最後の外泊

すき焼き思い出ストーリー投稿サイトに、新着ストーリー1本をUPしました。

<以下本文です>

先月末に母をがんで亡くしました。

母が昨年大晦日に最後の外泊が許され自宅に戻ったとき、

家族みんなで最後に囲んだのがすき焼きでした。

母は、もうかなり力も弱り、食も細く細くなっておりましたが、

まだなんとか自力で食べる力は残っておりました。

一口食べては「おいしい」、一休みしてまた一口食べては「おいしい」と、

噛みしめるように言い、うれしそうにニッコリ笑いました。

すき焼きを囲んで母が見せたあの笑顔は、

たぶん一生忘れられないものになると思います。

「病室で1人で食べる給食は全然のどを通らないけど、

みんなで食べるすき焼きは、なんでこんなにおいしいのかしら。不思議だわ~」

と言って、笑っていました。

すき焼きというのは、本当に特別な食べ物ですね。

人生の節目にいつもあるような気がします。

<以上>

K.I.さん、ご投稿有り難うございました。

すき焼きにかかわることの有り難さを感じます。

その他のストーリーはこちらです。

追伸①

日本橋三越本店の催事「味と技の大江戸展」に出店します。是非御来店下さい。

2月27日(水)から3月4日(月)まで。イートインではなく精肉販売の出店です。

くわしくは⇒http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/event10.html

追伸②

「日本国復興元年~1千人の笑顔計画」を実行中です。

 この「計画」では、まず「ちんや」で東北・北関東の牛を食べていただきます。そして食後の飛びっきりの笑顔を撮影させていただきます。

 その笑顔画像をこちらのサイトにUPして、北の産地の方に見ていただきます。

 現在の笑顔数は336人です。笑顔数が1千人に達するまで継続してまいります。

皆様も、是非御参加下さい!

本日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。御蔭様にて1.088日連続更新を達成しました。毎度のご愛読に感謝いたします。浅草「ちんや」六代目の、住吉史彦でした。

Filed under: すき焼きフル・トーク — F.Sumiyoshi 12:01 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">