大和言葉

最近、警視庁の創設者・川路利良が書いた『警察手眼』を読んでいることは、このブログの1/21号に書きました。

読みますと、国家建設に邁進した明治人の、ストレートな言葉の数々に圧倒されます。

例えば、警察官というものは、

「おのおの、その陋心を断絶して、天然固有の良心に復すべし」

いやあ、よく言うよ!と突っ込みたくなる位ストレートです。しかもこれを言っている川路は当時40歳代。

最近では「大和言葉で美しく話しましょう」と呼びかける本が売れているそうで、たしかに「感動した」と漢語で言うより、「心にしみた」「心を打たれた」と言った方が、ニュアンスが伝わると思いますが、私個人は実は漢語がわりと好きです。

このブログも、読み易くするために漢語を減らしていますが、書いている本人は文語loverなんですよね。読んでいてリズムが良いですからね。

『警察手眼』では「陋心(ろうしん)」と「良心」という漢語が音感のポイントです。

『五箇条の御誓文』では、

「旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし」

→「陋習(ろうしゅう)」「公道」がポイントですね。

ロシアとの日本海海戦では、

「本日天気晴朗なれども波高し」

→「晴朗」がポイントです。

好きなんですよね、こういう感じが。

理想を語る時って、どうも、漢語が合うような気がします。

しかし、その文語が昭和・戦前に下って来ると、「大風呂敷感」が出てきてしまいます。

太平洋戦争の開戦の詔書は、

「東亜永遠の平和を確立し、もって帝国の光栄を保全せんことを期す」

→「永遠の平和」「帝国の光栄」って、どうにも浮ついてますよね。理想と大風呂敷って違うと思うんです。

こういう昭和の漢語が嫌いで、それで漢語全体が嫌いになった人も多いのではないかと思います。

そう、私は明治の漢語が好きで、昭和の漢語が嫌いです。

司馬遼太郎が解明しようとした一大テーマは、明治がどうして昭和に変容したのか、でしたが、私なりに回答すれば、それは、そこに理想が在ったか、の違いだと思います。

要するに、言葉は表現ではなく内容なのではないのか、それが『警察手眼』を読んだ感想です。

追伸

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.793日連続更新を達成しました。

Filed under: 憧れの明治時代 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">