「阪神淡路」の経験者

 「阪神淡路」の被災経験のあるUさんが、関西から食事に来てくれました。

 初めて詳しく聞いた復興物語は、やはり壮絶。その経験談を今回の被災者に聞かせたら、希望になって良いのに、と私は思いました。

 ところが御本人いわく、いやあ、あの時のことは話したいっていうより、忘れたいっていう感じですね・・・

 そうなんだ、16年たっても。

 その話しの中で、私の印象に残った話しが一つ。

 Uさんはその頃レストランにお勤めだったのですが、震災からしばらくして、ようやく店を再開した時に、一組の老夫婦がやって来たそうです。

 やっと電気・水道が開通したばかりの頃です。市内は、ガレキの撤去作業や仮設住宅の建設が進んでいて、まだ復興も緒についたばかりの時です。

 店で出したのは、小鍋すき焼き。その老夫婦は、すき焼きを食べて、

 ああ、頑張って生きて、またこういう美味しいものを食べたい、そのために何とか、頑張って行くよ。

 そう言って、彼の店を後にしたそうです。

 美味しい食べ物は、人を励ますことができる、それがわかった瞬間でした。  

 今、私たちにできること

 今、飲食店にできること

 大変だったでしょうが、阪神淡路が復興できたのは事実です。

 今回も、復興するぞ、ニッポン!

 貢献するぞ、すき焼き屋!

追伸①

 雑誌「ノジュール」2011年4月号に載せていただきました。「50代からの自分ライフを格好よく!」というコンセプトの雑誌です。

 その「ザ・東京めし これぞ江戸の味!」というコーナーに載せていただきました。

 JTBパブリッシング社より発行。定価750円だとか。

追伸②

 仙台牛メニューの提供を開始しました。普段より高い値段で、お買い求めいただき、利益を被災地の畜産関連団体に贈ります。弊社も利益の一部を供出いたします。

 宮城県登米市・千葉正憲牧場産、黒毛和種牝牛、個体識別番号は03686-13232。

 美味しく食べて被災地支援を!

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて394日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 震災不景気でヒマなのでTwitterのリストを作りました。リアルに面識のある方々だけが載っているリストです。覗いてやって下さい。

Filed under: すきや連,すき焼きフル・トーク,今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. [...] 夕方に浅草のちんやさんに移動。震災後、ツイッターで色々呟いている住吉さんを表敬訪問。消費せよニッポン!の合い言葉通り一人ですき焼きを食べてきました。どんな時代も美味しい料理と提供する人の笑顔は人の心を豊かにします。ちんやさんのすき焼きでニッポンを救って欲しいと願っています。住吉さんは連日呟きブログも毎日更新されています。あなたの元気な姿が浅草に光を呼ぶと信じています。おっと、当日の僕のことも書いて下さっていたんですね。ありがとうございます。 [...]

  2. 住吉史彦です。ピンバック有り難うございます。体験談、貴重でした。また呑みましょう!

    Comment by F.Sumiyoshi — 2011年3月31日 8:02 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">