大阪のすき焼きはオトンが主役

『秘密のケンミンSHOW』がついに「大阪のすき焼き」を採り上げるようです。29日夜9時放送だそうです。

日本テレビ系の『ケンミンSHOW』はこれまでも「高知のすき焼きには葉ニラが入る」といった、すき焼きネタを使って来ましたが、ついに本丸とも言うべき「大阪のすき焼き」がやって来ました。

今回の大阪特集は二週連続だそうで、前編の「ボケとツッコミだけやないんやで!大阪府民のホンマの姿見せたるわSP」は22日、関西地区で視聴率24.4%を獲得し、2007年の番組開始以来の最高記録を更新したそうです。関東地区でも15.7%を獲得し、今年度最高視聴率を記録したとか。

さて、それに続くのが29日の「大阪スペシャル第2弾」「大阪のすき焼きはオトンが主役!?」です。

私としては、これでも良かったのですが、関東でもやはりすき焼きは「パパが主役」なので、次回は、

「関西の学生コンパは料理がすき焼き!」というのをやって貰えないかなあ?!と思います。

何故って、関西の方が関東より、大勢ですき焼きをすることが多いと思うからです。

このブログの1月22日号で阪神タイガースの「虎風荘」の話しを書きましたら、関西出身の知人SEKさんから、

「関西の大学のコンパ、運動部の納会などはだいたいすき焼きだったと思います。つくるのは席の誰か」というコメントが来ました。

甲子園球児が泊まる「ホテル竹園芦屋」さんの食事がすき焼きであることは有名ですが、その他にも地元の大学のコンパは料理がすき焼きであることが多いそうです。ホテルの元調理長で『巨人ナインが愛した味 – 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録』の著者である梅田茂雄さんからも、そういう話しを聞きました。「竹園」さんですき焼きなんて贅沢なことです。

ネットでTwitterを見ていても、京大ボート部の新歓コンパがすき焼きなのを発見したりします。

いかがでしょうか、日本テレビさん、

「関西の学生コンパは料理がすき焼き!」

やってみませんか?

追伸

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』、平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.792日連続更新を達成しました。

 

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">