「ちんや」で楽しむ津軽三味線

新日屋さんの御手配で、

「すき焼き「ちんや」で楽しむ津軽三味線」

という会を開催しました。

出演は新田昌弘さんでした。

この新田さんという方、私は不勉強で存じませんでしたが、スゴいです。

14歳から津軽三味線を始め、7ヶ月後に1998年津軽三味線東京大会中高生の部で優勝する。

・その後2000年、01年、02年の全国大会で連覇する。

・海外公演ではアメリカ、ベルギー、アイルランド、ロシア、スペイン、メキシコ、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、ラオス、コスタリカ、トリニダードトバゴ、ドミニカ共和国など。

さらに

・和POPバンド「Ezo’n」を結成し、古典的な楽曲をアレンジし若い世代に向けた音楽を発信。

ちんやでの演奏でも、マダムたちを熱狂させておりました。

「真っ赤な太陽」「コーヒールンバ」「トルコ行進曲」の津軽三味線風は、意外の名編曲。オリジナル曲の「東の道」は雄大でした。

私はタダで聞けてご馳走様でした。ありがとうございます。

追伸

インターネットのぐるめ情報サイト「途中めし」にお採り上げいただきました。文は『孤独のグルメ』で有名な久住昌之先生です。ありがとうございました。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.910日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 今日のお客様 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">