納会③

国際観光日本レストラン協会の、今年の納会を「ちんや」で開催しました。

すき焼きは、青森県・小川原湖農場産の「適サシ肉」でした。案内文をそのまま引用すれば「今年食肉業界・畜産業界の話題をさらった「適サシ肉」をご堪能いただく」という趣向ですのでね。

肥育30か月弱、熟成8週弱。これが美味くなかったら、どういうのが美味いのか?というチョイスです。 

変りザクも青森つながりで大鰐温泉もやし。

そして「変わりタマゴ」。このブログの読者の皆さんには、既に珍しくありませんが、レス協会の皆さんには、は初披露でした。

酒の件は、昨日もろもろ書きましたので、今日はデザートの件です。

名付けて、「すき焼きスイーツ」。

「名付けて」ないじゃないか って?そのまんまじゃないか?

まあ、そういう細かいことを仰いますな。

すき焼きのアイテムを再度デザートで再集結させる、という意欲的な?酔狂な?試みに、吉田調理長とともに取り組みました。

そう、昔から「みたらし」とか、甘辛味のスイーツはたくさん存在しますので、「すき焼きスイーツ」というと違和感あるかもですが、味そのものは、むしろ懐かしい味です。

牛そぼろ煮とクリームが合ったりするのです。

ネギや、春菊を粉末にしたものは、その苦みがアクセントになって結構。

大人のスイーツとなりました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

追伸

129() 18:00~放送の、BSフジの番組『極皿~食の因数分解』に出演させていただきます。どうぞ、ご覧ください。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.840日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

 

Filed under: 飲食業界交遊録 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">