愚痴る場所

人間生きておれば愚痴りたい場面はありましょう。

しかし愚痴る場所は、ブログではないですよね。

今話題なのは、ジミン党の新人議員・大久保三代女史のブログ。

元NHKキャスターなのだそうですが、この方のブログ『いつみてもSocial Work』には、こんなことが・・・

「あ~、胃が痛い。これはきっと、ストレス性イシバ症候群だわ。呼び出し5秒前なんだけど、説教されたからって、ポスターは1枚も増えないのにさ。説教されるまえに、貼れるなら貼ってるっつーの。説教したって無駄なのにさ」

これは、イシバ幹事長が全所属議員に「参院選候補者のポスターを1000枚貼ること」と指示したこと関しての記事なのですが、

ゼミで教授にレポート提出を命じられた学生みたいですな。

結局、イシバ幹事長に謝罪⇒「激励された」とのこと。

この方、他に愚痴る場はなかったんでしょうかね。

男なら夜の巷に色々と場がございますが、女性だとまだまだ限られているかもしれませんね。

今後は女性向きの水商売が必要になりましょう。

そういう店が出来るまで、耐えて下さいませ、ストレス性イシバ症候群に。

追伸①

単行本『東京百年老舗』に載せていただきました。

21人のフォトグラファーたちが、歴史と伝統を現在に伝える「老舗」の魅力を余すことなく写しだした写真集です。

時代が変わっても、変わることのない老舗の魅力が、ここにあります。

くわしくはこちら↓です。

追伸②

「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

現在の笑顔数は361人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

皆様も、是非御参加下さい!

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.242日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Filed under: ぼやき部屋 — F.Sumiyoshi 12:00 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">