
 ご購入はこちらです。 (できればレビューも書いて下さいね!)

追伸③

 「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

 この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

 その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

 現在の笑顔数は270人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

 参加者の方には、特典も! 

 皆様も、是非御参加下さい!

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて878日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">