法話再開

報道によりますと、

瀬戸内寂聴さんが京都市の「寂庵」での法話を再開したそうです。

93歳。スゴいです。

寂聴さんは、昨年背骨の圧迫骨折のため5月以降法話を休止、9月には胆のうがんが見つかって、10カ月間寝たきりに成ってしまったそうです。

しかし、それを乗り越えて復帰。驚異的です。

素晴らしいのは、まず、

今は一人で歩けること。

寝たきりで筋力は落ちたでしょうに、リハビリはキツかったはずです。

そして、連載小説を書く意欲が湧いてきたとか。

ご本人曰く「へどが出るほど書いてきた」のに、まだ書きたいのだそうな。

うーん。

そして、さらに素晴らしいのは、

好きなお肉が食べたい(!)

いやいや、恐れ入りました。

100歳まで、200歳までご活躍下さい。

追伸

『日本のごちそう すき焼き』は、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.915日連続更新を達成しました。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">