父の履歴書

 先日来店された御客様から嬉しい話しを聞かせていただきましたので、早速「ニコニコBOX」に貯金しました。また「すき焼き思い出ストーリー」投稿サイトへも自分で投稿しました。さて、その話しとは・・・

 「父が生前「ちんや」で働いていた」とおっしゃる方が来店されました。その方自身が御年85歳で、働いていた御父上は明治34年生まれ。昭和25年に書かれた故人の履歴書を持って御来店になりました。

 その履歴書によりますと、故人は大正7年から「ちんや」洋食部に在籍、その後帝国ホテル、鎌倉ホテルに移られたとか。その頃は「洋食部」があったのです。

 で、往時を偲ぶため前夜は帝国ホテルに泊まって、この日は「ちんや」に見えたそうです。

 私は昭和40年生まれ、父でも昭和10年生まれで、祖父はずっと以前に死んでいますので、大正時代のことを分かる者はいませんが、その当時の「ちんや」の写真をご覧にいれたら、大層喜んで下さいました。

 この当時、従業員は皆、店の2階に「住み込み」でしたから、故人も、きっとその写真の中の店に住んでいたことでしょう。

 御縁の深さ・永さに感謝あるのみ、です。

 「すき焼き思い出ストーリー」投稿サイトは、こちらです。

追伸①

 『浅草 老舗旦那のランチ』という単行本に出していただきました。

 私が、「浅草演芸ホール」席亭さんや、「音のヨーロー堂」の御主人とランチしながら、浅草について対談する、という趣向です。
 私なんぞ、「旦那」というよりは、「お兄ちゃん」ですけどね、浅草では。

 ご購入はこちらです。

追伸②

 「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

 この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

 その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

 現在の笑顔数は142人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

 参加者の方には、特典も! 

 皆様も、是非御参加下さい!

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて819日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">