描き主探し

 以前このブログで「描き主探し」の掲示をしたのを覚えておいででしょうか。

 昨年の3月に、ある方が予約無しで見えて食事をしていかれました。その時は普通に食事を済ませて帰られたのですが、しばらくして、その日召し上がった料理や器、活け花、調度品などを、葉書サイズの絵に仕上げて持って来られました。

 それを拝見して、当然御礼を申し上げようと思ったのですが、玄関にいた者に「あの時の絵が出来たので持ってきました!」とだけ言って絵を渡されて、中にお入りにならず、御芳名も名のらずに、すぐに帰られてしまったそうなのです。

 応対した者も、こういうケースは初めてで驚き、ただ「ありがとうございます」と言っている内に、御芳名を聞きそびれてしまったようです。最初の食事の時、予約無しで見えていたので、連絡先がまったくわかりません。

 その後、絵は小さい額に入れて、玄関ロビーに置いておくことにしました。ご本人が再度見えて、その絵を見つけ、

「あ!これは自分の描いた絵だ!」とお申し出下されば、御礼ができると思ったからです。

 それから1年以上がたった、この前の日曜日に、その方がご家族と一緒に「父の日」で見えました。そして嬉しいことに、玄関ロビーに置いてあった、ご自分の絵に気がついて下さいました。

 聞けば、いろいろな料理屋を訪ねるたびに、絵に仕上げて、年に一回個展を開くのが、御趣味とか。

 なんて良い御趣味なんでしょう。

 南雄三さんとおっしゃって、個人のホームページを公開しておいでですので、ご覧下さい。

追伸①

 「仙台牛」の販売を始めました。震災の当日にも、仙台牛を仕入れましたが、それ以来の仙台牛です。

 データ=宮城県大崎市・遠山明牧場産、黒毛和種牝牛、個体識別番号:12041-78434。

 「食して繋がる、食して支える、浅草から東北へ。」

追伸②

  「青森・岩手・宮城・福島・茨城五県蔵元連合試飲会@浅草in三社祭が開催できない、その日に開催!」の、当日撮影した動画を、こちら(YouTube)にUPしましたので、是非ご覧下さい。 

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて479連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">