感謝する会

 国際観光日本レストラン協会「津田暁夫・前会長に感謝する会」が開催されました。私は個人的にも大変御世話になりましたので、出席しました。

 前会長は平成18年に会長に就任され、今年の3月まで6年間在任、協会創立50周年記念事業を成功させた他、リーマン・ショックや大震災後の対応にリーダーシップを発揮されました。

 在任中、全国の支部の会合に頻繁に出向かれ、さぞお忙しかっただろう、と思います。「すきや連」にもお誘いすると出席して下さり、乾杯の音頭をお執りいただいたのが思い出です。お忙しい中恐縮なことでした。

 お人柄の素晴らしさも知られていました。若手まで名前を憶えて下さって、いつも、

 やあやあ、住吉君!

と声をかけて下さいました。

 人の顔を覚えるのが得意でない私は、会長はいったい何千人の顔を覚えているのだろう!

と気が遠くなる思いがしたものです。

 この日は、前会長の御縁の方ばかりで、和やかに宴は進み、会場の「八芳園」さんの御料理も気合いが入っていて流石!と思いました。

 で、そのメイン料理はと申しますと、Sukiyaki。

と言っても、すき焼き風の味付けのローストビーフです、実際は。目の前で煮るわけではないです。

 面白いことに、割り下が液状でなく、泡立ててありました。その泡泡が肉の上を覆っているのです。煮ないかわりに、それを肉に載せて食べます。

 へええ!でしょう。

 すき焼きの前の、刺身の醤油も液状でなくてムース状でした。それを箸で崩して、自分で魚に載せて食べるのです。

 最近はフレンチで、こうした手法が使われることがありますが、それをすき焼きに使うのは初めて見ました。香辛料として、新潟県の「かんずり」が付けてあったのも「!」でした。

 心温まる宴だったと思います。出席させていただき有り難いことでした。

 

追伸

 「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

 この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

 その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

 現在の笑顔数は138人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

 参加者の方には、特典も! 

 皆様も、是非御参加下さい!

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて815日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

 

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">