お持ち込み

 突然ですが、お酒を、お客さまが「ちんや」へ持ち込んでいただけるようにしました。

 この所、いろいろ御酒のことを調べるにつけ、全国の素晴らしい地酒、世界のワインを「ちんや」で飲んでいただけないのは残念、と思うようになりました。

かと言って、全てを仕入れておくのは、実際問題として不可能です。

と、なるとお客さまに持ち込んでいただくのが実際的ですね。

 それにですよ、「持ち込み」が出来ると、お客さまがご自分で「もてなし」をすることが出来るようになります。

 ここで「もてなし」と申しますのは、お客様Aが、別のお客様Bを酒でもてなすことを言っています。ビジネスの御接待の場合は、当然A→Bの「もてなし」ですし、旦那様が奥様に、日頃の感謝を込めて外食へ連れていくのも、立派な「もてなし」と思います。

 こういう場合、お客様Aが、お忙しい中すき焼きの準備をするのはタイヘンなので、すき焼きは「ちんや」が代わりに用意して差し上げます。一方お客様A自身は、酒を用意してお客様Bをもてなすわけです。

 例えばビジネスの御接待の場合に、先方様の出身地の酒を用意して⇒「もてなし」をなされば、大変喜ばれることと思いますよ。

 「参加型」で、なかなか良いと思いませんか?!

 つまりですね、こうしてお客様自身が「もてなし」を実行した「達成感」を感じていただく(=そういう体験をしていただくこと)⇒そのことをご自分の思い出にしていただくこと、それがこの話しの主眼になるわけです。

 これによって「ちんや」の飲み物代の売上は、当然減るわけですが、損ばかりではありません。利益もありまして、それはお客さまの「リピート」です。

 酒好きなお客様は、たくさんの種類の酒を、あれこれ試してみたいもの。

 「今回は、この酒ですき焼きを」「次回は、また別の酒ですき焼きを」という具合に、リピートして来店していただけること、間違いありません。

 そこは期待してます、正直申して。

 では、実行してみたいと思う方は、恐縮ですが、少しのチャージはさせていただきますので、以下の規定を、ご覧下さい。

 それから食品衛生のことが「大丈夫なの?」と気になる方がおいでかもしれません。しかし、新品の、一定度数以上のアルコールが入っている酒なら、その中では食中毒菌は生きられませんので、大きなリスクはありません。ご安心下さい。それ以外の「問題在り」の酒は、お持ち込みいただけないので、そのことは以下に載せてあります。あわせてご覧下さい。

 (以下は「お持ち込み」の規定です。)

<料金>

・お持ち込み料 : 10mlにつき10円(空き瓶廃棄料を含む) 

 *持込みされても開栓しなかった瓶については、廃棄料はいただきません。

・グラス使用料 : 1個につき50円

・お燗手数料  : 1回300mlにつき50円

 

<持ち込み容量を制限させていただきます>

・お1人様当たり 750mlまでに限らせていただきます。

・一組で5本以上の酒を持ち込まれる場合は、グラス準備の都合上事前にお電話下さい。

・お飲み残しの「キープ」はいたしておりません。ご諒承下さい。

<持ち込めるのは、酒だけに限らせていただきます>

・アルコール度数が4%以下の酒、ソフトドリンク(水・茶・果汁など)、食べ物は、衛生上の理由で持ち込むことはできません。

<持ち込める酒の酒類を限らせていただきます>

・酒造免許を持つメーカーが醸造したものに限らせていただきます。個人醸造酒、密造酒を持ち込むことはできません。

・瓶が開栓されていないものに限らせていただきます。

<持ち込む方を限らせていただきます>

・酒を持ち込めるのは、お客様ご本人様または指定納品業者に限らせいただきます。

・指定納品業者で、事前に酒をご購入いただき、納品を代行させることができます。

 指定納品業者=㈱相模屋本店 電話03-3844-4195

   台東区浅草1-8-2(浅草雷門通り)(定休日:毎週水曜日

   http://www.sagamiya-honten.jp/

・指定納品業者へのご注文は、お食事予定日の前々日までにご用命下さい。

・代金の決済は、済ませていただいてから、「ちんや」へご来店下さい。

*指定納品業者によるサービス=すき焼きとお酒の、組み合わせ方について、アドバイスをさせていただきます。

<炭酸水の販売> 炭酸水(300ml):200円(税込)  

 蒸留酒を割るのにお使い下さい。(水・氷は無料です)

<お料理>すき焼きまたはしゃぶしゃぶ一人前を、必ずご注文願います。

(以上)

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて599連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

 Facebookも始めました。プロフィールはこちらです。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">