Stay&Sukiyaki

もういくつ寝ると、お正月ですね。

ご予定は決まっていますか?

どこにも行かず東京に居て、浅草へ詣でてすき焼きを食べるのがベストに決まっていますが、どうしても温泉に浸かりたい、という方もおられましょう。

そういう方向けのサイトが出来ました。題して、

Stay&Sukiyaki ~泊まって、すき焼き~

うーん、タイトルが今市というか、そのまんまのような気がしますが、まあ、良いことにしましょう。

「旅の疲れに一風呂浴びて、つつく黒鍋、あの香り……

群馬ですき焼きを食べるなら、ぜひお泊まりで、どうぞ」

ということで群馬県庁が、「ぐんま・すき焼きアクション」の一環で、泊まってすき焼きを食べられる旅館のリストを作って、それをサイトで公開しています。結構なことです。

ここに出ている旅館は皆「すき焼きアクション応援企業」なのです。

どれどれ、サイトを視てみましょうか。

まず伊香保。16軒登録されていますね。結構。

次に西部が4軒ですか。その中には、先日第19回「すきや連」を開催した、下仁田の「常盤館」さんも入っていますね。

続いて草津が10軒、四万温泉が8軒、万座や鹿沢にもありますね。

水上、老神、猿ヶ京が各3軒。

群馬って、温泉が多いですねえ。

正月は、泊まって・すき焼きで、ごゆっくりどうぞ。

え、私ですか?

バトルに決まってるでしょう。ふん。

追伸①

年末年始の営業案内です。

年末=11月26日から12月31日まで休まず営業致します。

年始=1月1日のみ休業し、2日から12日まで休まず営業致します。

どうぞ御利用下さい。

追伸②

一冊丸ごと「すき焼き大全」とも申すべき本が出ました。

タイトルは『日本のごちそう すき焼き』。11月19日平凡社より刊行されました。

この本は、

食文化研究家の向笠千恵子先生が、すき焼きという面白き食べ物について語り尽くした7章と、

全国の、有志のすき焼き店主31人が、自店のすき焼き自慢を3ページずつ書いた部分の二部で構成された本で、

この十年の「すきや連」活動の集大成とも言える本です。私も勿論執筆に加わっています。

是非是非お求めください。

弊店の店頭でも販売しますし、こちらからネットでも購入できます。

是非。

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.759日連続更新を達成しました。

 

Filed under: 浅草インサイダー情報 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">