デシ男

 お客様のご注文をうかがっていて、会話がうまく成立しないことがあります。ある夜席の予約のお客様から、

 すき焼きのセットを用意しといて!

と注文されたことがあるのですが、弊店のメニュー構成上、夜席は「すき焼セット」を置いていません。弊店のメニューは、

①すき焼単品=すき焼だけで、何も付いていない

②すき焼コース=すき焼の前に前菜やさしみがあり、お食事やデザートも付く

の、2本立てです。

 昼席の場合、すき焼にお食事・デザートだけが付いた、

③昼席のすき焼のセット

がありますが、それを夜に注文されると困ります。そこで、そう申し上げると、

「何言ってんだ!この前オタクに行ったけど、夜もすき焼きのセットがあったぞ!すき焼きのセットが無いなんておかしいじゃないか!」とご立腹の様子。

 険悪ムードで、やりとりをしつつ、よくよく聞いてみると、その方の定義では、

①お肉

② ザク

③タマゴ

の3者がセットに成ったもの、つまり弊店で言う所の、すき焼き単品が「セット」であるので、当然、それは夜でもあるはずなのです。「単品」と言った場合、その人の定義では、肉だけのことを言うようなのです。それで話しが噛み合わなかったのです。

 最近パスタ+サラダ+デザート+コーヒー程度の品数のメニューを「コース」と表示している店も少なくありませんから、それが「コース」の相場になっているのかもしれませんね。

 結局、その方の定義をこちらが理解したので事なきを得ましたが、その御方があまりに、自説をぎゃあぎゃあと主張なさるので、あやうくケンカになるところでした。

 店としては定義がわかるように表示しているのだから、自分の勝手な定義で注文しようとしていただくと困るよなあ、と思っていたら、その真逆のケースを笑いものにしている、コントを発見しました。

 それは、天才・志村けんの「デシ男」というキャラクターです。

 「デシ男」というキャラクターは、右も左も、いちいち「箸の持つ方」「その反対」と確認しないとわからない男(=志村)です。その男が様々な職業に就き先輩から指導を受けるのですが、やる事すべてが珍妙な結果に終わり、最後はクビになる、という展開のコントです。

 緊張すると「〜です」を「デッシ」と言ってしまう癖があり、「デ」に強いアクセントが付きます。去年暮れに見たTV番組では、その「デシ男」が喫茶店の店員になっていました。

 そこへ「ダチョウ倶楽部」の肥後扮する客がやってきて、コーヒーを注文します。コーヒーにミルクが付いていないので、

「ミルクも持ってきて!」と注文します。

 すると「デシ男」志村は「デッシ!」と注文を受け、やがて200cc入りの大きなコップに、なみなみとミルクを注いで運んで来ます。

 コーヒーに入れるミルクが欲しかった肥後は、怒って、

「違うよ、違うよ!これじゃあ牛乳でしょ!オレが欲しいのはミルク!」と言いますが、デシ男は受け付けず、

「当店では、これをミルクと言います!デッシ!」そして、注文伝票に「ミ・ル・ク」と書き込みます。

 肥後はさらに怒って、「書くな!書くな!牛乳は要らないよ!オレが欲しいのは、コーヒーに入れるヤツだよ!」と叫びます。

 するとデシ男、ポケットから小さいコーヒーミルクのパッケージを取り出し、

「ああ、これなら当店では牛乳と言います。これはサービス デッシ。」と展開していきます。

 その店のメニューにおける、「ミルク」と「牛乳」の定義を、客の側が理解できず、要らない物の代金を請求されてしまう、というあり得ない展開が、笑いの眼目です。

 このコントを見ていて私は、さきほどの自分の会話を思い出しました。

 「それなら当店では、すき焼き単品と言います、デッシ!デッシ!」

追伸

 1/30実施予定の「ちんや すき焼き通検定」の、受検申込みの受付を始めました。早速応募メールが来ていて嬉しいですね。

 詳しくは、このブログの22年12/25号をご覧下さい。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて328日連続更新を達成しました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

*私が実行副委員長をしているイベント=「たいとうクイズラリー」については、こちらです。

Filed under: すき焼きフル・トーク,ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">