うん、うん、何かを売る場合に語呂は大事だと私も思います。

ネットの請け売りですが、今テレビ関係者の間で話題になっているのが、ドラマのタイトルの語呂なのだそうで、タイトルに「ん」が付いているとヒットするのだそうです。

最近の彼の業界の話題と言えば、一時低迷していた浅ドラ、いや、朝ドラが復活を遂げたことですが、そのタイトルは、

『マッサン』

『花子とアン』

『ごちそうさん』

『あまちゃん』

うん、確かに「ん」がついています。

朝ドラ史上最大のヒット作は『おしん』。

タイトルが『マッサン』でなくて『竹鶴』だったら流行らなかったろう、と言われれば、なんとなく納得してしまいます。実際ウイスキーの『竹鶴』は『マッサン』が始まるまで、良い商品だったのに大して流行りませんでした。

逆に歴代ワースト視聴率の朝ドラは2009年の13.5%の『ウェルかめ』。

2位は同年後期の、13.8%の『つばさ』。「ん」がついていません。

「最近の番組のタイトルの傾向として、短くて言いやすくて、テンポのいいものが求められる傾向にあります。4作のタイトルに関しても、『ん』がつくことで、言いやすいということはあると思います。口に出してみるとわかりますが、『ん』で終わることによるリズムやテンポが心地よいと感じられるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

・・・なのだとか。

今後「ん」にあやかろうとするテレビマンが増えそうですね。

ちなみに私のすき焼き屋の名は・・・

追伸

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.814日連続更新を達成しました。

 

Filed under: 色んな食べ物 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">