長寿企業の知恵①

ネットTV番組『Story 〜長寿企業の知恵〜』に出演させていただきました。

この番組は、創業100年を超える老舗企業の経営者をゲストに招き、長寿企業の経営者が持つ知恵や理念、思いを語る、というものですが、思いがけず好評で嬉しく思っています。

こちらのURLで今でも視聴可能ですなのですが、全長50分と少々長いし、そもそも動画は音が出せる環境でないとダメなので、文字情報が欲しいというご要望をいただきました。以下に公開してまいります。

(長いので15日に分けてUPして行きます。今日は、その1日目です)

 

<ナレーション>

今回のゲストは「すき焼きちんや」6代目代表取締役・住吉史彦(すみよし・ふみひこ)。

1880年(明治13年)、創業。かつて東京一の盛り場として繁栄した「浅草」の地で狆(ちん)等の愛玩動物を納め、獣医も兼ねた「狆屋(ちんや)」を祖業とし、やがて訪れる、明治の文明開化とともに、いまや日本の代表食である“すき焼き”の世界へ身を転じた…。

現存する浅草・最古のすき焼き店。その137年という長い歴史に刻まれたのは栄光よりも、幾多の困難であった……

――しかし“ちんや”は何度でも蘇る――

そこには“すき焼き”を売るのでなく、“思い出”を売り続ける精神が存在しているからだ。「すき焼きとは人生を映す鍋」であり、その味が“人々の絆”と成る、それこそ、「ちんや」が築いてきた本当の財産なのである。

今回は、6代目・住吉史彦の言葉から、すき焼きちんやが、紡いできた「歴史」や「伝統」に隠された物語、独自に持つ「長寿企業の知恵」に迫る! 

 

<対談>(挨拶・事業紹介)

MC石田紗英子「本日のゲストは、すき焼きちんや代表取締役・住吉史彦さんです。」

一同(挨拶)

MC朝岡聡「御社の事業内容は?」

住吉「浅草で、明治13年よりすきやき屋を営んでおります」

石田「住吉さんは何代目ですか?」

住吉「六代目に当たります。」

 

(モニターで写真表示=「適サシ肉」)

石田「取り扱っている肉にも、強いこだわりが?」

住吉「実は平成291月に、お肉の、一つの基準を提示させていただきました。肉の中の脂肪の量は4等級(5等級は不使用)、脂肪の融け方が良い和牛のメス牛の肉だけを使用。サシの形状は、加熱するとサシと赤身の境界線から『和牛香』が発生する『小ザシ』。これにより赤身の旨味と脂の甘味がしっかり感じられて、香りも良く、食後に胃もたれなくすき焼きを実現できます。更に同時にメニューの言い方も変えて、従来の『霜降肉』という表記を廃止。『適サシ肉』と言っています。業界では、この件は「ちんや」の『適サシ肉宣言』と言われています。」

朝岡「“霜降り=高級”のイメージが強い中でなぜそのような改革を?」

住吉「一言で申しまして、お客様から嫌われてしまったから、良くないイメージになってしまったからです。近年過度な霜降り肉が出回ってきた結果、味が落ちて、お客様、特に年配の方に「霜降り離れ」現象が起きていた。では赤身が良いのかと言いますと、私はそれは極端過ぎると思います。脂の割合が30%くらいの肉=昭和50年頃に『霜降り』と言っていた肉はやはり美味しいと私は思います。「ちんや」はそこに回帰しその『適サシ肉』だけを取扱うことにしました。」

朝岡「『適サシ肉』を取り扱った上で反響は?」

住吉「自分で言うのもなんですが、大変な反響をいただきました。私の予想を遥かに超える、ものすごいものでした。出たメデイアは、以下の通りです。」

YAHOO!ニュースのヘッドライン。

「文春オンライン」28日より

日本テレビ「スッキリ!!」29日放送済み

TBSテレビ「白熱ライブビビット」210日放送済み

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」2101650分放送済み

東京新聞(特報面)212日掲載済み 

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」21210時放送済み

HBC 北海道放送「今日ドキッ!」2151544分放送済み

「肉メディア.com(インターネット)215日掲載済み、文:松浦達也様

TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」216735分放送済み

産経新聞(生活面)221日掲載済み

日刊ゲンダイ224日掲載済み

「おとなの週末」(雑誌、講談社)20173月号掲載済み

FMえどがわ(84.3MHz32日放送済み

読売テレビ「そこまで言って委員会」312日放送済み

テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」325日朝6時放送済み

TBSテレビ「ぴったんこカン☆カン」3311956分放送済み

「ワインホワット!?」(ワイン専門誌)20175月号掲載済み

NHKテレビ「所さん!大変ですよ」4132015分放送

ブーストマガジン(インターネット)512日(前編)、19日(後編)掲載中

テレビ東京「和風総本家」518日放送済み

「婦人画報」(雑誌)20177月号「世界が恋するWASHOKU」特集

「健康保険」(健康保険組合連合会発行)20176月号、文:山本謙治様

dancyu20178月号、「美味東京」特集

「文芸春秋」20178月号、「この人の月間日記」、文:中野信子様

TBSテレビ「テッペン!『友だち+プラス』」8123:56放送

単行本『くらべる値段』、2017818日刊行、東京書籍、著者:おかべたかし様

雑誌「だいごみ」、2017年秋号、「地方創生支援協会」刊行

BS-TBSテレビ「サタデードキュメント」930日午前1000分放送

雑誌「Hanako1144号(20171019日刊行)

以上がこれまでのメデイア露出でした。驚きでした。

石田「“適サシ”で商標登録済みと伺ったが?」

住吉「はい、そうしました。実は既に、私の考え方とかなり違うお考えの方が4等級であるというだけで「適サシ」と称して肉を売っておいでです(笑い)。そういうことは止めていただかねばなりません。しかし、肉について弊社と同じ考え方を採る他社様が、この商標を使うことを希望するのであれば、お代はいただきません。以下の条件で無償使用を許可します。

・弊社と同じ規格を採用すること。

・弊社の許可を事前に得て、商標のクレジットを記載すること。

使用料を得るより、むしろこの言葉と考え方を普及させたいと考えております。」

 <この続きは、明日のこのブログで>

 

追伸

Dancyuさんのお誘いにより、

二子玉川髙島屋の催事「第3回 dancyuフェスティバル~dancyu×高島屋 グルメの祭典~」に出店します。もちろん「適サシ肉」を販売しますので、お近くの方、どうぞお立ち寄り下さい。

会場:玉川髙島屋本館6階催場

会期:10月25日(水)→30日(月)

営業時間:午前10時~午後8時

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.795日連続更新を達成しました。 すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">