「ザキ」の名店、「ザキ」の牛鍋

 4/20火曜日の休みを利用して、「ザキ」の牛鍋=横浜・伊勢佐木町の「じゃのめや」さんに行ってきました。伊勢佐木町(通称「ザキ」)と浅草(通称「エンコ」)は、街の雰囲気がなんとなく似ていて、すき焼き屋が集中していることも似ています。曙町に美人女将の「荒井屋牛鍋店」さん、末吉町にブツ切り肉の「太田なわのれん」さんがあり、町名こそ違うものの、徒歩5分圏内です。この界隈は浅草に次いで、すき焼き屋が密集している、と言って良いでしょう。

 ハマのすき焼き屋3軒の内「じゃのめや」さんだけは、これまで面識がなかったのですが、是非ともお近づきになりたいと、お訪ねすることにしました。「じゃのめや」さんへ入る前に、まず、3/3の「すきや連」で大変お世話になった、「太田なわのれん」の、ご主人・Aさんにご挨拶。

  ついで、「荒井屋牛鍋店」の美人女将にご挨拶、のはずが、げげっ、今日は第三火曜なので、休業! 今日って第三の火曜だったんだ。仕方ないな、浅草から連れてきたヨメで我慢するか。

 気を取り直して、「じゃのめや」さんへ。個室へ通され、Y社長自ら部屋へお越しいただき、また土産まで持たせて下さり、恐縮してしまいました。「太田なわのれん」のご主人Aさんが、事前にY社長に、私のことや「すきや連」のことを説明して下さっていたからです。今回もお世話下さり、Aさん、本当にありがとうございます。

 さて、食事ですが、最初の肴も、ひとつひとつ手のかかったものでしたし、もちろん、すき焼きの肉もさすがのクオリテイーでした。鍋のデザインが、面白い形でした。また器類も趣味が良くて感心します。

 なお、ハマの3軒は、20年くらい前に集まって協議して、料理名を「すき焼き」でなくて「牛鍋」に統一したそうです。浅草では「米久本店」さんだけが「牛鍋」を称していて、その他は「すき焼き」です。

 次回の「すきや連」に、Y社長もお誘いしたいと思っています。どんどん仲間が増えて嬉しいです。すき焼き談義、いや牛鍋談義が楽しみですね。

「おやあ、住吉、今日は久しぶりにすき焼きの話しだねえ。マジメに仕事してんのか、コイツ、と思ってたとこだったよ。」

 いやあ、実はですね、先週のある夜、仕事を終えて、いつもの店に出動しましたら、なじみの姐さんから「住吉さんのブログすごく面白いけど、すき焼きのことがあんまり書いてないわよねえ。」とダメ出しを食らっちゃいまして。

 と、いうわけ(?)で、今日は、すき焼きの話しでした。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 *「荒井屋牛鍋店」さん(曙町)については、こちらです。

*「太田なわのれん」さん(末吉町)については、こちらです。

*「じゃのめや」さん(伊勢佐木町)については、こちらです。

Filed under: すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 9:15 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. 荒井屋@馬車道…

    雨の土曜、久し振りに美味いマルゲリータでも食べようと、早い時刻に出発しラ・テンダロッサに向かった。しかし、店は予約でいっぱい、とのつれない看板が・・。昨今、この店には殆ど入れないという敷居の高い状況が続いている。 ということで、暫く近所をぶらついて店を物色したがなかなか決まらず、では、ということで今まで入ったことのない荒井屋の万國橋店にした。到着時は14:00少し前だったがランチの閉店は15:00前と告げられ、まぁ、ランチに一時間も要らないから、と入ることに。因みにすき焼きというか牛鍋の発祥は横浜と…

    トラックバック by MusicArena — 2012年6月21日 6:06 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">