すき焼きで法事

知人のお身内の方に御不幸があって、法事の会食が弊店でありました。

で、その知人から、親戚にすき焼きの話しをして欲しい、と言われて弱ってしまいました。

話すこと自体は嫌いではないんですけどね。

そもそもすき焼きはナマグサだし、昔は仏教の戒律で牛を食べなかったっていうのが、すき焼きの歴史ですからねえ。下手に話すと、そんな店で法事やって良いんですかねえ・・・っていう展開になってしまいます。弱りました。

部屋に行ってみますと、皆さん、黒服。新しい仏様ですからねえ、弱りました。

でも浅草で「すき焼きで法事」が普通のことであるのは事実です。

他の土地の料理屋の人に、このことを話しますと、

ええ?!すき焼きで法事するの?!

と言われますが普通のことですよ、浅草では。

鰻の場合もありますし、天麩羅の場合もありますし、洋食の場合だってあります。

たいてい故人が、その料理を好きだったからです。

今回のケースも実はそうでして、故人が弊店を利用して下さっていて、喜寿のお祝いもして下さる予定でしたが、体調がお悪いとかで中止となり、しばらくして訃報に接したという経緯でした。

浅草という土地は、お寺と繁華街が接して在るので、この辺りにお墓を持っている御家族は、お彼岸にお盆に年始にとお墓に通って来て下さいます。

そして墓参の後は、お孫さんにご褒美として何か食べさせようと、すき焼き屋・鰻屋・天麩羅屋へと向かうのです。

その営みが何世代にも渡って普通に繰り返されているので、

大変だ、法事だ!⇒食べ慣れないけれど精進だ!という展開にならないのです。

法事でも「いつもの店がいいよ!」なのです。

「いつもの」と言っても、毎週通うという頻度の「いつも」ではなく、年に2~3回という頻度の「いつも」なのですが、人の三世代=60年~90年というスパンを前提に考えているので、やはり「いつもの」なのです。

私達は在り難く、その流れの中で商いをさせていただきます・・・

・・・という話しをさせていただきましたが、ご要望の「すき焼きの話し」からはチトずれましたかねえ。

すみませんでした。

 

追伸、

明後日9/23は火曜日ですが祝日ですので臨時営業いたします。どうぞ、ご利用下さいませ。

 

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.666日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">