群馬のすき焼き

 向笠千恵子先生の連載『続すき焼き ものがたり』が掲載されている、月刊「百味」11月号が届きました。5月号より連載が始まりましたので、今回で第7回です。

 今回、先生は群馬県前橋市まで出かけ、「牛や清(ギュウヤキヨシ)」さんのすき焼きを取材してこられたようです。

 「牛や清」の女将F女史は、「すきや連」にたびたび見えていて、またお嬢様が私の知人に日本舞踊を習っておいでで、私も存じ上げています。群馬県内を走り回って、地産地消の、すき焼きを実現されている方です。

 地産地消のことは存じていましたが、今回、おやっと思ったのは、すき焼きの締めくくりの、うどんのやり方です。

 「これは邪道なのかもしれませんが、とにかくおいしいから・・・」との女将さんのオススメで出されたのは、

 キムチ!

 キムチを鍋に入れ、それに割り下と水、うどんを加えて食べるのだそうです。

 「これが、あっとおどろく爽やかな味。キムチの香りも辛味もマイルドになり、すき焼きのだしとうまくからんでいるし、うどんがこれまたおいしい。(後略)」そうです。

 うーん、私には味の想像がつきませんが、しかし、このニッポンに色々なすき焼きが在るのは良いことです。

 一人のお客様が、何軒ものすき焼き屋をまわり、それぞれの個性を楽しんで下されば良い、と思っています。

  対抗して「ちんや」は、すき焼きに納豆でも入れるかな、いや、それじゃあ、インパクトがイマイチだな、チーズの方が良いのかもな。

 *雑誌「百味」については、こちらです。

 本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

  「ちんや」創業130年記念サイトは、こちらです。「すき焼き思い出ストーリー」の投稿を募集しています。

 Twitterもやってます。こちらでつぶやいています。

*「牛や清」さんについては、こちらです。

Filed under: すきや連,すき焼きフル・トーク,飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">