雪予報

東京の雪予報の70%がハズレだとか、2/18もほとんど降らなかったからハズレ確率は80%に上がったとか言われています。

雪予報⇒キャンセルは料理屋にとっては大損害で、実に難儀なことです。

腹立たしいのは気象庁だけではありません。テレビも、

お気をつけ下さい!

お気をつけ下さい!

と叫んでいましたが、それは勿論視聴率が上がるからですね。内心ホクホクなのに心配しているフリが腹立たしいです。

中継車を、わざと宇都宮とか八王子とかに出して、

雨にみぞれが混じってきました!

と叫んでいましたが、そこは東京中心部より寒い所ですよね。

「降る降る詐欺」だ!

と叫んだ人もいます。

私も、ほぼ同感なのですが、日本の予報技術はこれでも世界一だそうですし、テレビ局が視聴率を追うのを、我々が止めることもできません。

で、私が今苦言を呈したいのは、普通の都民の皆さんです。

雪が5cm積もったとして、普通の都民が蒙る被害と言えば、

電車が徐行運転するので、帰りが遅くなる

徐行だけでなく間引き運転もするので、車内が混む

駅から家まで歩く間に、靴がズブズブになる

・・・くらいなものですが、それって会食の予定を止めるほどの被害でしょうか。

とても忙しい友人と、なかなか日程の調整がつかなかったが、やっと都合がついて食事できることになり、あの雪の日に会って語り合った、というのは印象深くて、むしろ良いと思うのです。

私は、多少の雪でも会いたいような、貴重な友人を持ちたいと思います。

追伸

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて、あと4日で満5年です。

 

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">