途中めし

久住昌之先生がインターネットのグルメ情報サイトに連載している『途中めし』の第10回にお採り上げ下さいました。

「遠くて近くて羨ましい街・浅草。平成30年の出発は高級すき焼きでシアワセに…!」

久住先生は『孤独のグルメ』や『かっこいいスキヤキ』で有名な方ですから、嬉しいことでした。ありがとうございます。

全文は、こちらを読んでいただくとして、ここでは、その補足です。

「ちんや」の後の二次会で行かれたバーの屋号が文中に載ってないのです。

そのバーに行かれることになったくだりを『途中めし』から引用しますと、

・・・当然店主(=私のこと)は浅草に詳しいので、このあと行くのに、おすすめのバーはどこにありますか?とに聞いてみた。

そしたら店主はちょっと、戸惑った顔をしたあと、「実はこういう本を書いているんです」と、著書を出してくれた。

それは『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』(晶文社・2016年刊)という本だった。著者はすきやき「ちんや」六代目住吉史彦とある。

店主、なんと六代目だったのか。

本の内容は、住吉さんが、浅草のいろいろな老舗の主人に話を聞いたもので、その話を聞く場所が、これまた浅草のいろいろなバーなのだった。

この本は面白そうだ。ぜひ読みたい。

それで、住吉さんに、本にも出てくる一軒のバーを教えてもらい、3人で出かけた。

その店は、店構えも店名も、知らないで行ったら、多分通り過ぎるタイプの店だった。

ところがそのバーがなかなかよかった。

いかにもバーって感じじゃなくて、居心地がすごくいい・・・

個人的にも、

住吉さん、あのバー良かったですよ!

と連絡をくださったのに載せておられないのは、影響力のある人がヘタに紹介して、客が殺到し、お店に迷惑がかかるのを心配なさったのでしょうか。

私は、そんなに影響力ないので、ここでご紹介しますが、久住先生が行かれたのは、

「オレンジルーム」さん(台東区浅草1丁目41-8)でした。

皆様、お見知りおきを。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.905日連続更新を達成しました。すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: 今日のお客様,浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">