安全・安心

「安全・安心」という言葉が、正直、私は好きではありません。

理論上安全であっても、消費者から見て安心な感じがしなければ、安全であっても買ってもらえないんだから、安全でないのと同じだよ、という意味ですね、この言葉は。

なんとも、非合理的です。

「安全・安心」の、錦の御旗の下、農家さんは、しなくても良い努力をしてきました。

私が育てました!安心して食べて下さい!

という、あの画像です。

自分は勿論のこと、嫁や子や孫の画像もご覧にいれないと買ってもらえないのです。つらいですね。

しかし、豊洲問題の経緯を視ていると、やはり、この国では未だ「安全・安心」という言葉を使わざるを得ないのだなあ、と感じます。悲しいことです。

都の役人さんは、おそらく食に携わる気など、さらさらなくて都庁に入ったのでしょう。それが何の因果か、市場担当にまわされてしまいました。

食に携わるなら、個人情報を世間に晒す位の覚悟が必要ですが、都庁の役人にそれが在る筈もありません。都民を不安に陥れ、和食全体のブランドを地に貶めても、「お構いなし」です。

豊洲は全く安心できず、もうダメなので、さっさと諦めて、次の市場を造る時は、部屋ごとに都の担当者の顔写真を掲示してもらいましょう。

私が建設しました!安心して使って下さい!

そうじゃないと安心できませんな、もう。

 

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、10/01(土) 15:30~16:00と

10/02(日) 15:00~15:30 です。

追伸

CSフジテレビONEの
『寺門ジモンの肉専門チャンネル』に出演させていただきます。

「芸能界一肉に詳しい男」寺門ジモンさんが送る肉料理に特化した待望の肉専門番組が、これです。出られて光栄です。

放送は、10/01(土) 15:30~16:00と

10/02(日) 15:00~15:30 です。

 

追伸②

拙著は好評(?)販売中です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

題名:『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』

浅草の九人の旦那衆と私が、九軒のバーで語り合った対談集でして、「浅草ならではの商人論」を目指しています。

東京23区の、全ての区立図書館に収蔵されています。

四六判240頁

価格:本体1600円+税

978-4-7949-6920-0 C0095

2016年2月25日発売

株式会社晶文社 刊行

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて2.405連続更新を達成しました。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">