違いが分かる男

売店で販売しているハンバーグの販促方法を、あれこれ考えています。

実は「ちんや」のハンバーグは人気商品でして、毎日たいてい売り切れます。

では、それで良いのかと申しますと、そうではありません。

既存のお客さまは勿論何より有り難いのですが、そちらばかりを相手にしておりますと、商いがしぼんでしまいます。たまには、新規の方を呼びこまないといけません。

多少無理して、普段より多くの数を仕込んで⇒売り切れないようにして、新規の方を呼びこむ日を作ることにしました。

では、新規の方とは、どういう方でしょう。

当然日頃「ちんや」の肉を食べていない方です。

例えば「お肉が苦手な方」は、日頃「ちんや」の肉を食べていない方ですね。ご本人でなくても、お子さんが肉が苦手という場合もあります。そういう方を呼びこむことにしました。

「ちんや」のハンバーグは、メス牛だけで出来ていて、その肉を充分熟成させてありますから、肉の臭みがありません。

お肉が苦手な方が渡来する、いや、トライするにはベストと思いますので、お勧めして行きたいと思います。

「お肉が苦手な方がトライする肉」として「ちんや」のハンバーグを売ろうとするわけですから、それを聞いて、

随分間口を絞ったねえ!

と思った方もおいででしょうが、だいたい私は、

販促コピーを作る時、そのコピーを読んだ人が、

これって俺のことだ!

と思うようなコピーづくりを目指しています。そうでなくては今時モノは売れないと思うのです。

雷門通りをご通行中の皆様!に向けて訴えるのが良いのは、選挙演説くらいのもので、こだわった商品を、ごく少数の、ズバリ的中する方に向けて訴えるのが、今時の商いの在り方だと思っています。

で、今回は「肉が苦手な方」に加えて「ハンバーグ通を目指している方」にも、訴えて参りたいと思います。

そう、「ハンバーグ通を目指している方」「お肉が苦手な方」の両方が相手です。

そんな非常識な!って?

何をおっしゃいます! 両極端の人だけがモノの真価を分かるって在り得る話しですよ。

通=とても好きな方が分かるのは当然ですが、そのモノを嫌いな方も、非常に敏感にモノの良し悪しを感じとります。

昔「違いが分かる男!」っていうCMがありましたが、両極端の人こそ違いが分かる人だと思います。

そして、そういう方に支持されている、ということが知れ渡れば、何よりの販促になりますね。

自分が売っている商品が苦手な人、そういう人のことを考えてみるのも有益です。

そう言えば、今日は都議選でしたね。ご投票を!

追伸①

1963年6月15日に「スキヤキ・ソング」(=「上を向いて歩こう」)が、全米ヒット・チャート第1位を獲得しました。それから50年。その後、全米第1位になった日本人はいません。

~「スキヤキ・ソング」50周年記念~ 「ちんや」で九ちゃんのCDが当たる週間 を開催しています。 平成25年6月15日(土)~23日(日)

1等:「上を向いて歩こう」CD 2等:世田谷文学館「上を向いて歩こう展」入場券 参加賞:「ちんや」金券133円 (参加賞は全員に差し上げます)

詳しくは、こちらをご覧ください。

追伸②

「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

現在の笑顔数は353人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

皆様も、是非御参加下さい!

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.207日連続更新を達成しました。

毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

 

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">