商いとはなんでしょうか

 「二条彪の特選教訓集 みんなで学ぶ 成功の心得No8 お客様への心得」という御本を毎週月曜日の、弊店の朝礼で輪読しています。

 先日は項目No17「商いは、手に入らないものを手に渡すこと」を読みました。

 この回は、次のような文で始まります・・・

 「商いとはなんでしょうか。

 お客様がほしいなぁ〜と思うもの、いいなぁ〜と思うものをご用意することです。」

 その原点を忘れて「今月はいくら売るぞ!」と力みかえるのは、売り手の論理であって、お客様に失礼ですよね、よく考えたら。

 しかし、そういう社長さんが多いのが実態でしょう。

 会議や朝礼で社員にノルマを課すことが、経営者の仕事を考えている社長さんは多いと思いますが、お客様が「ほしいなぁ〜」と思っていない商品やサービスを売りつけるのは難しく、実行すれば苦行にしかなりません。

 会議をするにしても、お客様が「さらにいいなぁ〜と思う商品やサービスはなんだろうか?」と考える会議にすれば、会議の内容が劇的に変わります。内容が変わるだけでなく、雰囲気も変わります。

 弊社も是非そうありたい、と思います。

 でも、ここで難点が一つ。それは弊社が技術的に出来ることが「すき焼き」に限定されることです。だから、利便性の面でお客様に「いいなぁ〜」と思わせるのは、ほぼムリです。

 つまり「パックを開けたら、すぐ食べれるすき焼き」はムリですね。そういう方向を避けて考えないといけませんから、「さらにいいなぁ〜」を考え付くのはカンタンではないです。

 もちろん、それでも考えますよ。

 ただ今考え中なのは「父の日に父を泣かせる、すき焼き」

 請う、御期待。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて451連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

Filed under: すき焼きフル・トーク,台彪会 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">